∵ TAKA-AKI AZZLO WEB ∵

2014年07月02日

MANIACLOVE 2nd ANNIVERSARY MIXED BY DJ.WADA

ヤフオクで見つけたので購入!当然ながらデザインが90年代だw

冒頭この3曲w 改めて聴くと、特にdbxなんて地味な音でよくまぁ踊ってたよなぁw

実際はこっちの方がよくかかってたな。特に新宿AUTOMATIX。

95年は全力でハウスからテクノへ趣向の移行期間だったのだが、「テクノって怪しい(/゚Д゚)/」って思ったなぁw

そしてATOM (DJ WADA)は、97年とかでもよくかかってた気がする。当時PARISに居たが現地DJもたまにかけてたの聴いた記憶あるなぁ。2年経ってもかかるってすげ~息長いよなぁw 今の2014年の感覚だとよりあり得ない息の長さだと思うwww

以前からテクノには興味はあってenitokwaとかDJ K.U.D.Oとか買ってたが、95年辺りからのハウス的なビート重めミニマルからテクノが理解出来てきたんだよなぁ。もちろんDJ WADAの技量を通しててだから理解が進んだ訳だが。

しかしまぁ変な時代だったなw

そして、ただ懐かしんで終わるんではなく、あのリアルに変化するイノベーションを体感した人は、今後そういった事を誘発していく土壌を作らなくてはならない と改めて思うな。

2014年04月19日

23年ぶりに松井寛のアルバムがぁぁぁぁ?・・・出たぁぁぁ~~~!!!(ザキヤマ風)

金曜日19:30頃、元マニアックラブスタッフの山下くんから連絡が。

山下くん:「東京女子流のライブ見にUNIT行こうよ♪」
AZZLO:「クラブみたいな場所は行かないよ・・・(とは言え、ナイル・ロジャース楽しかったし、こぉいう誘いには乗るべきかなぁ・・・)
山下くん:「松井寛のアルバムリリースパーティーなんだけど・・・」
AZZLO:「は!?!?!?イクイクイク!!!!」

AZZLOは 1991年発売の松井寛 / CALL YOU BACKが大好き で、今までで一番聴いてきているアルバムだ。

WEBで調べた所、近年はあらゆる人へ楽曲提供 (アレンジ) している模様で、本人の新たな楽曲はもう聴けないと思っていた。そこにいきなりの山下くんの誘い。しかも山下くんは松井寛ではなく東京女子流目当てなので、もう奇跡の組み合わせだ♪

松井寛は、何か歯車が合わず、たまたま小室哲哉、中田ヤスタカと同等の知名度がある音楽家になってないだけで、日本最古で最高のクラブトラッククリエーターだと思っている。1991年の時点でコレをリリースしているのだ。

しかも当時、芝浦GOLDで誰かから教えてもらったのだが、「あのアルバム (CALL YOU BACK) はAKAIがスポンサーでサンプラーだけで作ってるんだって!」 という話だ。おそらく時期的にメモリー容量2MBのw S1000 だろうか。

「REI HARAKAMIが嫌いな人は日本人じゃない!!!」 ということわざみたいな価値観があるが、「松井寛が嫌いな人はTOKIO人ではない!!!」 とAZZLOは思うw クラブ的に言うと "日本のトッドテリー" だと思う。



という事で代官山へ。代官山の駅降りるのは10年ぶりぐらいだろうな。駅前にファミマが出来てた。

そして、約20年ぶりに 代官山FLW 代官山UNITへ。UNITへは初めてだ。

あの長い長い階段を下っていくのを楽しみにしていたのだが、普通の階段になってた・・・。

当時の宗教儀式会場みたいなダンスフロア (スピーカーが支柱の中に収まっていて見えない) も、誰が回してるか分からない (DJブースが壁の奥にあってスリットはあれど覗きこまないと誰が回してるか分からなかった) DJブースも無かったw

ライブハウスの様な空間。人の入りは8割埋まっていて、フロアには既に入れない状態。バー付近は人を避けながら動けるぐらい。まだ21時前なのだが凄い人の入りだw

音はバー付近でしか聞いてないが、"クラブにしては歪が少ないクリアな音" って感じ。適度に歪んでいてボーカルとか破綻するのが "会場の音" な感じでアガる。

松井さんがDJ中で、色々な日本語歌ものハウスをかけてる。キックとベースが松井さんの音なんで、きっと彼の作品とかREMIXとかなんだろう。ホント松井さんの曲はキックとベースだけでイケる。会場のコンプかかると張りのあるグルーブが増強される低域なのだ。

山下くんお目当ての東京女子流のライブが始まる。まだ未成年の女子グループみたいなのだが、そんな女子に

「みなさ~ん?ノってますくぁ???盛り上がってイクよぉぉぉ!!!」

とかMCされて、非常に恥ずかしいおじさんAZZLOだったのでしたw

次のライブであるライムスターの宇多丸さんが始まった頃、山下くんは腹が減って限界なので、会場を後にする。ライムスターは 人生初!テレビ買った!!!時に共感 したので、なんか繋がりがありそうだな。

会場でCD売ってたので購入!!!

