∵ TAKA-AKI AZZLO WEB ∵

2014年07月02日

MANIACLOVE 2nd ANNIVERSARY MIXED BY DJ.WADA

ヤフオクで見つけたので購入!当然ながらデザインが90年代だw

冒頭この3曲w 改めて聴くと、特にdbxなんて地味な音でよくまぁ踊ってたよなぁw

実際はこっちの方がよくかかってたな。特に新宿AUTOMATIX。

95年は全力でハウスからテクノへ趣向の移行期間だったのだが、「テクノって怪しい(/゚Д゚)/」って思ったなぁw

そしてATOM (DJ WADA)は、97年とかでもよくかかってた気がする。当時PARISに居たが現地DJもたまにかけてたの聴いた記憶あるなぁ。2年経ってもかかるってすげ~息長いよなぁw 今の2014年の感覚だとよりあり得ない息の長さだと思うwww

以前からテクノには興味はあってenitokwaとかDJ K.U.D.Oとか買ってたが、95年辺りからのハウス的なビート重めミニマルからテクノが理解出来てきたんだよなぁ。もちろんDJ WADAの技量を通しててだから理解が進んだ訳だが。

しかしまぁ変な時代だったなw

そして、ただ懐かしんで終わるんではなく、あのリアルに変化するイノベーションを体感した人は、今後そういった事を誘発していく土壌を作らなくてはならない と改めて思うな。

2012年08月12日

FREEDOMUNE ZERO

YOUTUBEの上部バーに告知があったので、見てみる事にする。19時頃からの視聴だ。


・悪い意味でガラパゴス。外人が見たら地方都市の素人主催イベントにしか見えないだろう。

・"自宅でも同時体験" は過去には無かったものであるが、やはり現場は10年前と何も変わってなさそうだ。90年代の映像と言われれば、特に疑わないだろう。

・視聴数も多くない。(WEB的には多い方かもしれないが)クラブ好きで現場に行っていない人も、ほとんど見てない数字だろう。YOUTUBEのページ上部にバナーが表示されているが(おそらくターゲティングしていない)その割にはあまりに少な過ぎる。各チャンネル1万越えしていても良さそうだが・・・。

・DJ PLAYのクオリティーが全体的に低い。普通にズレズレだったり、音量変化が激しかったり・・・。

・照明も金かけてなさそうだ。

・Fragment×leno いいな。

NHK はもっといいな!!!おじさん的に言うと、今世紀のTANZMUZIKと感じる!!NUMBよりもNUMBっぽい感じしたし、PANSONICっぽいし、ERRORSMITHっぽいし!

・誰とは言わないが "ダンスミュージックなんてこんなもんだろ。声サンプルとか適当に鳴らして・・・" 的な人がいたな。まったくファンクがなかった。音だけ聴いたらクラブ行った事ない人がオールインワンシンセ買って作った曲だ。そこまでして "ダンス・クラブシーンの人" と見られたい理由はなんだ?これは "クラブ・ミュージックなんて所詮こんなもの" とネガな誤解を生むと思う。正直やめて欲しい。でもこんな人が居るから、自分には都合が良いけどもw

・L?K?Oはストーリーがあるな。・・・と同時に他の人はストーリーを全然感じない事に気付く・・・。

・秋田さんは相変わらずだなw

・KEN ISHIがSIZE 9かけてた。おそらく現場に居る半数以上は知らないんだろうな。三十路的にはニヤケポイントだが、現代のアンセムを聴きたいなぁ。

・普通の白いOA用電源タップみたいのが見えるな・・・。

・FLOOR DOPENESSは三十路の自分には好みなのだが、ずっと隙間が同じで飽きるな。そして他フロアと比較して圧倒的に音悪い(モノラルだし)。

・TKライブは盛り上がったっぽいな。偉大な作曲家であるのは事実。しかしプリセットの音色もそうだが、プリセットのエンベロープは飽きる。打ち込み繋がりでクラブと繋げなくても良いとは思うな。"記録好きの宇川君" と、皮肉を思いついてしまうなw

○DJ WADA
2012-08-12 02-08-28.jpg

・パイオニアのエフェクターの使い方は圧倒的にWADAさんが誰よりも上手いな。ATOMのPLUS1的なDELAYだ。

・WADAさん、いい隙間だ♪

・2曲めがモロにWADAグルーブ。ニヤケざるを得ない・・・www ほんと何処で買ってくるんだこんな音源・・・というのでやられるな。

・他のDJは、機材の進化を有効活用していないが、WADAさんだけ必要な機能の一番おいしい部分だけ使ってるな。

・他のDJでは客の横揺れが無かったのに客の動きが横に大きくなっている。

・相変わらずSEともメロディーとも言えない変な上音の曲がたまらんw

・2:28からの曲の温度がもうWADA過ぎる!!!!涙!!!

