« あのぉ・・・どっちみちデスクには居られないですけどね (°。°) | イイ感じのリュックを手に入れた ( ̄ー+ ̄) »

2014年10月11日

チームメイトから連絡をもらった (゚∇^)]

「AZZLOさん・・・最近アレな投稿が続いてるんで・・・w 飲みませんか?」

と、成功案件 等、色々共にしたプロダクションの方から連絡を貰ったw

※AZZLO自身の見解としては、その手の記事は以前から散々書いているので、今に始まったもんでもないと思っているw ひとつローンチがあった 影響で直近の記事が少なかったので、貯まってたもんが立て続けに出たというのはあるかもしれないが。

誰かが 「?・・・も、もしかしてAZZLOぉ?」 と気付く屁みたいなもんだとしか思ってないw ・・・とは言え、組織に対しては更に呆れ尽くしているのは確かではある・・・。

ゴミ社員 糞社員のAZZLO のボヤキなんて、糞にも達していない屁なんであるw



お互いに簡単に近況を報告し合う。

プロダクションの方:「今、○○県のプロモーションやってるんですけど、県の担当者は僕らの成功案件も知ってたし、・・・AZZLOさんとやりたかったなぁ」 (細かく聞いてないが、おそらく他店の案件なんでAZZLOは介入出来ない)

との事。プロダクションから逆指名される代理店プランナーwww 個人的にはむしろあるべき姿とも思うがw 金に紐付くローカル権力依存な代理店は認めたくない事象だろうなぁwっっっwwっwwww

今書いて思ったが

「あの営業なら得意先とちゃんと握ってくれるし、僕らのモチベーションを削がない配慮してくれるし、何かあっても火消ししてくれるからお願いしたいな♪」

という営業への逆指名も健全だと思うな。 これが出来るのはたまたま上手くいったってのもあるんだけども

2年間がっつりだった営業

は、自信を持って逆指名出来る。(今、具体的に書かないけど他にもいるよ!) 美意識のレイヤーが、中途半端な年収1000万が目標の金の奴隷たちとは違うんだよな。

AZZLOのカノジョも親が、"マンション数棟 (数室ではない) 持っているという、年収1000万どころじゃない、資本の娘だし。

逆指名される光栄な自体に 「逆だろうが!!!」 とかキレる営業は "ビジネスを放棄した小さい奴" って事だろうw

キャバ嬢や風俗嬢から

「他の人の接客するの辛いの・・・。貴方なら楽しいんだけど・・・(○´3`)ノ」

って言われたらどうだろうか?それに近いもんであるw ビジネス上でも、そう感じれれないのであれば、"コミュニケーションを知らない人" という感じがするな。

ちなみにAZZLOの近況は

作っていたオリジナル楽曲動画がローンチ して、他は待ちなんで、ほぼ空っぽです!」

な感じだw



議題は色々あったのだが、トピックとしてはこんな感じ。


1:WEB製作業界は、Web Designing (雑誌) に支配されている。FLASHでカッコいいサイト作れば良いと思っている。(彼が所属するプロダクションでは) 美大卒を率先して採用している点からしても、見た目のプライオリティーが高く、必然性が薄いサイトに辿り着きやすい・・・。

⇒AZZLOも2005年ぐらいまでは 2Advanced Studios に憧れていたがw 2014年でも、その手の人たちが居るのは意外!WEB業界もそれなりに時間経ってるからなぁ・・・。

2:広告案件を "作品" というのには違和感を感じる。中村勇吾が 「ラーメン屋の店主がラーメンを "作品" というのと同じだ」 って言っていて納得感ある感じがするけども、僕ら (代理店とプロダクション) がやっているのは "ラーメン屋のメニュー表作り" である。

