« チームラボ 踊る!アート展と、学ぶ!未来の遊園地 | -読書感想- フリーエージェント社会の到来 新装版 組織に雇われない新しい働き方 / ダニエル・ピンク »

2015年03月06日

ピケティ読んでないけど今思うところ ٩( 'ω' )و

2014年末から日本でも話題になっているトマ・ピケティ。

"r(資本収益率)>g(経済成長率)"

という簡単な話がコアで、紐解くと

「既存金持ちはより金持ちになり、そうでない人との格差が拡大している。ダメよ~ダメダメ!」

っつぅ事らしく、経済本にしては比較的若い人が多く手にしていて日本でも50万部売れてるとの事。

「経済学だけではそうかもしれないが、それぞれ背景 (いわゆる文化) がある。理屈だけでそんなものはユートピアだ!」

等、賛否両論起きているが、ワイドショーの嫁姑問題的な、"どちらも一理ある" から話題になるんだろうなぁ。

「経営者のギャラが高い!彼らの労働はそこまでの価値はない!」

という指摘に対しては、AZZLOはそう思わないんだよな。"株主の執行役員" 程度の経営者だったら、まぁそうだと思うけども、その程度で留まってもらっちゃ困るからな。無理やりにでも金つかませてちゃんと働いてもらった方が良いと思うw これも "どちらも一理ある" だな。

もろもろざっくり印象は

"フランス人が金持ち批判している"

的なものでw

2013-08-11 18-45-28

2014-02-20 21-31-45.jpg

これがフランス人として当然な感じなので姿勢には共感するw そしてユートピアを求めるのは人として真っ当な事だと思う。

※AZZLOは金持ちではなくスノッブ (小金持ち成金) が嫌い。

さっそくAZZLOも読んでみようと思うが、約6000円・・・高い・・・。 まずこの段階で所得格差に直面するwww



記事を見れば見るほど、幼少の頃の記憶が出てきたのでメモしておこう。切り口としては3つある。


① "r(資本収益率)>g(経済成長率)"

に関しては、幼少の頃のAZZLOの祖父への質問を思い出した。

「お金いっぱい持ってると金利だけで生活出来たりするって事?(なんで金利が存在するのかな?)」

と、5歳~8歳ぐらいの間に祖父に聞いた記憶がある。その時の祖父の表情が普段にはない表情だったな。30年経ってぶり返した記憶だw

資本収益率が必ずしも経済成長率と連動してるとは言えないと思うが、プラス成長する上では大概連動してる (するように整えておく) 訳だし、幼少のAZZLOでも感づく当たり前体操な事だと思うw



②「なんでサラリーマンで家買えたり、車買えたりするんだろう?ローンという手法があるにしても、ちょっと無理じゃね?」

というのも、幼少から感じていた。マンション3000万に車200万を5台買ったとしたら、4000万。当時住宅ローン利率は何%だったかわからないが、「払い終えると約倍の金額を払う事になる」 というのが住宅ローンの前提だと聞いていた。よって、7000万~は、家と車に生涯でかかるという計算だ。

※今は3000万の住宅ローンだったら、3300万程度、利子は1割ぐらいで済むっぽい。

7000万を30年で割ると、年233万。12ヶ月で割って月19.4万。

"バイトで月15万。若いサラリーマンで20万~25万。おっさんになると30万~"

というざっくり手取り月収で考えると、成立しない生活プランなんだよな。

仮に出来ても旅行とか他の消費は出来ないし、リフォームなんかも出来る訳がないw 病気になっても治療代ないしw 子どもが居たら自殺行為だw

ま、現実は奥さんのパートやら含めて大半の人たちがやってきた訳だが、それでもスレスレ過ぎると思うよな。

2015-2-15-23-09-20.jpg

2015-2-15-23-12-28.jpg

2013-03-25 20-10-51.jpg

やはり、スレスレというか、幻想だったという現実が露呈してきているもんな。

今の金利で計算すると

(3300+1000)÷30÷12=月11.9万

まぁこれならなんとかなるか。(直近のバランスを前提とするならば)



③なぜインフレが続いていく前提なのか?

