« 初期 X (JAPAN) を良い音で聴きたい!_(`ε´*)ノ | 軽井沢・草津行ってきた (´ー`) 1 (堤清二 / 辻井喬 オマージュ展) »

2014年09月12日

会社のデスクで部下を口説く上司 ┐(´д`)┌

6年振りぐらいに久々仕事をしている営業と、某撮影から帰る際に、女の話になる。


営業:「AZZLOクンは社内とかないの?」

AZZLO:「いやいや、ニアミスらしきものは何件かある気がするけど、社内の場合は、少なくても結婚は想定出来るぐらいじゃないと初めちゃダメだと思うんですよ。人だし増してや男女だから分からないけどね。」

営業:「確かにねぇ。・・・実はこないだまで、社内のあの女子と付き合ってたんだ・・・w 2ヶ月合ってないし、今別の彼女いるけどw (今の彼女は社内ではない)」

AZZLO:「おーwww 2ヶ月も会ってないって、まぁ相手も分かってますよね」

営業:「社内って事で言うと、後輩 (入社数年の女子) が、○△□さん (40over) に、デスクで口説かれたらしくてさぁ。」

AZZLO:「は!?何それwww」

営業:「しかも就業時間中のデスクで何度も口説かれたんだってw 後輩女子は 『就業時間外ならまだしもです!』 って真っ当な事言ってたけどw 人事に 『気持ち悪い』 って直接報告しちゃったから、○△□さんは移動になったんだよ」

AZZLO:「ありえねぇ・・・。そんなヤツいるの? 40超えてんでしょ? ・・・そぉいえば僕は 発情した某女子社員 に対して 『貴女が30になった時に僕から やらせてください って言わざるをえないようなイイ女になってね!』 つったんですよ。」

※彼が社内の付き合っていた女子の実名を挙げたので、公平さの為につい喋ってしまった・・・。

営業:「何それかっこいいw しかしあの娘だったらもったないな~」

AZZLO:「いや~あの娘フェラ下手そうじゃないですか。チンコ痛くなるの嫌だし。本人にも 『お前フェラ下手そうだから嫌だ!』 って言ったら 『そんな事ないです!!!』 って全力で否定してたけどwww」

営業:「確かにあいつ下手そう!ルックス良い子って下手だもんねwww」

AZZLO:「彼氏と別れたからなんとかってな事もあって、人肌恋しかったんでしょう。そぉいうきっかけから、ヤリマンになっちゃう子もいるんで、そうはなってほしくなかったし、"便利なチンコくん" として利用されるのも嫌だったんでね・・・」


※2009年当時、共用PCを開くと、某上司と某女子社員の

上司:「旅館予約したよ♪」
女子社員:「わ〜い!」

というキャッキャムフフなチャット画面がいきなり表示され 「あわわわ・・・(OoO;)」 となったAZZLOが、取り急ぎ相談したのが、この営業で、彼起点で速攻で噂が広がりまくった事を思い出した・・・。(彼も認めてるw)

発情女子ちゃん、今更噂が広まったらごめんない m(__)m 彼のゴシップ好きさ加減w は5年前の事だから忘れてた・・・。



後半の発情女子の件が本題ではなくw

"40超えて入社数年の若い娘に定時時間中にデスクで何度も口説く"

という事象、マジで意味不明だ!!!

そら人なんで40超えて若い子に異性的関心を持つ事はあるだろう。そこまでは生理だからしょうがないし悪い事ではない。恋は盲目なタイミングもあるし、今後のAZZLOの身に起きるかもしれないし。"屁のつもりが実も出ちゃった" ぐらいの頻度では誰しもありえるとは思うw

しかし、せめて外に飲み行くとか、それも良い返答でなければ、速攻で

「上司からこんな話ごめんね。無かった事にするには難しいけど、仕事では一緒に高みを目指そう!色々な意味で君は魅力的だから、ちょっと勘違いしちゃったかな?w こちらも気をつけるよ。改めましてよろしくね!」

みたいな完全な復元は出来ないけど、リスタートが必要だろうw にも関わらず何度も同じデスク上でってな話だ・・・w

新入社員同士なら、10代の恋愛と大差ないので、不器用なアプローチもあるだろうが、ネタ元は40超えてんである。自分の経験が仮になくても、周りの事象から、あり得ない行動な事が分からないのだろうか。(AZZLOが言うな!っていう突っ込みが聞こえてくるがw)

契約社員をストーカーするかなり偉いおっさんとかも居たらしいしな。確かどっか飛ばされたって聞いたが・・・。

高度なマーケティングやってそうな広告代理店が、プライベートでは、この程度のマーケティングも出来ないのかwww 要はマスだなんだ言うてるのに世間知らずと言えちゃうんじゃないか?