・他のDJがいかに "クラブDJの真似事" してるだけの人達か、炙りだしてしまっているな。

同じ幕張のAMON TOBINのライブ には行ってみようか?と思ったが、WADAを聴いちゃうと、どうでもよくなるな。

・他をDJやクラブと言うならば、やはりWADAはもうDJでもクラブでもない。彼らとはやはり住んでいるレイヤーが違い過ぎる!!! LIVING IN ANOTHER WORLD だ。

・ERROR SMITHかけてる!!!!!・・・激盛り上がりしてるwww しかもERROR SMITHに異様に陽気なリズムな曲MIXしてる!!!!

・他のDJは今の曲の強を意識しているが、WADAは無を意識してると思うな。"ただ単に2枚の曲を重ねる" 行為でも、あり得ないグルーブを作っていると思う。曲と曲がせめぎ合う感じだ。

・やっぱ見た事あるヤツが映ってるなw

・居る人間の構成要素が同じだw "テクノヲタっぽいヤツ×賑やかクラブ好きなだけかと思いきやコアな音好き可愛い娘×理屈は抜きにしたダンス好き"

・ズレの修正でアガるなぁwww

・最後の曲ヤバいなぁ・・・(涙)


まぁ、当たり前の結果なのだが、「いやはや・・・WADAさん、たまたま聴いても凄いわ・・・」であったw

ビジネス的には、おそらく現場はそれなりに人は入ったのだと思う。しかし中継動画の視聴数は少なかったと言えるだろう。まぁそもそも "関心があるヤツの大半は現場に居る" と言えるが、世界中で見れる事を考えると、あまりに少ない数字だろう。結局の所、この手の趣向がある人は圧倒的少数派と言えるのだと思う。

あとアンチ宇川の自分としてはw "90年代と同じ音が家でもリアルタイムで見れる" ってのは正直あまり価値を感じない。"テレビCM作って電波で流したら商品サイトでも動画が見れる" ってのと大して変わらない。要は "リアルタイム" の必然性やメリットを感じなかった。後日動画見せてもらうのでも、楽しさは変わらないと思った。

あくまでWEB技術やインフラが整った上で、既存のコンテンツを乗せているだけで、体験が新しくないと思う。宇川君だったらこの程度で留まって欲しくない。あえて補足すると、自分がアンチ宇川なのは、宇川君への期待があるからだ。"普遍的なクラブという習慣を維持する為のおじさん" で終わって欲しくないw ・・・ま、宇川君には良くも悪くも色々と裏切られるので、時間の経過を見てみようと思う。

・・・とりえあず家に居ながら夏の思い出が出来たなw

2010年10月04日

DJ WADA @ level5(桐生)

2010-10-03 0-09-57

高崎の隣町、桐生にあるlevel5というクラブでWADAさんが回すので行ってきました!しかし東京以外でWADAさんと会うなんて、97年10月17日PARISのREX CLUB以来なのに、WADAさんとの写真撮るの忘れた・・・。

基本WADA絶しているスタンスは変わらないのだが、東京以外の生活のマーケティング的意味合いとしてmisa、wang-gung君も含めて4人で行ってきた。

22時には現地到着。地方都市らしい屋根がある商店街の一角であった。近くにファミレスとかはあった。店の入り口に着くと、いきなりWADAさんと遭遇。なんだか非常に恥ずかしい・・・w

ロックな感じのエントランススタッフが「僕は・・・今日のDJなんで・・・(汗)」と言うWADAさんにもスタンプを押そうと必死だったのが微笑ましい。

中は自分みたいな体験してきた人には丁度良い感じの広さ。フロアは非常に暗い。90年代のクラブ並に暗いw なんだかスピーカーの数がえらい多いが、強烈にコンプで制御されていてDJにはやりやすい音作り。