Mirrorball Flare + Royal Mirrorball Discotheque (2枚組ALBUM)

超楽しみ!!!

飯は、中目黒の もつやき みのる。旨くて安くて良かった!!!



帰宅してさっそくリッピングしてJRMCで再生っ!!!

松井ワールドが今の音質で聴ける(涙)

(前作であるCALL YOU BACKは、1991年発売で、当時は相当音良かったが、今では単純に聴感上レベルが低い。今の様なコンプ深くないマスタリングだから、隙間があって面白いけど、その後に聴く曲が最近の曲だと爆音過ぎてビビる事になるのだ・・・w おいおいAZZLOリマスタリングしようと思っている。)

1曲目の "Voyager suite" は、中田ヤスタカの新曲と言われれば "音質違うけど・・・なるほどNI MASSIVEブリブリは辞めてそうキタか!" ってな入り方だ。

4曲目の"Bogota" はCO-FUSION (DJ WADA + HEIGO TANI) の新曲と言われれば、「おぉぉぉヽ(*´∀`)ノ 」 と騙されるグルーブ!!!すげ~~~カッコイイ!!!!

5曲目の "Mas03" もほぼCO-FUSIONw

6曲目はちょっと竹村延和。

7曲目の "Ximen" はWADAさんのDJで最初の3曲以内に使われてそうだ。REI HARAKAMI的ポルタメントもあるw

CO-FUSIONはTANIさんの別仕事が忙しいので活動が難しいって聞いているが、DJ WADA+松井寛の新生CO-FUSIONなんかあったら、超絶カッコイイだろうなぁ \(∂∇∂)/

8曲目の "Count Three" は "大沢伸一がMONDGROSSOとして新曲を発表" な感じw TOKIOだぁwww

9曲目の "Paint in Black" はWINKが歌ってそうw ※JOSH WINKではなくて女子2人組のWINK。

10曲目の "夕暮れて" もイントロがストリングスなのもありw 大沢伸一楽曲な感じ。サビもかなり大沢伸一チックだ。アニメ映画のエンディングとかに使われてそう。しっとり良い曲。

23年経っても変わらない松井音色・細かいパンニング♪松井黄金比というのが当時からあった感じするな。そしてGlitch的演出もあるし、現代のものに昇華されてる!!!

"中田ヤスタカで、竹村延和で、CO-FUSIONで、WADAさんのDJプレイで、WINKが歌って、大沢伸一で、アニメ映画エンディングなアルバム"

って、もう意味わかんない表現だが、これが1人のアウトプットでまとめられている。凄い!!!これでDJ KRUSH的煙たい感じの曲があったら、"日本クラブ全部入りアルバム" だな。

どの曲もTOKIO的キラキラ感があるなぁ。Mirrorball Flareというタイトルは凄く音を表してるな。AZZLOはクラブに 「今世紀入って10年以上経ってるのに今だにミラーボールが回ってるのが意味わかんない」 と思うのだが、この音だったらミラーボール可だw 懐古主義のミラーボール依存ではなく普遍的ミラーボール快楽だと思う。

東京女子流楽曲も聴いてみる。

コレ知ってる!!!ある時期、ももいろクローバーZを調べていた際に辿り着いたPVだ。「外国人に 『カズノコテンジョウ』 『ミミズセンビキ』 って教えるな・・・w」 的な "悪い大人の遊び" を感じた楽曲だ。こんな子供にこんなしっかりした楽曲を当て込んでいるギャップにセンスを感じていたのだ。松井さんの仕事だったとは・・・w

2枚目の東京女子流のノンストップミックスは、"運命 -Royal Mirrorball Mix" のシンセリードめちゃくちゃカッコイイな♪ 当時の宅録っぽいスネアがたまらないw コレ一曲通して聞きたい・・・。超ライブで映えるな。紙吹雪曲だ。

全部デフォルトでRoyal Mirrorball Mixで出しても良いと思う。

"PERFUMEみたいに 『ドン!ドン!』 いってるけど、少し人数が多くて音がキラキラしてるアイドル"

として認知された方が、立ち位置が明確になりそう。

・・・まだミックス全体を通しで聴くのはAZZLOには辛いので、インスト集を発見!

