∵ TAKA-AKI AZZLO WEB ∵

2008年12月07日

久々にJDI CREWと会う (MIXIは嫌いだ!)

午後マサちゃんから着信履歴が。電話してみるとサトミちゃんと外苑の銀杏並木で飲んでるからちょっと寄ろうかなとの事。ミノダ×エミも合流して、Signで待ち合わせ。

みんなとはかなり久々。簡単にMONSTROの近況を聞く。相変わらず緩くやっている様子。まだまだ話足りないのでウチに移動する。

自分はどっちみち単発パーティー(月1回以下の開催頻度)の運営には、興味が沸かない状態。それは既に飽きる程やったし、MONSTROがあったからJDIにも絡んだが、既に別のフラグを目指し始めている。というかそもそもが自分はJDIの人でもなければ、MONSTROの人でもない。「外部協力者」だと散々言っているんだが、これが今だに内部でも認識が甘い様子・・・。

年末のまとめ日記で書こうかな?と思っていたが、自分が率先的に絡まなくなったのはなんといってもMIXIコミュ。自分はMIXIが大嫌いなので、そんな所で"オフィシャルコミュ"を立ち上げる事は猛反対したが、現時点でまだコミュは削除していないとの事。

尋常じゃないMIXI嫌いのこだわりは、醜いから。ありもしない日記に「わ~○○ちゃん素敵だね~♪ あたしも見習おう」みたいな薄っぺらい表面的なやりとりに吐き気がする。その"素敵"な事が事実でない事が多い。(事実ならまだいいと思う)コメント付けてる方も分かってるだろう。でもそのコメント付けてる方も「素敵だね」と言われたいが故にキモい日記を書いてるという "キモ循環" で繁栄している醜いサービスだと思う。(※100%のユーザーがそうであるとは思ってません。)最近の2CHの方がずっと建設的だ。

多くの人を敵に回すんだろうが、MIXI以前にHTML学んで日記を書く欲求があったのか?と問いたい。今20代前半、10代の人はしょうがないかもしれないけど、(WEB=MIXIが既に成り立っていた上でネット生活を始めた年齢だと思うし、自分もレンサバサービスが始まる以前にサーバー建てて日記をWEB公開していたとは思えない。)MIXIにやらされてるだけにしか見えない。何人にもこの話をしたが、全員「言い切れはしないが、その傾向は多分にある」と多くの同意を得てます。

自分は初期の段階で「やらされてる」と感じたのですぐ辞めた。(古い仲の人が見つけてくれて連絡もらえたりするのでアカウント自体はあるが)更に自分のコンテンツで他人に広告費が発生する行為には疑問を感じる。

「MIXIは弱い消費者の醜い馴れ合いの場所。そんな場所にMONSTROは関わる必要は無い。ファンコミュならまだしも、自ら立ち上げるコミュなんてありえない」とまで言ったのに立ち上げたという事は「TAKA-AKIは要済み」と言われているようなもんです。というか音を良くする為にはそもそも要済みだった訳で、今更だったとも言えるw 元々音さえ良ければあとは付いてくるというミニマルな思想もあるし(そう思いたい)、最終的な見せ方については意見は出すが、どれを選択して実行するかは彼ら次第だとあえて割り切ってました。

基本背伸びをすれば届くもの(値段ではなくて)がブランドであると思う。提供者はプロでなくてはならないのに、消費者とただ単に馴れ合いする事=営業・訴求 と勘違いしているケースが多いと思う。戦略的にやる方法もあるが、クラブの世界では一部大衆性のあるもの以外はまず無いと思う。レベルの低い馴れ合いばかりでコンテンツが育たないからクラブは死んだ。店舗も馴れ合いの場所として機能しようとしたし、場所として提供するだけでなく、店舗がコンテンツを作れないから、率先して客と馴れ合おうとしていると思う。そのくせ田舎から出てきたばかりの店員は、まずい酒作ってトイレ掃除しか出来ないのに鼻高である・・・。※素敵な店員さんも居るにはいます。

この考え方は今の時代には、表面的にはかなり古くさいんだが、馴れ合いが好きな人は連れションする人と同じロジックだと思う。特に日本は敗戦国だから"前ならえ"をしたい人種。誰でもすぐ出来る簡単な"前ならえ"を共有する絵って美しくない。少し鍛えれば出来るぐらいの敷居が必要だと思う。スーパーマリオ等の任天堂のゲームのバランスがベスト。「あともうちょいで行けそう」な感覚を常に発生させなければいけないと思う。更に大きな満足の後に次ぎの欲求を発生させて継続させる。場合によっては後味の悪さも設定するべき。ある意味キャバクラと一緒だ。

専門性の高いクラブミュージックを趣向とする人なんてパイが少なすぎる訳で、マニアックは"傷の舐めあい場所"であったとも言える。信者同士が唯一舐めあえる教会と同じ役割だったと思う。マニアックのあの大きさ天高が教会の様と相まって、テクノ教のWADA説教を聴く場所だった。今書いて分かったけど、馴れ合いと舐め合いは違うな。

