« MANIACLOVE 2nd ANNIVERSARY MIXED BY DJ.WADA | 変なおにいさん・おじさんはいつの時代も必要 ( ゜ 3゜) »

2014年07月05日

やっぱ夜遊び大事!( ・∀)人(∀・ )

先日プレも終わった し (大したボリュームじゃないが) 、今後自主的にやってこうと思っている企画書も骨格を書き終えたので、久々にボノボに行く。

まずセイさんに、先日買ったwaldorf plus の話をすると

「じゃぁ今度ウチ (ボノボ) で鳴らそうよ♪」

となる。その上で日時決定まで進まない酒の話だがw お客さんがipad使って、ウニウニ遊ぶイベントっていいよな。

昔ブレッツで

"誰でも楽器持参でミキサーにケーブル突っ込んでセッションOKイベント"
(ずっと録音してるから、"RECORDING" っていうイベント名)

ってのやってたが、電子楽器を同期だけさせといて、"みんなでつまみイジるベント" とかあってもいいよな。うっかり女の子の乳首もイジってしまう、セクハラ誘発要素もあるしなw

クラブ出入りする人間がDJ機材持ってない事の方が少ない時代なんだから、

"DJプレイを聴く"

のではなく

"その場でみんなでトラッククリエイト♪"

も今どきありだよな。midi機材だとケーブルの長さの問題があるが (15mまで)、ipad数台持ち込めば成り立っちゃう訳だし。更に無線midiコネクター使えばハードウェアの距離も解決かな?

クラフトワークの初来日ライブ @ 中野サンプラザでは、客がステージに上がってつまみイジイジした んだもんなぁ。

ま、たまにそぉいうイベント、早稲田の茶箱とかでやってそうだがw

以前某コスプレイベントで

"東京メイン会場と地方会場を繋いで場所を超えて同時ダンス!"

みたいな事を企画して実施 (実際は音の同期が難しく、ポーズを決めて撮影するに留まったがw) したが、

"本来同期しないはずの事象を同期させる違和感の気持ちよさ"

みたいなのがAZZLOの企画は多いかもしんないなぁw 確実にWADAの影響だと思うが・・・w



そして、某DJさんも遊びに来て

「息子がもうオナニーし始めているらしく、レコード部屋を子供部屋にしなくちゃらない・・・。今あるレコード減らさなきゃ・・・」

という話題w

父親の手垢・汗もろもろあらゆる汚れが付いたレコードに、息子もパションを染みこませていくという導線も面白いと思うがw ま、現実そうもいかないらしいw

ここで!"今後自主的にやってこうと思っている企画" の一部 (子供DJ育成みたいな事) を話すと、リョーマ君のイベント を教えてもらう。

90年代に遊んでたクラバーの子供が既に成人していたりする時代だし、そうでなくても小学校は入っていたりするのが2014年だ。"親子クラブ・DJ" みたいなんは今後顕在化していくに違いない。

そもそもAZZLOも、血は繋がってないが、母のフランス人の旦那のジャン・マリーは、Pファンクのジョージ・クリントンのダンサーとかちょっとやったとかなんとかで、彼とPARISで親子でDJやってたんであるw

そぉいう事が日本でも "一次血縁関係の親子" でも明確に発生するのは間違いない。

やはり、そんな動きを捕らえて現実にしてるのは、リョーマ君とか、"テクノ=小室哲哉、電気グルーブ" ではないエリアの人達なんだなと実感。時間は断てど蛇の道は蛇だなぁw

そして、ラブダブの五十嵐さん合流。この親子クラブ・DJ的な話をすると

「TAKA-AKIは 『クラブ嫌い』 って言うけど、実は凄く考えてる。だから憎たらしいけど好きだ!」

と告白されるwww

ま、クラブ嫌いなのは変わらない。要はクラブの多くが表面的な事 (爆音ミラーボール) に依存する事を選択したからだ。クラブ的な事は常にカウンターで、次々と踏み台にして変化・成長していかないと意味ない。

でも次の踏み台にならず、自らも自らを踏み台にせず停滞するのは、クラブというスタイルであっても、本質的にはクラブではない。だからAZZLOはクラブが嫌いなのだ。要は文化としては終わって風俗 (習慣) に達したのだ。

AZZLOは2000年丁度あたりで、風俗への移行期である事を実感し、ダンスフロアが無くなる危機感から、MONSTROSTEREOの活動で、クラブを維持するのではなく、早くクラブを終わらせようと努力したがw 多くの人が実感出来る程、風俗として完成されたのが2008年ぐらいかな。そして更に6年も経っている・・・w

※クラブを維持しようとすればするほど、ダンスフロアは無くなるという皮肉な要素であるという事。

常にAZZLOみたいなヤツがいて更新を試みるから、新しい体験があるハズなのが本質的なクラブなハズ。故にニコ動・初音ミクの方がずっとクラブの本質があると感じるのだ。AZZLOは完全にニコ動・初音ミク方面には乗り遅れただけに、より本質の実感が進んだ感じする。

そして今後、ミニ四駆リバイバルみたいな、クラブリバイバルみたいのが少なくてもトレンドにはなるだろう。AZZLOの企画はトレンドに終わらせず、ちゃんと風俗・習慣としてポジティブに終わらせる事まで視野に入れていきたい。(現在は "トレンドのピークを伸ばそう♪そこにビジネスチャンスがある" 的な状態)

昼間の論理的ビジネスでも音やダンスが扱える段階に来たな~。とりあえず今後そぉいう事 (も) やっていきます!!!