久々のクラブだっただけあり、「音でかすぎ!!」と感じてしまったw

オーガナイザーさんとも挨拶。以前マニアックに通っていたとの事で、当時のイノベーションがこうやって地方にも広がっていくのだなぁと、やはり東京発イノベーションの必要性を感じた。

WADAのDJはWADA絶してるので、あまり聴く気は無かったのだが・・・とても刺激的だったw フロアでの自分の立ち居地、居る人の配置具合、ぶつかってくる人の頻度が当時のマニアックとまったく同じだったのが不思議だった。

2008年08月16日

SOUL MATE MUSIC FESTIVAL 2008

2008-08-18 3-56-18.CRW





夕方ミノダから、「今日の国立競技場、WADAさんの時間が朝なので、それまでTAKA-AKI君ちで時間潰してもいい?」と連絡が。もちろん快諾。

「ちょっと人数多くなって6人になっちゃった」と連絡があり、深夜1時にミノダ到着・・・なんとミノダと共にWADAさんが居る!!!信じられない・・・。WADAの写真に囲まれるこの部屋に本人が着ましたw ナオちゃん、メタル、mii、マサ君も一緒です。

軽くウチのシステムを解説した後、「いかにWADAで人生狂ったか自慢」で盛り上がるw この面子で集まって今更なネタなんだけど、miiとマサ君がヒートアップ!

mii 「WADAでテクノを知ったの」
マサ君「俺だってロンドンで聴いて以来、他のDJがなんで人気なのか分かんないよ!」

自分は、今回はこのノリには参加せずw 95.6年の生録をかけながら「こ、この曲なんですか??」と本人に教えてもらってました。

山崎さんからの「暑いけど人入ってて盛り上がってるよ」という普通なお友達的現場レポメールを確認しながら、みんなで徒歩で国立競技場へ。入り口で玉手さんと合流して中へ。2004年のメタモ以来のでかいイベントかな~。野外の開放感と屋内の宗教集会的な旨みが両方あって良い会場です。

KEN ISHIIがPLAY中。普通にアッパー。このテンションでKEN ISHII的音色があれば結構好きなんだけど、DJだと中々出さないみたいだ・・・。本人がかけるORGANISED GREENとか聴いてみたかったなぁ。

でWADAさん!一転してDOOPな世界へ!意外とコントラスト無くうまく繋がった感じで、お客さんも引いてなく結構盛り上がった。なんせ家近いので定期的にここでパーティーやってほしいな。

玉手さんを加えて、ウチに戻りでアフター。ミノダ速攻で爆睡。何もないまま夏が終わりそうだったが、良い思い出になりました。

2008年06月09日

DJ WADA “Final Resolution”

WADAさんのMIX CD “Final Resolution” 告知のタイミングでmyspaceアカウントが出来ました。視聴出来ます!!

myspace / DJ WADA

プレスリリースには、僕のコメントも入ってます。WADAさんについてコメント書くなんて事は、自伝を書くようなもんなので、かなり長くなったし、便乗してクラブ批判も書きまくったんだけど、エンドウ君に毒のある部分はカットされましたw

レーベルとしては楽曲のアルバムとして扱っているっぽいけど、自分的にはDJ MIXとして受け取ってます。曲を繋ぐのではなく、音のパーツをその場で構築する行為を、分かりやすくDJ 2.0というワードで括ったらいいのかなと思ってます。Ableton Live で“Final Resolution”をやる事は可能だと思うので、より演奏に近い方向になるんだと思う。テクノ畑じゃない人の方がDJ 2.0的な事をやるのは長けてそうだなぁ・・・。HIP HOPの素養がある人は上手そう。

今回、自分の時間の無さで深く関われなかったのが悔しいです。メールのやりとりで「そんなのはWADAに相応しくない!」と拒否するだけで代替出すには至らなかった・・・。まぁ自分のフラグはCD1タイトルの事ではないので、時間があっても同じだったかもしれない。

REGENDになる道は選ばず、今も開拓を続けるWADAさんの最新レポートがこれです!!今月25日発売なので給料引き出してレコード店へGO!!! beatportでは「曲」としてエディットしたバージョンを数曲配信予定です!!