JDIは決して資本主義的な意味での魅力は高くない"あさがやのがむそー"という場所にたった8時間程度音出すだけに90kgのウーファーを持っきて、疲れて寝てしまうというアホくささが凄く美しいと思った。自分が寝てる写真ばかり撮ってたのはこぉいう理由だったりします。

DJ自身がシステム運ばないと音が鳴らないという、かっこ悪さが萌えポイント!全然スマートじゃないw 良い音聴きたい!DJしたい!・・・場所無い、金無い、支持者(ファン)もいない。・・・取り急ぎがむそーで!というすぐ終わりそうな成り立ちなのに、音だけはストイックに向上し、川の横にトイレ置いただけの秩父のキャンプ場とはいえ、そこで最高の音を鳴らすまで達成したシステム構築への枯れないモチベーションは美しかった。

個人的にはこのスマートじゃない基本メンバーを軸にした「WADAを迎えれる場所」の実現に萌えていたが、出資もしてないし、荷物も運ばない自分の想いを便乗させてもらうのは、そもそも図々しいw "荷物を運んだ者のみにMONSTROを鳴らす権利がある" というダサい敷居の高さw が好きで、自分はあの体力は無いし、自分はなんだかんだ言っても最終結論はWADAであり、彼らは違うかもしれない。要は彼らを立てる為に、あくまで外部協力者として線引きしていた訳です。ヘロヘロになりながらDJしていて欲しい。ダサいから好きだけじゃなくて、もちろんDJとしての表現・音に対する姿勢もイケてる人達だと思う。

入札で肌の色が違うDJ呼んでビジネスする大箱と、DJやりたいヤツから箱代徴収して維持するだけの小箱、"音が好き"を忘れ、発信者の厳しさを知らないDJ達とは、まったく別ジャンルな訳です。しかし、自分にとってはMIXIはさすがにキツかった訳です。

まぁ"音がある場所"の品種改良・飼育的な事は自分も楽しんだし学ばせてもらってとても良い時間だったと思っているので、今後も自分に負担がなければヘルプはするつもり。

しかし、なんか煮え切らないミノダ・・・。まともに運営していこうと尻叩いてきたが、「JDIはなんせ飲みの場所で始まった事だからさぁ」といつまでも言い続けるミノダ。「音と酒があって楽しいってだけで満足なら完結してるし、それでいいんじゃない?」としか言えない・・・。「将来設計はTAKA-AKI君にお任せしたい」とは言うものの、「飲みの席だからダラダラです変えれません」と言われても何も進みません。一度JDI CREW内で揉んでもらう事になりました。

※僕はあくまで外部なので、MONSTRO、JDIの本質的な意味はここに書いた事と違う場合があります。

2007年11月23日

Just Do It! @ gamuso -AKI WADA- report

monstro で、私心たっぷりのレポを書いたので、こっちで書く事があまりないのだけれど、今回は防音もしたので、普段より3割ぐらいボリュームアップ!で更に大盛り上がりでしたっ!!

前回 "独特の減"について書いたけど、今回改めて感じたのは、"ネタは変われど配合成分が一緒" という感じ。これを感じるのは、WADAさんとEMMAさんぐらいしかいません。また、"数人単位の関係者"でななく、"数十人単位で"一晩ハシゴするファンというより"追っかけ"を作ったのは、この二人ぐらいじゃないかな?

表面的には、ネガティブにも捉えらる表現だけど、常に他のdjではかけれないトラックを率先して使いつつも、自分の表現のツールにしてしまえてるって感じです。WADAさんの場合、LOW RES / AMUCK やSI BEGG、NO-FUTURE系なんかが典型的かな。ここ数年ではFRANKIEがそうかも。昔のRELIEFがFRANKIEに置き換わった感じするな~。

今回、そんなWADA節を感じたのは
STEWART WALKER / We Welcome Uptopia (Jeff Samuel Remix)
これ!(使いやすいトラックではあるけども・・・)monstroレポにも書いたけど、WADAさんのラスト入りかけに使うだろうと思っていたら、ドンピシャでキタのでかなりアガってしまった。もぉタイトルからして素敵過ぎ!95年的にはSUNSHOWER辺りって感じ?自分的には今年熱かったSWITCH系を卒業する区切りが付きそうな曲です。やっぱテクノって最高!と思わせる名曲です!!

WADAとのコントラストを見つけようとSWITCH系にハマった?のに、WADAに戻っていた事に悔しさと嬉しさを感じたJDIでした!!!

2007年10月20日

Just Do It! @ gamuso -WANG GUNG- report

僕の硬派テクノ離れのきっかけになった男の一人、WANG GUNG君が遂にJDI @ GAMUSOに登場!!