⇒一つ一つを "いつでも作品と言える程の誇りは持ちたい" が、"装置" という方が今は正しいと思うよな。

3:高みを目指そうとすると、社内メンバーは 「忙しい」 だなんだ言い訳して動かない。社外のモチベーションの高い人とやるしかない。

「オレは前向きだ!」 と力強く言った上で1ヶ月以上、音沙汰無しの営業 ( ̄□ ̄;)

と、同様だなw

忙しいければそらしょうがないと思う。世の中平均からすれば、非常識な労働時間になりがちなのが、広告業界である。故に

「いついつだったら、動けそうだ。その頃連絡するね!」

なりの状況報告が必要だと強烈に思う。それが "一年後" ならそれはそれだろう。状況がそうならばしょうがないだろう。

自分のスケジュールも管理出来てなく 「今忙しい」 でマネタイズを後回しするのはビジネスではない。一日24時間なのは誰しも共通なのだ。そして寿命も大体似たようなもんなのである。 

「来月なら動けそうだ」 → 「ゴメン!再来月なりそうだ!」 → 「ゴメン!来年になりそう!」 ・・・それはそれでしょうがないと思う。

しかし、"てめぇがやりたいか否か?" が抜けてやしないだろうか?

ヒエラルキーに則った、"従業員" である訳だから、プライオリティー的に横入りがあるのは理解する。日銭稼ぎとして尊重しますよ。

その上で 「貴方が全うしたい正義はな・ん・な・ん・だ?」 と思うわな。

4:今後 "広告製作" の必然性は下がる。既にPhotoshopからのHTML書き出しで、相当マトモなソースコードが自動で吐き出せるようになっているし。

⇒当たり前過ぎる事なのだが、普通なコーポレートサイトと、商品概要ページとかは、代理店要らないどころか、介入してると遅くなるし高くなるしな。

この手のコーポレートサイト系は、時間との戦いであり、金もしょぼいので、代理店は請け負うべきではないと思う。代理店 (媒体問屋じゃない方の) のスキルと関係ないしw

もろもろサイト全体を代理店なりプロダクションと "共に作って更新している" かっこ良く言うと "共に発信している自覚" を持てているならば良いが、

例:チームラボのヴィレッジヴァンガードECサイト・アプリ とか。

「コレ更新しといて( ゚Д゚)∂」 → 「はいぃぃいΣ(´Д`lll)」

ってのは良くないと思うw

代理店マネタイズとしては、その "作業" である程度利益が担保出来るんならばやってもいいがな。

常々言っているが 「儲かるか楽しいか・・・少なくてもどっちかは担保してよ」 である。

5:大規模なセクション変更を行ったが、当人達の意識に変化はない。"クリエイター" なのに仕事が来ると面倒臭がるとか意味わからない。中途半端に食えてしまっているから質が悪い。

⇒www

広告業界はクリエイティブとかクリエイターという言葉を安っぽく使い過ぎてるからなぁ。

ま、AZZLOも好き嫌いは激しい方・・・というか 世の中平均より公言しているだけ なのだが、嫌な依頼があったら "こんな感じだったらやりたいんだけど・・・" は同時に無いとダメだよな。

あ、"広告なんて 『作業』 だから面倒臭い" んであれば、まぁしょうがないかw

6:勉強会等に参加してブレストとかやると、如実にスキルの違いが露呈される。広告主の参加が非常に多く、彼らの意識は高い。よって僕はすぐ仕事の依頼が発生してしまう・・・w

⇒「まずは代理店に相談」 という立ち位置が崩壊している事象だよなw

得意先は既に

「代理店が必要な時は媒体購入が必要な時だけ。要は問屋として安く仕切ってくれる事しか求めてないから!」

って感じがする。コミュニケーションデザインみたいな事は、少なくてもAZZLOが在籍している代理店には求める事は行われていないw

7:さすがにCMの人たちもWEBを否定する機会は減った。彼らは焦っているが、今までのプライドが邪魔して変な事になってるw

⇒代理店の中のCMとかも作る人たち (いわゆるクリエイティブというタグ付けの人たち) も、CMに紐付く商品サイトぐらいは自分ラで仕切りきる傾向は強まってるもんな。