2008年03月29日

ポテ恋DISCO @ 江ノ島OPPA-LA

日本のDJ文化のパイオニア2人が江ノ島オッパーラで激突!!プロテスタントとカトリックの争いに近いもんがあります。巷で言われる「ヤバい!」を通り越したほんとにヤバい歴史的な一晩を近い存在のポテ恋がやってしまうとは・・・。

既に終わった文化だとは思っているが、改めてパイオニア2人を一晩にブッキングするという事で、ダラダラと「クラブ的」なクラブを引きずるのではなく、区切りを付けた意味は大きいと思う。

レジェンドにはなれない、開拓する事しか許されないWADAを感じるには、最高のパーティーだった!

・・・と堅苦しく書いたけど、遠足気分と酔いどれダメMINODAのお陰(せい)で、実際は普通に楽しいパーティーでした。オッパーラ、バタ臭いけどいい場所だな~。

GOLDで爆音に目覚め、MANIACでWADAにハマった自分としては、WADAさんと徹さんに挟まれるこの記念写真は表現出来ない程重みがあります。先に帰ってしまって集合写真に入れなかったMINODAは悔しいだろうな~w

写真と動画のレポはモンストロに上げてあります。

2008年03月24日

DJ WADA @ SHIBUYA 2008/03

WADAさんヤバい!こんなドープな音を渋谷のド真ん中でかけれる度胸と自信があるのはWADAさんぐらいでしょう!ほんと「クラブの真似事」するだけで満足できちゃうDJとの格差はでかいな~。

2008年03月23日

DJ WADA MIX CD

WADAさんのMIX CDが出そうという事で、SAMPLE CDを貰う。革新的で挑戦的な内容なので、どうやって世に出すか迷っているというMMからの話があり、MINODA、METALと共にMMオフィスへ。

最初この話を聞いた時は、「WADAにとってのMIX CDリリースなんて、小さな通過点の一つに過ぎないんだから、それぐらいでパーティーだなんだと騒ぐ必要はない!」と一蹴したんだけど、普段仕事で興味無いコンテンツを扱っているので、熱くなってみようと思い、MTGに参加したのでした。

自分が聴いた感想は、「想像してたより普通」という感じ。なんてことないという意味ではなく、「革新的で挑戦的」と前評判を散々聞いていたので、最近のWADAのPLAYからすれば、ごくごく当然の内容だと思った。内容はCO-FUSIONの音源を使った、ABLETON LIVE的なDJ2.0な内容。CO-FUSIONファンにはたまらない構成です。

客観的に見ても、確かに世の標準からはズレてるけど、ちゃんとダンサブルなので、キチガイ扱いされる訳でもないと思う。確かに3パートあるうちの1パートはかなり実験的で「?」が浮かぶ人多発だろうけど、全体の1/3ぐらいはいいでしょう。

自分は、この音楽ビジネス界にあえて身を置いていないので、WADA原理主義者として、現実無視した綺麗ごとを並べたりしているうちに、この音源をどうするかではなく、WADAをどう扱っていくか、文化とは、宗教とは・・・と、どんどん話の範囲がでかくなる・・・。まぁ自分を呼んでる時点でこうなるのは分かるだろうからw シン君が大人な進行をしてとりあえず落とし所を作る。

リリース⇒リリースパーティーにあたっての課題を上げて、とりあえずウチらは、リリースパーティー内容を固める方向で進みます。ウチらが現場内容つめても、我無双での四季WADAの場所変えた版(もし我無双でやったら何も変わらない・・・)にしかならない感じも多々あるが、まぁちょっと捻ろうとは思ってます。

パーティーでは色々やりたい事はあるんだが、金がかかる・・・。(今想定している箱で)一晩で2千万ぐらい簡単に使えてしまう・・・。刺激的な遊びを提供するには、やっぱパトロンが必要だなぁ・・・。

MTGの後は、ENDO、MINODA、METALで居酒屋へ。このメンツで居酒屋って初だ・・・。全員好き勝手にWADAへの思いを語り合い、WADAさんが回すMODULEへ移動。ENDO君はYELLOWへ。