これで松井寛の業を色々楽しめる♪

松井さんは、いわゆるクラブミュージックから始まった人ではなくて、ちゃんと音楽理論学んだ人なんだろうなぁ。そこにクラブ的ビートと高揚感が噛み合うと、TOKIOになるw

調べてみる と、

・幼少期よりピアノ・エレクトーンを習い才能を開花させる。
・ヤマハJOC(ジュニアオリジナルコンサート)に参加し、作曲理論やコードを学ぶ。

とあるので、やはりダンスミュージックとしてだけでなく、楽曲としてのクオリティーが凄い訳だ。

そして!!!

・PARCOが主催し坂本龍一氏が審査員を務めた多重録音コンテスト「オルガン坂大賞」にて2位を受賞し、高校卒業後、PARCOの音楽出版預かりCM音楽作曲家として活動する。

とある。

やはりTOKIOの主、堤清二の息がかかった人なんだなw

次のアルバムは23年後ではなく、5年後ぐらいには出して欲しいな♪死ぬまでに新たにあとアルバム3枚ぐらいは聴きたいw

2013年07月17日

1990-1991 (【追記】-視聴感想- Lone / Galaxy Garden)

-視聴感想- Lone / Galaxy Garden

についての追記(+アイデンティティ確認+嘆きw)記事です。

好きな曲がもう1個あった!!!むしろ一番好きかもしれないw

このタイトルである、"as a child" は書く必要は無さそうだがw " 幼い頃, 幼いころ, 小さい頃, 小さいころ " というタイトルだ。

繰り返しのembedになるが Galaxy Garden に収録される曲のタイトルとして "1991" というワードが入っているのが感慨深い。自分の幼い頃の年代として非常に記憶に深く刻まれる年だったからだ。

だってだって!これがリリースされたのも1991だし!

AZZLOの生涯ベストアルバムと思われるコレ も1991だ!!!動画2曲目、3曲目の "CLAZY LOVE" "CALL YOU BACK" が死ぬほど好きだ!!!13歳頃PARISに行ってホームシックの時に聞いていた "TOKIO" のイメージはコレそのままw バブル世代は共感してもらえるのではないかなw

一年前だが、1990年にこの2曲がリリースされている。個人的にはハウスとテクノの対マスにおいてのイノベーションはこの2曲だと思っている。(ホントのイノベーションはマーシャルジェファーソンとかホアン・アトキンスだろうが)

あと、現場レベルではコレもこの記事に入れておかなければならないと思う。

現場レベルでも10万回再生超えてるw

WEBネイティブの世代の楽曲ではないが、LFOですらw 数十万回再生されている。企業のCM、CMメイキングが一体どれだけ再生されているだろうか?例外はあれど良くて1500回再生ぐらいじゃないだろうか?

そして・・・2003年のLFOの曲がコレだ。

コレは1990年の曲を2003年にリメイクしたモノだ。50万回再生されている。クリス・カニンガムのMVと言われれば素直に納得してしまう内容だw オフィシャルMVなのかなんなのか分からないのだが、最初こぉいうマッシュアップ動画か?と思ったw

このシュールな動画も12万回再生されている。

国内・グローバルという違いはあるが、広告(マス)の不条理さを露呈している事象と言えると思う。

何で分かりやすい旬なタレント起用の動画よりも、特にLFOみたいな意味不明な動画(楽曲)の方が再生回数(能動的な接触)を稼いでいるのだろうwww ・・・まぁ目的が違うのだが目的が整理されずに混在するケースが多い為、あえて嘆いているw

若い世代がこの記事を見た場合、きっと自分の世代における、ジェームス・ブラウン、マイケル・ジャクソン、ジョージ・クリントン的なピックアップなのだろう。少なくても現世代のきゃり~ぱみゅぱみゅがハンパない再生回数稼いでるし。(きゃり~は露骨に "ある側面" のセオリーのクリエイティブ映像なので、音だけではないが)

ま、"おっさんのAZZLO" の感覚を疑いつつも、自分の世代以前のイノベーションを学ぼうという意識は少なからずあるつもりだし、若い世代も1990-1991のイノベーションを知っていて欲しいな~とは思う。ぶっちゃけ繋がってるからねwww