故に今まで "CM撮影が遅れて、納期ギリギリを超えてるデスマーチWEB製作ディレクション" をやっていた代理店内のWEBディレクターは、"ソーシャルコミュニケーションデザイン" 的な "納品物" ではなく "モチベーション設計" を踏まえないとならない と思う。

これは、本来あるべき姿になってきたと思えるのでポジな事象だとは思う。

今までって

"代理店のWEB製作ディレクター" → "プロダクションのWEBプロデューサー" → "プロダクションのWEBディレクター" という流れが多くて、「役割被り過ぎwww」 だったと思うw

AZZLO的には

"代理店のソーシャルモチベーションを踏まえたストプラ"(これがAZZLO) → "プロダクションの翻訳家 (いわゆるプロデューサー)" → "プロダクションの現場監督 (いわゆるディレクター)"

という形が、良い流れだと思う。徐々にそうなるだろうし、これを察知したプロダクションしか生き残れない・・・。そうでない場合は値段競争でしかプロダクションさんは売りがなくなくだろう。

セブン&Iの "金のシリーズ" みたいに、ちょい高でいいから、満足度上げて欲しいと、"今は" 選定出来る立場にあるAZZLOとしては思う。

AZZLOはプロダクションさんには敬意を持ちたいので、不可思議な言動をするプロダクションには疑問を感じる のだ。

※選定出来なくても疑問を感じるか否か?では感じるもんは感じるのだがw

8:某ビッグデータ関連の会社にアポ取って仕事し始めている。3億ブラウザからの閲覧履歴・検索履歴・購買履歴等が見れるのだが、検索履歴が "おぞましい程のエロワードばかり" で引いた・・・w

⇒3億ブラウザって・・・。おそらくAMAZONか楽天じゃないかな? ・・・しかないよな。ツールバーと購買履歴を紐付けて、3億ブラウザを達成出来るのは、そぉいう所しかないと思う。

いわゆる "ネット企業" みたいなカテゴライズの組織は、全てこの方向を目指していると思う。

AZZLOがアラートを出し続けている "代理店の時間軸的に遅すぎる当てずっぽうメディアプランニング" は、やはり完全に時代遅れ過ぎるという裏付けになっちゃってるなw

そして "エロばかり" という点は 人はより良いSEXしたい為だけに生きてる を裏付けている様で、「うぷぷ・・・(_≧Д≦)ノ彡」 って感じだな。

このAZZLOの論理を否定出来るのは

「いやいやAZZLOクン! "人はより良いオナニーがしたい" のだよ。だからエロコンテンツを必要としてるんじゃないか!」

しかないだろうなw


青い部分がプロダクションのチームメイトが言った事で、⇒の部分がAZZLOが言った事・今思う事な感じだ。

どうもAZZLは "聞き上手" という評判が高く、"社内のあの人とのセックスのプレイ内容" を女子社員がAZZLOに報告してくれてしまう事象等も起きやすいのだが、

"AZZLOさんアレだから飲みましょう!"

が、どうも聞き上手のスキル?が影響して、聞く側になっちゃうなw ま、別に構わないんだがw



とりあえず、この誘ってくれたチームメイトとの会話で明確なのは

"中途半端にまだ食える人は面倒くさい"