3時間WADAさんのPLAYを楽しんで、旧タワレコだったサイゼリアへ行く途中で、MM CREWと遭遇。合流して、桜ヶ丘のジョナサンで食事して解散。

朝9時、春の風を感じながら、みんなで渋谷を歩く。「CISCO開くまで代々公で寝ようか?」なんてセリフが出てきそうな、13年前と同じ空気だった。

2008年01月26日

DJ WADA @ SHIBUYA

先週は、WADAさん@MIXROOFFICEだったんだけど、自分は仕事で行けず・・・。なのでこの日が2008年WADA始めでした。

何故かラウンジが閉まっていてバー付近が激込みでドリンク注文出来ず・・・。フロアはライブスペースとVJブース設置で狭い上に、テーブルと椅子が設置されさらに激狭。

WADAさんのPLAYは、Plastikman / Spastikの入りでMINODAに「これDubfireのREMIXだよね?」と言われるが「いや、CLONESの10番でしょ!」とか言いながらブースを見るとオリジナルのオレンジ色のジャケが・・・。トライバルな曲とのWADAマッシュアップ!Dubfire、CLONE10番よりかっこ良かった・・・。

WADAさんPLAY後は、先週のMIXROOFFICEの件で盛り上がる。なんだか宇川君は熱く語った日の事をTAKA-AKIと喧嘩したと捕らえているらしいんだけど、自分は音好き同士が想いを語ったらそら多少はぶつかる事は避けれないと思うので、喧嘩とは捕らえてませんでした。そもそも昔は傍から見たらもめてるとしか思えないような語らいをしょっちゅうやってたし。お互いに人格否定してる訳じゃないしね。

MINODAによると「なんでTAKA-AKI来てないんだ!」と連呼しつつ、WADAさんを聴いた宇川君は目をキラキラさせて「純粋に音が好きな男」になっていたらしい。そして「TAKA-AKIに悪い事言った・・・」と連呼していて事情を知らない山崎さんはきょとんとしていたという話w

実は、その熱く語った日は「WADAさんをMIXROで!」と宇川君から言われたんだけど、すんなり話を進めなかったので、かな~りプライド傷付けたんだと思う。今は何故進めなかったか分かってくれたんだと思う。ずっと平行線のまんまだろうな~と思ってたので意外な展開!またこの日自分が仕事で行けなかったというのも面白い流れだな。

MIXROは移転までに時間があるので、その間どれだけ宇川君がWADAさんを聴きに行くのか?WADA原理主義者(達)は期待して待ってますw

2007年11月23日

Just Do It! @ gamuso -AKI WADA- report

monstro で、私心たっぷりのレポを書いたので、こっちで書く事があまりないのだけれど、今回は防音もしたので、普段より3割ぐらいボリュームアップ!で更に大盛り上がりでしたっ!!

前回 "独特の減"について書いたけど、今回改めて感じたのは、"ネタは変われど配合成分が一緒" という感じ。これを感じるのは、WADAさんとEMMAさんぐらいしかいません。また、"数人単位の関係者"でななく、"数十人単位で"一晩ハシゴするファンというより"追っかけ"を作ったのは、この二人ぐらいじゃないかな?

表面的には、ネガティブにも捉えらる表現だけど、常に他のdjではかけれないトラックを率先して使いつつも、自分の表現のツールにしてしまえてるって感じです。WADAさんの場合、LOW RES / AMUCK やSI BEGG、NO-FUTURE系なんかが典型的かな。ここ数年ではFRANKIEがそうかも。昔のRELIEFがFRANKIEに置き換わった感じするな~。

今回、そんなWADA節を感じたのは
STEWART WALKER / We Welcome Uptopia (Jeff Samuel Remix)
これ!(使いやすいトラックではあるけども・・・)monstroレポにも書いたけど、WADAさんのラスト入りかけに使うだろうと思っていたら、ドンピシャでキタのでかなりアガってしまった。もぉタイトルからして素敵過ぎ!95年的にはSUNSHOWER辺りって感じ?自分的には今年熱かったSWITCH系を卒業する区切りが付きそうな曲です。やっぱテクノって最高!と思わせる名曲です!!

WADAとのコントラストを見つけようとSWITCH系にハマった?のに、WADAに戻っていた事に悔しさと嬉しさを感じたJDIでした!!!