SUMOON @ 秩父以来で「今年中にもう一度MONSTROを鳴らしたかった」という本人の言葉からも、気合の入りようが分かります!

monstroに上げた写真からは、どうしようもないpartyにしか見えませんがw WANG GUNG君の時は、人も居てかなり盛上がりました。

WANG GUNG + METAL + TAKA-AKI でパーティーやるとレコードかぶりまくりで面白そうw

2007年09月22日

Just Do It! @ gamuso -TAKA-AKI AZZLO- report

今回は整音力を身に付けたmonstroをアレヒで鳴らすので、非常に楽しみでした!

僕の選曲は、整音力を意識して、幕の内(弁当)的な色々ありの中、酢豚的な「肉とパイナップル意外と合うのね」なイメージでやってきました。具体的には、クリック系の硬派感 × SWITCH系のアホアホ感 × HOUSEの普遍的夜遊び感 です。

まず出音は、想像より純度優先な感じで、まだまだDJによって左右される要素を残してるセッティングでした。自分のセットはかなり整音力に頼ったイメージだったので、ちょっと焦る・・・。

実際やってみると、今までよりは理解してEQをいじれていて、整音力を理解できました。途中、片チャンネル音が出なくなり、カートリッジを替えるトラブルがあり、丁度バランスが難しい曲だったので自分のフラットが壊れ、集中力も崩壊しその後はダメダメでした・・・。

自分の精神力の弱さを実感したし、大昔にトランスのパーティーでDAN CURTINかけてフロアが凍った日を思い出したぐらいフロアは寒々しかったが、意外と落ちていない自分が新鮮!その大昔の日は途中退場させられたが、自信満々だった。ま、今回はそこまで賭けに出てないけど・・・。

・今回は元々某ネットレコードショップの人も回す予定だったので、そこを意識したセットでもあった。
・KLO君、WANG-GANG君、そしてコイちゃんの硬派なクリック系で上手い人を聴いてると、自分がクリック全快しても開拓にならない。クリックだけで開拓っぽい事すると、リッチーに憧れてる人みたいな内容になりそう。(おりこんさん過ぎで遊びが無い事になりそう)
・音響視聴会の要素も強いJDIをパーティーにしてみたかった。(音響視聴会の要素はJDIの魅力でもある)
・整音力に頼ってみたかった。

こんな意識から、普段は70点を確実に取りに行く感じだけど、今回は100点か0点かという内容で、賭けに出て結果は0点だった・・・w みんなの頭の上に「?」が浮いてた感じw 落ちていないのは、賭けに出れた自分の度胸を確認出来たからだと思う。

既に今年のテーマになりつつある、「夜遊びなのかアートなのか!?」の迷走の中、アート寄り過ぎている自分を夜遊び方面に持っていってみたかったのと同時に、JDIに音で夜遊びの風を入れてみたかった。JAYPEG祭りの影響もある。

以前 安易に既存のフォーマットに乗り換えるのもまた危険 と書いたが、今回は安易に既存ではないつもりだけど、はたから見たら同じに見えるかもしれないなと反省・・・。

頂いたコメントはこんな感じ。
「あの時間に色々入るもんだねぇ。違和感なかったし面白かったよ」マサちゃん
「ほんとに幕の内だったねぇ。夜遊びと言えど普通じゃなかったし、賭けに出たっていうのが分かるよ。これで人がいっぱい居たらヤバい事になりそう」コイちゃん
「もっと変態でも良かったんじゃん?」ヤマちゃん
「君のプレイを聴いていたら体が自由に動いてその感覚がすごくよかったのです。ひさしぶりに気持ちよく音楽を浴びながら踊れました。うまく言葉にできなくてごめんなさい。プレイ姿もかっこよかったし」さおりちゃん
「みんなはTAKA-AKIさんのクールで完璧なプレイが好きなのですよ。SAYAは事前に青っぱな系って聞いていたから心の準備が出来ていましたけど、みんなは知らないから「どうしちゃったの!?」って思ったのじゃないですか?解釈になやんでコメントできない みたいなw」SAYAちゃん

次回は何を考えてどんなセットになるのか!? 自分で自分に興味が沸いた不思議なJDIでした。

※写真は自分が回してたので無し。生録は ZOOM H4 は電池なくなるまで放置していると、録音してたデータが吹っ飛ぶので、記録無しです・・・。

2007年09月21日

Just Do It! @ gamuso -TAKA-AKI AZZLO-

詳細はmonstroで

3ヶ月ぶりのJDI!!

MOXSUMOON で整音力を身に付けたmonstro stereo。今回は僕がゲストなので ALLEN&HEATH XONE:92 を持参!出し切りアレヒと整音monstroのガチンコ勝負!!出音はかなりヤバそうです!!