まずプライベートな恋愛という尺度で間違ってるし、その娘の心労を踏まえると上司としては完全に間違ってるw 上司だってホント人なので芽生えてしまう感情はそらしょうがないんだが、理性ってものがあるのが人間の特徴だと思うのだが・・・。組織の成長をベースに考えると完全に足手まといである。社員グレードとして言いなり無言奴隷社員にも達していないw

組織的にも移動になっている訳で、AZZLOの見解と組織の見解・対応はほぼ同じものだろう。この点はマトモだな。

※組織内恋愛の上で結婚なり、昇華出来るのであれば、むしろ美しいとAZZLOは思う。素敵な面もダサい面も共有した上での承認であるからだ。しかし手短なリッチオナグッズとしての組織内恋愛は、当人だけの問題ではなく周りも気を使うので、自分勝手な行動だと思う。

よくココで書く組織批評 (ほぼ批判) を踏まえると、最近組織を擬人化しつつあるのだが、要は企業イメージって事だが

"たかだか○△□人の中だけで通用するヒエラルキーに依存し、たかだが年収1000万に必死になるくせに、『頑張って儲ける』 (長期的には楽して儲かる) 真っ当なビジネスからは逃げ出す事で、生涯疲弊する事を選択し、労働疲弊履歴を獲得する事で短期的な安堵感を得て、女子からは逃げられる"

という、どうしようもないダサい人に見えるんだよなw ま、これはダサい事象を総合するとであって、もちろん素敵な事象もあるし、人も居るんだがw

ま、こんな寸劇を楽しめるから、AZZLOは辞めないんだろうな。年初に

「志村~後ろ!後ろ~!!!」 も言い疲れて来た・・・

を書いたが、ドリフの生放送的な参加型ではなく、現代的 (っつても90年代のテレビ番組ぐらいだが) な見てるだけで楽しめる形に進化してきた感じだなw

AZZLOはこの組織に入社間もない頃から

"組織さんは自滅がお好き♪"

と言っていたが、組織はもうコメディアンと言えるなwww AZZLOのブログの為に存在してくれている感じすらするw 笑いは知性がないと出来ないしな。ま、知性と知識は違うんだけどもな。