※ "今のクラブに子供も遊びに来れるイベントをやる" みたいな事じゃないです。



クラブ行かなくてもボノボ行かなくても、その気付き・企画書作成ぐらいは進むが、やはり夜遊びすると繋がるし更に進むなぁ。しかもこぉいうの 平日の夜だからこそ なんだよな。週末だと比較的人が多くなるので、しっかり話せない事が多い。

それはボノボだから故な部分があるというのもあるな。セイさんがファシリテーター的に人と人を繋ぐから、"奥原のタマリバ" になる。入り口バーのチエちゃんの "オカンっぷり" もあるよなw

ボノボだと排他的な場所になりがちだが、そうじゃない所が凄いよな。音のあるクラブとして考えたらボノボはユル過ぎで嫌いだがw (実際入り口バー止まりで中にはほとんど入らないし)

こぉいう場と人の組み合わせって必然的でもあるが奇跡でもある訳で、ニコファーレやニコニコ超会議の様な単発イベント・祭典ではない、リアルなニコ動コミュニケーション的な場所と言えると思う。

facebookで共有する twitterでつぶやく はてなブックマーク googleブックマーク
このエントリーのトラックバックURL:
http://azzlo.heteml.jp/mt/mt-tb.cgi/1836
関連するエントリー
  • *-読書感想- 初音ミクはなぜ世界を変えたのか? / 柴那典
  • *-読書感想- 君に友だちはいらない / 瀧本 哲史
  • *-読書感想- アダム・スミス 『道徳感情論』と『国富論』の世界 / 堂目 卓生
  • *-読書感想- ルールを変える思考法 / 川上量生
  • *-読書感想- 無印ニッポン―20世紀消費社会の終焉 / 堤 清二、三浦 展
  • *-読書感想- 始まりを告げる 《世界標準》 音楽マーケティング / 高野 修平
  • *-読書感想- 知識経営のすすめ / 野中郁次郎、紺野登
  • *チームじゃない事を明確化したらむしろチームになった (*^o^)乂(^-^*)
  • *-読書感想- フィルター思考で解を導く / 沖野修也
  • *2013年出会った素晴らしい音楽
  • *-読書感想- 家族という病 / 下重暁子
  • *MANIACLOVE 2nd ANNIVERSARY MIXED BY DJ.WADA
  • *-読書感想- 人を動かせるマネジャーになれ! / ブライアン・トレーシー
  • *-読書感想- ニコニコ学会βを研究してみた / 江渡 浩一郎 (編集)
  • *-読書感想- 人は自分が期待するほど、自分を見ていてはくれないが、がっかりするほど見ていなくはない / 見城 徹・藤田 晋
  • *年末年始 2012-2013
  • *FREEDOMUNE ZERO
  • *風営法がなんだって賑やかになっているが・・・。
  • *デニーさんから素敵な依頼を頂く。
  • *AZZLOの発想・企画方法メモ
  • *田中麻記子と飯・ハウル
  • *自分のやりたい事の理由が解析されピントがあってきた
  • *各媒体の話とプロの仕事
  • *2014年出会った素晴らしい音楽 (この世は女性支配社会だ)
  • *-読書感想- 知性を磨く 「スーパージェネラリスト」の時代 / 田坂 広志
  • *「出演者のギャラになるのでお支払い頂ければと思いますぅ」 (`ヘ´#)
  • *カノジョがしばらく海外に行ってしまう・・・(。ノω\。)゚
  • *9回2アウトの代打でまさかのヒット・・・ (´゚ω゚`)
  • *「AZZLOさんは代理店に居ちゃダメ!」・・・言われたw
  • *-読書感想- Communication Shift / 並河進
  • *-読書感想- つらい記憶がなくなる日 / 榎本博明
  • *-読書感想- 心を動かす音の心理学 / 齋藤寛
  • *-読書感想- 禅、シンプル生活のすすめ / 枡野 俊明
  • *テレビでフランス語
  • *-読書感想- 憂鬱でなければ仕事じゃない / 見城徹・藤田晋
  • *-読書感想- 秋元康の仕事学 / NHK「仕事のすすめ」製作班・編
  • *2011年まとめ(仕事)
  • *6年ぶりにBULLET'Sに行った!!
  • *-読書感想- 数字で考える習慣をもちなさい / 小宮一慶
  • *ギャルソンに居た人と飲む
  • *またミノダ アベちゃんと飲んだ
  • *-読書感想- 論理的な話し方が身につく本 / 西村克己
  • *-読書感想- ファシリテーション入門 / 堀公俊
