« ableton liveのプラグインを買った ( ´ー`)σ | -読書感想- データサイエンティスト データ分析で会社を動かす知的仕事人 / 橋本 大也 »

2014年06月06日

目標・評価シート書きにくい・・・(-д-;)

組織では、"今期こんな事やる!達成基準はこんな感じ" というのをゴミ従業員であるAZZLOですら、書かなくてはならない・・・w ま、毎回 「ぶっちゃけ意味ないじゃん!」 とは思いつつも、自身を整理する機会になっているので、渋々今年も今やってる・・・w

組織の現実を踏まえると 「AZZLOなんか "コレ" やってれば給料遅れないで振り込んでやるんだから、文句言えわずやっとけよ!!!従業員なんだから "コレ" に従業しろよ!!!」 であるのが健全であると思う・・・w ま、そんな現実だったら、ギャラが一定以上じゃなければやる気ないし、やっても一時的で遅かれ早かれ辞めるがw

今期の偉いおっさんの方針は、AZZLOにしては珍しく共感w していて、紙に落とされた方針を読み解くと

「受け身の処理班じゃなくて、自分のやりたい事を提案しようよ!その方が金も付いてくる感じがするし♪」

そんな解釈が可能な雰囲気がする方針だ。

具体的手法も書かれてるのだが、なんだかほぼ AZZLOの成功案件 をなぞった雰囲気がする・・・w 実際偉いおっさんが 「AZZLOの成功案件みたいな事なんだけども・・・」 と言っているw

ま、AZZLOの行動と違う方針・ミッションを設定すると、「AZZLO全然違う事やってるじゃん!!!」 になっちゃって、偉いおっさんも困るから、渋々合わせて頂いた感じもしなくもないがw ま、部署方針はそうであったとしても、部門方針は広いから、AZZLO的じゃなくても問題ないハズだよな。部門方針は "本当に必要な事" なんだと思う。

ま、幸か不幸か、その成功案件的な事は、AZZLOはもうやったので、表面的に似たような事やる気は全くないのだが・・・w あの手法は丁度成熟期でギリギリ実施出来る最後のタイミングだったと思ってる。

2013年度までの部門・部署方針は

「ぶっちゃけ抽象的で良くわかんないけど、そんなんじゃつまらないし、どうせ大して儲からないから、ビッグデータとか教育コンテンツとかやる!!!」

みたいな反骨心でサクッと書けていたのだがw 2014年度はAZZLOのこの3年間を肯定されている様で、バネにする材料が見当たらない・・・w

それでも1つ疑問なのが

「言いなり処理班ではなく、リーダーとして案件を引っ張る・まとめ上げる人になろう!」

みたいな事がある。根本は共感だが、子会社ゴミ社員であるAZZLOがリーダーやるのは、組織ヒエラルキー的に間違いであるwww 本社社員に対しての号令であれば納得だが、 その理想を若手に求める、ましてやAZZLOなんかに求めるのは、ヒエラルキー的に間違っているだろう。

本来は部署長レベルで、その体現をしている現実が必要である。

本を読まない親が子供に 「本読め!」 言うても、子供からしたら 「読みたいのはやまやまだが、家に本無いし小遣いもくれないじゃん!」 的事象だw

この疑問に対するカウンター・反骨心で

「言いなりで、糞つまらない "旬なもの寄せ集め 企画 メニュー" 出しの作業を頑張る」

ってな訳にもいかないしな・・・w



そぉいえば、部署とは別に "専門分野が同じ・近い人で構成されるグループ" みたいのがある。

このグループのリーダーは、今まで部署長とかがやってたのだが、今期から比較的若い人がやる様になった。

「○△□(3年目の雑でミスが多い女子)がイイ!あいつが部長だったら、危なっかしくて部員は率先して部長を助けるだろう?結果部員が自ら能動的に動くチームになりそうな気がするよwww」