2007年06月29日

Just Do It! / 裸のノリーズ+ fumix

久々の我無双でのjdi !! 夢に見る程、楽しみでした。

今回はノリとfumixさんがゲスト。

ノリはplay前から固くなってて、かな~り気合入ってる様子。

今年入ってぐらいから、急激に良くなってきてるコイちゃんのplayを聞き、結構人と話してる間にfumixさんは聞き逃し、ノリの時間に。

ノリのplayは beatpop @ 三浦海岸 以来2度目。正直、この時は誰のplayがどうだったかっていう状態ではなかったので、実際には初めて聞く感じ。

走ってるトライバル系が多く、時代によってはテックハウスって言う場合もあるかもな感じ。既に下はパンツだったので、上も脱ぐのを誰しも期待したと思うが、脱がないまま終わりました・・・。

あとでその点を言うと、「でも心は裸なの・・・」と言われると、何故か妙に納得。次回はもっと好き勝手にやって欲しいなと思いました。と思った時に、自分はそのパーティー、その時間帯での必要性を考え過ぎて、決して一番好きな事やってない事も今までいっぱいあって、器用になり過ぎるのも良くないなぁと思いました。ハマるよりも魂がある方が大事だな。

その後のminodaは最近同じネタが多いので、新鮮さはないんだけど、本人泥酔してたのに安定してて、minoda美学をより解像度高く楽しめた感じ。natsumeさんは、色々と実験してて、これからの音を模索してる印象だった。

次回!7/21 sat は、dj wadaさんの夏wadaです!最近は、マニアックを知らないクラブキッズをもノックアウトし始めているという噂。←いちいち説明とか要らないけども。

2007年05月13日

20070120 Just do it! MIX

1月分出来ました!monstroの方でupしました。上から三番目のファイルです。

今回の作成手順はこんな感じ。

レイカ バランスウオッシャーでレコードを綺麗にする
・タンテ上でピッチを合わせて、一曲ごとに録音
・CUBASE上で一曲ごとにWAVES X-NOIXEでノイズを取る
・明らかなゴミノイズがある曲のみWAVES X-CLICKでノイズを取る
・EQではなくCUBASE 付属のマルチバンドコンプで各曲のバランスを整える
・一度WAVEで書き出す
・CUBASE上で重ねる。ピッチがズレる場合は波形を切り張りする
・マスターコンプかけなくても良いと思えるぐらい、MIX時のEQ、フェーダー操作をオートメーションに書く
・何度も聞きまくる⇔微調整
・マスターにWAVES C4WAVES L2 - Ultramaximizerを使う。L2では3db~6db頭を抑える
・ほぼほぼ満足
・これで完成のつもりだったが、クラブらしいコンプがあるとどう聴こえるのか確認してみたくなったのでWAVES C1で-13db程まったっく深さが変わらないぐらい深くコンプする
・当然まとまりは良くなるが、特に最後の曲の瑞々しさが完全に死ぬ。隙間がなくなり過ぎる
・このまとまり感をkeepしつつ、隙間がある感じにならないか途方に暮れる
・逆にもっと整えるとどうなるかと思って更にWAVES C4を使う
・意外!逆に隙間が出来る印象!反面モロに効いてる箇所が出てくる
・C1、C4を辞めてLINMBにすると、死なずに整えられる感じなり、完成!
・WAVEに書き出し、itunesで192kbps / 44.1KHzでmp3にエンコード
・mp3を聞いてみると、一定であるハズのエンベロープが一定じゃなくなって変な揺らぎがある感じがする。ハットも歪む。凄く気持ち悪い。なんでこっちは潰してんのにこっちは野放しなのよ・・・って印象の下手なコンプかけた感じだ
・今までも同じ経験があり気のせいだと切り捨ててたが、せっかくここまで手をかけたファイルなのでもうちょっと頑張る事にする
・なんかいいエンコーダーないかなぁと探ってる最中に、とりあえずCUBASEからmp3に書き出してみる
・出来たmp3はitunesでの変な揺らぎはなく、少し粉っぽくなる程度。
・LAMEでのエンコも試みるがファイル認識出来なかったので、これで完成!

こんな感じで作りました。マスタリングに関してはまったく勉強してませんが、既に知ってる正論と自分の理屈と、音で判断してこんな工程になってます。

前回までは盤をレイカで綺麗にしなかった為、ノイズリダクションしまくりで、特にハットのアタックが削れるのでそれを補う為に、ちょいハイ上がりなバランスにして見事に後悔。今回はノイズリダクションの影響が少ない状態だったので(出だしは変だけど)、やりやすかったです。

これ以上ウチでやれる範囲はあまりなくて、そもそもの録音の状態を良くするしかないかなぁと思ってはいるものの、市販MIX-CDでは「潰しつつも殺さない」コンプを確認出来たりもするので、まだまだ腕上げる箇所はあるんだろうなぁと思う。

今後のMIXはよほど大きな失敗しない限り生録で済ませようと思うので、あまりこぉいう作業はしなくなると思うが、やる場合は市販品に近づけるよう、また試行錯誤してみようと思う。

20070120 just do it! @ gamuso

2007年05月05日

AFTER... JUST DO IT ! @ chichibu


反省会!阿佐ヶ谷ファニーハウスへ行く。

到着すると、アベさんの動画取込しながらみんなで確認中。すっごいムカつくぐらい落ち着いてplayしてる自分・・・w ラッドのシルバーのコートとも相まってサイボーグ感出まくりw

みんなで焼肉を食べに行き、今後のスケジュールを確認。JDI以外への貸し出しオファーも入ってきてるので、ちゃんと決めなきゃねという感じ。

ファニーに戻り、また数本分取り込んで、ミノダ&コイデがレコード用意して我無双ジャック!