という事だろうかな。

facebookで共有する twitterでつぶやく はてなブックマーク googleブックマーク
このエントリーのトラックバックURL:
http://azzlo.heteml.jp/mt/mt-tb.cgi/1869
関連するエントリー
  • *-読書感想- アダム・スミス 『道徳感情論』と『国富論』の世界 / 堂目 卓生
  • *-読書感想- Communication Shift / 並河進
  • *「文句も何も言わない無言の組織になりましたぁ!」(=´∀`)人(´∀`=)
  • *-読書感想- 池上彰の教養のススメ 東京工業大学リベラルアーツセンター篇
  • *-読書感想- 君に友だちはいらない / 瀧本 哲史
  • *-読書感想- 無印ニッポン―20世紀消費社会の終焉 / 堤 清二、三浦 展
  • *-読書感想- ビジネスは「非言語」で動く 合理主義思考が見落としたもの / 博報堂ブランドデザイン
  • *-読書感想- 「人を動かす人」になるために知っておくべきこと / ジョン・C・マクスウェル
  • *-読書感想- 「習慣で買う」のつくり方 / ニール・マーティン
  • *-読書感想- 2015年の広告会社―80%の広告マンが市場から消える / 植田 正也
  • *大卒者 (エリート) が組織で使いものにならない理由
  • *ドラマ "伝説の教師" を見た
  • *-読書感想- たった一人の熱狂 / 見城 徹
  • *-読書感想- ビッグデータビジネスの時代 堅実にイノベーションを生み出すポスト・クラウドの戦略 / 鈴木 良介
  • *-読書感想- フリーエージェント社会の到来 新装版 組織に雇われない新しい働き方 / ダニエル・ピンク
  • *-読書感想- 始まりを告げる 《世界標準》 音楽マーケティング / 高野 修平
  • *-読書感想- 知性を磨く 「スーパージェネラリスト」の時代 / 田坂 広志
  • *あら!?素敵なおっさんが居た!!! (゚◇゚)
  • *子会社はゴミ箱ではなかった!軽率な表現ですみませんでした m(_ _)m
  • *「AZZLOさんは代理店に居ちゃダメ!」・・・言われたw
  • *営業と売り込みって違うよなぁ (*-ω-)
  • *-読書感想- 知識経営のすすめ / 野中郁次郎、紺野登
  • *-読書感想- ルールを変える思考法 / 川上量生
  • *仕事で "近いうちに・・・" が半年経ってるが・・・(*´Д`)
  • *-読書感想- 超情報化社会におけるサバイバル術 「いいひと」戦略 / 岡田 斗司夫
  • *HOWLがクローズした (´∩`。)
  • *ワレワレハ地球民ダ Ψ(Θ)_(Θ)Ψ
  • *「志村~後ろ!後ろ~!!!」 も言い疲れて来た・・・
  • *AZZLOは "歳食った見習いでゴミ" ですよ!忘れないでね!w
  • *-読書感想- マネジメント 基本と原則 / ピーター・F・ドラッカー
  • *あと7年・・・ (2020年の節目)
  • *隣人を愛するならば人類を愛せ。キリスト教に心を管理させるな。
  • *"予算が約1.5倍になった!" の打ち上げをしてきました。
  • *-読書感想- 「応援したくなる企業」の時代 / 博報堂ブランドデザイン
  • *勝ちたかった競合コンペで勝った!!
  • *-読書感想- 家族という病 / 下重暁子
  • *-読書感想- データの見えざる手: ウエアラブルセンサが明かす人間・組織・社会の法則 / 矢野和男
  • *-読書感想- 気づく仕事 / 博報堂研究開発局
  • *ボットン便所から肥溜めへダぁぁ~~っイブっ! \(≧▽≦)/ (子会社に戻る事になった)
  • *ピケティ読んでないけど今思うところ ٩( 'ω' )و
  • *2014年出会った素晴らしい音楽 (この世は女性支配社会だ)
  • *2014年まとめ (プライベート)
  • *-読書感想- 初音ミクはなぜ世界を変えたのか? / 柴那典
  • *さようならキヤノン。ご無沙汰ですフジフイルム。
