« -読書感想- 知識経営のすすめ / 野中郁次郎、紺野登 | -読書感想- Communication Shift / 並河進 »

2014年07月26日

営業と売り込みって違うよなぁ (*-ω-)

2008年に営業に来たWEB技術ツール屋?の人から6年ぶりに連絡があり、彼が転職した現在の会社のサービスの話を聞いた。会うの2回目だが、当時のイメージは爽やかで的確なビジネスマンのイメージだ。

連絡貰った段階でサービスのURLとかも書いてあったので事前にチェック。AZZLOの関心に近いサービスもあり、なんとなく導入イメージを持ちながら彼を迎える。

サービスの内容を直接聞く前、お互いの状況、組織構造等を話すると

「では、その他部署の方々を紹介してください。」

とか冒頭から言うwww 順番が違うとは思うが、ま、まだ許容範囲だ。

そして彼のプレゼンを聞くが、AZZLOは事前にサービスをチェックしていたし、既に関心が高まっているサービスがあったので、

「今予定しているこんな案件で、貴方のサービスをこんな感じで導入する事が可能ですね。でも元々導入を予定してなかった訳だから、今の僕が持ってる予算の余力から貴方に払えるのは○○万円しか持ってないんだけど、それでも良ければ前向きに検討したいですね!」

と、支払いが見える話へ進める。

「なるほどですね!で、ウチは○△□な改善をしようとしているらしいんです。近々○△□な発表をしようって言ってた気がするんですね。よってAZZLOさんがご検討頂いている方向でイケると思います。お金は大丈夫です。」

みたいな返答。彼が転職してから数年経っているにも関わらずだ。

「うわ~・・・2008年の時は自信を持ってハキハキと自社サービスを紹介してた気がしたんだけどなぁ・・・」

と思った。

ま、AZZLOもプロダクションさんとのコミュニケーションの際に

「得意先は○△□な感じで検討中らしいんです。それが現実の場合、営業としては○△□な判断を取ると思われます。その場合、僕らは○△□な対応になると思われます。」

という "速報" としての "らしい報告" はする。

「なんも分かりませ~ん。だって得意先から返答ないんだも~ん♪」

が事実なのだがw 代理店とプロダクションの業務はデスマーチ (連日徹夜) になりがちなので、少しでもリスク軽減の為の情報共有のつもりだ。ま、情報が外れると余計に痛かったりする事もあるんだがw

しかし、彼の場合は、自社のサービス・判断の話である。現実は外注してたりして色々社外も含め調整中の事も無くもないだろうが、それをAZZLOにも共有する必要ないと思うんだよな。せめて

「○△□な方向で調整を予定しておりますので、よりAZZLOさんのご期待に応えられる形でご協力させて頂きたいと思います。」

って言い方の方が良いよな。実態はどうであれw

何度か仕事していて、「速報なんで確定ではないですが・・・」 って前置きがあった上での "らしいです" は良いんだけども、彼とはまだ仕事した事ないし会うのは2回目であるwww

既にAZZLOの関心と彼の売上げの接点は明確である状態で、細かい事情はノイズだと感じたなぁ。営業じゃなくて "売り込み" って感じした。

よって、彼は 「お金は大丈夫です」 と言ったが、

「金が金だけに、社内での調整もある思いますんで、まずは持ち帰ってご検討下さい。」

とした。そしたら

「話それますが、ウチは○△□な事もやっておりまして・・・」

と、ひたすら売り込みが続いた・・・w

ま、彼が悪いのではなく、"短期的マネタイズミッションに伴う本質を欠いた労働履歴獲得" が問題なんだと思うが。(本来は問題を踏まえて個々にアレンジしなきゃだとは思うが)

AZZLOが付き合いが長くなる・濃くなる方々は

「御社は○△□がベースでAZZLOも助けて頂きましたけど、●▲■なのもやってましたよね?そっちはどうなんですか?」

と、AZZLO自ら質問する機会がある気がする。そのタイミングは初めて仕事してから数年経ってからだったりもする。

AZZLOに限らず代理店の立場からすると

「何でも出来ます」

というプロダクションさんは記憶に残らない。通常何でも相談出来るパートナーさんは代理店スタッフは誰しも居るものであって、新規のプロダクションさんは "xxxをやっている" 的なタグ付けが明確でないと記憶に残らないのだ。