ミノダ君とは久々に新たなパーティーの話をする。1年ほど前から形になりそうな雰囲気があった夢の企画が、前進しそうだとの事。というかあともう日時確定するだけぐらいの状態。monstro × jdi とはある種対極のシステム・コンセプトになるので、面白くまとまればいいなと思ってます。

2007年05月04日

JUST DO IT ! @ chichibu 20070428-30 Report !

3回目のjust do it! @ chichibu 終了!!

朝4時半に阿佐ヶ谷集合。自分はnatzyさんの車に乗る。タンゴの車が70キロしか出ないので、まったり進行。高速を降りてコンビニへ。タンゴの車を確認するとめちゃくちゃタイヤが潰れてる!のでガソリンスタンドへ行き空気を入れる

workmanに寄り、各自装備を購入して、9時半には現地到着。後半3時頃は雨が降ったけど1時間程で止み、丁度良い休憩になりました。

雨が上がり、瑞々しい空気の中、KIRK DEGIORGIO/ELEGANT SYSTEMSで音出し!テント非難組も集まってきて、感動的な一瞬だった

そして!今回の目玉!ウーファーホーンをお披露目。動画だと分かり難いけど、かなり高級感ある大理石っぽい見た目で300万ぐらいしそうな雰囲気。その見た目と音にみんなかなりビビってた様子。RODECでの音出しだったけど、このままでもいいかも?と思える程、イイ音でした。

昼過ぎにwadaさんshane、メタルを向かえに街まで降りる。電波が入るので、ここで軽くflicr、youtube更新。

現地へ戻りリハ・サウンドチェック。ミキサーを ALLEN&HEATH XONE:92 に変更すると、歪皆無の世界に突入!すっごいクリアで音の隙間クッキリ!自分が知る限り、圧倒的に世界No.1のサウンドシステムです!!sourcedirectかけてみたけど、まったく潰れない凄い音でした。

焚き火の前で寝てると、ノリに「うちらのテントで寝なよ」と誘ってくれる。数時間横になれてかなり助かった。あっという間に夜になり、気づけばshaneのlive。次がwadaさんなのでちょっと寝ておこうと思って車で寝ると見事に朝まで寝てました・・・。生録もしてないし・・・。wada解析が出来る最高の環境だったのに無念・・・。

minoda後半だったので、自分も準備。想定していたminodaの展開とbpmだったので予定通り進行。一箇所だけ叫べるポイント作ったが、見事に盛り上がったw ブース後ろから太陽が上ってきて、こっちを見るwadaさんの表情がしかめ面だったのでビクビクしながら、無事終える。

wadaさん「つかかけ過ぎw(co-fusionを)流れがしっかりしてたね☆」
コイちゃん「このタイムテーブルにして良かった!」
メタル「あの朝はtaka-aki以外は相応しくなかった」
モツ君他「サイボーグみたい」

みたいな感想を頂きました。←記憶が微妙です。

その後はまた寝たり写真撮ったりして、ちょっと同じ場所に居るのが飽きてきたので、カトオと街へ繰り出す事にする。浦山大日堂バス亭へ行くと帰りの伊東家と合流。一緒にバスを待つが、結局到着したのが40分遅れ。渋滞なんてないだろうに・・・。まったく焦る事なくトイレを済ませてのんびり出発するドライバーに生き方を考えさせられました。

西武秩父に着いて電車の時刻確認。次の電車まで1時間ぐらいあるので居酒屋へ。何故かぶらり途中下車風レポを始めるカトオ。大ウケでした。

伊東家を見送り、歩いてキャンプ場へ戻る。その後も途中下車風レポにハマるカトオ。昼間は綺麗なダムと山の風景だけど夜はかな~り不気味。途中1回目の秩父同様、崇君×美女軍団の車と遭遇。まだまだ先あるので乗ってくか誘われたがカトオが見事に断る・・・。猿に威嚇されたりしつつ3時間半かけて戻ってきました。

miiが代々木公園で声かけて来てくれた人達の火元で酒と焼きバナナを頂く。しっとりと大人のレイブを楽しんでたようでよかった。その後アサクラと3時間ぐらいslowmotion @ colorsstudioとminodaの今後について話し合う。

朝からはjaypegと泥酔minodaが延々音出してました。結局音止めたのが14時ぐらい。約46時間ほぼノンストップのjust do it!でした。お客さんも非常にマナーが良くてゴミ散乱問題ゼロ!最後の最後これで落ちる覚悟してただけに、かなり救われました。NICE PARTY !!