  • *そうです!あたすが恥ずかしがり屋のおじさんです! (ノ∀\*)
  • *アウトプットと報酬のバランスについて
  • *「最近AZZLOクン全然見ない気がするんだけど・・・生きてる?」 ヾ(・ε・`*)
  • *「オレは前向きだ!」 と力強く言った上で1ヶ月以上、音沙汰無しの営業 ( ̄□ ̄;)
  • *生音楽曲のミックスダウン・プリマスタリングした!d[ -ω - ]b
  • *軽井沢・草津行ってきた (´ー`) 4 (川上庵本店に行ってきた)
  • *軽井沢・草津行ってきた (´ー`) 3 (饅頭とお茶配ってる場所の回避の仕方)
  • *軽井沢・草津行ってきた (´ー`) 2 (霊泉平右が無重力!)
  • *会社のデスクで部下を口説く上司 ┐(´д`)┌
  • *9回2アウトの代打でまさかのヒット・・・ (´゚ω゚`)
  • *営業と売り込みって違うよなぁ (*-ω-) 2
  • *久々に競合プレゼンで勝った (σゝ∀・)σ
  • *久々に競合プレゼンした (σゝ∀・)σ
  • *目標・評価シート書きにくい・・・(-д-;)
  • *広告代理店のクリエイティブ (社内スタッフ) は必要なくないかもしれないが、やはり子会社は必要ない
  • *-読書感想- フィルター思考で解を導く / 沖野修也
  • *星子Night @ 恵比寿トレンチ
  • *-読書感想- 未来は言葉でつくられる 突破する1行の戦略 / 細田 高広
  • *-読書感想- 人を動かせるマネジャーになれ! / ブライアン・トレーシー
  • *広告代理店にクリエイティブ (社内スタッフ) は必要ない
  • *-読書感想- 人は自分が期待するほど、自分を見ていてはくれないが、がっかりするほど見ていなくはない / 見城 徹・藤田 晋
  • *奴隷どもォ!\全員集合/ 2014
  • *-読書感想- なんでコンテンツにカネを払うのさ? / 岡田斗司夫 福井健策
  • *-読書感想- 未来記憶 / 池田貴将
  • *-読書感想- つらい記憶がなくなる日 / 榎本博明
  • *-読書感想- オタクのリアル / 安田誠
  • *-読書感想- 僕は君たちに武器を配りたい / 瀧本 哲史
  • *"知らないおっさん" に怒鳴られた (´□`。)
  • *-読書感想- 「新しい働き方」ができる人の時代 / セス・ゴーディン
  • *大卒者 (エリート) が組織で使いものにならない理由 2
  • *テレビでフランス語
  • *テクノの正義感
  • *これは虐めだ・・・
  • *アベノミクス効果?
  • *現在の上長
  • *林修氏に共感
  • *先輩にありえないdisられ方をした!!!
  • *2年間がっつりだった営業が移動になった
  • *子会社の全社総会
  • *新規玩具開発
  • *-読書感想- あなたイズム / 博報堂ブランドデザイン
  • *4億のプレやった
  • *国会とオリンピック誘致について
  • *2012年まとめ(仕事2)
  • *-読書感想- テレビは生き残れるのか / 境治
  • *あの日からもう1年
  • *-読書感想- 憂鬱でなければ仕事じゃない / 見城徹・藤田晋
  • *2012年度前期振り返り
  • *なんでこぉいう事になるのか意味不明・・・
  • *テレビと代理店のビジネスについて
  • *-読書感想- 秋元康の仕事学 / NHK「仕事のすすめ」製作班・編
  • *-読書感想- 世界の宗教がざっくりわかる / 島田裕也
  • *-読書感想- iPadがつくる未来 / 大谷和利
  • *公開後、予想以上の反響でした 7
  • *2011年まとめ(仕事)
  • *公開後、予想以上の反響でした 4
  • « あのぉ・・・どっちみちデスクには居られないですけどね (°。°) | イイ感じのリュックを手に入れた ( ̄ー+ ̄) »

    ~2006/12 ~2005
    MOBILE
    QRコード


    SINCE FEB 2000