« 「最近AZZLOクン全然見ない気がするんだけど・・・生きてる?」 ヾ(・ε・`*) | そうです!あたすが恥ずかしがり屋のおじさんです! (ノ∀\*) »

2014年10月10日

アウトプットと報酬のバランスについて

先日から "LEDでノーベル賞な3人" が話題になっているが、そのうちの中村氏は当時在籍した日亜科学からの報酬が2万円だった事もろもろの事象をきっかけに、裁判をして約8億円を受け取ったとの事。(2004年時点)

判決後の中村氏のコメントは 「低い金額だと日本中の技術者にショックを与える。ほっとした」 という事で和解したとの事。海外の研究者に日本の報酬の低さから 「日本の研究者は奴隷」 等と言われていたんだそうだ。

そして今、タイミングを合わせたかのように、政府は "職務発明の特許を社員ではなく条件付きで企業が持つようにする" 方向で調整中だそうで

「それでは日本の研究がダメになる (研究者に報酬が入らないから)」

「日亜科学は悪。政府も悪。」

的な見解が多い。

しかし、そうではない側面もある気がする。



そもそも

「研究者は金が目的で研究し始めるのか?しているのか?」

と思うw

おそらく研究者のモチベーションは金ではなく、"達成した爽快感" とか "次の研究に繋がるベースを作った自覚 (バトンを渡せたという自覚)" じゃないだろうか?もちろん金も一つの要素として機能するが、プライオリティーは1番目ではないと思う。

仮に中村氏が 「金の為に研究していたのだ」 という事であれば、「達成したら幾ら頂戴ね!」 という話をして、エビデンスを残しておくべきだったと言える。納得出来ない条件であれば、達成間近の際に独立して個人の成果にすれば良かったのだw (それが法的に可能かどうかは知らないし、逆に日亜科学から訴えられそうだがw)

そのエビデンス、元々の日亜科学内のルール、法的な研究者に対する報酬制度を、日亜科学が守らなかったのであれば、そら裁判も仕方がないが、そうでないのであれば、「金にうるさい研究者の方が、むしろ奴隷」 と感じるw

法改正の検討から分かるのは、"今までは特許は社員のもので、報酬も2万とかじゃないレベルで社員に支払われる" べきだったからこそ、実際中村氏は裁判して勝ったのだろう。よって裁判は "法的な研究者に対する報酬制度を、日亜科学が守らなかった" のが現実だろう。

しかし 「低い金額だと日本中の技術者にショックを与える。ほっとした」 という発言を読み解くと 「2万で終わった・・・w」 という金額の大小が中村氏の憤慨の理由とも言える。

確かに報酬2万円というのはショボ過ぎで、「だったらいらねぇよw」 的な感じだがw 法を守らなかった企業にムカツクのか?"2万だったから" なのかが気になるな。ま、おそらく掛け合わせ的憤慨だと思うが、後者の理由については幾らだったら良かったんだろうか?

経営側からすると、達成するまでのもろもろの投資がある。ネガティブに言うと

"お互いに痛み分け"

というバランスが悪かった事象なんじゃないかなと思う。本来は "お互いに尊重" というポジティブな状態が好ましい。



社員と企業の本来健全な状態は

社員:「達成感気持ち良かったし、企業価値を上げれた自分は良い働きであった♪」
企業:「ここで楽しんで頂けて何よりです♪」

と感じれる状態であると思う。要は日亜科学と中村氏はチームの状態になかったと言える。(達成時点では)

・・・とは言え、達成出来る状態まで日亜科学は投資した訳だし、その上で

「日亜科学はイケてる!僕も私も日亜科学で研究してみたい!(そんな聖地で達成した中村氏はイケてる!)」

というモチベーションが高い人が目指す場所になるべきだったと思う。より具体的に言うと

"中村氏が退社・死去した後も、取り組みたい人達が集う事で、1人では達成しにくいレベルの達成可能性を高め、スピードも早まる広場"

になるべきだったと思う。ま、日亜科学に限らず組織というのは本来そぉいうもんだと思う。

研究者が強すぎた場合、企業視点だと

「投資をして達成すると訴えられる・・・」

「どっかの特許に支払って何かした方がリスクがない」

となり、むしろ日本の研究は停滞する側面もあるんじゃないかな。

故に

"職務発明の特許を社員ではなく条件付きで企業が持つようにする"