2007年11月02日

DJ WADA @ AIR

4年振りぐらいか?AIRに行く。

SAYAちゃんにとっては、久々の我無双以外のクラブらしいクラブ。タクシーで行くが、激込みでウチからAIRまで30分もかかった・・・。

最近システムが変わったという話を聞いていたが、凄く良くなってました!着いた時はかなり小音量だったんだけど全然満たされるし、後半音でかくなっても、まったく余裕!レイオーディオのイメージってこもってて、スネアがえらい飛び出る音って印象なんだけど、歪なくハットが澄み切っていて4ch再生なんて音が濁るだけだと思ってたけど、パンニングバシバシキマし、立体的でかなりヤラれました。13kあたりが極端にカットされてる感じに聴こえたけど、おそらく曲ごとのハットの違いを目立たなくさせる為なのかも。

AIR立上げ当初、ダイゾウさんが「まだやれてない事があるんだ」と言ってたけど、それがやれたのか!? 照明もかなり暗めで、近年ないぐらいスモークいっぱいで作りもマニアックみたいだし、wadaさん@AIR最高です!

で、ミノダは相変わらず寝てました・・・。

2007年10月27日

Tri-mix presents FREENATION -report-

先日のTOM MIDDLETONの出音を評価され見事、リキッド気合のパーティーのラウンジを任されたmonstrostereo!!そしてmonstroでmarboさんが回すというリキッド側も「今日の目玉!」として設定されたフュージョン劇がありました。

夏目さんも、marboさんの音出しの安定感を認めて、PAお休みしてました。

そして!WADAさんも登場!全部真っ白のリキッドロフトなので、白マニアックな感じもあり大盛上がりでした。マイクセッティングが適当で本体が振動してかなりノイズが酷いんだけど、monstroで生録公開させて頂きました。

2007年10月13日

ROCKWEST AFTERHOURS

タンゴの誕生日会@ダイニングバー イヴァンへ。色々家での作業があったので朝方サクっと行きすぐ戻るつもりが、wadaさんとmetalがrockwestでafterやるって話なので、行ってみる。

まだ観客席みたいなのがあった時しかしらないので、クラブらしく変貌していてビックリ。音もクラブらしい攻撃的な音。キャパも最近ない感じなのでエンドウ君がココでやってるのも頷けました。

5時半到着で、フロアではギャル二人がfrankie recで踊っている。このカオス感好きです・・・。メタルが6時から2時間。metalの中では、繊細ではなく破壊的な質感で場にあってる感じ。「taka-aki受けを狙った」と本人が言ってただけに、持ってるレコードがちらほらかかった。

8時からwadaさんで、もうかなりクタクタな中、許してもらえない感じで、5時間ほぼノンストップで踊り続けました・・・。こんなの久々で超疲れました・・・。

2007年07月29日

moments @ colorsstudio

ブース位置が反対側のステージ上に移動してました。音は前回のben clockがゲストの時が激悪だったのもあって、凄い良くなってた印象。ただ居場所によって凄い音変わるんで、おいしいリスニングポジションは超狭い。

wadaさんのplayは序盤から結構アゲ寄り。クリック系の新譜が、ハードミニマル全盛の頃のような硬派な攻め感を出してきてるので、wadaさんのplayも静と狂のコントラストがより強く出てて、結構もってかれた。音も曲の入りは寸胴な音でも、すぐにグラマラスな音へ変貌させるEQ使いは凄かった。

次の外タレに変わる際に気になった点があったが、世の中そんなもんだろうと内的には流そうと思っていたが、意外とみんなその点が気になっていた様子。エンドウ君にとっても課題の一つらしい。

今回はバー部分にもブースが設置。真剣には聴いてないが、どのdjも結構良かった。メインよりアッパーな音で逃げ場がないので辛かったが、音の内容は良かった。

2007年07月21日

JUST DO IT ! @ gamuso "natsu wada"

今晩は四季ごとに行われる "dj wada × monstrostereo" @ gamusoです!

昨日のcolorsstudioでもアッパーな選曲になってきていて、今日も気合が入ります!!

夏秩父JDIが無いだけに(SUMOONという別パーティーがあります)より濃ゆいwadaさんは、今晩でしばらくお預け?JDI djzもがっつりwadaさんの足元を支えます!!