  • *「オレは前向きだ!」 と力強く言った上で1ヶ月以上、音沙汰無しの営業 ( ̄□ ̄;)
  • *軽井沢・草津行ってきた (´ー`) 1 (堤清二 / 辻井喬 オマージュ展)
  • *変なおにいさん・おじさんはいつの時代も必要 ( ゜ 3゜)
  • *-読書感想- 9割がバイトでも最高の成果を生み出す ディズニーのリーダー / 福島 文二郎
  • *星子Night @ 恵比寿トレンチ
  • *4曲 出来た 飽きた
  • *-読書感想- 超情報化社会におけるサバイバル術 「いいひと」戦略 / 岡田 斗司夫
  • *HOWLがクローズした (´∩`。)
  • *ワレワレハ地球民ダ Ψ(Θ)_(Θ)Ψ
  • *-読書感想- ストーリーとしての競争戦略 ―優れた戦略の条件 / 楠木 建
  • *2013年まとめ (仕事2) -肉体を全うするという事-
  • *ヤンキーに連れられてブルーノート東京デビューしたw
  • *ボーカロイド施策!!!・・・を断念。(クラブ文化のダメさ具合)
  • *新規玩具開発
  • *岡田斗司夫に共感!
  • *4億のプレやった
  • *あの日からもう1年
  • *深夜ダンシングをし続ける為には・・・
  • *ニンテンドー3DS
  • *HOWLのBGMを手がけさせて頂いた。
  • *-読書感想- 世界の宗教がざっくりわかる / 島田裕也
  • *ドラマ "伝説の教師" を見た
  • *AZZLOの思考法
  • *-読書感想- AKB48の経済学 / 田中 秀臣
  • *役員と面談
  • * DJ WADA @ level5(桐生)
  • *SOUL MATE MUSIC FESTIVAL 2008
  • *DJ WADA “Final Resolution”
  • *DJ WADA MIX CD
  • *-読書感想- たった一人の熱狂 / 見城 徹
  • *-読書感想- フリーエージェント社会の到来 新装版 組織に雇われない新しい働き方 / ダニエル・ピンク
  • *チームラボ 踊る!アート展と、学ぶ!未来の遊園地
  • *さようならキヤノン。ご無沙汰ですフジフイルム。
  • *オカマさんと熱ぅぅ~~ぅっ~い夜を過ごす ( ゚з゚) (゚ε゚ )
  • *Bar The hand (デニーさんの新しい店) のオープニングに行ってきた (´^ω^)ノ♪
  • *そうです!あたすが恥ずかしがり屋のおじさんです! (ノ∀\*)
  • *生音楽曲のミックスダウン・プリマスタリングした!d[ -ω - ]b
  • *軽井沢・草津行ってきた (´ー`) 4 (川上庵本店に行ってきた)
  • *「文句も何も言わない無言の組織になりましたぁ!」(=´∀`)人(´∀`=)
  • *久々に競合プレゼンで勝った (σゝ∀・)σ
  • *久々に競合プレゼンした (σゝ∀・)σ
  • *♪┏(・o・)┛久々にアナログレコード買った┗( ・o・)┓♪
  • *阿佐ヶ谷に中川淳一郎を見に行く。
  • *-読書感想- 未来は言葉でつくられる 突破する1行の戦略 / 細田 高広
  • *何故AZZLOは偉いおっさんに疑問を感じるのか?
  • *23年ぶりに松井寛のアルバムがぁぁぁぁ?・・・出たぁぁぁ~~~!!!(ザキヤマ風)
  • *-読書感想- ビジネスは「非言語」で動く 合理主義思考が見落としたもの / 博報堂ブランドデザイン
  • *-読書感想- 「人を動かす人」になるために知っておくべきこと / ジョン・C・マクスウェル
  • *-読書感想- 「習慣で買う」のつくり方 / ニール・マーティン
  • *-読書感想- なんでコンテンツにカネを払うのさ? / 岡田斗司夫 福井健策
  • *-読書感想- プロヴォカティブ・シンキング ―面白がる思考 / 山梨 広一
  • *「志村~後ろ!後ろ~!!!」 も言い疲れて来た・・・
  • *-読書感想- 「新しい働き方」ができる人の時代 / セス・ゴーディン
  • *TR-909(ジェフ・ミルズ)の説得力
  • *思想的子孫の方が大事
  • *1人辞めた
  • *先輩にありえないdisられ方をした!!!
  • « MANIACLOVE 2nd ANNIVERSARY MIXED BY DJ.WADA | 変なおにいさん・おじさんはいつの時代も必要 ( ゜ 3゜) »

    ~2006/12 ~2005
    MOBILE
    QRコード


    SINCE FEB 2000