と思いつつも、おじさんの懐古主義依存は関係なくて本質に辿り着く人は辿り着く (繋がってるから) ので、どうでも良いとも同時に思う・・・w

   +

2010年12月13日

DVD鑑賞 -サマーウォーズ-

車案件の営業に
「AZZLOさん好きだと思うよ。」
というオススメがあったので見てみる。

また、この営業が
「よろしくお願いしま~す!・・・AZZLOさんわかんないでしょ?www」
的に馬鹿にされるのが悔しいのもあったw



これはヤバイ!!!見終わって10分後の今これを書いているが、頭がクラクラしている。終始自分の集中度は高かったし、体が熱くなった。

まずオープニングのOZの世界の説明からして前のめりになる。FACEBOOKとアメーバを掛け算した様な印象でこれは夢があるし、身近に想像がしやすい絵だ。

人物関係図が多少フィクション臭さはあるものの、不快感を感じる程ではない。フィクションのセオリーみたいなのも色々と感じるが、呆れる感じではなく染みる感じで "うまいなぁ~" という印象が重なる。

ナツキのおじさんへの想いがOZ上にあったりすると、個人的には尚萌えだった。ま、これやり始めると情報が多過ぎで刺さり具合が落ちるし、人を選ぶ作品になっちゃうかな。

臭いセリフだが

・気づいている人はもう行動を起こしているよ。
・情報を共有して力を合わせれば止められない事はないよ。
・人を守ってこそ己を守れる
・一番よくないのは、お腹が空いている事と一人で居る事。

この辺に共感。特にお腹が空いていて一人で居る事が大好きな自分はグサっとクル・・・w

あと序盤の方に
・人はコミュニケーションが一番大事
OZの説明でそんな感じの説明があった気がするのだが、自分は "うんこ" "おっぱい" "ストーカー" "セックス"とか汚れた言葉で言うけども、綺麗な言葉に置き換えると、結局は人と人とのコミュニケーションが大事という事を言いたいのだw

一人ぼっちが好きなのも、この欲求・感度を上げる為故だ。PARISで会話も何も無い(行った当初はフランス語しゃべれなかったから)状況を体験してしまったのが原因のひとつ。 詳しくは一年まとめで書こうと思う。

鉄コン筋クリート並に刺さったなぁ。

DVD鑑賞 -東のエデン劇場版-

既にかなりのタイトルがローカル上で保存していて全く見れていないのだが、AR三兄弟が関わったという事なので久々に映像作品を見てみる。

主人公の男子をつい "風早くん" と思ってしまいその修正に手間どう・・・w

内容は今の自分の趣向に特にハマる訳ではなかったが、普通に面白い作品であった。

ある程度共感する辺りからして、自分もニート的な趣向がある事を自覚したw

2009年11月06日

CD買いまくった・・・

TSUTAYAで借りれないタイトルで、デジタルで持っておきたいタイトルを中古でガツっと買ってみた。特にアナログだと割れまくりな

Reflection / The Errornormous World

Dan Curtin / The Web of Life

Oliver Ho / Listening To The Voice Inside

は期待大だったが、それほど音はよくなく・・・。OLIVER HOはほとんどモノラルだし、Dan CurtinのはDJ MIXで、44GにGEMINIのMIXIERでMIXしたようなもっさりした音だった・・・。中古で5千円もしたのに残念。でも繋ぎ難いDan Curtinの曲がMIXされてるのは新鮮であった。

IAN O'BRIEN / DESERT SCORES + 1

これもアナログ盤はめちゃくちゃ音が悪く、リマスタリング盤が出たとの事で購入。正直ちょっとマシ程度であった・・・。

最近TSUTAYAで借りたものでは
Jimmy Edgar / Color Strip

Chris Clark / Growls Garden EP
が音もよく音楽的にもお気に入りです。

2009年10月25日

DJ WADA / ONE

2009-10-25 19-51-30

待望のWADAさんの新作!