と思っていたAZZLOだけに "若手がリーダー" 的な事には共感している。※この雑でミスが多い女子がリーダーにはなってないが。

AZZLOも加入している事になっているグループの、若いリーダーが作った方針資料を見ると

"今までは必要な制作物のディレクションだけやってたが、全体を通したストーリー作りが必要だ"

みたいな事が書かれており非常に共感。これは偉いおっさんも明確に言っている。

しかし、その上での手段が微妙・・・。

"プロダクションさんとソリューション開発する"

みたいな事で、通常の案件では声がけし辛い、値段高め (名が売れてる) プロダクションさんのロゴが並んでいた。

"プロダクションさんと、ディスカッションする中で、新たな発見を繰り返し、既存の広告手段ではない取り組みへ昇華する!"

的な狙いなんだと思う。この解釈が正しいのであれば共感。

しかし

偉いおっさん同士で、お膳立てされた昼間の蛍光灯の下で、更に偉いおっさんが監視する下では、新たな発見を繰り返す事は絶対にあり得ない!!!

そういった "文化の瞬間" は、夜に酒飲んでないと生まれないのだ。これは歴史が明確に証明している。歴史どころか、今の偉いおっさんも部署間調整なんかで飲みに行くだろう?

必要であれば、AZZLOだったら、ボカロPさんに声がけするし、テレビ局にもアポ取って前向きに事は進める のだ。AZZLOは声がけさせて頂いたボカロPさんや某テレビ局の番組に対してリスペクトしてるので、飲む事を前提とした声がけであるw

偉いおっさんがお膳立てしようがしなかろうが、これが真実である。

更に、現実の業務においては、イケてるプロダクションさんとか外部とのコネクション構築は必要ない。大半が、"なんでもない納品物をいかに安く仕切るか?" がミッションである。当然外部とのコネクションやディスカッションも生まれない。そしてその前歴は偉いおっさん達が積み重ねたものである。

蔵前のNuiに行ってみた

みたいな事でしか 言い換えると "意気投合" は絶対にあり得ない。

AZZLOの解釈が正しいのであれば、

会社のラウンジでクラブパーティー

の方が、絶対に早くて確実だ。いわゆる "命かけても良い" ぐらいの絶対的自信あるw "飯食ったらうんこ出る" ぐらいの当たり前の話である。

有名プロダクションさんと "若手だけ" の飲み代を経費で落とす事を踏まえているのならば、まぁある程度納得なんだが、そうじゃないだろうしな。

AZZLOはこのグループには、当然参加する気はない。そもそも、「お前とは長くはやれなさそうだな」 と言った偉いおっさんがメンバーに入ってるので、AZZLOの意思以前の問題だ。

この疑問をバネにすると

「出社せずに、夜飲み歩き、"文化の瞬間" を体験し続ける事で、次のビジネスを考案・実施に繋げていく」

という事にもなるw "出社せずに" はともかくw 良い取り組みなハズだが

「あのさ・・・そぉいうのも大事だとは思うのでやってくれれば良いんだけども、上に通して残るものだからさ・・・。もうちょっと書き方を・・・」

ってな事になるんだよな。別に 子会社の偉いおっさんはシート見てない し、AZZLOと上長の認識確認が出来れば良い訳で、それこそ1回飲み行きゃ済む話なんだけどな・・・。

結局、根本は共感してるし、言われなくても、"実施はしてないが、考案は日々やってる" んだよなぁ。プロダクションさんと "いかに代理店をスルーして成り立たせるか?" (本当に必要なご提案とは何か?) みたいな事ディスカッションしてるし。



という事は、実施まですれば、偉いおっさんと噛み合うし、AZZLOの反骨心もケア出来るという事か?w

しかし、偉いおっさんに

「スタッフの中で、その様なスキル・モチベーションがある人も居ます。でも、営業がスタッフに求めてないんです。そもそも得意先の部署が、"CMは広報" "WEBは社内サイト運営部署" とかで、人も金も別なんで、タッチポイント横断のストーリー作りなんて起こりようがないんですよ」