例えば

・おかまタレント専門キャスティング会社
・自社で専用プロジェクターそのものも開発しているプロジェクションマッピング会社
・トヨタを直クラでやってる

とかだ。

プロダクションさんの営業で

「企画段階から入らせて頂いてスマホ向けアプリも作れます。川上から川下までお任せ下さい!」

っていう定形セールスが少なくないが

「既に仲良いプロダクションさん居るし・・・」

が現実である。

2013年の段階で

「スマホのアプリからぁ~、商品パッケージを写すとぉ???ほぉ~~っっら!キャラが飛び出てきたよぉ~~~♪・・・す・・・凄いね???」

というプレゼンをしてくれたプロダクションさんは、オチが分かっているマギー司郎のマジック的に逆に記憶に残ったがw その手の実演は散々見た事あるし、"新技術による出オチ施策" にしてもかなりの周回遅れだと思ったなw

ビジネスを題材にした漫才みたいだったな。ある種

こんな感じだったな。

値段・クオリティーが既存のプロダクションさんと同じだったら、新たに口座登録をしなくても済む既存のプロダクションさんとやるのが現実であるw

逆に代理店経験が無いのに代理店の事情を理解した "営業" をして頂ける人の事は信頼するな。

AZZLOが信頼しているプロダクションさんからは

「もうAZZLOさんトコの仕事は依頼があれば断りはしませんが、積極的に営業・売り込みはしないようにしました。」

という報告を貰ったりしているwww イケてるプロダクションさんの判断はそぉいうもんである。ビジネスとしてはごくごく真っ当だと思うwww 故にAZZLOはそういったプロダクションさんの事は信頼するんだがw

そんなAZZLOさんトコ (AZZLOが所属する組織) に中途半端な 営業 売り込みをするプロダクションさんは、"安い" 以外に発注理由がないんだよな。典型的なコモディティービジネスという事だ。



その後彼とはメールのやりとりをしたのだが

「子会社の方や営業の方にも我が社をお伝え下さい。ご紹介下さい。」

と、念押しされた・・・w せめて今回相談した内容を提案し終えてからの話だと思うが、ノルマとかあるんだろうなぁ。

更に

「久々にAZZLOさんと会って凄く刺激になりました!是非近いうちに飲みに行きましょう!」

とあった。ま、

「昼間の蛍光灯の下では仕事は生まれない」

が最近の口癖であるAZZLOなんで良いんだけども、ご期待にお応えしてより刺激的に説教とかした方がいいんだろうかw

そして、会議中に彼から電話がかかってきて、小声で電話に出たので通常会議中だと分かる感じだと思うのだが

「今よろしいでしょうか?」

の断りもなく、もろもろ確認の電話だった。

なんだかなぁ (*-ω-)