まず、前作より遥かに音が良い!!なんかrei harakamiのアナログ盤のバランス・空間の隙間・静寂感に似てるな~っと思ってクレジットを見ると
Tohru KOTETSU / JVC Mastering Center
以前rei harakamiのlustのアナログ盤を聴いた時に、ウチのデジタル環境の音を超えるアナログ盤だったので「なんじゃこのアナログは!」とエンドウ君に伝えたら「ふふふ。ビクターの大御所にマスタリングしてもらったのだよ!」と誇らしげに言っていた。その大御所が今回WADAさんの作品をマスタリングした様で、似た音で当たり前であった。

曲は、itunesのレートが付いていたものから以下のトラック。

・02 alternate life
モロにWADAさんだ。クリスチャンボーゲルっぽいグルーブとノイズ量にMinilogueっぽい上音。鼻息だけでバクテンさせられる様な、すっとこどっこいなスネアに、もう身震いが止まらない!「oにuc2Xぽ~ぽ~!」ってフロアで大合唱する絵が浮かぶ。

・05 madagascar
落ち着いたキックとベースの上で、キラキラ音が遊ぶ。WADAさんのDJの独特な減の温度と同じで、「クラブも悪くないかも・・・」と現場乞いしてしまった。

・07 choose one
WADAさんDJ SETの70%時間経過あたりにかけていそうなトラック。上着脱ぐなりドリンク買いに行くなり・・・残りの30%に備えて一度空気がリフレッシュされるあの隙間を思い出した。あ!10曲中の7曲目だ!

08 albino
CO-FUSIONっぽい潰れまくりのキック・ベース・ハット。音量も上がってフロアも混んできたので、ダンピングファクターがまともに無いクラブ環境の音、人による吸音効果を妄想出来る。アフター待ちの元気の良い人の「今来たの!さっきまでウームでリッチーのDJだったんだけどぉ~。こっちでアフターウイちゃんでしょ?」って会話がバー付近から聞こえてくる感じで、フロアでどっぷりハマっている人とのコントラストが面白い絵が浮かぶ。声サンプルの入り方がめちゃファンキーだ!

09 first contact
バーも満杯になり、地味な音だけど渋々フロアに移動してくる "クラブで盛り上がっているのスタイルしか興味無い人達" を肩透かしさせる意地悪なトラック。「もうすぐアフターか?あれまだ4時じゃん!」そんな事自分は思ってそう。

ブログ・記事もちょいちょいと上がっている。
北秋田潜伏日記
necone life
DJ WADA Interview

なんだか "巨匠" という単語を多くみかける。GODFATHER効果だろうな。自分はWADAさんの事は、
Final Resolutionのコメント に書いた通り、

>"やり終えた巨匠"になっても良かった。…WADAはLEGENDになる道は選ばず、今も開拓を続けている。

と思うので、正直しっくりこない。巨匠という単語を使ってしまうのは、WADA以外に巨匠を感じれるアイコンがないからだと思う。バンバータの様に「いつも一緒・・・だけど楽しい!」をやれるおっさんを巨匠と言いたいが、日本には居ない様に思う。(更に過去にイノベーションした人に限る)

WADAはいつも予定調和のやり終えた巨匠ではなく、開拓しつづけるイノベーターであると思う。

2008年12月30日

レコード購入 -200810~200812-

ARG0N / IN THE MOOD
BRETT JOHNSON / IMPLIED CONNECTIVITY EP
CABANNE / KEEP GOING
DAS KRAUSE DUO / AUTOMATISCHLER PING EP
ILARIO ALICANTE / LIVING NEAR AFRICA
JACKMASTER HATER / YOUR MIND (PASSION)
MARK KNIGHT & FUNKAGENDA / MAN WITH THE RED FACE
PATRICE BAUMEL / ROAR
RODRIGUEZ JR. / PINA COLADA
SAMKLANG / ICH ZEIG DIE WIE (REMIXES)
UTO KAREM / IT'S ALL ABOUT MUSIC
V.A. / SPLITPAK

2008年10月10日

レコード購入 -200807~200809-

VILLALOBOS / FIZHEUER ZIEHEUER以降、トランペット的な音色に、JAZZのハット、というのがトレンドな感じがする。

ANDOMAT 3000 / BND2
ANDOMAT 3000 & JENS / AMYGDATA EP
ANDREA PARKER FEAT. DJ ASSAULT & DJ GODFATHER / FREAKY BITCHES
ANTON PIEETE & MUSEUM / DINNER 03
BASTI GRUB / TRUBO TRAAATSCHT
BRUNO PRONSATO / AT HOME I'M A TOURIST
DEADBEAT / VERSIONIST CARMOT EP
DJ KOZE / LET'S LOVE
 ⇒ミノダ節!
GECKO / JUST CLOSE YOUR EYES (REMIXES)
HAMMERSCHMIDT & LENTZ / WHEN ALL THE BEAUTY IS GONE EP
INFINITI / GAME ONE (2007 REMIXES PART 1)
JOKERS OF THE SCENE / Y'ALL KNOW THE NAME
KNOWING LOOKS / UZBEKISTAN LOVE
LINUS QUICK / COPY PASTE CUT
MATTHIAS TANZMANN / RESTLESS REMIXES #1
MINIMONO / CRASH EP
NIEDERFLUR / TYPO EP
RAUWKOST / TRUMP IT
 ⇒凄いWADAさんかけてそう。WADAさんのPLAYで聴きたい!これに似てる
REMUTE / WORLDHANDS & WORLDFEET E.P.
RONALD CHRISTOPH & LUDOVIC VENDI / LIMBO REMIXED
STEVE ANGELLO / GYPSY
TOM ELLIS / CONCENTRATE

