∵ TAKA-AKI AZZLO WEB ∵

2014年06月30日

久々に競合プレゼンした (σゝ∀・)σ

近年は 成功案件 をやらせて頂いたクライアントのプレゼンが中心で、大体いつも予算1億円で客先が6~8名ぐらいのプレゼン。しかしこのクライアントの今後の組織内体制をどうするか?半年経っても何も連絡がない ので、プレゼンの機会はあるハズだがAZZLOは参加していない。

そんなAZZLOは最近は音楽レーベルに出入りして、半分ブレストプレゼンみたいのはちょこちょこやっている。

目玉とヤギについて (米津玄師ステキ (≧∇≦))

の様なMV提案だったり、ワイドショーで紹介される為のイベント演出案だったり・・・。

そんな感じでマイペースに仕事している最中、久々に固めの組織に競合プレゼンをヤッた!

提案内容は予算2000万のオリエンからして媒体提案 (ほぼ新聞) で、AZZLOパートは営業配慮のプロモーションで予算50万~100万。別にAZZLOパートが無くても成立するプレな訳なので、適当なアイデアを出していた。そもそも相談が来たのはプレまで1週間切った段階だったし。

良くも悪くも営業から異論が出ずw アホアホな企画書を作っていると

「客先15人出てくるって!AZZLOクンプレゼンよろしくね!」

となる・・・。予算2000万で15人出てくるとか聞いた事ないw

AZZLOの企画は

「WEBユーザーのニーズを踏まえて、ユル~いオリジナル楽曲を作りましょう!YOUTUBEとかニコ動で話題になるよ♪」

ってな事で、経営者でもありながらボカロP活動もする友人にサンプル楽曲製作を依頼。歌詞はAZZLOが書いたw

狙い通りの激ユル楽曲が出来たw 営業も爆笑www

そして、プレゼンは大手町にあるすげ~お固いビルの中の会議室。企業というか、政治関係団体だし15人全員スーツのおじさんだ。アウェー過ぎる訳で緊張するかと思いきや、ま、緊張はするが全然大丈夫だった。

最近は半ブレストプレゼンばかりやってた訳なので

「媒体によるリーチだけでは一時的な関係な訳でぇ。音楽を通して生活者が能動的に動き始めるきっかけを作る事が来年以降も見据えて必要なんスよ!」

「オリジナル楽曲作ってダンスとかやっちゃえばぁ、AKBの "恋するフォーチュンクッキー" みたいに広がったりもするんで、是非取り組ませて頂きたいと思ってるっス!」

みたいな、やや緩い口調でプレゼンしてしまったw ま、企画内容からして丁度良かったかなw 大手町のお固いビルの会議室で

「ほんわかっふんちゃっちゃ~ん。ぽよん♪」

みたいなユル~いボカロPさんに作って頂いたサンプル曲を流してしまったしw

プレ勝敗は、媒体リーチ力での精査が主なんで、AZZLOパートの良し悪しはさほど影響はないハズだが (元々オリエンに含まれてない要素なので)

「今までこんな面白い (変な) 企画を頂いた事がない!興味深い」

というコメントは頂けたw

こんな感じのポジティブなテロ提案は、色々やっていきたいなぁ。楽しかった♪

そして、短期間で素晴らしいユル楽曲・動画を製作して頂いたボカロPさんにはマジ感謝です!


2014年06月28日

また無駄な労働履歴増えた ┐(・へ・;;)┌


・勤怠表と案件毎の労働時間記入システムが別々

使用時間記入システムからおおよその勤怠時間は把握出来るハズだし、深夜勤務等で出社が遅くなる場合は始業時間をずらして記入出来れば、同じシステムで済むハズ。

・週報と月報のフォーマットが違うので、個別に入力しなければならない。

エクセルでやるにしても、"全部入り" を記入して、必要無い箇所は非表示する等で、それぞれ必要な項目だけ見る事が出来るハズ。「週報と月報で内容違うけど?」 といった馬鹿みたいな確認は無くなる。


的な、誰しもが無駄だと思っている事であり

"マネジメントという名の監視してdisる人の労働履歴獲得のお手伝い"

がまた増えた・・・。このお手伝い内容の説明の際に

AZZLO:「コレ・・・毎度やるんですか?最初っからそのように統一すれば、毎度やんなくて良いですよね?過去においては一度全部整理して、毎度やらないようにした方がいいんじゃないですか?最初の山は高いですけど、数年で考えればその方が時間浮きますよね?」

説明する人:「うん。ホントそうなんだよねw AZZLOクン上にそれ言ってよ!オレらも全て分かる訳じゃないしさ」

ってな会話になった・・・w

この説明する人は 「別にそぉいう労働履歴はオレには要らないし・・・(監視したくもないし)」 的な人なのかもしれないので、AZZLOの意見には同意だったが、そぉ思うなら先に手打って欲しいよな・・・w そして少なくてもその説明する人はAZZLOよか上なんだよなぁw

AZZLO以外の人達も開いた口が塞がらない的な反応だったw

そんな監視強めなきゃいけないってのは、まぁ法的な規制の変化とかもあるのかもしれないが

ルールが増えるというのは、基本的に「社員を信用しない」ということが前提にあるからです。

もあるよな。そしてドラッカーの指摘によると

37:必要とする労力が少ないほど優れた管理である。管理手段が少ないほど管理は効果的である。管理手段を多くしても、よりよく管理できるわけではない。かえって混乱する。管理システムの設計と利用にあたってまず検討すべきは、管理のために最小限必要な情報は何かである。

こうある。

社員を信用せず、無駄な作業を増やす事で何が起こるだろうか?


・上が下を信頼しないのだから、下も上を信頼しない。最低限の会話しか無くなる。すなわち業務報告だけで有機的な次に繋がるきっかけはお互いに得られない。

・本来の業務コアである企画内容・精度の向上の可能性を削ぐ事はあっても高める事はない。


であろう。事故は防げたとしても、同時に事象も防げてしまうのだwww

組織内だけならまだしも、プロダクションさんにも影響がある要素もあった。法律的にはそうするべきなのかもしれないが、人道的にはダサいと思う。

親が子に対して

「お前大学入れなかったら、今までの養育費とかもろもろ返せよな!そして子供なんだからオレの老後のケアからは逃れられないからな!」

みたいな感じだw

そんな親だったら

「じゃぁ大学行かないんで、もう家出しますわ。バイバーイ (*・。・)ノ」

じゃないかな?

この増える作業については、以前偉いおっさんから

「あいつが○△□で危なっかしいんだよ・・・」

という愚痴を聞いていたので、なんとなく経緯は分かるんだが、規制を強める前に、その危なっかしい事になる理由をまず見極める必要もあると思うな。

要は

"リスクを犯さないとなりたたないプレ期日であり予算でもある。自分がどんだけ努力しようが1日24時間は変えれないので、リスクのラインを超えざるをえないタイミングもある"

という事は誰にでもあるだろう。ま、どの時代もあると思うが、特に近年の社会変化からすると、ラインの認識は人それぞれなのが加速していると思う。そもそも企画する人が法律に詳しい事は稀な訳だしw

全案件監視員が付いてプレ前の完徹続きにも全て立ち会わないと成り立たないよな。その方が労働履歴としても成立するしなw

もしくは代理店のスタッフは全員監視員として法律を学びチェックする事に徹し、企画・プレゼンはプロダクションさんに丸投げするべきかな。その方が歪が少なくてチームにはなりそうだ。

トレンド知るだけでも時間かかるし、その上で昇華した企画を作り、法律も完璧にこなす人は居ないw

「三輪車でカーブを速く抜け切れ!」

みたいな話である。

転倒のリスクは減らせても、同時に速さは担保出来ないのだ。速さを担保すると遠心力で吹っ飛ぶwww どっちみちリスクはあるって事だよな。

2000年代に入っても、今だにCM・グラフィック以外のアウトプット・施策を踏まえないスケジュール・予算感で無理くりやってんだから、危なっかしくなるのも仕方がないとも言える。ライン超えなきゃ提案が出来なかったりもあるのだw そもそも破綻してるからライン超えなきゃならなかったりするんである。

別にライン超えを推奨したい訳ではなく、どこがラインか監視する人も分かんないんだから、企画する人にはより分かんないハズであるw



これではプロダクションさんも逃げ出すな。少なくても本気出さなくなるだろう。良い企画程リスクが高まるからだ。

確実に2020年に終わる 為に進んでるな。

終わらない為には、早くスタッフ部門は解散 して、営業含め既存社員には辞めてもらって、外国人労働者だけで

「ヤフーブラパネハンガクデス」

ってな商売に切り替えるべきだと思う。そうじゃないと維持すら出来ないw 媒体問屋に戻ればリスクも減らせるしなw

短期的な事象そのものは、タイトルの通りであるが、長期的には結構致命的だと思う。どこまで正確に行うか?次第だとも思うが、ちゃんとやると2020年の解散会で

「あの時のアレがきっかけだったね・・・」

というトピックになる雰囲気がする・・・。少なくてもスタッフ部門弱体化に寄与するのは明確だな。


初めてアナログシンセを買った!(waldorf plus)

もう2014年になるっつぅのにあえてアナログシンセを購入!!!

当時からwaldorfの音は好きなのだが、2000年前後に発売されたQやMicrowave XTは、あんまり好きじゃない。AZZLOが当時惚れたwardorfの音はいったいどれなのか?現行品であるplus 2もwaldorfの音である認識は出来るがAZZLOの好みのwaldorfではない・・・。

YOUTUBEで色々調べていると、当時惚れたwaldorfを見つけた!