ま、今後AZZLOも 営業抜きで客先と対峙する機会が増えてくるハズ なんで、良い勉強になったな。

facebookで共有する twitterでつぶやく はてなブックマーク googleブックマーク
このエントリーのトラックバックURL:
http://azzlo.heteml.jp/mt/mt-tb.cgi/1845
関連するエントリー
  • *-読書感想- 君に友だちはいらない / 瀧本 哲史
  • *-読書感想- Communication Shift / 並河進
  • *営業と売り込みって違うよなぁ (*-ω-) 2
  • *9回2アウトの代打でまさかのヒット・・・ (´゚ω゚`)
  • *-読書感想- 知識経営のすすめ / 野中郁次郎、紺野登
  • *-読書感想- ファシリテーション入門 / 堀公俊
  • *-読書感想- 知性を磨く 「スーパージェネラリスト」の時代 / 田坂 広志
  • *-読書感想- フリーエージェント社会の到来 新装版 組織に雇われない新しい働き方 / ダニエル・ピンク
  • *-読書感想- 池上彰の教養のススメ 東京工業大学リベラルアーツセンター篇
  • *-読書感想- 始まりを告げる 《世界標準》 音楽マーケティング / 高野 修平
  • *チームメイトから連絡をもらった (゚∇^)]
  • *生音楽曲のミックスダウン・プリマスタリングした!d[ -ω - ]b
  • *「文句も何も言わない無言の組織になりましたぁ!」(=´∀`)人(´∀`=)
  • *久々に競合プレゼンで勝った (σゝ∀・)σ
  • *久々に競合プレゼンした (σゝ∀・)σ
  • *-読書感想- 人を動かせるマネジャーになれ! / ブライアン・トレーシー
  • *広告代理店にクリエイティブ (社内スタッフ) は必要ない
  • *-読書感想- ビジネスは「非言語」で動く 合理主義思考が見落としたもの / 博報堂ブランドデザイン
  • *東京都知事選2014 今思う事
  • *ワレワレハ地球民ダ Ψ(Θ)_(Θ)Ψ
  • *「志村~後ろ!後ろ~!!!」 も言い疲れて来た・・・
  • *-読書感想- ひとつ上のプレゼン。 / 眞木 準
  • *秋冬のプレ負けた・・・(1.9億円)
  • *2012年まとめ(仕事4)
  • *あの日からもう1年
  • *2012年度前期振り返り
  • *夢でうなされた・・・
  • *AZZLOの発想・企画方法メモ
  • *-読書感想- データの見えざる手: ウエアラブルセンサが明かす人間・組織・社会の法則 / 矢野和男
  • *-読書感想- 無印ニッポン―20世紀消費社会の終焉 / 堤 清二、三浦 展
  • *「出演者のギャラになるのでお支払い頂ければと思いますぅ」 (`ヘ´#)
  • *ライフログ・ビッグデータは嫌だけど労働履歴は大好きです!d(*^v^*)b
  • *「最近AZZLOクン全然見ない気がするんだけど・・・生きてる?」 ヾ(・ε・`*)
  • *軽井沢・草津行ってきた (´ー`) 1 (堤清二 / 辻井喬 オマージュ展)
  • *会社のデスクで部下を口説く上司 ┐(´д`)┌
  • *「AZZLOさんは代理店に居ちゃダメ!」・・・言われたw
  • *笑っていいとも!の亡霊が・・・ \(-●ω●-)/
  • *また無駄な労働履歴増えた ┐(・へ・;;)┌
  • *広告代理店のクリエイティブ (社内スタッフ) は必要なくないかもしれないが、やはり子会社は必要ない
  • *-読書感想- フィルター思考で解を導く / 沖野修也
  • *何故AZZLOは偉いおっさんに疑問を感じるのか?
  • *-読書感想- 超情報化社会におけるサバイバル術 「いいひと」戦略 / 岡田 斗司夫
  • *-読書感想- 人は自分が期待するほど、自分を見ていてはくれないが、がっかりするほど見ていなくはない / 見城 徹・藤田 晋
  • *-読書感想- 「人を動かす人」になるために知っておくべきこと / ジョン・C・マクスウェル
  • *-読書感想- 「習慣で買う」のつくり方 / ニール・マーティン
  • *-読書感想- なんでコンテンツにカネを払うのさ? / 岡田斗司夫 福井健策
  • *-読書感想- 2015年の広告会社―80%の広告マンが市場から消える / 植田 正也
  • *-読書感想- 未来記憶 / 池田貴将
  • *-読書感想- プロヴォカティブ・シンキング ―面白がる思考 / 山梨 広一
  • *-読書感想- 心を動かす音の心理学 / 齋藤寛
  • *-読書感想- ストーリーとしての競争戦略 ―優れた戦略の条件 / 楠木 建
  • *2013年まとめ (仕事2) -肉体を全うするという事-
  • *ブログネタが絶えない・・・w
  • *2020年オリンピックについて
  • *アベノミクス効果?
  • *プレゼン2時間前に見た企画をプレゼンした・・・w
  • *みんな病んできてる感じすんな~
  • *新規玩具開発
  • *"予算が約1.5倍になった!" の打ち上げをしてきました。
  • *4億のプレやった
  • *2012年まとめ(仕事2)
  • *-読書感想- テレビは生き残れるのか / 境治
  • *暴走族から分かる若者のコミュニケーション
  • *公開後、予想以上の反響でした 7
  • *公開後、予想以上の反響でした 6
  • *公開後、予想以上の反響でした 4
  • *-読書感想- 新「伸びる人」の条件 / 安達元一
  • *勝ちたかった競合コンペで勝った!!
  • *-読書感想- JAAA REPORTS 2010年クリエーターズ・オブ・ザ・イヤー特集
  • *-読書感想- 論理的な話し方が身につく本 / 西村克己
  • *死人再現コンテンツ
  • *-読書感想- ライフログのすすめ
  • *局長にやりたい事を報告
  • *NY研修のレポート報告会
  • *AR着替え
  • *-読書感想- AR〈拡張現実〉入門
  • *-読書感想- AR三兄弟の企画書
  • *プレゼンについて3 (精神科行ったw)
  • *プレゼンについて2
  • *プレゼンについて
  • *各媒体の話とプロの仕事
  • « -読書感想- 知識経営のすすめ / 野中郁次郎、紺野登 | -読書感想- Communication Shift / 並河進 »

    ~2006/12 ~2005
    MOBILE
    QRコード


    SINCE FEB 2000