2008年08月15日

レコード購入 -200804~200806-

42 GRAD GUYZ / WE ARE HOT EP
AHMET SISMAN / HIYAN EP
ALEX CAPPELLI / BLOODY NOTES
ANDREY ZOTS / WINTER 008
ANTHONY COLLINS/ RABOUINE HOUSE EP
ANTISLASH / WE ARE THE COPY & PASTE
BIANCO aka GEOFF WHITE / CIOCCOLATO SESSUALE
BRABE / HOLD YOUR HERE / SCHOKOLADE
DEADBEAT / TAKE ME BACK TO LONDON TOWN
ELON / BIRDS EP
GIANNI PELLECCHIA / MAURIZIO VITIELLO / BAUNS 02 EP
HARRY AXT / DER PAPAGEIENTAUCHER
HOUSEMEISTER / INORDERTODANCE EP
HUMANTRONIC / BETWEEN US
JACOB LONDON / RETURN TO SQUIRREL MOUNTAIN
JOZ / DANGER
KREON & LEMOS FEAT FEEBOY / THE GREATEST HITS EP
LET'S GO OUTSIDE / I'LL LICK YOUR SPINE (REMIXES)
LES GEORGES LENINGRAD / SUPA DOOPA (AKUFEN's Soutien-Georges Remix)
LUCIO AQUILINA / SQUARED CIRCLE & DISCO BUS (REMIXES)
MATHIAS KADEN / LUCIDAS EP
MINIMONO / FIVE
OLENE KADAR / VAKBEKWAAM
PHIL KIERAN / MISSP
REEL PEOPLE FEAT. DARIEN / ALIBI
RICHARD BELSOM / BANSHEE
ROEL H / DANCING BEARS
RUI DA SILVA / ESCAPING MY MIND
SPINCYCLE / BEST FOOT FORWARD
SOULPHICTION / MAOAMBA
SWAT SQUAD / SLEEP TRAVELER EP
TOM ELLIS / APOPHENIA VOL.1
V.A ./ ARTISTS ENSEMPLE 1
V.A. / NET28 PART. 2 OF 3

2008年03月09日

レコード購入 -200801~200803-

クリックでアッパーでブリープ。今更ではあるけど、そんな印象が強い購入履歴です。

2007年12月22日

レコード購入 -200710~200712-

なんだか年末に向けていいのが増えてる印象。

【DJ WADA】
JUSTIN MARTIN / NIGHT OWL Justin Martin - Nightowl - EP - Nightowl
 ⇒WADAと被るとは言え、これは探してゲットしました!
LUCIO AQUILINA / FEELING PLASTIK Lucio Aquilina - Feeling Plastil
MATT JOHN / TRAMPOLIN
THE CHEAPERS / FOG & FROGS EP The Cheapers - Fog & Frogs EP
TONY ROHR / KREUZBERG KRUNZ