95年発売のwaldorf plusだ。後半にあるアルペジエーターによる演奏はまさしくwaldorfのイメージであり、アナログシンセのイメージだ!更に完全な90'sイメージだな。

ヤフオクでチェックしていると、ざっくり3.5万円ぐらいなので検討に入れていると、うっかり落札出来てしまったw

取り急ぎ、elektron monomachine と elektron machinedrum を接続しているmidiケーブルを外して、RME FIREFACE 800のmidiアウトからwaldorf plusへ接続。

midiケーブルが50cmの長さなので、こんな中途半端な斜め設置状態になっている・・・w

ケーブル長いのがあっても、今どき2Uとは言え、こんなでかい物をデスク周辺でおく場所はいずれにしてもない・・・。そこで!多少離れた場所に設置してもコントロール出来るようにableton liveでのコントロールを検討する。

確か、External Instrument っていうプラグインを指すと外部音源との共存がやりやすかった気がするので、やってみると、単純にmidiトラックをオーディオトラックとしてミキサーアウト出来るだけだった。これだけでも有難いが、ableton liveからコントロール出来ない・・・。

調べてみると max for liveプラグインの 8ccs っていうプラグインを見つける。

これでplusのmidiコントロールチェンジを番号8ccsで適合さてipad上のtouchable2でウニウニやれるようになった!主要なパラメーターをアサインしつつ、max for liveのエディット画面で色を付けて、ツマミの名称を書き換えて分かりやすいようにした。

ableton live内のプラグイン名称が全て "8ccs" となってしまう点は、それぞれのプリセットを保存するのではなく、プラグインそのものをコピーして、それぞれ名前でリネーム保存する事で、

・OSC1
・ENVELOPE

とか表示出来るようになる。

それでウニウニ遊んだのがこんな感じ。

ipad上段がアルペジーエーターで、下段がwaldorf plusのパラメーター操作だ。途中ディレイっぽいエフェクトはableton liveのエフェクトである Herse だ。

超ぉぉぉぉ楽しい!!!!徹夜で遊べる!・・・どころか、寝落ちしてもずっといじってそうな勢いで好き!!!

例えるならストラディバリウスがYAMAHAの音で、waldorfはガルネリの音な感じ。そんなガルネリの音のオイシイ所だけ使えるようにしたのが、plusって感じ。

まだ、elektronだけで作った曲でフィニッシュしてないのがあるが、とっとと終わらせて、早くコレで曲作りたいなぁ♪


2014年06月20日

-読書感想- 9割がバイトでも最高の成果を生み出す ディズニーのリーダー / 福島 文二郎

9割がバイトでも最高の成果を生み出す ディズニーのリーダー

2013/10/12発売。2013年12月の読書。

ディズニー関連本って色々あってどれを手にしたら良いか全く分からないし、多分当たり前の事が書かれている気がしてたので読んでなかったのだが、たまたま山積みされていたのを見かけたので、手に取った。


1:ディズニーでは、人事や総務、経理などといった内部管理部門のキャストにも、

「オンステージのキャストがゲストを惹きつけることができるのも、あなたたち、バックステージのキャストのフォローがあればこそだよ」

と人間重視の教育を行っています。

⇒「オンステージのキャストが頑張ってるんだから、お前らも頑張れ」 ではないのがポイントだな。

2:もちろん、キャストも人間ですから、ときには手を抜きたいと思ったり、気がゆるんだりすることもあるでしょう。しかし、そんなとき、次のような思いが、ディズニーのキャストの脳裏を駆けめぐるのです。

「ゲストにハピネスを提供するために頑張っているほかのキャストの足を引っ張ってはいけない」

「仲間に迷惑をかけてはいけない。」

⇒この正義感をいかに作れるか?が重要だよなぁ。

上司先輩が、「もうやってらんない。○△□立ち寄りのノーリターンってボードに書いておいて♪ もう飲みいくわ」 みたいな事が横行していたら、部下も手抜くよなw

ま、あえて上司の息の抜き方をバラすのは手だけどもw それは手抜いてないタイミングがあって初めて成り立つよなぁ。

3:いきなりキャストに 「反省しよう」 「修正しよう」 と言うと、反射的に反発するケースもあり得ます。

つまり、「すべてが悪いわけではない、よい点もあるんだよね。でも、ここがちょっと乱れているから気をつけようね」 とステップを踏めば、キャストも素直に指示を受けとめることができます。

⇒フランス人の

「私は貴方のした言動よりも、○△□の方が良かったと思う。あくまで私はね。」

に近い話だよな。

4:もし、マネジメントリーダーによって、基本的なルールなどの解釈や考え方に違いがあれば、

「課長からはこう言われたが、部長からはこう言われた」

というような事態が生じて、部下は、誰の言うことを信じればよいのかわからなくなります。

また、そういうことが重なれば部下は混乱するだけでなく、マネジメントリーダーはもちろん、組織を信頼しなくなります。

⇒組織はコレの浸透が進んでいるw 部下に対して統率したいのに、まずてめぇらが統率されてないという事象だよな。

先日も "参加は自主性に任せる" と聞かされていたグループのMTGの直前に話題になったので、「AZZLOを否定してる人も参加しているグループにわざわざ首突っ込む訳ないじゃん!」 と言ったら、「いや!あのグループは参加必須だ!」 と言われたりした・・・w

5:実は、相談機会の多い少ないが、部下から信頼されているかどうかの指標になる のです。

⇒近隣で見える範囲では、相談している機会を見なくなったなぁ。AZZLOも業務報告をシートに入力しているだけで、今の部署長とほぼ話した事ないに等しいw

6:マネジメントリーダーが 「できない」 思考に染まっていると、部下も同じように 「できない」 思考に染まります。

部下は上司のすることをよく見ていて、上司の真似をするものなのです。

⇒つくづくコレだよな。

7:「ストローク」 とは 「相手を認めること」 です。具体的にいえば、笑顔で挨拶したり、褒めたりする行動のことです。

心理学によれば、

「人は、肉体への物理的な攻撃よりも、ストロークを与えられないことにより大きなダメージを受ける」

「人はストロークをもらうために生きている」

といいます。

" 『チーム』 言うてるのに、すれ違う時に睨みながら舌打ちをする"

という事象は逆ストロークと言えるかな。ま、cristian vogelのmosquito思想 (ボクは人を不快にさせる上に血まで吸い取る)を踏まえると、AZZLOの生き方は成功してると言えるが・・・w でもそんな奴は超少数派だろう。

8:「私たちは、オリエンタルランドから給料をもらっている。でも、突き詰めて考えれば、私たちが接しているゲストの皆様から、お金をいただいているんだよ」

⇒「私たちは、広告主から支払を受けている。でも、突き詰めて考えれば、私たち自身である生活者から、お金をいただいているんだよ」

と広告代理店は考える事が出来るな。組織においては一時段階の売上という金しか見えておらず、なんで金が動いてるのかすらも考えてないケースが多いと思う。

9:ディズニーには、①Safety (安全性)、②Courtesy (礼儀正しさ)、③Show (ショー)、④Efficieny (効率) という行動の優先順位があります。

⇒組織には優先順位ないなぁw 中途半端な規則みたいなのはあれど、規律が無いんだよな。

10:「この程度ならミスしても叱られないんだ」 と仕事に対する姿勢が甘くなったり、逆にマネジメントリーダーの指導力に不信感を抱き、職場の士気が低下したりします。

⇒「なんでオレだけ怒られるんだよ!!!だったら先輩のあの言動は成り立たないじゃないか!!!」 というのが、やはりAZZLOだけではなく、若手中心に多発してるもんなぁw

11:よく 「お前がだらしないから、こんなミスを犯すんだ」 とか 「お前の性格の問題なんだよ」、はては 「お前やっぱり、バカだな」 と、あたかもミスや間違いを犯した原因が部下の人格にあるような叱り方をするマネジメントリーダーがいます。

しかし、これは、叱るというよりは部下への人格攻撃であり、部下がミスや間違いをしたことを反省し、今後同じミスや間違いを犯さないためにはどうすればよいかを考えることにはつながりません。部下の反感を買うか、部下を萎縮させるだけです。

⇒いわゆる部長以上のヒエラルキーに属する人は "マネジメント研修" とか受けたりするらしいが、こういった人格攻撃は起きているんだよな。大分減った感じはするが。

「AZZLOは育ちが悪い」 発言は改めてありえないよな。

ちなみに先日このありえない先輩の案件に、何故かAZZLOが入って欲しいという話があったのだが、起きた事象を伝えて断念して頂いたw

12:部下を叱るときは、人前で叱らないように配慮しましょう。部下を人前で叱ると、部下は恥をかかされたような気分になり、部下の恨みを買うケースもあります。

⇒ "人前で荒ぶっているだけの上司" というのが明確になるだけで、意外と誰も何も感じなかったりするなw

AZZLOも発情した後輩女子を "痛い女" として記録 したが、この娘から 「公開処刑有難うございます・・・」 って連絡あって、やや申し訳ない気分になったなぁ・・・。

13:部下は、上司の背中を見ているからです。上司であるマネジメントリーダーが自ら自分の役割をしっかり果たしていれば、部下もまた、自分の役割をしっかりと果たすようになるからです。

⇒そもそも上司が客先に出禁になったりしている最中、disられたりしたら、「いや、オレよかお前の方が問題だろwww」 となるんだよな。

14:「レジ周りの商品配置だけど、テーマ性が出ていていいね。このテーマ性は壊さずに、もっと購入点数を増やすにはどうすればいいか、一緒に考えないか

ディズニーのマネジメントリーダーは、アルバイトたちの作業分野のレベルの高さを知っており、そんなアルバイトたちをリスペクトしています。

⇒組織内はこのリスペクトがほぼ無いんだよな。他人が上手くいくと相対評価によって自分の評価下がるしw

プロダクションさんに対してだと尚更。でも有名クリエーターには無条件に腰が低かったりするw

15:マネジメントリーダーのなかには、自分一人前面に立とうとする人がいます。自分で何にでも顔を突っ込む "プレイングマネージャー型" のマネジメントリーダーが少なくありません。