片付けの最中だったか、コイちゃんが「taka-aki君の言う事はいつも大袈裟だと思ってたけど、今回その重みが分かった」って言ってたような・・・? 確実に刻んだ感はみんな持てたと思う。どちらにしてもサウンドシステムの出来は半端なく最高!!ほんと毎回確実に進化する夏目さんの意識と努力は凄過ぎです。自分も記録係だけでなくw djとしても関われた事を誇りに思ってます。そしてジェームスも熱く語ってたけど、みんな好きにやってるのに、役割が被らないこの面子が自然と集まって今の形になってるってのが凄過ぎ。二見さんがなんかのディスクレビューで「やろうと思ってやる事には価値はなく、自然と生まれていたものにこそ価値がある」みたいな事書いてたけど、それって正に "monstro × just do it!" だと思ったw

結局現地を出発したのが18時。秩父の街でそば食べて19時半。阿佐ヶ谷着いたのが21時半でした。一睡もしなかったコイちゃんを筆頭にみんな放心状態。とりあえず解散する。

で後日、寝てたり街まで行ってたりで、あまり録れなかった生録を確認。ウーファーに付けたホーンの威力が抜群でオリジナルはもうほんとモノラルAMラジオな勢いで、音圧もハンパなくて結構歪んでました。これはマイクがもう耐えれてない感じの歪みです。マスタリングでステレオ感広げて帯域バランスも調整して、まずは僕の生録をモンストロの方で上げました

僕の時間は朝でミキサーのトリムが大分下がってきてて、目盛り半分ぐらいの所でレベル合わせてたけど、それほどシビアにはやらなかったし、適当にやってどこまでバラつくか記録してみたかった(半分言い訳)のもあって、かなりバラバラです。(同じ1dbの違いでも5dbの前後1dbと10dbの前後1dbではその差が違うので)しっかり出音に反映されてたと思う・・・。マスタリングしてるので、ライン的にはある程度整ってるけど、コンプの深さが一定じゃないのは分かると思います・・・。あと最後の方もっとフェードインしてるつもりが、かなりぶっこみになっちゃってます・・・。ウチにはブースモニターがなくて常にヘッドフォンで練習したりする故、こんな事になってしまってます。今度モニタ付けて録音してみようと思う。

反面、音がでかかったklo君は結構一定だった。(それだけじゃなくて腕もあると思うが)あと当然だけどshaneのライブはpc上でダイナミクス調整してるハズなので非常に波形が綺麗だった。ミキサーの手元にカメラ置いて操作と波形をリンクして見たいなぁ。自分がやられたら凄いヤだけどw

自分のを聴いてるとみんなに「サイボーグ」と言われたのが悪い意味で理解してきた。自分で聴いてもなんか血の気がない。朝であった事で自分の一番得意分野は出してないんだけど、それにしても血の気が無い。朝で疲労もかなりある状態だろうと思ってたのでピッチ合わせの難易度も低めに設定してたし、BOSEのブースモニターがいい具合にシビアじゃないので、緊張感ゼロだったのもあると思う。緊張感無い割りには、コンプ無い事に対しては強く意識してたので勢いがない。これがモンストロの旨味なんだけど、おっかなびっくりやり過ぎたなぁ。機会があればコンプ強い環境でやって勢いを取り戻してみたいなぁと反省しました。自分のMIXって割とジュリアナ的でスパっと切り替わるのが多いんで、じわじわ展開するようなMIXを練習してみようと思う。 

MONSTROSTEREO : JUST DO IT ! @ chichibu 20070428-30 Report !

2007年04月28日

JUST DO IT!!!!! -NICE PARTY@Chichibu- live!

本日になりました。monstroの方で、写真と動画の中継やります!!はっきり言ってこの為に910shにした訳です。

現地は携帯3キャリア電波が届かないので、時々更新しますw

2007年04月15日

JUST DO IT!!!!!-NICE PARTY-@Chichibu Asami Camp Site

monstroの方に情報が上がったので、ここでも紹介します。

より良い音を求めてノイズ電波を避けた結果、携帯3キャリアまったく通じない辺境の地 "秩父浅見キャンプ場" に辿り着いたmonstrostereo。この地でこそ出せる瑞々しく美しいサウンドを放出します!!

場所はほとんど一本なんだけど、途中一車線の道になったり、「この先なんかあんの!?」というぐらいの道です。地元のタクシーに言っても分からない、もしくは自殺しに行くんじゃないかと疑われるような場所です。google map

flickrの調子が悪く、フライヤー画像が出難いので、こっちでも確認出来ます。
flickr:monstro

僕は一日目の最後予定。朝野外です!

雨天の場合は中止する場合もあります。monstroの方でアナウンスされますので、確認して下さい。

JUST DO IT!!!!!
-NICE PARTY-
@Chichibu Asami Camp Site

Sound System:
MONSTRO STEREO
http://www.monstrostereo.com/

DJz:
DJ WADA (Co-Fusion)
MOODMAN
ABE SHUHEI (Jaypeg)
1DRINK (Jaypeg)
TAKA-AKI AZZLO
FUCK MASTA FUCK (2 Much Crew)
ROGER YAMAHA (Moonwalk Records)
THE KLO (ポテ恋Disco)
TANGO
METAL
ANDY

Live:
SHANE BERRY (Trapez)
HARLEY & QUIN + BONUS BEATS

Ligting:
VEEM

JDIDJz:
EPISIARK
MASA
MATZU
SPORTS-KOIDE
WUB

2007/4/28(SAT)15;00 start
--------/30(MON)12;00 close

3000yen(通し券のみ)

2007年03月31日

zoom h4! / just do it! @ 我無双 dj wada birthday

我無双2連チャン2日目!just do it! haruwada!