バブル崩壊まで 「インフレは続いていく前提」 だったが、「なんで???」 と思ってたんだよな。

もちろん絶対だったら、"金利高くても今買ったほうが特" とも言えるが、続く根拠に子どもながらに疑問だったw 正直 「続くにしても昭和初期からの勢いは無いんじゃない?」 と思ってた。なんとなく20世紀の成熟を感じてたんだよな。実際後半だったしw

資本がある人はデフレの気配を感じて、もろもろ調整しておく事が出来るが、いわゆるサラリーマンは景気依存で自分でコントロール出来る領域が少ないので、当然 "r(資本収益率)>g(経済成長率)" になると思う。

gは個人ではコントロール出来ないが、rはある程度コントロールしやすいって事だな。


幼少からそんな疑問を持っていたAZZLOなので、ピケティの話は(読んでないけど) 「ふ~ん・・・ですよねぇ」 だったりするw

しかし、ピケティの提言としては、「高額所得者からがっつり税金取ろう♪」 的な事だったと思う。ま、それはそれで調整はしても良いと思うが、それで格差是正・貧困層が救われるのかな?

望まない貧困は改善された方が良いが、そもそも金銭的格差は無い方が良いんだろうか?

別に、少数の富裕層が肥大する事にともなって貧困層が増える訳でもない気がするんだが。

アベノミクスにも紐付くが、"庶民に優遇しても貯金になって金回らない・・・w" という実績があるから、富裕層を肥やした方が国力としては良いんじゃないか? って感じもするしなぁ。

※とは言えアベノミクスは、順番とタイミングがガタガタだとは感じるが・・・。

貧困層が増えていけば、新宿西口公園みたいな、言うならばコミューンがw 出来て、それはそれでむしろ矛盾の無い規律で運営されるかもしれないしな。

ピケティーの言いたい事は、「貧困層撲滅!(増加抑制)」 なんだろうかな? 読んでないから分からないけどw おそらくその目的が明確じゃないから、"事実が不透明な三船美佳・高橋ジョージ 離婚訴訟" 的にw 議論のネタになってるんじゃないかな?

雪と雪だるまに近い感じする。雪だるま状態は溶けにくいが、雪単体はすぐ溶ける。しかし雪だるまが雪を吸ってる訳ではないんだよな。逆に言うと雪だるまに達するまでは周辺を巻き込まなければならない訳だが、今はその傾向は以前よりは弱い時期な気がするんだよな。・・・いや "直接的ではなく間接的になった" とは言えるかな?

"資本主義の維持・拡大" という目的だったとしたら、リアルの世界をどうこうするんではなく、クラウド・AIの別の経済圏を作るべきだと思うな。"人が関与しなくても動き続けるセカンドライフ" みたいなもんだ。AZZLO的にはクラウドがユートピアになるんだと思う。嫉妬やエゴといったアルゴリズムを排除しておく事も出来るだろうしなw

いわゆる中間層のポジションが20世紀黄金比ではうまくいかないという事が、課題なんだと思う。「富裕層が悪」 という雰囲気は彼らからすれば "言いがかり" という感じがしなくもないw 富裕層は富裕層なりの苦労があるし。

"中間層に対するセーフティーネット" って言葉も意味もおかしいかもしれないが、振り返るとそぉいうのがあった様な気がする。"上には行けないが下がる事もない" という感じで悩まなくて良かった気がするw 言うならば旧ソ連も憧れる社会主義国だったのが日本だった訳だし。

2014-06-02 00-39-52.jpg

・・・どの時代も経済の課題は常にセーフティーネットのバランスなんだろうなぁ。直近は資本主義のエゴの側面でボロボロだからこそ "次世代リーダー育成" みたいなのがテーマになったりするんだろうし。

社会主義が上手くいくのは、"教養のあるリーダー" 的なのが居ないと成り立たない気がするもんな。昭和はそれが "厳しい父親" で家庭で個別に起きていたんだろう。

いずれにしても日本はまだまだ平均して裕福だと思うんだよな。AZZLOですらPCを3台も持ってるしw 貧困層ってカテゴライズされる人たちでも、大概電気は通ってるし、家に風呂あったりするしなぁ。

AZZLOは成人してから月13万円程度で生活してた時期もあるが、意外となんとかなるしなぁw (その分様々な方に助けて頂いていた訳だがw)

世界的に見ると、貧困層的な人たちは、必ずしも金が引き金で困っている訳ではないケースも多々あると思う。金が無くても不条理さが無ければ、不満は無いんじゃないかな? 逆に金があっても困ってる人は少なくないw

20世紀の共通人生ストーリー (三種の神器しかり) が破綻してきていて、とは言え残り香はあったりする中なので、その歪で苦しむ若い人が手に取る本なんだろうという気がする。

AZZLOとしては

"ケーキの配分よりもケーキの大きさが課題。そしてそれぞれの胃袋の大きさ (エゴ含まず)は違う"

と思うな。

その課題解決の為に、一時的に富裕層にご協力頂くというのは、"富裕層は毎度満腹まで食べている前提" の上では一つ手だとは思う。

"食糧難だからって相撲取りに普通の1人前は少ない"