たとえば、以前の職場や分野で大きな成果を上げていたからと、新しい職場や分野でも、自分流を押しつけようとするマネジメントリーダーがいます。

しかし、前の職場や分野で成功しても、新しい職場や分野で成功するとは限りません。場合によっては、部下の能力を殺す結果にもなりかねず、職場の雰囲気も悪くなります。

⇒ある程度やる事が決まってから、

上司:「そんなんじゃダメだ!○△□だ!」
部下:「○△□は検討して、●▲■な理由で今回はハマらないと判断しています」
上司:「・・・」

ってな事もあるな。

結局上司が部下をてめぇの自尊心のケアに使っているだけのケースは少なくないと思う。

そぉいう事繰り返すと、「どうせ上司がいつもの○△□やりたがるから、ウチラでは決めないでおこう (サボろう)」 となって、能動的な職場にはならないんだよな。

明確に 「今回はコレをやって欲しい」 と言うなら言い切る。任せたなら任せきる事が必要だと思う。

16:あるとき、オンステージでの仕事の合間にそのオフィスに立ち寄った際、私は不覚にも眠り込んでしまった のです。

----そして突然、後方のドアが開く音がし、びっくりして目を覚ましました。振り返ると、なんと専務が立っているではありませんか。背筋に悪寒が走りました。ところが、次の瞬間、専務は、

「やっぱり、カヌーは疲れるんだね。頑張ってくれて、ありがとう」

とひと声かけただけで、ドアを閉めオフィスから出ていきました。

⇒制服でカヌーの人か分かるのだろうが、専務ほどになると大概現場は知らないし、やった事もないだろう。「いいよ。休んでなよ♪」 までは誰でも言えるが、「カヌーは疲れるんだね」 まではなかなか言えないと思う。

17:部下がよい成果をあげれなかったり、失敗したりした場合は、

「なぜ失敗したのか」

「どうすれば成功するか」

を部下と共に考えましょう。

すると、部下は、

「信頼してくれたマネジメントリーダーのために、次こそは、よい結果を出そう」

「私を守ってくれているんだ。次の機会も、細心かつ大胆にチャレンジしてみよう」

と思います。その姿勢が部下の成長につながることはいうまでもないでしょう。

また、このようにして育まれた部下との信頼関係は、生涯を通して継続するものです。これほど、マネジメントリーダーにとって、というよりも1人の人間として喜ばしいことがあるでしょうか。

⇒「貴方の葬式には絶対に出ません。そもそも飲みにも行きたくないですから」 と、全員の共通認識にある程の上司が居るがw 定年退職でもした後、家族も白けてるだろうし、どうするんだろうと思うなw

18:昇給や昇進も、その当初は嬉しくてモチベーションが上がりますが、時間が経つにつれ、嬉しさも薄れ、モチベーションも下がっていきます。

また、机や椅子、パソコンなどを新調しても、モチベーションアップが期待できるのは最初だけです。

つまり、外部的要因のなかでも 昇給や昇格などによるモチベーションアップは、重要ではあるものの、一時的なことが多い のです。

⇒年収1千万になったら、年収1千100万が欲しくなるからなw

19:すでに守られているルールに関することや、しっかりとできている作業分野については、指示・命令を繰り返さないこと が大切です。

⇒確認としてならまだしも、事実を知らず誤解した上 で繰り返すのは、軽く犯罪に近いよなw

20:目標や活動方針などを部レベルで決める委員会は、最初は正社員で占められていましたが、キャスト全体になかなか浸透しないので、その構成をスーパーバイザー (正社員) とアルバイト2~3人の構成に変えることから改善策がスタートしました。

アルバイトも参画したことで、彼らの関心も高まりました。

⇒組織においては、「どうせ話も聞かないくせに、なんでオレも呼ばれるんだよ。」 ってのが多いなw 前提条件として多くの人の感覚がこうなってしまっている。

誰も喋らないので "上司が組織の連絡事項をするだけで終わる事をチームミーティング" と言い張り続けて、更に白けが進んでたりするwww

21:お金は大事です。権力や名誉が大切な人もいるでしょう。私は、この本をお読みいただいた方が、そのお金や権力、名誉などを得るために、この本の内容を実践していこうとお考えになってもいと思っています。

なぜなら、この本の内容を実践することで、人と人が力を合わせ生み出す成果を体験したリーダーは、部下から感謝の言葉をもらったり、部下の生き生きとした仕事ぶりを見て、いずれ真の喜びを手にすると思うからです。

つまり、人からの "信頼" という最も貴重な財産を手に入れたことに気づき、人から信頼されることに力を注ぐようになると予想されるからです。

⇒この人はディズニーでの学びを、ディズニー内で継承するのではなく、外にも述べ伝えていく選択をしたんだろうなぁ。AZZLOのWADAの学びと同様だと思うw


"先輩の取り組みがあったからこそ自分も良い経験が出来た♪"

という経験があったか否か?というのが岐路なんだろうなぁ。

組織においては

「先輩に虐められたから、少し歳食った今、鬱憤を晴らす為に後輩を虐めよう♪」

という、典型的な被害者が加害者になるパターンが少ないないよなぁw

AZZLOは、組織の先輩と出会う以前からの先輩との出会いがあるので、そうはならないけども。

というか、全員本来そうなんだけどもなw

彼らの入社前の先輩達にろくな先輩が居なかったという事だろうか。


-読書感想- うちの職場は隠れブラックかも / 松沢 直樹

うちの職場は隠れブラックかも / 松沢 直樹

2013/8/23発売。2013年11月頃の読書。

最近仲良くしているおにゃのこが、海外出張からの戻りのお迎えまで品川プリンスまで行ったのだが、リムジンバスが渋滞で遅れてたので、待ち時間の為に近所の本屋で買った。

こぉいう時の為に、ニーチェ とか、人を動かす / デール カーネギー とかをあえて買ってないのだがw AZZLOの組織へ強く感じる疑問は法的に問題があるのか?という疑問もあったので、優先して手にとった。


1:安定しているといわれる企業に勤めていて、高給をもらっている人ほど、失職の危機に気がつかない。私自身、勤め先だった大企業の倒産を経験している。景気がよかったころはだれもが想像すらしなかったが、あっというまにつぶれた。

組織のグレート偉いおっさんも、未来の提示がなく、過去の自慢に走る もんなぁ。

2:会社が社員に不条理なことを強いる一番の理由は、社員全員を雇うだけの金の余裕がなくなったからだ。誰かを解雇して人件費をカットすれば、会社組織は守れるというわけだ。だが、現在の法律では、いったん雇った人を解雇するのは難しい。だから、会社は理不尽なことを強いて、あなたが自分から辞めるように仕向けるのだ。

⇒そぉいう仕向けとして、「AZZLOの育ちは悪い!」 とか、「お前クビだからな!!」 とか色々あるがw 自ら辞めようととする止められる んだよなぁ。組織の本音がなんなのか全然分かんないんだよなぁ。

まぁ、AZZLOごとき居ても居なくても、ゴミ従業員をあえて配置しているゴミ好きな訳だから、どうでも良いのかなぁw

3:[労働基準法32条] 使用者は、労働者に、休憩時間を除き1週間について40時間を超えて、労働させてはならない。

⇒ "8時間×5日=40時間" だな。いわゆる9時5時だと、週に5時間しか残業出来ないなw

4:[労働基準法37条] 使用者が、第33条または前条 (32条)第1項の規定により労働時間を延長し、または休日に労働させた場合においては、その時間またはその日の労働については、通常の労働時間または労働日の賃金の計算額の2割5分以上5割以下の範囲内でそれぞれ政令で定める率以上の率で計算した割増賃金を支払わなければならない。ただし、当該延長して労働させた時間が1箇月について60時間を超えた場合においては、その超えた時間の労働については、通常の労働時間の賃金の計算額の5割以上の率で計算した割増賃金を支払わなければならない。

⇒ 組織においては、全くこの37条は守られてないなw ま、そもそも時間で労働量・力は図れないが・・・。

世の中的にはこぉいうのがブラック企業らしい。

組織はガチブラック企業だなw そして、

こぉいう 「残業時間が多い勤怠表は修正しろ!(偽造しろ!)」 的なのは法的に問題あるし、ブラックなんだろうな。実際誰かがチクったらしいしw

5:終身雇用はコストがかかる。経済が右肩上がりに成長していた時代はそういった方針も可能だったが、この20年間の不況で、事実上それは不可能になった。その結果、どの企業も賃金をカットし、果ては、社員の給料が上がらないうちに切り捨てて、若い人を雇用して労働力を確保する方針を取る企業が増えた。これがブラック企業の基本的な姿勢と考え方である。

⇒ま、それでしかマネタイズ出来ない昭和に依存する組織・せざるをえない業種もあると思うので、そもそも日本に長期間居られない外国人労働者で回した方がいいと思うな。

正直、今までが楽に儲けられ過ぎだったと思う。

雇われ従業員が、家を買って家庭を持って、冷蔵庫・クーラーはまぁ可能にしても、車買えるとか、裕福過ぎると思うんだよなw

ま、全員がそんぐらいの出費をして当たり前な戦略PRがあったから成立した訳だが。


本の中身は

"会社を辞めた上でどう次に繋げるか?"