4月の秩父には買おうと思ってた生録機 ZOOM h4 を前倒しで購入!!

競合機である ROLAND R-09 と非常に悩みまくりました。webで録音ファイルを公開してるブログなんかもチェックした上でZOOMの方にしました。決定したポイントはこんな感じ

・ファンタム電源(キャノンin)が使える。
・音を比較したが、H4は凄く低音が録れる。ステレオ感は薄い。がこの2点はマスタリングで調整した後はR-09よりバランス良くなりそうだった。
・R-09は外部マイクを使用してもノイズが結構乗るらしい。
・R-09の小ささは魅力的だが、DAT時代に比べればH4の大きさ軽さも随分良くなった。

95.6年当時、SONY TCD-D7 と外部マイクでいつもwadaさんのplayを録音していたが、その音とweb上にある、H4、R-09の音を想像で比較するとDATの方が細かい音まで録れてる感じがする。この差がマイクなのかD/Aの差なのかが、分からないので、一回DATも検討しちゃいました。でも多少音が悪くてもデータコピーでPCで扱える利便性の方が圧倒的に必要だろうとも思いました。

秋葉へ行き、ヨドバシへ。店員が居ないのでレジで待ってるが、誰も来ない上に来ても見て見ぬ振りをするアホ店員を待つのもアホらしくなってきたので、トモカ へ移動して本体とスタンドを購入!トモカは今までケーブルぐらいしか買った事なかったけど、\3000のスタンドの為にしっかり接客して頂いて感動!改めて商品見るとレコーディング機材が多いなぁ。外部マイクを買う時も相談出来そうだ。メモカはSILICON POWERの2Gを購入!

で、そのまま我無双へ!結果は悩んでたのが無駄だったと思える程満足!!実際購入前に気付いていた音の問題はそのままなんだけど、明らかに酷い音ではない。人が当たって設置が斜めになってしまっていたけど、ステレオ感の薄さで意外とレベル自体も極端な差は出てませんでした。

マイク録音だと低音が入りにくいので、購入前はマスタリングでライン録音っぽいバランス作りが楽しそうだなぁなんて想像してたが、まったく必要ないぐらいモリモリな低音!むしろ低音抑えるぐらいの設定が必要なぐらいです。

モンストロだからこそでもあるが、EQ操作も分かる程しっかり記録されてました。ただセッティングした場所がSPから一番遠い壁側だったので、至近距離で会話するジェームスとアベさんの会話がモロに入ってました・・・。あの二人は声が通るから次回からは対処しないとだな・・・。あとたまにぶつかる人がいたのかボコってノイズが入ってました。設置場所も考えないと・・・。

外部マイク使えば更にしっかりとした録音が出来そう!また金のかかる趣味を作ってしまった・・・。

で、wadaさんは、地味ながらも熱いplayで激盛り上がりでした!!「ナイスパーティー!」と自然と生まれた当たり前過ぎる言葉を連呼するみんな。秩父前に一区切りついた感じでした。

写真と動画は モンストロ の方でup済です(動画は全て910shで撮影) 生録も出来れば公開したいと思ってます。 ←公開しました

   +

2007年03月30日

MOX @ 我無双

我無双2連チャン1日目!花見する時間がないので、チャリで向かう。和田堀入り口で迷い神田川を逆走・・・。方南町まで戻ってしまう・・・。無事和田堀を通過して我無双へ。

コイちゃんが普段とは違ったクールな選曲。KLOくんは評判通り安定したplayでイイ感じでした。

今回はパンチ重視のセッティングで、トランスのコンセントを変更。普段のモンストロとは違った張りのある気持ち良いコンプ感が狙った通りに出てて初回なのにびっくり。ナツメさん的にはまだまだ反省点があるようだけど、コンセントひとつで狙った方向に調整しちゃうって、なんともモンストロらしいなと思いました。

ジェームスに
「taka-akiも秩父で回すんだね!楽しみ!」
と言われるが、自分は誰からも聞いてないし、先日公開したモンストロのスケジュールにも自分は入ってないので記録係に徹しようと思ってたが、フライヤー見せられると、普通に自分のクレジットが・・・。

4月は2日開催で、当初は1日目はタイムテーブル決めないぐらいのウォームアップで2日目がメインって聞いてたが、wada、moodman、shaneberryが1日目w(ブッキングの都合でこうなったらしい)2日目は灰になってそうな勢いだ・・・。

自分は1日目の朝予定。前回の秩父でチルセット用意してたが爆睡してしまったので、あえてこの時間に入れてくれたみたいです。チルっつっても「片付けたいのにもう体が動かない」様な状態のBGM的に考えてたので、今回は人もいっぱい来そうだし、ドチルはちょこっとだけにしようと思います。