という事は留意した方が良いと思う。

ノブレス・オブリージュを踏まえると、"戦争になったら前線に立つのは王様" なのでw その分普段は良い暮らししてないと不公平だからなw

日本の天皇も 「ふと、キャバクラに行く」 って出来ないからなw

要は

"有事の際に、率先して 逃げる 周辺を助ける"

モラルっつぅか教養っつぅか正義感というか、そぉいうのが欠けてるのが本当の課題じゃないかな。



まとめると

1:"r(資本収益率)>g(経済成長率)" は当たり前体操

2:中間層のポジションが20世紀黄金比ではうまくいかない

3:教養あるリーダーと資本が一致しない (庶民が金を手にすると質が悪い)

エゴが絡んでいるリアル・金においては解決出来る訳がないので (唯一可能性あるのは教育段階からの仕込み)、クラウドユートピアに住もう♪

って感じだな。

※マララの言ってる 「教育こそが・・・」 とは違う。

facebookで共有する twitterでつぶやく はてなブックマーク googleブックマーク
このエントリーのトラックバックURL:
http://azzlo.heteml.jp/mt/mt-tb.cgi/1899
関連するエントリー
  • *-読書感想- アダム・スミス 『道徳感情論』と『国富論』の世界 / 堂目 卓生
  • *-読書感想- 知性を磨く 「スーパージェネラリスト」の時代 / 田坂 広志
  • *-読書感想- Communication Shift / 並河進
  • *-読書感想- 未来は言葉でつくられる 突破する1行の戦略 / 細田 高広
  • *-読書感想- 君に友だちはいらない / 瀧本 哲史
  • *-読書感想- 人を動かせるマネジャーになれ! / ブライアン・トレーシー
  • *-読書感想- たった一人の熱狂 / 見城 徹
  • *-読書感想- フリーエージェント社会の到来 新装版 組織に雇われない新しい働き方 / ダニエル・ピンク
  • *-読書感想- 池上彰の教養のススメ 東京工業大学リベラルアーツセンター篇
  • *-読書感想- 僕は君たちに武器を配りたい / 瀧本 哲史
  • *-読書感想- データの見えざる手: ウエアラブルセンサが明かす人間・組織・社会の法則 / 矢野和男
  • *-読書感想- ビッグデータビジネスの時代 堅実にイノベーションを生み出すポスト・クラウドの戦略 / 鈴木 良介
  • *-読書感想- 無印ニッポン―20世紀消費社会の終焉 / 堤 清二、三浦 展
  • *-読書感想- 知識経営のすすめ / 野中郁次郎、紺野登
  • *-読書感想- 「人を動かす人」になるために知っておくべきこと / ジョン・C・マクスウェル
  • *大卒者 (エリート) が組織で使いものにならない理由 2
  • *-読書感想- 家族という病 / 下重暁子
  • *-読書感想- 始まりを告げる 《世界標準》 音楽マーケティング / 高野 修平
  • *軽井沢・草津行ってきた (´ー`) 3 (饅頭とお茶配ってる場所の回避の仕方)
  • *笑っていいとも!の亡霊が・・・ \(-●ω●-)/
  • *-読書感想- 超情報化社会におけるサバイバル術 「いいひと」戦略 / 岡田 斗司夫
  • *-読書感想- ビジネスは「非言語」で動く 合理主義思考が見落としたもの / 博報堂ブランドデザイン
  • *-読書感想- 人は自分が期待するほど、自分を見ていてはくれないが、がっかりするほど見ていなくはない / 見城 徹・藤田 晋
  • *-読書感想- 「習慣で買う」のつくり方 / ニール・マーティン
  • *-読書感想- 2015年の広告会社―80%の広告マンが市場から消える / 植田 正也
  • *あと7年・・・ (2020年の節目)
  • *テレビと代理店のビジネスについて
  • *-読書感想- facebook完全活用本 / 田中康英
  • *スペシャリストの集い
  • *トラディショナルな広告代理店が今後食えない理由 ( ノ ε`)
  • *-読書感想- 初音ミクはなぜ世界を変えたのか? / 柴那典
  • *ライフログ・ビッグデータは嫌だけど労働履歴は大好きです!d(*^v^*)b
  • *軽井沢・草津行ってきた (´ー`) 2 (霊泉平右が無重力!)
  • *-読書感想- データサイエンティスト データ分析で会社を動かす知的仕事人 / 橋本 大也
  • *最近のWEBサービスとか使いづらい (・ε・`*)