的な具体的対策の話であって、正直目的である "組織がブラックであるか否か?" が判定出来る材料はほぼ無かった・・・w

どこでも誰でもトピックになる "長時間労働" は、AZZLOは気にしてない。楽しければ自らやってる事な訳で、「早く帰れ!」 言われたって、"ドラクエ3日徹夜" 的に止まらないもんだ。・・・当然朝出社出来ないがw

強制されたつまらない労働で長時間強制は、そらAZZLOも嫌だなぁ。一定以上金貰わないとやらないな。そしてそれも一時的であって長期間はやらないけど。

組織は "みなし残業代含む" 的契約で、法的にクリアはしてるんだろうが

2008年のAZZLOの勤怠表だが、こんな感じが3ヶ月ぶっ通しで、時給換算300円割ったんだよなw コンビニ店員以下の広告代理店って事だw 多分毎月360時間勤務な勤怠表である。

最近入った人もこぉいう状態が続いてたりするんだよな。仮に楽しくても流石に身体に良くない・・・w

そぉいえば、「月180時間超えると残業代的なものが出るんですか?」という質問 について、いまだに返答ないなw

多分組織は真っ黒なんだろうがw 人権侵害とか不条理な強制には疑問を持つし避けようとするが、時間はどうでもいいや。

逆に今は、向かいのキックメンの影響 もあってほとんど組織のデスク居ないしw "残業代出せないならデスク着席強制も出来ない" なハズだよな。実際そこは強制されてないしなw


2014年06月15日

重力を忘れる旨さ!浅草のヨシカミ♪ (君もゴン太君になれる!)

2013年の10月、なんとなく 浅草のまつり湯 に行った際、フルチンで浅草を見下ろすとヨシカミという洋食屋が目に入った。

風呂を出てチェックしに行くと、定休日だったのかやってなかったのだが、なんだか間違いなさそうな雰囲気。いつか行こうと思っていたのだった。

そしたら、先日ソロモン流にこのヨシカミが出ていた!

AZZLOが2005年に半年程お世話になった西麻布のプロダクション社長とヨシカミ店長が似ているのもあり?行ってみた♪ 何か目的にして休日出かけるとか超久々だ。

1人だと色々食べれないので、おにゃのこと一緒に行き、電車の中でメニューを見ながらテンションを上げる!


ソロモン流の中で、"ランチは行列だが夜は暇" 的シーンがあったので、すんなり入れるかと思ったのだが並んでいた・・・。

テレビの影響で、夜はヒマ。なんて、くだりのあった影響で、閉店間際まで大行列。

とあるように、AZZLOと同じ発想をする人は少なくない模様・・・w

ソロモン流でもオススメとして紹介されていた、カニサラダとビーフシチュー!そしておにゃのこが興味を示したオムライスを頼む。

カニサラダはマヨネーズたっぷりなのだが、酸味がなくてサッパリ!確かソロモン流で、"自家製マヨネーズ" って言ってたなぁ。

オムライスは、ふわとろ・ソース味付けでごまかしてる感じではなく、ガチなオムライスだ。しっかり味が付いていて旨い!!!

ビーフシチューは、超アツアツ!7&Iの金のビーフシチューも、まぁ旨いが、当然レベルが違う!w

赤ワイングラス2つ頼むと、ワイン小瓶を出して

キッチンスタッフさん:「こちらで4杯お取り出来ますが」
AZZLO:「あぁ、じゃぁ1本貰おう♪」

というやりとりがあった。地味な事なんだが多くの飲食店では

「4杯お取り出来る瓶ならお出し出来るんですが・・・(グラス2杯では出せません)」

だろう。そこを客が自ら 「じゃぁ1本で!」 と言える間が素晴らしかったな。

そして、AZZLOは冷えてる赤ワインは嫌なのだが、冷えてる方が旨い赤ワインな感じだった。(冷えてた)

キッチンスタッフさん達は、それぞれの担当をこなしながら有機的に動いていた。目黒のとんき は、"とんかつ切って載せるじいちゃん" がトップのチームだが、ヨシカミは akb48の様な全員がマネージャーでありプレイヤー なチームだな。凄く美しいチームワークを見せて頂いた。

料理する音、皿を並べる音、もろもろかなり騒々しいハズなのだが、オーケストラの様な協奏で心地よかった。

そんな学びをしつつも、とにかく旨くて、ゴン太君の様に体がフワフワしてくるし、フゴフゴ言うしか出来ないAZZLOだったのでした。(今日のわんこ風)


神対応!アップルストア表参道店

先日、ABLETON LIVEにプラグインをインストール してみて、えらいCPU食いまくりだったのだが、何故かどのプロジェクトも新しいプラグインを使わなくても、CPU使用率がほぼ倍ぐらいになってしまった。OSの立ち上がり、アプリケーションの立ち上がりも遅くなった・・・。

プラグインインストールのタイミングからだったので、一度アンインストールしてみたのだが、症状変わらず・・・。

悶々とする中、電源ケーブルを抜いてみると、そのまま落ちてしまった。バッテリー駆動であるMacBook Proだから、本来落ちるハズがないのだが・・・。

電源ケーブルを改めて接続して、右上の電源マークをクリックすると 「バッテリー交換して下さい」 的なアラートが出てた・・・。

電源ケーブルを付けっぱなしだったので、バッテリー消耗が進んだ模様だ。ま、3年付けっぱなしなので仕方ない。

そこで!先日オープンしたばかりのアップルストア表参道店に行く!寝間着徒歩圏内でストアに行けるの超助かる!!!

昔マック (マクドナルド) があった場所だ。2000年頃、この場所に元あったビルに入居していたWEBプロダクションにAZZLOは入社する予定だったのだが、社長と役員が夜逃げして、個人で色々やらなければならなくなった想い出がある・・・w

この一等地に平屋 (地下あるが) って凄い贅沢だ。上階を賃貸すればかなりの家賃収入が得られるハズだが。おそらく高さ10m程の巨大ガラスも大地震が想定される東京で、よく導入出来るガラス作ったなぁ。

地下に行くと階段そばにスタッフさんが待機。すぐに担当に繋いでもらい症状を説明。

スタッフさん:「本日は混み合っていて、エンジニアが確認出来ないかもしれません・・・」
AZZLO:「別にいいですよ。急いでないんで。」
スタッフさん:「では、火曜の16時に来て頂けますか?」
AZZLO:「あぁ・・・もう一度来なきゃいけないのね?」
スタッフさん:「あ!只今お時間ございますか?」
AZZLO:「これから出かけるんで、10分15分ぐらいなら・・・」

別のスタッフさん乱入!

別のスタッフさん:「只今空きが出来ましたので、確認させて頂きます!」

こんな感じで、即効で診断してもらえる事になった。乱入してきた別のスタッフさんには事情は説明していないのだが、理解している様子。

店内の有線LANに接続し、ネットワーク上のOSで起動。診断してもらうと、

「やはりバッテリーがダメ。ロジックボードにも影響があるかもしれないが、おそらく大丈夫。」

ってな事なので、詳細診断とバッテリー交換をお願いした。

その後、出かけたのだが、2時間程で、"バッテリー交換終了" というメールが届いた。

翌日受け取りに行った際も待たされる事なく、支払いもiphoneに連携した非売品のカード決済ツールを使って、スマートに対応していた。

今回初めてアップルストアを利用 (物色はした事あるが) したのだが、素晴らしい対応だった!特に最初の乱入スタッフさんが凄いな。全員にカメラとマイク付いていて、全て共有してるんじゃないだろうか?



帰宅し、ableton live 9 を起動して既存プロジェクトファイルを開いてみると、正常なCPU使用率でサクサク利用出来た♪

糞重いと書いた、新しいプラグインも、Dub Machines はやっぱり重いが、20%程のCPUリソース使用でマスターに1個使うぐらいなら大丈夫だ。

今でも自宅のメインデスクトップマシンはWINDOWSだが、かなりアップルロイヤリティー上がったなぁ。


MacBook Air MD711J/A (Mid 2013)

もうなんてタイトル付けていいか分からない (o´д`o)= 2

に書いたように、キックメンの影響により、よりデスクに居られない環境になった。

以前からMS SURFACE等の購入は検討していたが、今すぐにでも何かしらノートPC的なモノを買わないと、仕事するにしても、読書感想文を書くにしてもどうにもならない・・・w

そんな最中、SURFACE PRO 3 が発表 され、8月には発売されるとの事だが、最大2ヶ月強待たないとならない・・・。

更に使用時をイメージしてみると、スタンドを立てる作業がスマートじゃなさそう。立てようとすると、フラついて倒しそうな印象があるし、キーボード接地面だけでなくスタンドの設置場所も必要なので、カフェとかで作業していたら、突然落ちて破壊しそうな気配もする・・・w

先日買ったipad air にキーボドを付けるという選択もあるのだが、ipadのサイズに合ったキーボードだと、キーピッチが狭いので、テキスト入力が多いAZZLOには辛い選択。

ASUS ZEN BOOKの中古等も検討 したが、キーボードがショボすぎるらしいので、MacBook Air 11インチの未開封中古をヤフオクで購入。

SSDの容量によるらしいのだが、2013年モデルの方が2014年モデルよりもSSDの速度が早いらしいので、あえて古いモデルを選択した。

偉いおっさんから

「(組織に)申請して買ってもらえばいいんじゃないか?『デスクに居られないから』 じゃなくて 『客先プレゼンの為に』 とかちゃんと大人の理由にしてなw」

というアドバイスを頂いたが、USBメモリーさえ申請しても通らない組織なので自腹だ。身を削った方がちゃんと活用すると思うしw

keynoteは使った事ないが、多分慣れでどうにかなるだろう。AZZLOは背景に画像を使う事が多いのだが、そのリサイズさえ覚えればほぼパワポと同じだと思う。いずれにしてもパス抜きとか画像編集はFIREWORKS買わないとだが・・・。