ADAM BEYER / A WALKING CONTRADICTION
CHICA AND THE FOLDER / MIXES FROM THE BALCONY
CLONES / THE 10TH CHAPTER
DEADBEAT / DISASTER IN THE DANCEHALL Deadbeat - Disaster In the Dancehall - EP
DEETRON FEAT OVASOUL 7 / I CLING
DONK BOYS / JACULA EP
GUILLAUME & THE COUTU DUMONTS / PARAISO Guillaume & The Coutu Dumonts - Paraiso 91.90.77 - EP
HENRY SAIZ / LABYRINTHS DESIGNER EP
JAN LIEFHEBBER VS NIMBUZ / SUPERNOVA
JONA / PUPPETS EP
JUNIOR BOYS / THE DEAD HORSE E.P. Junior Boys - The Dead Horse EP - Like a Child
 ⇒これはこれで演歌なんだけど、最近無い質感だったので、単純に好みで購入。CARL CRAIGだった・・・。
KEVIN GORMAN / AZUL NOTA
KYLE HALL / PLASTIK AMBASH
 ⇒ネット視聴時でも明らかに分かる音の悪さにパスしようと思っていたけど、ユニオンの説明文に「デトロイト在住の15歳!」って書いてあったので、さすがに購入してしまいました・・・。CHILD'S VIEW突き進めてる感じ。
LEN FAKI / MY BLACK SHEEP Len Faki - My Black Sheep - Interpretations 1/2
 ⇒下水道テクノ!TONY ROHRより使いやすい!
MASSI DL / WONDERLAND
MATTHIAS TANZMANN / RUGBY Matthias Tanzmann - Rugby - EP
MICHAL HO / TAKE AWAY REMIXES Michal Ho - Take Away Remixes (feat. Jon Jon) - EP
MICHELLE AMADOR / BECORSE OF YOU Michelle Amador - Because of You - EP
⇒Yoruba Sour Remix が RADIO NOVAでヘビープレイ中!
MIKAEL STAVOSTRAND & FRANCO CINELLI / SUNDAY BLUE
MONOBLOCK /ESAS COSAS EP Monoblock - Esas Cosas - EP
NATURAL RHYTHM / MUMBLEMOUTH
NATE FISHER / DO NOT EAT ON LSD
 ⇒細野晴臣ばりのセクシー日本語ボイス!
NICK HOLDER ft SACHA / TIME
 ⇒意味不明な組み合わせかと思ったら一文字違いw ハウスらしいハウス
NUBIAN MINDZ FEAT. AHAMAD LARNES / BLACK SOUL EP
ORTEGA & STAVOSTRAND / JOIN THE ORTEGA & STAVOSTRAND FUNK REVOLUTION Ortega & Stav?strand - Join the Ortega&stav?strand Funk Revolution - EP
RADIOHEAD / REMIXES
RADIO SLAVE /NO SLEEP (PART THREE) - DEDICATION
PLASTIKMAN / NOSTALGIK.3
SAMUEL L SESSION / OFF THE CHAIM
SHIN NISHIMURA / GERPAN EP
 ⇒TECHNASIAの二番煎じなイメージがあったけど(DJテクニックは上手い)これは違う!
SILENT BREED / SYNC IN REMIXES
SINISTER INDUSTRY / MORNING
SOIL & PIMP SESSIONS / A.I.E
 ⇒ちゃんと聴いてみたかったので購入
TAKUYA MORITA / FRUITS BASKET Takuya Morita - Fruits Basket - EP
YOUR MAD FRIEND / MAFDE EP Your Mad Friend - Mafde - EP
ZOEXENIA / ANAESTHETIC

2007年07月08日

レコード購入 -200702~200706-

前回 に引き続きswich系多め。特に
BASEMENT JAXX / MAKE ME SWEAT Basement Jaxx - Make Me Sweat - Single
これは走ってるTODD TERRYな感じでかなりヤラれた。