みたいな事を言ったんだよな。仕事しない理由を探してる訳じゃなくて現実そうなんだよな。逆にその現実に対して "本来必要な事" を明言した偉いおっさんには共感してるんだが。

そもそもAZZLOは "CM受け皿サイト製作案件" 要は言いなり受け身案件は、やりたくないし、この4年ぐらいやってないw 偉いおっさんはそぉいう案件をAZZLOには振らない。結果、2014年1月から、2、3企画しか作ってなくて、仕事がないwww 要は言いなり案件以外はニーズ無いのだw

スタッフセクションと営業セクションで、ミッションは噛み合ってるんだろうか?

多分営業の現実は、「ストーリーだ統合的だっつぅか、そんな事よりも今月の売上げが足りてない!!!」 なんじゃないかな?

AZZLO的には、余裕ある時間の中で、読書感想文を書けるから、大分助かっているが・・・w

"共感はするが現実無理なんで、読書を続ける"

ってなシートもおかしいしなぁ・・・w

ここでふと、「もう営業とか入れなくて良いから好きにやってよ!」 という偉いおっさんの言葉を思い出す。思い出すというか、常に頭にあったw

プロダクション→[代理店スタッフ→代理店営業]→得意先へ請求

ではなく

[プロダクション→代理店スタッフ]→代理店営業→得意先へ請求

という座組の方が、ポジティブなチームであるという見解を持っている し。

※営業による。AZZLOを信頼してくれた営業は営業でも本当のチームメイトだと思う。


AZZLOとプロダクションさんが勝手に妄想した事を、営業抜きで企業にアポを取って提案する。

仮に金になる事になったら、支払い窓口で営業に金の処理してもらう。
もしくはプロダクションさんからAZZLOの活動フィーを組織に払ってもらう。

※新規得意先に限る。


これであれば、保守的な営業のバイアスが無くて楽しいし、ビジネスとしてのハードルは高いが、「日本をつまらなくしたのはお前ら代理店だ!!!」 と某営業が得意先に怒られてたりする訳なんで、無謀な提案の方が、歓迎される可能性もあるもんな♪・・・そして偉いおっさんとも噛み合うよな。



そんな最中、先日プロダクションのマネージャーさんからこんな相談があった。

「最近AZZLOさん案件が無いので、ウチの社員がつまらなくて辞めそうです・・・w AZZLOさん案件は、その後流用出来るベースになったりするんで、金にならなくて良いから、なんかお題下さい!なんなら身銭切ったっていいです!!!」

との事。なんかタイミング合ってるなw

実は組織の偉いおっさんが、プロダクションのマネージャーさんに

「AZZLOにこんな感じで相談 "的" に話してよ!AZZLOはアンチ代理店でお宅みたいなプロダクションさんの力を大事にしてっからさ♪」

って言ったのかな?・・・ま、それは無いなw 以前から似た話は聞いてたし。でもそうであって欲しいとも思う。AZZLOは偉いおっさんに強制されるのではなく "心地よく手のひらで転がされたい" のである。それがヒエラルキーの尊重とも言えると思う。