店頭で見ているので、特に新たな発見はないが

・MAC BOOK PROと比較しても液晶しょぼい。
・画面サイズ(解像度)は絶妙。
・軽いが、やはり肩掛けバッグで毎日移動するのは辛そう。
・ノートPCとして割り切る箇所は割り切っていて凄く完成されてる。

こんな印象。

元々MS SURFACEを検討していたぐらい、特にAPPLE信者ではないのだが

いつの間にか、こんな状態になっちゃったなw

これで読書感想文をガンガン書こう!(x_x) ☆\(`ロ´)ノ


2014年06月08日

-読書感想- データサイエンティスト データ分析で会社を動かす知的仕事人 / 橋本 大也

データサイエンティスト データ分析で会社を動かす知的仕事人 / 橋本 大也

2013/8/19発売。2013年11月頃の読書。

AZZLOは2009年からビッグデータの可能性にアラートを出している が、組織は取り組みまないと複数人が言っている。 "徹底して媒体問屋を貫く" というのは、短期的なパーヘッドの利益を優先する上では賛成だったりはするのだが・・・。

しかし、組織と一緒に2020年ホームレスになる 以外の手段も持っておきたいのでw 現状のデータ活用の理解の為にこの本を手にとった。


1:日本の企業において、なぜ博士人材が活躍することが少ないのだろうか。企業側にも問題がある。マネジメントに関わるビジネスパーソンたちが、サイエンティストの力を理解して使うリテラシーに欠けているからだ。

⇒サイエンティストとかの力を仮に理解したら、"いかに自分が必要ないか" が明確になるからなぁ。多くのビジネスマンは保身へのアンテナはえらい感度良いもんだw

そして

この動画の後半にあるように、博士号の価値が明確に低くなっているらしいな。

2:本来彼らこそ、データから情勢を見極め戦略を立てる現代の軍師として活躍できる人材なのだ。データサイエンティストは単なるツールではなく、課題解決者である。正しく機能するには、企業もその担い手となる人材の側も、意識を変えて、きちんとその役割を見直す必要がある。

⇒あちこちで "データサイエンティスト育成" ってのが言われてるよな。

データサイエンティストって知的労働ではあるが、いずれCPUによる自動解析になるので、スキルを身に付けても長く活きる職ではなさそうだと思う。

"自動解析ツールを開発する人の育成"

はありえるな。

「データサイエンティスト育成プログラム出来た~~!!!・・・もう自動化が進んでて育成する必要なかった・・・」

という未来は容易に想像付くw

いずれにしても大学は現実から3周遅れという感じはする。

3:広告とはもともと 「広く告げる」 という意味だとよくいわれるが、ただ広くばらまくよりも、関心を持ってくれそうな人を徹底的に見極めて、狙い撃ちで広告を出せた方が、はるかに効率がいい。そして、それを可能にしているのがデータ分析だ。

⇒現在も "ターゲット分析" とかをアンケートやら手間暇かけてグラフにしたりとか、根拠としては薄い事象を糞面倒くさい手間かけてやっているのがいわゆる "マーケティング" という労働履歴だ。

今後はワンクリックで誰でも簡単に精度の高いマーケティングが可能になるんだよな。誰でもブログを持てるようになったのと同様に・・・。

企業活動のマーケティングだけではなく、個人の生活で、「あの娘はガチムチが好き」 とか、そぉいうのも全てデータになり、部分的には閲覧可能になるだろう。

"平均フィニッシュピストン回数" なんかも、スマホが音と振動を感知して全てデータになるw

4:「今までの広告は 『クリックしてくれそうな人に出す』 という考え方だったが、最近の試みとしては、クリックしたあとのパフォーマンスを予測して広告を出す」

⇒ "既にクリックした後の 素晴らしい体験の記憶を得てもらって リマインドする" 的なのも起こるハズ。

5:分析を提案につなぐという能力こそ、現代のデータ分析の専門職の新しさなのだと私は考えている。そういった意味では、データサイエンティストという言葉の代わりに、データアーティストという言葉を使ってもいいかもしれないとさえ思う。

⇒ "ビッグデータ解析で現状の理解は出来れど、その後どうするかの案がない"

というのは、今後しばらくのテーマだろう。その間は、"データをちゃんと読み取れた上で施策へ繋げる人" というのが重宝がられるな。

今後10年で、

「このデータからすると、CM50%、ソーシャルプロモーション30%、夏休みのイベントを20%が最適予算配分です」

ぐらいの事はツールの管理画面が教えてくれるだろう。その上で演出をどうするか?は人が介入するものだろうな。

6:ビジネスの問題解決をするための提案の作成は、分析的な知性だけではなく、デザインや表現、そしてコミュニケーションの創造的な知性を総合してつくりあげるアートである。優れたプロの企画提案が人を魅了するのはロジカルなだけではない何かがそこにあるからだ。

⇒匂いや音も資料から出るようにしたいな。プレゼンって "書類のご説明" になりがちで "施策のご提案" になりにくいんだよな。

7:むしろ、既存の職種にデータサイエンティストをインストールすることが重要なのだ。

⇒AZZLOもそう思う。特にマーケとかSTP的な人はマストなスキルだと思う。しかし組織においてはやらないみたいなんだよなぁ。

8:業務改善のためのでデータ分析では、分析を行う前に、営業マンや販売員にインタビューを行うのが正しい方法だ。彼らに営業や販売のコツはあるか、経験則やジンクスはあるかを教えてもらうのだ。バスケットボール研究のホットハンドにあたる仮説を得ることができる。仮説は検証によって肯定されることも否定されることもある。データサイエンティストの検証の積み重ねによって、ビジネスの世界のマネーボールが解明されていくのである。

⇒データによって非言語領域が言語・傾向として明確化されるが故、今あらゆる所でビッグデータが話題になってんだよなぁ。

そして、AZZLOが可能性を感じているのは、過去の言語化ではなく、未来の想定も出来る部分だ。超高精度でリアルタイムに進化する四柱推命みたいなもんだからw

9:21世紀の今、ビジネスデータの8割は非構造化データであるといわれている。電子メール、ウェブページ、ブログ、ソーシャルメディアのつぶやき、デジカメの写真やショッピングサイトの購買履歴、クラウドサービスの利用者記録などネット系のビッグデータ。そしてGPS搭載の自動車やスマートフォンから集まる位置情報、24時間動き続ける監視カメラの動画、Suicaをはじめ交通カードの利用履歴などセンサー系のビッグデータ。新たにデジタル化されている領域の多くが、構造を持たないデータだからだ。

⇒いずれほとんどの事象は構造化されるハズ。

"女性の悪口を言う女性はま○こが臭い可能性が5割。そのうち大卒者は150%可能性が高い。1ヶ月以上セックスをしてない場合、非大卒者も含めて70%可能性が下がる。大卒者のうち、月に3回以上ファミリーマートに行く人は105%可能性が高まる。マンションの2回以上の人は40%可能性が下がる。メールに絵文字を入れる人は・・・ブログの文体が・・・写真と撮り方が・・・。・・・よってこの人の、ま○こが臭い可能性は55%である ※毎年5月は他月に比べて140%臭い可能性が高い"

みたいな事は全ての事象で言えるようになる。

10:何でもデータ分析で答えを出そうとするというのは、そもそも間違っていると思うのです。 何が当たるか予測するというのは総合的なインテリジェンスの話ですから。データ分析はそれをサポートするものとして使えばいいだけです。(ヤフー安宅和人)

⇒しばらくの間はそうだろうな。

11:あるサービスについてイノベーターだった人が別のサービスでもイノベーターであるとは限りません。LINEをはじめに使った人が次のトレンドにおいてもイノベーターであるという保証はないのです。だから、普遍的なイノベーターとなる層を抽出して分析しようとすることは、本質的に危険だと思っています。

⇒アニメ好きでも萌系好きもいれば、SF好きも居るしな。そしてテクノ好きいうても、TIESTO好きがAutechre好きな可能性は調べるまでもなく、非常に可能性が低いw

ターゲティングとかペルソナとか、安易過ぎると思うんだよな。ビジネスとして真摯さが無いw

12:そもそも 何のためにデータを使うのかというイシューを見極めないデータ活用というものはあり得ません。 課題解決意識がないままに、ただデータを分析してもコストになるだけです。「データの鉱山から宝物を探し出す」 などといっても、探すべきものがわかってないければ仕方ないですよね。

「なぜ現在上手くいかないのか、御社にたまっているデータをしっかり分析して、理由を探りましょう!」…なんて言われたら要注意だ。彼らはデータを分析して自分たちの目先の売上を上げ、さらには時間を稼ぎたいだけだ。

だなw

13:分析の仕事の中にも、価値あるアウトプットを生み出す 「知的生産」 の部分と 「レイバー(単純労働)」 の部分があります。データサイエンティストの肩書きがついていても、実質的にはレイバー領域の仕事しかしていない人が、それなりの数でいるのではないかと思います。

⇒現状はそうだろう。そしてレイバー部分をしっかりやって、ワンクリックで吐き出せるようになるまで、ツールをブラッシュアップした方が今は良いと思う。

14:データ分析結果がきれいに出ないことは珍しくない。逆に相関がはっきり出るケースでは発見の驚きが少ないことが多い。なぜなら、扱う主要素に強い相関があるあんらば、現場の人間はそのことにとっくに気がついているはずだからだ。夏場の気温上昇とかき氷の売れ行きに相関関係を 「発見」 できたとして、そんな分析をありがたがる人はいないだろう。データ分析によって、当たり前ではないこと、未知の情報を見出せることは実際にはそれほど多くない。教科書に書いてあるようには実際の分析は進まない。