2007.7.21 (SAT)
at 我無双
start_22:00
door_¥1,000 (1drink)

◇Guest DJ:
DJ WADA (Co-Fusion)

◇DJz:
EPISIRK
MASA
MEAT-HOPE-KOIDE
WUB

◇SOUND SYSTEM:
MONSTRO STEREO
http://www.monstrostereo.com

◇Venue:
我無双 (阿佐ヶ谷)
http://www.markisa.net/gamuso/index_j.html
東京都杉並区阿佐ヶ谷2-12-5拓英ビル2F
TEL 03-3223-4041

2007年04月15日

JUST DO IT!!!!!-NICE PARTY-@Chichibu Asami Camp Site

monstroの方に情報が上がったので、ここでも紹介します。

より良い音を求めてノイズ電波を避けた結果、携帯3キャリアまったく通じない辺境の地 "秩父浅見キャンプ場" に辿り着いたmonstrostereo。この地でこそ出せる瑞々しく美しいサウンドを放出します!!

場所はほとんど一本なんだけど、途中一車線の道になったり、「この先なんかあんの!?」というぐらいの道です。地元のタクシーに言っても分からない、もしくは自殺しに行くんじゃないかと疑われるような場所です。google map

flickrの調子が悪く、フライヤー画像が出難いので、こっちでも確認出来ます。
flickr:monstro

僕は一日目の最後予定。朝野外です!

雨天の場合は中止する場合もあります。monstroの方でアナウンスされますので、確認して下さい。

JUST DO IT!!!!!
-NICE PARTY-
@Chichibu Asami Camp Site

Sound System:
MONSTRO STEREO
http://www.monstrostereo.com/

DJz:
DJ WADA (Co-Fusion)
MOODMAN
ABE SHUHEI (Jaypeg)
1DRINK (Jaypeg)
TAKA-AKI AZZLO
FUCK MASTA FUCK (2 Much Crew)
ROGER YAMAHA (Moonwalk Records)
THE KLO (ポテ恋Disco)
TANGO
METAL
ANDY

Live:
SHANE BERRY (Trapez)
HARLEY & QUIN + BONUS BEATS

Ligting:
VEEM

JDIDJz:
EPISIARK
MASA
MATZU
SPORTS-KOIDE
WUB

2007/4/28(SAT)15;00 start
--------/30(MON)12;00 close

3000yen(通し券のみ)

2007年03月31日

zoom h4! / just do it! @ 我無双 dj wada birthday

我無双2連チャン2日目!just do it! haruwada!

4月の秩父には買おうと思ってた生録機 ZOOM h4 を前倒しで購入!!

競合機である ROLAND R-09 と非常に悩みまくりました。webで録音ファイルを公開してるブログなんかもチェックした上でZOOMの方にしました。決定したポイントはこんな感じ

・ファンタム電源(キャノンin)が使える。
・音を比較したが、H4は凄く低音が録れる。ステレオ感は薄い。がこの2点はマスタリングで調整した後はR-09よりバランス良くなりそうだった。
・R-09は外部マイクを使用してもノイズが結構乗るらしい。
・R-09の小ささは魅力的だが、DAT時代に比べればH4の大きさ軽さも随分良くなった。

95.6年当時、SONY TCD-D7 と外部マイクでいつもwadaさんのplayを録音していたが、その音とweb上にある、H4、R-09の音を想像で比較するとDATの方が細かい音まで録れてる感じがする。この差がマイクなのかD/Aの差なのかが、分からないので、一回DATも検討しちゃいました。でも多少音が悪くてもデータコピーでPCで扱える利便性の方が圧倒的に必要だろうとも思いました。

秋葉へ行き、ヨドバシへ。店員が居ないのでレジで待ってるが、誰も来ない上に来ても見て見ぬ振りをするアホ店員を待つのもアホらしくなってきたので、トモカ へ移動して本体とスタンドを購入!トモカは今までケーブルぐらいしか買った事なかったけど、\3000のスタンドの為にしっかり接客して頂いて感動!改めて商品見るとレコーディング機材が多いなぁ。外部マイクを買う時も相談出来そうだ。メモカはSILICON POWERの2Gを購入!