シートに書く事のコアはざっくり分かった感じがする。今年の目標っつぅか、ホント今までの蓄積な感じだな。

・・・これを昼間の組織の言語にどう翻訳するかだな。コア1つの翻訳だけならまだしも、入力項目が複数あるんだよなぁ・・・。

複数を儀式的に書いたら 「結局何したいの?」 ってな事になるし、近いと 「同じ事言い換えてるだけじゃん!」 ってな事になるんだよなぁ・・・。

面倒臭いなぁ・・・。

こんだけ真面目に考察してんだから、シート免除してくんないかなぁw

facebookで共有する twitterでつぶやく はてなブックマーク googleブックマーク
このエントリーのトラックバックURL:
http://azzlo.heteml.jp/mt/mt-tb.cgi/1825
関連するエントリー
  • *-読書感想- 人を動かせるマネジャーになれ! / ブライアン・トレーシー
  • *-読書感想- アダム・スミス 『道徳感情論』と『国富論』の世界 / 堂目 卓生
  • *-読書感想- 「人を動かす人」になるために知っておくべきこと / ジョン・C・マクスウェル
  • *大卒者 (エリート) が組織で使いものにならない理由
  • *-読書感想- フリーエージェント社会の到来 新装版 組織に雇われない新しい働き方 / ダニエル・ピンク
  • *-読書感想- 無印ニッポン―20世紀消費社会の終焉 / 堤 清二、三浦 展
  • *「最近AZZLOクン全然見ない気がするんだけど・・・生きてる?」 ヾ(・ε・`*)
  • *-読書感想- 知識経営のすすめ / 野中郁次郎、紺野登
  • *チームじゃない事を明確化したらむしろチームになった (*^o^)乂(^-^*)
  • *-読書感想- 人は自分が期待するほど、自分を見ていてはくれないが、がっかりするほど見ていなくはない / 見城 徹・藤田 晋
  • *-読書感想- 「習慣で買う」のつくり方 / ニール・マーティン
  • *2年間がっつりだった営業が移動になった
  • *-読書感想- ファシリテーション入門 / 堀公俊
  • *-読書感想- 池上彰の教養のススメ 東京工業大学リベラルアーツセンター篇
  • *-読書感想- 初音ミクはなぜ世界を変えたのか? / 柴那典
  • *-読書感想- 知性を磨く 「スーパージェネラリスト」の時代 / 田坂 広志
  • *-読書感想- 君に友だちはいらない / 瀧本 哲史
  • *「文句も何も言わない無言の組織になりましたぁ!」(=´∀`)人(´∀`=)
  • *「AZZLOさんは代理店に居ちゃダメ!」・・・言われたw
  • *-読書感想- Communication Shift / 並河進
  • *-読書感想- ルールを変える思考法 / 川上量生
  • *-読書感想- 9割がバイトでも最高の成果を生み出す ディズニーのリーダー / 福島 文二郎
  • *仕事で "近いうちに・・・" が半年経ってるが・・・(*´Д`)
  • *-読書感想- 未来は言葉でつくられる 突破する1行の戦略 / 細田 高広
  • *-読書感想- なんでコンテンツにカネを払うのさ? / 岡田斗司夫 福井健策
  • *-読書感想- 僕は君たちに武器を配りたい / 瀧本 哲史
  • *"知らないおっさん" に怒鳴られた (´□`。)
  • *「志村~後ろ!後ろ~!!!」 も言い疲れて来た・・・
  • *-読書感想- 「新しい働き方」ができる人の時代 / セス・ゴーディン
  • *-読書感想- ストーリーとしての競争戦略 ―優れた戦略の条件 / 楠木 建
  • *大卒者 (エリート) が組織で使いものにならない理由 2
  • *AZZLOは "歳食った見習いでゴミ" ですよ!忘れないでね!w
  • *あと7年・・・ (2020年の節目)
  • *ボーカロイド施策!!!・・・を断念。(クラブ文化のダメさ具合)
  • *現在の上長
  • *プレゼン2時間前に見た企画をプレゼンした・・・w
  • *子会社での面談 (嫉妬の活用法)
  • *1年半がっつりだった仲間が退社した
  • *子会社の全社総会
  • *新卒採用について
  • *2012年まとめ(仕事4)
  • *あの日からもう1年
  • *2012年度前期振り返り