方針は、悪く利用する経営者も少なくないだろうが、前進する為には必要な条件とも思える。役員報酬にばかり回すのではなく、次に繋がる投資を企業が続けるのであればだが。

※中村氏の研究を許諾した、サポートしたハズの日亜科学の当時の経営側は、それなりな報酬は手にするべきだと思う。

そうでないと

「達成間近になると、経営側がそわそわして、研究者のキーマンを退職させる動きに出る。言いなり奴隷に続きを任せて適度な達成報酬 (口止め料) で着地する」

という事が起きそうだw

いずれにしても、"私利私欲はチームを崩壊させる" と言えそうだ。

facebookで共有する twitterでつぶやく はてなブックマーク googleブックマーク
このエントリーのトラックバックURL:
http://azzlo.heteml.jp/mt/mt-tb.cgi/1866
関連するエントリー
  • *-読書感想- 君に友だちはいらない / 瀧本 哲史
  • *-読書感想- アダム・スミス 『道徳感情論』と『国富論』の世界 / 堂目 卓生
  • *-読書感想- Communication Shift / 並河進
  • *-読書感想- ルールを変える思考法 / 川上量生
  • *-読書感想- 気づく仕事 / 博報堂研究開発局
  • *-読書感想- 池上彰の教養のススメ 東京工業大学リベラルアーツセンター篇
  • *-読書感想- 無印ニッポン―20世紀消費社会の終焉 / 堤 清二、三浦 展
  • *-読書感想- 2015年の広告会社―80%の広告マンが市場から消える / 植田 正也
  • *-読書感想- フリーエージェント社会の到来 新装版 組織に雇われない新しい働き方 / ダニエル・ピンク
  • *-読書感想- 知性を磨く 「スーパージェネラリスト」の時代 / 田坂 広志
  • *あら!?素敵なおっさんが居た!!! (゚◇゚)
  • *「オレは前向きだ!」 と力強く言った上で1ヶ月以上、音沙汰無しの営業 ( ̄□ ̄;)
  • *-読書感想- 知識経営のすすめ / 野中郁次郎、紺野登
  • *チームじゃない事を明確化したらむしろチームになった (*^o^)乂(^-^*)
  • *変なおにいさん・おじさんはいつの時代も必要 ( ゜ 3゜)
  • *重力を忘れる旨さ!浅草のヨシカミ♪ (君もゴン太君になれる!)
  • *仕事で "近いうちに・・・" が半年経ってるが・・・(*´Д`)
  • *広告代理店のクリエイティブ (社内スタッフ) は必要なくないかもしれないが、やはり子会社は必要ない
  • *-読書感想- 人を動かせるマネジャーになれ! / ブライアン・トレーシー
  • *-読書感想- 「人を動かす人」になるために知っておくべきこと / ジョン・C・マクスウェル
  • *-読書感想- 「習慣で買う」のつくり方 / ニール・マーティン
  • *-読書感想- なんでコンテンツにカネを払うのさ? / 岡田斗司夫 福井健策
  • *-読書感想- プロヴォカティブ・シンキング ―面白がる思考 / 山梨 広一
  • *-読書感想- 僕は君たちに武器を配りたい / 瀧本 哲史
  • *-読書感想- 「新しい働き方」ができる人の時代 / セス・ゴーディン
  • *「どうよ?ねぇ!ウチ凄いでしょ?イイっしょ???」
  • *大卒者 (エリート) が組織で使いものにならない理由
  • *-読書感想- マネジメント 基本と原則 / ピーター・F・ドラッカー
  • *これは虐めだ・・・
  • *AKB総選挙から考える "Team"
  • *-読書感想- 秋元康の仕事学 / NHK「仕事のすすめ」製作班・編
  • *-読書感想- ファシリテーション入門 / 堀公俊
  • *-読書感想- 家族という病 / 下重暁子
  • *-読書感想- データの見えざる手: ウエアラブルセンサが明かす人間・組織・社会の法則 / 矢野和男
  • *-読書感想- たった一人の熱狂 / 見城 徹
  • *ボットン便所から肥溜めへダぁぁ~~っイブっ! \(≧▽≦)/ (子会社に戻る事になった)
  • *2014年まとめ (仕事)
  • *-読書感想- 初音ミクはなぜ世界を変えたのか? / 柴那典
  • *-読書感想- 始まりを告げる 《世界標準》 音楽マーケティング / 高野 修平
  • *チームメイトから連絡をもらった (゚∇^)]
  • *「最近AZZLOクン全然見ない気がするんだけど・・・生きてる?」 ヾ(・ε・`*)
  • *軽井沢・草津行ってきた (´ー`) 4 (川上庵本店に行ってきた)
  • *9回2アウトの代打でまさかのヒット・・・ (´゚ω゚`)
  • *「文句も何も言わない無言の組織になりましたぁ!」(=´∀`)人(´∀`=)
  • *「AZZLOさんは代理店に居ちゃダメ!」・・・言われたw
  • *目標・評価シート書きにくい・・・(-д-;)
  • *-読書感想- ビジネスは「非言語」で動く 合理主義思考が見落としたもの / 博報堂ブランドデザイン
  • *-読書感想- 人は自分が期待するほど、自分を見ていてはくれないが、がっかりするほど見ていなくはない / 見城 徹・藤田 晋
  • *-読書感想- つらい記憶がなくなる日 / 榎本博明
  • *"知らないおっさん" に怒鳴られた (´□`。)
  • *-読書感想- ストーリーとしての競争戦略 ―優れた戦略の条件 / 楠木 建
  • *2013年まとめ (仕事1)
  • *大卒者 (エリート) が組織で使いものにならない理由 2
  • *やはりAZZLOはチームメイトではなかった!!!
  • *種から芽が出たらしい
  • *思想的子孫の方が大事
  • *あと7年・・・ (2020年の節目)
  • *林修氏に共感
  • *みんな病んできてる感じすんな~
  • *2年間がっつりだった営業が移動になった
  • *子会社の全社総会
  • *新規玩具開発
  • *隣人を愛するならば人類を愛せ。キリスト教に心を管理させるな。
  • *猪子寿之に共感!
  • *新卒採用について
  • *暴走族から分かる若者のコミュニケーション
  • *人生初!テレビ買った!!!
  • *なんでこぉいう事になるのか意味不明・・・
  • *風営法がなんだって賑やかになっているが・・・。
  • *-読書感想- 「応援したくなる企業」の時代 / 博報堂ブランドデザイン
  • *-読書感想- 1分間スティーブ・ジョブズ / 桑原晃弥
  • *公開後、予想以上の反響でした 7
  • *2011年まとめ(仕事)
  • *-読書感想- モチベーションを思うまま高める法 / 小山龍介
  • *勝ちたかった競合コンペで勝った!!
  • *-読書感想- 本当にわかる心理学 / 植木理恵
  • « 「最近AZZLOクン全然見ない気がするんだけど・・・生きてる?」 ヾ(・ε・`*) | そうです!あたすが恥ずかしがり屋のおじさんです! (ノ∀\*) »

    ~2006/12 ~2005
    MOBILE
    QRコード


    SINCE FEB 2000