⇒故にワンクリックであらゆる相関を跨いだ相関を検証するツールが必要。人的にやってたらキリがない。

15:総括すると、データサイエンティストにはコンサルタント的なマインドが必要である。これは、課題解決意識と言い換えてもいい。また、手持ちの道具と目の前のデータだけで勝負をするハッカーのマインドもあった方がよい。(中略)

「統計とITの能力」 「ビジネスの問題を発見し解決する能力」 「創造的な提案を行う能力」 の3つの能力を頂点とする三角形の面積の最大化である。ハッカー指向とコンサル指向をちょっとずつ持ち合わせたビシネスパーソンというイメージなら、身近に想像しやすくなるのではないか。

⇒"気付く力" の問題だし、それを正当化出来る立場もろもろ必要。なんだか "全員経営者になれ" 的な話だな。

16:車や不動産などの商材では、長期間の検討やブランディングが必要なため、広告接触回数を増やすことで効果が出るのかもしれないが、私の教えている学校の広告が、この仕組みで私の訪問するニュースサイトや検索サイトにずっと出てくるのには閉口している。確かに私は学校のサイトをよく訪れるが、関係者に対してその広告を出しても無意味なのに。

⇒ "もう購入したのに、まだわざわざバナーが出てくる" 的な事も無意味だよなw 先日発表された au wallet は、そういった事を最適化する為のサービスも狙っているだろう。

17:データを視覚的に表現したり魅力的な物語として伝える 「ストーリーテリング」 の力も、データサイエンティストの重要能力であることは間違いない。実際、本書の取材の中でも、プレゼンテーションツールとしてのデータ分析の意義を語る声があった。彼らのインタビューを読んでいただければ、データサイエンティストたちが創造的で表現能力の高い 「知的仕事人」 であることは一目瞭然だと思う。

⇒データをグラフとかだけで見せられても眠くなるだけだからなw プレゼンする本人も眠くなるw プレゼンする本人が仕事を楽しめる人であれば、ただのデータだけではないプレゼンに必然的になると思う。

これは、どんな仕事する上でも言えるな。


これといって新しい気付きは得られなかったし、AZZLOはもっと未来を妄想している事が分かったw

2012年2月にadobeの人と話した時に、「みんな子供とか居るんだから、そんな未来考えなくていいよ!来月の事で頭いっぱいでしょ!」 と叱咤された感あったんだがw 確実にAZZLOの妄想は現実になりつつある印象は強まるな。

そら、現時点でAZZLOの妄想を明確に目標としている人は少ないかもしれないが、普通のマーケティングの新たな手段 (新しくないが) 的な進化の上では、あるタイミングでAZZLOと同様の事を言い出す人は出てくる。

というか、AZZLOの妄想はあらゆる人の妄想の集合体な訳なんで、AZZLOだけぶっとんだ妄想をしている訳では決してないw (紐付け方に癖があるかもしれないがw)

知的労働における レイバー (単純労働) 領域を効率化出来るのは当然で、あらゆる可能性が高まる考え方・手法だと思う。

組織はこの領域には手出さない 訳なので、ホントもったないないなと思うw


2014年06月06日

目標・評価シート書きにくい・・・(-д-;)

組織では、"今期こんな事やる!達成基準はこんな感じ" というのをゴミ従業員であるAZZLOですら、書かなくてはならない・・・w ま、毎回 「ぶっちゃけ意味ないじゃん!」 とは思いつつも、自身を整理する機会になっているので、渋々今年も今やってる・・・w

組織の現実を踏まえると 「AZZLOなんか "コレ" やってれば給料遅れないで振り込んでやるんだから、文句言えわずやっとけよ!!!従業員なんだから "コレ" に従業しろよ!!!」 であるのが健全であると思う・・・w ま、そんな現実だったら、ギャラが一定以上じゃなければやる気ないし、やっても一時的で遅かれ早かれ辞めるがw

今期の偉いおっさんの方針は、AZZLOにしては珍しく共感w していて、紙に落とされた方針を読み解くと

「受け身の処理班じゃなくて、自分のやりたい事を提案しようよ!その方が金も付いてくる感じがするし♪」

そんな解釈が可能な雰囲気がする方針だ。

具体的手法も書かれてるのだが、なんだかほぼ AZZLOの成功案件 をなぞった雰囲気がする・・・w 実際偉いおっさんが 「AZZLOの成功案件みたいな事なんだけども・・・」 と言っているw

ま、AZZLOの行動と違う方針・ミッションを設定すると、「AZZLO全然違う事やってるじゃん!!!」 になっちゃって、偉いおっさんも困るから、渋々合わせて頂いた感じもしなくもないがw ま、部署方針はそうであったとしても、部門方針は広いから、AZZLO的じゃなくても問題ないハズだよな。部門方針は "本当に必要な事" なんだと思う。

ま、幸か不幸か、その成功案件的な事は、AZZLOはもうやったので、表面的に似たような事やる気は全くないのだが・・・w あの手法は丁度成熟期でギリギリ実施出来る最後のタイミングだったと思ってる。

2013年度までの部門・部署方針は

「ぶっちゃけ抽象的で良くわかんないけど、そんなんじゃつまらないし、どうせ大して儲からないから、ビッグデータとか教育コンテンツとかやる!!!」

みたいな反骨心でサクッと書けていたのだがw 2014年度はAZZLOのこの3年間を肯定されている様で、バネにする材料が見当たらない・・・w

それでも1つ疑問なのが

「言いなり処理班ではなく、リーダーとして案件を引っ張る・まとめ上げる人になろう!」

みたいな事がある。根本は共感だが、子会社ゴミ社員であるAZZLOがリーダーやるのは、組織ヒエラルキー的に間違いであるwww 本社社員に対しての号令であれば納得だが、 その理想を若手に求める、ましてやAZZLOなんかに求めるのは、ヒエラルキー的に間違っているだろう。

本来は部署長レベルで、その体現をしている現実が必要である。

本を読まない親が子供に 「本読め!」 言うても、子供からしたら 「読みたいのはやまやまだが、家に本無いし小遣いもくれないじゃん!」 的事象だw

この疑問に対するカウンター・反骨心で

「言いなりで、糞つまらない "旬なもの寄せ集め 企画 メニュー" 出しの作業を頑張る」

ってな訳にもいかないしな・・・w



そぉいえば、部署とは別に "専門分野が同じ・近い人で構成されるグループ" みたいのがある。

このグループのリーダーは、今まで部署長とかがやってたのだが、今期から比較的若い人がやる様になった。

「○△□(3年目の雑でミスが多い女子)がイイ!あいつが部長だったら、危なっかしくて部員は率先して部長を助けるだろう?結果部員が自ら能動的に動くチームになりそうな気がするよwww」

と思っていたAZZLOだけに "若手がリーダー" 的な事には共感している。※この雑でミスが多い女子がリーダーにはなってないが。

AZZLOも加入している事になっているグループの、若いリーダーが作った方針資料を見ると

"今までは必要な制作物のディレクションだけやってたが、全体を通したストーリー作りが必要だ"

みたいな事が書かれており非常に共感。これは偉いおっさんも明確に言っている。

しかし、その上での手段が微妙・・・。

"プロダクションさんとソリューション開発する"

みたいな事で、通常の案件では声がけし辛い、値段高め (名が売れてる) プロダクションさんのロゴが並んでいた。

"プロダクションさんと、ディスカッションする中で、新たな発見を繰り返し、既存の広告手段ではない取り組みへ昇華する!"

的な狙いなんだと思う。この解釈が正しいのであれば共感。

しかし

偉いおっさん同士で、お膳立てされた昼間の蛍光灯の下で、更に偉いおっさんが監視する下では、新たな発見を繰り返す事は絶対にあり得ない!!!

そういった "文化の瞬間" は、夜に酒飲んでないと生まれないのだ。これは歴史が明確に証明している。歴史どころか、今の偉いおっさんも部署間調整なんかで飲みに行くだろう?

必要であれば、AZZLOだったら、ボカロPさんに声がけするし、テレビ局にもアポ取って前向きに事は進める のだ。AZZLOは声がけさせて頂いたボカロPさんや某テレビ局の番組に対してリスペクトしてるので、飲む事を前提とした声がけであるw

偉いおっさんがお膳立てしようがしなかろうが、これが真実である。

更に、現実の業務においては、イケてるプロダクションさんとか外部とのコネクション構築は必要ない。大半が、"なんでもない納品物をいかに安く仕切るか?" がミッションである。当然外部とのコネクションやディスカッションも生まれない。そしてその前歴は偉いおっさん達が積み重ねたものである。

蔵前のNuiに行ってみた

みたいな事でしか 言い換えると "意気投合" は絶対にあり得ない。

AZZLOの解釈が正しいのであれば、

会社のラウンジでクラブパーティー

の方が、絶対に早くて確実だ。いわゆる "命かけても良い" ぐらいの絶対的自信あるw "飯食ったらうんこ出る" ぐらいの当たり前の話である。

有名プロダクションさんと "若手だけ" の飲み代を経費で落とす事を踏まえているのならば、まぁある程度納得なんだが、そうじゃないだろうしな。

AZZLOはこのグループには、当然参加する気はない。そもそも、「お前とは長くはやれなさそうだな」 と言った偉いおっさんがメンバーに入ってるので、AZZLOの意思以前の問題だ。

この疑問をバネにすると

「出社せずに、夜飲み歩き、"文化の瞬間" を体験し続ける事で、次のビジネスを考案・実施に繋げていく」

という事にもなるw "出社せずに" はともかくw 良い取り組みなハズだが

「あのさ・・・そぉいうのも大事だとは思うのでやってくれれば良いんだけども、上に通して残るものだからさ・・・。もうちょっと書き方を・・・」

ってな事になるんだよな。別に 子会社の偉いおっさんはシート見てない し、AZZLOと上長の認識確認が出来れば良い訳で、それこそ1回飲み行きゃ済む話なんだけどな・・・。