  • *夏休みをとりました
  • *-読書感想- モチベーションを思うまま高める法 / 小山龍介
  • *スペシャリストの集い
  • *勝ちたかった競合コンペで勝った!!
  • *-読書感想- 本当にわかる心理学 / 植木理恵
  • *-読書感想- たった一人の熱狂 / 見城 徹
  • *-読書感想- 気づく仕事 / 博報堂研究開発局
  • *-読書感想- ビッグデータビジネスの時代 堅実にイノベーションを生み出すポスト・クラウドの戦略 / 鈴木 良介
  • *ピケティ読んでないけど今思うところ ٩( 'ω' )و
  • *2014年まとめ (仕事)
  • *-読書感想- 始まりを告げる 《世界標準》 音楽マーケティング / 高野 修平
  • *あら!?素敵なおっさんが居た!!! (゚◇゚)
  • *ライフログ・ビッグデータは嫌だけど労働履歴は大好きです!d(*^v^*)b
  • *チームメイトから連絡をもらった (゚∇^)]
  • *アウトプットと報酬のバランスについて
  • *「オレは前向きだ!」 と力強く言った上で1ヶ月以上、音沙汰無しの営業 ( ̄□ ̄;)
  • *生音楽曲のミックスダウン・プリマスタリングした!d[ -ω - ]b
  • *軽井沢・草津行ってきた (´ー`) 4 (川上庵本店に行ってきた)
  • *軽井沢・草津行ってきた (´ー`) 1 (堤清二 / 辻井喬 オマージュ展)
  • *9回2アウトの代打でまさかのヒット・・・ (´゚ω゚`)
  • *エロ動画編集の効率アップを目論んでグラボを購入!
  • *営業と売り込みって違うよなぁ (*-ω-) 2
  • *久々に競合プレゼンで勝った (σゝ∀・)σ
  • *久々に競合プレゼンした (σゝ∀・)σ
  • *また無駄な労働履歴増えた ┐(・へ・;;)┌
  • *-読書感想- うちの職場は隠れブラックかも / 松沢 直樹
  • *-読書感想- データサイエンティスト データ分析で会社を動かす知的仕事人 / 橋本 大也
  • *ブログに書いちゃダメだよ!絶対にダメだよ!!!
  • *広告代理店にクリエイティブ (社内スタッフ) は必要ない
  • *-読書感想- 超情報化社会におけるサバイバル術 「いいひと」戦略 / 岡田 斗司夫
  • *-読書感想- ニコニコ学会βを研究してみた / 江渡 浩一郎 (編集)
  • *奴隷どもォ!\全員集合/ 2014
  • *-読書感想- ゲーミフィケーション / 神馬豪・石田宏実・木下裕司
  • *-読書感想- 2015年の広告会社―80%の広告マンが市場から消える / 植田 正也
  • *-読書感想- 漫画でわかる萌えビジネス / 浜田ブリトニー
  • *-読書感想- プロヴォカティブ・シンキング ―面白がる思考 / 山梨 広一
  • *ワレワレハ地球民ダ Ψ(Θ)_(Θ)Ψ
  • *「そろそろ退職をします」
  • *2013年出会った素晴らしい音楽
  • *2013年まとめ (仕事2) -肉体を全うするという事-
  • *2013年まとめ (仕事1)
  • *もしもAZZLOが野球選手だったら?
  • *-読書感想- マネジメント 基本と原則 / ピーター・F・ドラッカー
  • *読書感想文書かなきゃ・・・
  • *体に異変症状が出た!(閲覧注意)
  • *テレビでフランス語
  • *テクノの正義感
  • *これは虐めだ・・・
  • *ブログネタが絶えない・・・w
  • *秋冬のプレ負けた・・・(1.9億円)
  • *社員は守る対象で、顧客は金を吸い取る対象???
  • *林修氏に共感
  • *みんな病んできてる感じすんな~
  • *ミュージックビデオのコンテ(骨格)書いたw
  • *久々に会社で "マトモ" を感じた
  • *先輩にありえないdisられ方をした!!!
  • *蔵前のNuiに行ってみた
  • « ableton liveのプラグインを買った ( ´ー`)σ | -読書感想- データサイエンティスト データ分析で会社を動かす知的仕事人 / 橋本 大也 »

    ~2006/12 ~2005
    MOBILE
    QRコード


    SINCE FEB 2000