なんか全体的にハウス夜遊び感を欲してる感じ。クリック系のインテリ感にどっぷり漬かってただけにこの辺が凄く刺激的です。

3 ABNORMAL BOYZ & DAVID MARISCAL / KEEP IT
ADAM KROLL / SYLPHEN
ALEX BAU / CREDO V/V
ALEX HOLLAND / Put It To The Back Of Your Mind
ANDOMAT 3000 & JAN / L DELAY Andomat 3000 + Jan - Selfmade - EP - Lied Drei
ANDREA DORIA / YAOO!
ANDY CALDWELL FEAT LISA SHAW / WARRIOR
ANTISLASH / SHEEPS NIGHTMARES
BASEMENT JAXX / MAKE ME SWEAT Basement Jaxx - Make Me Sweat - Single
BENNO BLOME / BRAITBENDNOODELS
BEN WESTBEECH / DANCE WITH ME
BRENDON MOELLER /JAZZ SPACE EP
BUDAI & VIC / CAN U FEEL
CAPTAIN FUNK / Heavy Mellow Captain Funk - Heavy Mellow
CAVE / BINAURAL EP
CHRIS CARTER & FINE CUT BODIES / FROGMARCH DUB
CO-FUSION / RINK EP CO-FUSION
DAMIAN SCHWARTZ / VERDE CONFETI REMIXES
DAVID KENO / REMIX EP 1
DEJAN MILICEVIC / HUMAN TRAFFIC EP Dejan Milicevic
DUB TAYLOR / I/O EP
D'KAWA / NINE EP
EACH / SUNRISE
ELON / MOVIN' IN
GALEN / PLAYING GAMES
GEOFF WHITE / SUM
JESSE ROSE / ITCHY DOG
JUSTIN MAXWELL / SPEND A NIGHT WITH...
KALIBER / KALIBER 13 Kaliber - Kaliber 13 - EP
KIERAN HEBDEN & STEVE REID / PEOPLE BE HAPPY/RHYTHM DANCE Kieran Hebden & Steve Reid - Tongues
KNOWING LOOKS / HE HOMELESS LANDLORD
LB DUB CORP (LUKE SLATER) / ELECTRO L.B. Dub Corp - Electra Glide Dub - EP
LE CHIEN PERDU / GREED EP
LUCA BACCHETTI / ROLLING BROOKLYN Luca Bacchetti - Once Again - EP
MAREK HEMMANN / MONSIEUR JUNO EP Marek Hemmann - Monsieur Juno - EP
MOSSA / JACOB LONDON / FATHER'S MILK
MISS MEE / RUBBA BISKIT
MR. OIZO / NAZIS Mr. Oizo - Nazis - EP
NOZE / PIANO EP
NICK HOPPNER / WHO NEEDS ACTION I VIOLENT
PACO OSUNA / CRAZY
PHIL KIERAN / THE FEAR EP
SAWTOOTH SUCKA / PHAT CHANCE EP PART 2
SHU OKUYAMA / WALDSPAZIERGANG EP
SINDEN & COUNT OF MONTE CRISTAL / EVERYBODY ROCKING
STEREOTYP Feat. EDU K & JOYCE MUNIZ / JECE VALADAO Stereotyp featuring Edu K & Joyce Muniz - Funk Mundial - EP
SURGEON / WHOSE BAD HANDS ARE THESE? PART 1
THE RAPTURE / Whoo! Alright - Yeah Uh Huh (People Don't Dance No more) Whoo! Alright - Yeah...Uh Huh
THE SCREETCH (MASON) / THE SCREETCH EP The Screetch - The Screetch - EP
TODD BODINE / CODEBREAKER
TOM CLARK / SERVICE STATION REMIXES PART 1
TREVOR LOVEYS / ORGAN GRINDER
TURMSPRINGER / NIM Turmspringer - Nim - EP
V.A. / SAMPLER EP 3

2007年05月29日

松井寛「コール・ユー・バック」

2007-05-29 23-23-34

初めて買ったCDではないですが、ほぼ同時期に聴きまくってた名盤をヤフオクでゲット!たまに検索したり通りかかったBOOK OFFとかで探してたんだけど、見つけた瞬間は目を疑いました。大阪からの出品で見本版だったので、おそらく関係者さんからの出品かな?

91年、丁度僕が学校に通わなくなった時のリリース。その頃から数ヶ月単位でPARISに行ってたんだけど、ずっと聴いてました。ルーツ紹介みたいな事はイヤだけど、あまりに僕の人生狂わされたw 素敵なタイトルです。

91年はレコード買い始めた頃。当時はCISCO行っても視聴なんて出来ないので、説明文のプロデューサー名で買う時代。 「分からなかったらとりあえず赤いレンガの買っとけばOK」ってな時代ですw 失敗しないようにremix(雑誌)買うかもう一枚気になるの買うか悩みましたよ・・・(遠い目)

そんな中、この松井寛は圧倒的にカッコ良かったので、新宿ALTAのCISCOでレコード買って激落ちした後はこのCDで復帰するという命綱のような存在でした。特に4曲目のCRAZY LOVE、6曲目CALL YOU BACKは死ぬほど聴いてます。次元(ルパン三世)を彷彿させる激シブHOUSE!!!!!! 「とりあえず金は手にした・・・。使い道も特にないな。次のお宝確定にはまだ時間がかかるだろう。それまで・・・とりあえず今晩はこの隣に居る女抱いとくか・・・。」そんな絵が浮かびます。

帰国時にCD全部置いてきちゃったので、8年ぶりに再会!東京夜遊び感を欲してる今、リンクしててびっくりです。

2007年02月11日

レコード購入 -200611~200701-

去年10月末から今日までに購入したレコードです。switchを筆頭にキャッチーな質感でいいのが増えた感じ。ジャンル的にはエレクトロハウス方面も興味出てきました。

以下はテクニークへのリンクです。

   +

~2006/12 ~2005
MOBILE
QRコード


SINCE FEB 2000