次はどんなネタを披露してもらえるだろうか?やはり今後も見逃せないな!!!2020年までの期間限定公演 であるw

facebookで共有する twitterでつぶやく はてなブックマーク googleブックマーク
このエントリーのトラックバックURL:
http://azzlo.heteml.jp/mt/mt-tb.cgi/1857
関連するエントリー
  • *-読書感想- 君に友だちはいらない / 瀧本 哲史
  • *-読書感想- アダム・スミス 『道徳感情論』と『国富論』の世界 / 堂目 卓生
  • *-読書感想- 知性を磨く 「スーパージェネラリスト」の時代 / 田坂 広志
  • *-読書感想- Communication Shift / 並河進
  • *-読書感想- たった一人の熱狂 / 見城 徹
  • *-読書感想- 人を動かせるマネジャーになれ! / ブライアン・トレーシー
  • *-読書感想- 池上彰の教養のススメ 東京工業大学リベラルアーツセンター篇
  • *-読書感想- 知識経営のすすめ / 野中郁次郎、紺野登
  • *-読書感想- ルールを変える思考法 / 川上量生
  • *-読書感想- 「習慣で買う」のつくり方 / ニール・マーティン
  • *隣人を愛するならば人類を愛せ。キリスト教に心を管理させるな。
  • *なんでこぉいう事になるのか意味不明・・・
  • *-読書感想- データの見えざる手: ウエアラブルセンサが明かす人間・組織・社会の法則 / 矢野和男
  • *-読書感想- 気づく仕事 / 博報堂研究開発局
  • *「最近AZZLOクン全然見ない気がするんだけど・・・生きてる?」 ヾ(・ε・`*)
  • *-読書感想- 心を動かす音の心理学 / 齋藤寛
  • *テレビでフランス語
  • *あと7年・・・ (2020年の節目)
  • *先輩にありえないdisられ方をした!!!
  • *-読書感想- テレビは生き残れるのか / 境治
  • *SAYAちゃんとは終わりました・・・。
  • *各媒体の話とプロの仕事
  • *-読書感想- ファシリテーション入門 / 堀公俊
  • *ボットン便所から肥溜めへダぁぁ~~っイブっ! \(≧▽≦)/ (子会社に戻る事になった)
  • *-読書感想- 初音ミクはなぜ世界を変えたのか? / 柴那典
  • *「文句も何も言わない無言の組織になりましたぁ!」(=´∀`)人(´∀`=)
  • *営業と売り込みって違うよなぁ (*-ω-) 2
  • *また無駄な労働履歴増えた ┐(・へ・;;)┌
  • *-読書感想- 9割がバイトでも最高の成果を生み出す ディズニーのリーダー / 福島 文二郎
  • *-読書感想- フィルター思考で解を導く / 沖野修也
  • *-読書感想- 武器としての書く技術 / イケダ ハヤト
  • *-読書感想- 2015年の広告会社―80%の広告マンが市場から消える / 植田 正也
  • *-読書感想- つらい記憶がなくなる日 / 榎本博明
  • *ワレワレハ地球民ダ Ψ(Θ)_(Θ)Ψ
  • *-読書感想- 僕は君たちに武器を配りたい / 瀧本 哲史
  • *「志村~後ろ!後ろ~!!!」 も言い疲れて来た・・・
  • *2013年まとめ (仕事1)
  • *-読書感想- マネジメント 基本と原則 / ピーター・F・ドラッカー
  • *2020年オリンピックについて
  • *みんな病んできてる感じすんな~
  • *2年間がっつりだった営業が移動になった
  • *-読書感想- あなたイズム / 博報堂ブランドデザイン
  • *"予算が約1.5倍になった!" の打ち上げをしてきました。
  • *国会とオリンピック誘致について
  • *2012年まとめ(プライベート)
  • *深夜ダンシングしたいなら海外行けばいいさ!?
  • *子会社の方の面談をした
  • *会社の事をブログで書かない方が良いとオススメされるw
  • *-読書感想- 本当にわかる心理学 / 植木理恵
  • *隣の席の女子が・・・
  • *-読書感想- 家族という病 / 下重暁子
  • *-読書感想- フリーエージェント社会の到来 新装版 組織に雇われない新しい働き方 / ダニエル・ピンク
  • *-読書感想- 無印ニッポン―20世紀消費社会の終焉 / 堤 清二、三浦 展
  • *-読書感想- 始まりを告げる 《世界標準》 音楽マーケティング / 高野 修平
  • *ライフログ・ビッグデータは嫌だけど労働履歴は大好きです!d(*^v^*)b
  • *カノジョがしばらく海外に行ってしまう・・・(。ノω\。)゚
  • *チームメイトから連絡をもらった (゚∇^)]
  • *「オレは前向きだ!」 と力強く言った上で1ヶ月以上、音沙汰無しの営業 ( ̄□ ̄;)
  • *9回2アウトの代打でまさかのヒット・・・ (´゚ω゚`)
  • *笑っていいとも!の亡霊が・・・ \(-●ω●-)/
  • *営業と売り込みって違うよなぁ (*-ω-)
  • *-読書感想- データサイエンティスト データ分析で会社を動かす知的仕事人 / 橋本 大也
  • *-読書感想- 未来は言葉でつくられる 突破する1行の戦略 / 細田 高広
  • *-読書感想- 超情報化社会におけるサバイバル術 「いいひと」戦略 / 岡田 斗司夫
  • *-読書感想- 人は自分が期待するほど、自分を見ていてはくれないが、がっかりするほど見ていなくはない / 見城 徹・藤田 晋
  • *奴隷どもォ!\全員集合/ 2014
  • *-読書感想- 「人を動かす人」になるために知っておくべきこと / ジョン・C・マクスウェル
  • *-読書感想- プロヴォカティブ・シンキング ―面白がる思考 / 山梨 広一
  • *-読書感想- 「新しい働き方」ができる人の時代 / セス・ゴーディン
  • *2013年は節目な感じする。
  • *2013年まとめ (プライベート)
  • *大卒者 (エリート) が組織で使いものにならない理由 2
  • *大卒者 (エリート) が組織で使いものにならない理由
  • *AZZLOは "歳食った見習いでゴミ" ですよ!忘れないでね!w
  • *-読書感想- ひとつ上のプレゼン。 / 眞木 準
  • *思想的子孫の方が大事
  • *ブログネタが絶えない・・・w
  • *2020東京オリンピックで決まったが
  • *現在の上長
  • *林修氏に共感
  • *田中麻記子が結婚したw
  • *子会社での面談 (嫉妬の活用法)
  • *1年半がっつりだった仲間が退社した
  • *"リッチマン、プアウーマン" を見る
  • *岡田斗司夫に共感!
  • *新卒採用について
  • *-読書感想- マーク・ザッカーバーグ 史上最速の仕事術 / 桑原晃弥
  • *人生初!テレビ買った!!!
  • *テレビと代理店のビジネスについて
  • *-読書感想- ウェブ進化 最終形 / 小林雅一
  • *2011年まとめ(仕事)
  • *2011年まとめ(プライベート)
  • *年末年始は高崎へ
  • *星子2007をゲットしてしまった!!(年内最後のハウル)
  • *ボジョレヌヴォ解禁!
  • *ドラマ "伝説の教師" を見た
  • *スペシャリストの集い
  • *-読書感想- ソーシャルネイティブの時代 / 遠藤 論
  • *ipadが気になる!!!
  • *twitterについて
  • « 初期 X (JAPAN) を良い音で聴きたい!_(`ε´*)ノ | 軽井沢・草津行ってきた (´ー`) 1 (堤清二 / 辻井喬 オマージュ展) »

    ~2006/12 ~2005
    MOBILE
    QRコード


    SINCE FEB 2000