結局、根本は共感してるし、言われなくても、"実施はしてないが、考案は日々やってる" んだよなぁ。プロダクションさんと "いかに代理店をスルーして成り立たせるか?" (本当に必要なご提案とは何か?) みたいな事ディスカッションしてるし。



という事は、実施まですれば、偉いおっさんと噛み合うし、AZZLOの反骨心もケア出来るという事か?w

しかし、偉いおっさんに

「スタッフの中で、その様なスキル・モチベーションがある人も居ます。でも、営業がスタッフに求めてないんです。そもそも得意先の部署が、"CMは広報" "WEBは社内サイト運営部署" とかで、人も金も別なんで、タッチポイント横断のストーリー作りなんて起こりようがないんですよ」

みたいな事を言ったんだよな。仕事しない理由を探してる訳じゃなくて現実そうなんだよな。逆にその現実に対して "本来必要な事" を明言した偉いおっさんには共感してるんだが。

そもそもAZZLOは "CM受け皿サイト製作案件" 要は言いなり受け身案件は、やりたくないし、この4年ぐらいやってないw 偉いおっさんはそぉいう案件をAZZLOには振らない。結果、2014年1月から、2、3企画しか作ってなくて、仕事がないwww 要は言いなり案件以外はニーズ無いのだw

スタッフセクションと営業セクションで、ミッションは噛み合ってるんだろうか?

多分営業の現実は、「ストーリーだ統合的だっつぅか、そんな事よりも今月の売上げが足りてない!!!」 なんじゃないかな?

AZZLO的には、余裕ある時間の中で、読書感想文を書けるから、大分助かっているが・・・w

"共感はするが現実無理なんで、読書を続ける"

ってなシートもおかしいしなぁ・・・w

ここでふと、「もう営業とか入れなくて良いから好きにやってよ!」 という偉いおっさんの言葉を思い出す。思い出すというか、常に頭にあったw

プロダクション→[代理店スタッフ→代理店営業]→得意先へ請求

ではなく

[プロダクション→代理店スタッフ]→代理店営業→得意先へ請求

という座組の方が、ポジティブなチームであるという見解を持っている し。

※営業による。AZZLOを信頼してくれた営業は営業でも本当のチームメイトだと思う。


AZZLOとプロダクションさんが勝手に妄想した事を、営業抜きで企業にアポを取って提案する。

仮に金になる事になったら、支払い窓口で営業に金の処理してもらう。
もしくはプロダクションさんからAZZLOの活動フィーを組織に払ってもらう。

※新規得意先に限る。


これであれば、保守的な営業のバイアスが無くて楽しいし、ビジネスとしてのハードルは高いが、「日本をつまらなくしたのはお前ら代理店だ!!!」 と某営業が得意先に怒られてたりする訳なんで、無謀な提案の方が、歓迎される可能性もあるもんな♪・・・そして偉いおっさんとも噛み合うよな。



そんな最中、先日プロダクションのマネージャーさんからこんな相談があった。

「最近AZZLOさん案件が無いので、ウチの社員がつまらなくて辞めそうです・・・w AZZLOさん案件は、その後流用出来るベースになったりするんで、金にならなくて良いから、なんかお題下さい!なんなら身銭切ったっていいです!!!」

との事。なんかタイミング合ってるなw

実は組織の偉いおっさんが、プロダクションのマネージャーさんに

「AZZLOにこんな感じで相談 "的" に話してよ!AZZLOはアンチ代理店でお宅みたいなプロダクションさんの力を大事にしてっからさ♪」

って言ったのかな?・・・ま、それは無いなw 以前から似た話は聞いてたし。でもそうであって欲しいとも思う。AZZLOは偉いおっさんに強制されるのではなく "心地よく手のひらで転がされたい" のである。それがヒエラルキーの尊重とも言えると思う。

シートに書く事のコアはざっくり分かった感じがする。今年の目標っつぅか、ホント今までの蓄積な感じだな。

・・・これを昼間の組織の言語にどう翻訳するかだな。コア1つの翻訳だけならまだしも、入力項目が複数あるんだよなぁ・・・。

複数を儀式的に書いたら 「結局何したいの?」 ってな事になるし、近いと 「同じ事言い換えてるだけじゃん!」 ってな事になるんだよなぁ・・・。

面倒臭いなぁ・・・。

こんだけ真面目に考察してんだから、シート免除してくんないかなぁw


ableton liveのプラグインを買った ( ´ー`)σ

ipadとtouchable 2を買った ので、PC上でエフェクトぐいんぐいんしようと思い、プラグインを買った♪ (既にtouchable 2はAZZLOには必要なさそうな気がしているが・・・)


Dub Machines

多機能空間系エフェクトなので、CPUリソース食いそうな印象があったが、予想以上にリソース食われる・・・。

AZZLOの製作PCは2011年のMAC BOOK PRO 15インチなんだが、このプラグインを1個刺しただけで、ableton live上のCPUメーターが一気に60%ぐらいイク・・・。Dub効果によるディレイなのか、処理落ちディレイなのか分からず・・・w

何個かプリセットを選択してみると、40%ぐらいで使えるものもあるみたいだが・・・。これは重すぎる・・・。最新のMAC PROじゃない限り使う気にならない・・・w

Spectrum Effects

これも想定よりも重く、20%~30%ぐらいメータが上がる・・・。

Herse

これは現実的な重さだった。使える。


・・・ってな感じで、やはりPC内部完結・充実を考えるのはAZZLOには相性が悪いっぽい・・・。

既にelektron monomachine と machinedrum もあるし、一昔前に比べれば十分過ぎるぐらいの可能性はある環境なんだよな・・・。やっぱ増やし過ぎるよりも、"把握して操作出来る" 環境の方がいいな・・・。

限られた環境に、ちょっと幅を付けたくてtouchable 2もろもろ買ったんだが、凄い可能性広がっちゃって、完結出来ない環境になっちゃったな・・・。

ま、もうちょっとスイートスポットの精査はしてみよう♪


2014年06月05日

♪┏(・o・)┛久々にアナログレコード買った┗( ・o・)┓♪

PERFUMEのアナログが色違いで発売された ので、ポチってみた。クリアー、ピンク、イエロー、3枚あるのだが、全部揃えるのも気持ち悪いので、2枚までにしてみたw

カラーレコードも久しぶりだな。開封の儀の動画を撮ってみたw

冒頭、微妙にAZZLOのハァハァ音が録音されてるし、えらい外のバイクのしっかり録音されてしまったな・・・。

このアルバムは当然CDからリッピングしてPC内にも入っているので、CDとアナログで波形を比較してみた!



とかやる気力は無いのだがw 聴いた感じスピーカーがでかくなった雰囲気がして、全体的に音団子にならずちゃんと分離してる。隙間が出来たなぁ。中田楽曲の様なパツパツなマスタリングをアナログカッティングするのって、かなり大変な感じするがw 凄く良い音だ!

ちなみにプレイヤー環境は、

・TECHNICS SL-1200MK5 (ケーブルをMOGAMI2534、プラグをノイトリックに変更)
NAGAOKA DJ-03D (2006)

だ。

これは、やっぱビクター小鉄さんの仕事かな?12kあたりが少し落ち着いていて、12k以上がややスッキリ爽やかな感じが小鉄さんっぽいし。

クレジット見たが、アナログマスタリングエンジニアのクレジットは特に無かった・・・w

スタッターエフェクトが追加されてたり、イントロ、アウトロが違ったり、若干アレンジ違うな。



そして!DJ WADAの新譜も出たので買った!!!

部屋の電気消して

これをモニターに写せば、ワンルームクラブが楽しめる!!!

カメラでは分かりにくかったので、モニター中心に録画したが、部屋全体がチカチカしてクラブみたいなのだw ヴィ~~~ン というノイズは洗濯機のノイズだ・・・。

同じ曲をデジタルで持ってないが、やっぱアナログで聴いた方が音いいな♪

この動画の曲が3曲入っているうちで一番好きなんだが、フロアで聴いたらヤバそうだなぁ。重力分からなくなるし、時空が歪む感じするな~。MONSTROSTEREOで秩父の山奥で聴きたいなぁ・・・。


touchable 2 動いた!

先日買ったipad air に目的であるtouchable 2をインストール!

Wi-Fiで、itunes通さずに購入・インストール♪MAC BOOK PROに通信専用ソフトをインストールする。アドホック・モードという無線LAN設定にした方が良いらしく、それも設定する。

動くようになるまで小一時間手間取ったが無事動いた!!!やった♪

しかし、1分もすると動作が遅くなりはじめ、2分超えるとほぼtouchable 2側 (ipad側) がフリーズしてしまう・・・。

アドホック・モードじゃない通常の無線LAN設定にしてみたり、色々と試したのだが、症状治らず・・・(涙) 「itunes経由でインストールするべきだったのか!?」 とか悶々としたw

購入直後にヤフオク行き・・・とゲンナリしていると、まだやってない対処法があった。ipadの再起動だ!

既にケースに入れてしまっているので、電源ボタンがどこだか分からないかったがw 無事再起動をしたら、普通に動き続けてくれている・・・w

適当にその場で作ったループだ。動画下部のelektronは飾りで点滅させているだけだw 音は 先日買ったマイク で録音してる。

ぶっちゃけ、パラメーターいじってもあまり変化ない動画になっちゃったがw とりあえず動作確認は取れた♪

・・・そして、多分AZZLOにはコレ要らない感じがしてる・・・w 正直そうなりそうな疑問は持ってたんだが、的中しちゃった感じ・・・。

まだ "どのパラメーターがどんな動きするか" を踏まえた上で、touchable 2を触ってないのだが、Novation launch control みたいな "PC上で操作したいデバイスを選択した上で、ハードをいじる" 方が直感的な印象。慣れもあるんだが、色々出来るが故に、"曲完成しないツール" になりそうだな・・・。

ま、もうちょっと色々試してみよう♪


2014年06月03日

ブログに書いちゃダメだよ!絶対にダメだよ!!!