  • *-読書感想- 武器としての書く技術 / イケダ ハヤト
  • *広告代理店にクリエイティブ (社内スタッフ) は必要ない
  • *-読書感想- ゲーミフィケーション / 神馬豪・石田宏実・木下裕司
  • *「志村~後ろ!後ろ~!!!」 も言い疲れて来た・・・
  • *-読書感想- ストーリーとしての競争戦略 ―優れた戦略の条件 / 楠木 建
  • *2013年まとめ (仕事1)
  • *大卒者 (エリート) が組織で使いものにならない理由
  • *-読書感想- マネジメント 基本と原則 / ピーター・F・ドラッカー
  • *今年もアドテックの季節
  • *"リッチマン、プアウーマン" を見る
  • *2年間がっつりだった営業が移動になった
  • *新規玩具開発
  • *隣人を愛するならば人類を愛せ。キリスト教に心を管理させるな。
  • *"予算が約1.5倍になった!" の打ち上げをしてきました。
  • *国会とオリンピック誘致について
  • *ニンテンドー3DS
  • *-読書感想- ウェブ進化 最終形 / 小林雅一
  • *-読書感想- 1分間スティーブ・ジョブズ / 桑原晃弥
  • *-読書感想- Facebookをビジネスに使う本 / 熊坂仁美
  • *2011年まとめ(仕事)
  • *-読書感想- ソーシャルメディア維新 / オガワカズヒロ
  • *会社の事をブログで書かない方が良いとオススメされるw
  • *偉いおっさんとランチに行った
  • *偉いおっさん達が握手しに来た
  • *秋は憂鬱・・・
  • *-読書感想- 論理的な話し方が身につく本 / 西村克己
  • *-読書感想- ライフログのすすめ
  • *-読書感想- ファシリテーション入門 / 堀公俊
  • *-読書感想- 気づく仕事 / 博報堂研究開発局
  • *ボットン便所から肥溜めへダぁぁ~~っイブっ! \(≧▽≦)/ (子会社に戻る事になった)
  • *チームメイトから連絡をもらった (゚∇^)]
  • *そうです!あたすが恥ずかしがり屋のおじさんです! (ノ∀\*)
  • *生音楽曲のミックスダウン・プリマスタリングした!d[ -ω - ]b
  • *軽井沢・草津行ってきた (´ー`) 4 (川上庵本店に行ってきた)
  • *軽井沢・草津行ってきた (´ー`) 1 (堤清二 / 辻井喬 オマージュ展)
  • *9回2アウトの代打でまさかのヒット・・・ (´゚ω゚`)
  • *「文句も何も言わない無言の組織になりましたぁ!」(=´∀`)人(´∀`=)
  • *-読書感想- ルールを変える思考法 / 川上量生
  • *-読書感想- 9割がバイトでも最高の成果を生み出す ディズニーのリーダー / 福島 文二郎
  • *目標・評価シート書きにくい・・・(-д-;)
  • *-読書感想- フィルター思考で解を導く / 沖野修也
  • *何故AZZLOは偉いおっさんに疑問を感じるのか?
  • *-読書感想- ニコニコ学会βを研究してみた / 江渡 浩一郎 (編集)
  • *-読書感想- なんでコンテンツにカネを払うのさ? / 岡田斗司夫 福井健策
  • *-読書感想- 未来記憶 / 池田貴将
  • *-読書感想- つらい記憶がなくなる日 / 榎本博明
  • *-読書感想- 心を動かす音の心理学 / 齋藤寛
  • *ワレワレハ地球民ダ Ψ(Θ)_(Θ)Ψ
  • *「そろそろ退職をします」
  • *-読書感想- 「新しい働き方」ができる人の時代 / セス・ゴーディン
  • *読書感想文書かなきゃ・・・
  • *テレビでフランス語
  • *テクノの正義感
  • *これは虐めだ・・・
  • *秋冬のプレ負けた・・・(1.9億円)
  • *アベノミクス効果?
  • *現在の上長
  • *林修氏に共感
  • *選挙について
  • *1年半がっつりだった仲間が退社した
  • *子会社の全社総会
  • *-読書感想- あなたイズム / 博報堂ブランドデザイン
  • *岡田斗司夫に共感!
  • *新卒採用について
  • *-読書感想- マーク・ザッカーバーグ 史上最速の仕事術 / 桑原晃弥
  • « チームラボ 踊る!アート展と、学ぶ!未来の遊園地 | -読書感想- フリーエージェント社会の到来 新装版 組織に雇われない新しい働き方 / ダニエル・ピンク »

    ~2006/12 ~2005
    MOBILE
    QRコード


    SINCE FEB 2000