で、そのまま我無双へ!結果は悩んでたのが無駄だったと思える程満足!!実際購入前に気付いていた音の問題はそのままなんだけど、明らかに酷い音ではない。人が当たって設置が斜めになってしまっていたけど、ステレオ感の薄さで意外とレベル自体も極端な差は出てませんでした。

マイク録音だと低音が入りにくいので、購入前はマスタリングでライン録音っぽいバランス作りが楽しそうだなぁなんて想像してたが、まったく必要ないぐらいモリモリな低音!むしろ低音抑えるぐらいの設定が必要なぐらいです。

モンストロだからこそでもあるが、EQ操作も分かる程しっかり記録されてました。ただセッティングした場所がSPから一番遠い壁側だったので、至近距離で会話するジェームスとアベさんの会話がモロに入ってました・・・。あの二人は声が通るから次回からは対処しないとだな・・・。あとたまにぶつかる人がいたのかボコってノイズが入ってました。設置場所も考えないと・・・。

外部マイク使えば更にしっかりとした録音が出来そう!また金のかかる趣味を作ってしまった・・・。

で、wadaさんは、地味ながらも熱いplayで激盛り上がりでした!!「ナイスパーティー!」と自然と生まれた当たり前過ぎる言葉を連呼するみんな。秩父前に一区切りついた感じでした。

写真と動画は モンストロ の方でup済です(動画は全て910shで撮影) 生録も出来れば公開したいと思ってます。 ←公開しました

   +

2007年03月23日

moments @ colorsstudio


今回はjeff samuelがゲスト!Jな外人だとjustin maxwellの方が好きなので、正直まったく期待してなかったんだけど、結構良かった。

クミちゃんにマッサージしてもらって体の調子が良く、wadaさん朝からだったけど、最後まで居れました。

そして!wadaさん誕生日乾杯動画録っちゃいました!!(掲載確認済)

2007年02月02日

moments @ colorsstudio

カトオと2月から入った新人さんとで有楽町ガード下で飲み!そしてcolorsstudioへ!年末から「感じる低音の帯域がカットされちゃってるように感じる」という話を聞いてたが、SPごと入れ替えているようだし出音はかなり以前とは違ってました。コンパクトな圧縮感があるが、それにしてもちょっと物足りない・・・。余計な響きもしてて、原音埋もれちゃってるし・・・。

wadaさんのplayはこないだのmoduleとはまた違って、地味に進行形。臭い表現だけど、フロアと呼吸するような展開。最後30分程から、audio warner、robag wruhme、mathias kaden等でガツっと外タレを立てる内容でした。

で、写真は女子からちょっと早めのバレンタインプレゼントを貰っちゃいました。ブルガリのソワール。「ソワールに教わ~る」・・・。

   +

2006年12月22日

DJ WADA @ MODULE

miiに「メタルがmixroで回すよ!」と誘われる。行くと既に終わってて、渋谷駅ガード下のかけそば屋で合流。来年1月の前職の人のパーティーにメタルもDJとして誘ったので、軽く打ち合わせ。そしてDJ WADA @ MODULE!!!

前回のMOMENTSは秩父だったので行けず、かなり久々のWADAさん!ラウンジでWADAさんと居ると、ファンが集まりだし「写真撮ってください!」と携帯で撮影をせがまれる。「お前ら今日だけはしゃぐんじゃなくてMOMENTSにも来やがれよ」と思いつつも快く撮影に応じる。

ラウンジがあまりにテンション高いので、フロアに逃げて、シンゴちゃんのプレイを久々に聴く。渋くも盛り上がるイイ感じのPLAYでした☆

朝7時に起きちゃって眠くて正直あまり気合い入れて挑まなかった今回のWADAさん。渋いとは言っても最近のWADAさんからすればアッパーなシンゴちゃんからどう流れるのか?眠いながらも興味津々。

WADA登場ぉぉぉ!!!!→WADAグルーブ出てきた→そこまでイク!?怒濤のWADA節!!!!!って感じで、95年の熱さ再来!!!!久々にキレのある踊りしちゃいました!!!!悲鳴上げてる娘がいたし、歓声で音聞こえないぐらい激盛り上がりでした!!!!

来年1月は2本DJ決まってて、最近そのセットを考え始めてると、なんかかなりピッチ速くなりそうだなぁって感じていて、自分はハードに疾走する感じでWADAとの差別化がとれると思ってた矢先に、WADAさんのこのPLAY・・・。嬉しいけど複雑な感情でした。

今回のwadaさんがパーティーに合わせての内容なのか、今のwadaさんなのかが分からないけど、今のwadaさんなら、またwadaさんで "火が付かない酸欠状態"は遠くないと感じた。「wadaでテクノを知りました」2Gの時代だ!!

~2006/12 ~2005
MOBILE
QRコード


SINCE FEB 2000