で、帰りも和田堀を通過!代々木公園も通って帰宅。

   +

2007年03月26日

20061023 Just do it! MIX

やっと出来ました!時間かかり過ぎた・・・。

20040415との違いはカートリッジぐらいで、音が良いからマスタリングしやすいだろうと楽観してたらその逆で、細かいニュアンスも分かるので、超時間かかっちゃいました。

今まではカートリッジがナイトクラブEで、その時点でコンプされてたので、その後の作業も最初っから均一化されてたのでノイズ除去とリミッターとEQでなんとかやってたけど、ナガオカではEQすると音の隙間が変わってしまうので、あまりEQでガリっと調整出来なくなってしまいました。

マスターレベルじゃなくて、帯域毎のコンプとかないのかなぁなんて思ってたら普通に入ってたので(汗)、マルチバンドコンプを多用しました。今までこんなもんの必要性感じなかったのに・・・。

cpuのパワーが追いつかないので何度も何度も書き出ししていく作業は、「漉す」感じだった(料理一切しないけど)

やり過ぎの弊害やまだある粗(Ame/Rej のノイズは痛い・・・)ので、最後にマスターコンプかけて終わらせました。このままだとあと一年はやれてしまうので・・・。

今回は携帯用にaacも用意しました!

20061125.mp3
20061125.m4a

次は1月のJust do it!の録音!今回ナガオカでのコツを大分つかんだんで、時間は短縮出来そうです。

2007年02月24日

fo.q アナログプレイヤー用コンポーネンツ

Iさんの初クラブイベント の時、そのままでは結構ハウっちゃったので、fo.qのターンテーブルシートを買ってみる。ポイントが意外と溜まってたので、スタビライザーもゲット!

使用感想は、「雑音(歪)が減って低域がファットでクリアに!」という感じ。スタビライザーはちょっと変化が分かりませんでした・・・。

そのまま、just do it!へ。厚い方のターンテーブルシートはmonstro stereo用!さっそく使ってもらいました。やはり低音ファットになりましたよ。詳しくはmonstro stereo

そして!禁断の改造ポイントに手を出す事になってきました。使用感はそのままに音を良くしてしまう秘技!どこまで進化するか超楽しみです!

   +

2007年01月20日

JUST DO IT! -TAKA-AKI AZZLO-

去年の4月、11月の秩父に続き3回目のJDIで回してきました!今回は野外を終えて初DJなので「屋内」を意識。セット考えてる最中から「なんか流れがドラクエだなぁ」と感じた色々あるMIXです。雨だったが人そこそこ入って、イイ感じに盛り上がっちゃって、久々に躍らせるDJな感じでした。頂いたコメントはこんな感じ。

「感動した!」カトオ
「最近の●●のPLAYよかイイよ」メタル
「ココはPARISじゃないんだよぉ!」mii

秩父のMIXもまだMP3作れてないので、合わせて早く作りたいと思います。自分も全体通して聴いてみたい・・・。

2006年12月16日

JUST DO IT! -SAYAちゃんと再開!-

今回は、JUST DO IT!というよりは、6年振りにあのSAYAちゃんと再会!というトピックがでかいです。11月上旬にいきなり連絡があり、おもろい事があったら誘って下さい!というので、直近のJUST DO IT!に誘った訳です。

前の日から寝てない自分は20時に寝て22時に「今新宿に着きました」という連絡で起きる。結局45分ほど新宿駅で待たせてしまいました・・・。

6年振りの再会!お互い「変わってないね」と確認し阿佐ヶ谷へ。みんなにSAYAちゃんを紹介する。みんなの名前を必死で覚えようとするSAYAちゃんだが、なぜかカトオの事を「福ちゃん」で覚えてしまう・・・。
※働くおっさん劇場 福田浩司

今回はメタルがゲストDJ!「メタルぅ!もっとぉ!!」等と盛り上がるSAYAちゃんによって場内もイイ感じに盛り上がる。

かなり早いペースで爆飲するSAYAちゃん。たった3杯目にして潰れる・・・。知らない間にタツノスケが外の空気を吸わせて介抱してくれている模様。

タツノスケだけ戻ってきて、介抱バトンタッチ。寒さで大分酔いが冷めたようで、我無双に連れ帰り、4Fのまったりスペースで介抱を続ける。みんなも上がってきて、かなり"やばい楽屋"な感じでした。SAYAちゃんといる自分を見てmiiの「忘れてたけど、TAKA-AKIってアーティストだったんだぁ」という言葉が印象的だった。

朝片づけをして、みんなで食事。SAYAちゃんは「匂いだけで吐きそう」との事で、駅まで送る。ほんとは新宿まで送りたかったが、自分超腹減ってたので、食事優先しちゃいましたw

今年最後のJUST DO IT!。激動の今年を締めるSAYAちゃんとの再会でした。

   +

~2006/12 ~2005
MOBILE
QRコード


SINCE FEB 2000