「押すなよ!絶対押すなよ!!!」 的フリだと思って元気いっぱいに書こうと思ったんだがw 念押しされた会話があった・・・。という事だけは書くw

AZZLOに直接的被害はないのだが、アダム・スミスによるところの

ある人の就職を世話しようとして成功しなかった場合、賢人であれば、世話をした相手に対して申し訳ないと思うことはあっても、世間の称賛を得られないことを気にすることはないであろう。これに対し、弱い人は、就職を決めれなかったことが原因で、自分に対する世間の評価が下がり、「頼りにならない人」 という烙印を押されるのではないかと心配する。

こんな感じの事象だな・・・(。・ˇдˇ・。) 。ま、同時にマトモな事象も確認出来たんだが・・・。

広告代理店にクリエイティブ (社内スタッフ) は必要ない


広告代理店のクリエイティブ (社内スタッフ) は必要なくないかもしれないが、やはり子会社は必要ない

やはりAZZLOはチームメイトではなかった!!!

が、AZZLO以外の身にも起きている感じだ・・・。


モバイルWi-Fiルーターどれにしていいかわからない

もうなんてタイトル付けていいか分からない (o´д`o)= 2

に書いたように、キックメンが更に伸び伸びしてくる

ので、更にデスクには居られなくなった・・・。

以前からMS SURFACEとかの購入は検討しており、海外ではLTE入りモデル なんかも出ているので、LTE内蔵の次期SURFACE PROに期待していた。ほぼMS OFFICEしか使わないのだが、FIREWORKSで画像編集する事も多いので、WINDOWS RTのSURFACEは除外したのだ。※WINDOWS RTは通常のアプリケーションのインストールが出来ない。

しかし、SURFACE PRO 3 はLTEを内蔵しなかった・・・。よって何かしらモバイルWi-Fiルーターは持たないといけない・・・。

調べてみると、通信料制限が無いUQ WiMAXは、特に屋内では電波が入らない事が多いらしいし、おいおい通信料制限が始まるらしい・・・。

AZZLOの周りでも持っている人が多い、EMOBILEは、ある程度安心感があるが、通信料制限がAZZLOの使い方で間に合うだろうか?・・・通常の仕事使いであれば大丈夫そうだが。

DOCOMOのXiルーターは評判良いみたいだが、やや高い・・・。

更に、どの通信会社も契約する窓口 (キャンペーン) によって、大分値段も違うっぽい・・・。以前、各携帯会社のプランを精査して "auのオレンジプランが最強!" って事を発見したりした事があるがw 今はそんな面倒臭い事やる気力はない・・・w

とりあえず、テキスト書ければ良いので、何かしらハードは買うんだが、通信はどうしようかなぁ・・・。みんな持ってるEMOBILEかなぁ。


2014年06月02日

トイレットペーパー入れを購入

おしゃれなペーパー入れを購入!

男子の一人暮らし故、ペーパーはいくらあっても困らない訳だがw ・・・ま、女子が居ても使うもんは使うがw 素だとあまりに殺風景なので、少し洒落っ気を出してみた♪

ほぼショップの写真通りだし、値段高くない!素で使うよりも取る量が減るので長持ち!

一つ問題は両手が汚れている場合、素だと軽く撫でるように汚れを撫で付けてからw 取り出せば良かったのだが、このカバー本体を汚したくないから、使うのがやや難しくなったな・・・。


5dmk2用のマイクを購入

物撮りカメラにしかなっていない Canon 5dmk2 だが、今回動画撮影の為のマイクを購入してみた。

AZZLOは、テレビ番組をよく写真撮影してflickrにアップしている が、下に発言文字が出ないものに関しては、SONY HX100V で撮影している。

その上で、TMPGEnc Video Mastering Works 5 で、編集・余白トリミングしているのだが、音が悪い・・・。

HX100Vには外部マイクが取り付け出来ないので、この際動画撮影のきっかも期待して、5dmk2に取り付けられるマイクを購入♪

audio-technica ステレオマイクロホン AT9941

装着するとこんな感じ。

これでテレビを録画してみたのがコレ。

あんま変わらないな・・・w 5dmk2重いから三脚で水平にするの難しいので少し斜めだし、レンズもセンサーも良いだけに、テレビのドットが分かるし・・・w

多分、音声は ICレコーダー でテレビのスピーカーの近くで録音し、合成すると部屋のノイズが乗りにくくて良いんだろうなぁ。面倒臭いなぁ・・・。

ま、これで外に出てなんか撮影してみようかなぁ♪ そろそろあじさいの季節だし。


ipad air 購入!

ableton liveをtouchAbleで弄ろうと思い、ipadを買った!

こんな事が出来るようになる。

elektronを購入 してから、こんな感じで曲作りが捗っている のだが、たまにはPC内部音源でも演ってみたいのだw

AZZLOは、主に音源やエフェクトのパラメーターをいじくりたいだけなので、Novation Launch Control でも良いんだが、プチ物欲はipad本体持ってれば、アプリで安価に解消出来るのでw 今回購入してしまった。

カバーは事前に買っていたレザー製のコレ。

まだ、空けてもないが、楽しみだなぁ。


SHURE SRH1840 を検討するが・・・

STAX SR-407をヨドバシ新宿西口で買った のだが、勢い余って SHURE SRH1840 も買おうとして、ダイナミックヘッドフォンコーナーへ案内してもらい試聴した。

STAXは色々と最高なのだが、DTMとして誰も使ってないっぽいしw 世の中的にDTMで使われているものも持っておきたいという趣旨だ。

「頭頂部が痛くなる」 的レビューが多いが、おそらくAZZLOは大丈夫そうな感じだった。付け心地イイ!

マランツのCDプレイヤーになんかのヘッドフォンアンプを通して、アメリカンポップス・ロック?みたいな音を聴いたのだが、酷い音だった・・・。超平面的だし籠もってた。

おそらく、SRH840 に変更してみたところ、結構イイ音だった。

これは、SRH1840がヨドバシカメラの環境を反映したが故にしょぼい音だったのか?分からないので、とりあえず購入せず帰ってきた。

家電量販店には売ってないので実物見てないが、YAMAHA HPH-MT220 買おうかな・・・。


STAX SR-407

2005年8月に購入した STAX SRS-2020 (SR-202+SRM-212)。ちょっとした機材変更でも確実に音に反映してくれる超高感度ヘッドフォン (イヤースピーカー) としての、この9年使ってきた。

実は2012年8月に、アンプをグレードアップしていた。中古のSRM-313を2.6万ぐらいで買った。

当時書きかけて公開して忘れていたレビューはこんな感じ。


・すげ~透明感!
・狙い通り、ハイ・ローが伸びた。
・音が前に出てくる!
・サラっとしている。上品な音。高級オーディオっぽい感じ。
・ちょっとハイが痛い。サ行が目立つ。
・ソース間の違いが、以前より分かりにくい。ややコンプかかっている感じがする。音の分離が悪いな。
・ダイナミックレンジが低くなった感じがする。
・中田楽曲の一拍目の "ジャ~~ン!" の伸びが短くなった。
・位相狂わせ立体エフェクトはSTAXでも強烈に分かるようになった。
・ハイは実際歪んでるな。長時間聞くと耳痛い。
・ネガな意味でSONY製品の音っぽい。
・低域のレンジは伸びたが、80Khzあたりがかなり下がった感じがする。よって量感やねちっこさが落ちた。
・昔PARISでM44GからGEMINIの安いMIXIERを通して録音したソースはほんとに酷いwww
・抑揚、勢いが落ちた。

PROCABLE電源ケーブルに変える。

・高域の歪はかなり収まった。
・透明感や広がり的なものは維持されつつ、かなり聴きやすくなった。
・電源タップの変更時と同様、音が前倒しで僅かに早く音が鳴っているように感じる。
・ボーカルのエフェクトの深さ具合がよく分かる。でもコーラスの重なり具合はよく解らない。
・電源ケーブルを変える前は80kzhあたりが減った印象だったが、もうちょっと上、120khzあたりをEQで上げたくなる。
・やっぱ躍動感がどうにも死んでる感じがする。なんか詰まってる。

ラインケーブルをMOGAMI2534からBELDEN88760に変える。

・ぶっちゃけほぼ変わらない。やや中域の歪が減った気がする。

元に(SRM-212)戻してみる

・明らかに上下の帯域が伸びない。FMラジオにしたような音だ。こないだまで超高解像度!だと思っていたのに・・・w
・特にkirk degiorgioのrumoursの波のうねり感の解像度が圧倒的にしょぼい・・・w
・128bpsのMP3を聴いているような感じだ。

ミキサーの電源ケーブルをPROCABLE電源ケーブルに変える。

・かなり音が締まる!SRM-313の歪が大分収まった。
・ウダガワフライデー(feat.COPTER4016882)が煩く聴こえない!
・自分のDJ MIXを聴くとめちゃくちゃ粗が分かる・・・。


STAXは必ずしも音が良くなる訳ではなく、システムの粗も出してくれる検査機のようなものと言えるので、こんな葛藤をしていたw

今回導入したSRM-407は、解像度重視だったら現在このモデルが一番良いらしいレビューが多いので選択した。

感想はこんな感じ。


・解像度上がった。
・少しだけ低音強くなった。
・M/Sがより分かるようになった。
・音の傾向は同じ。酔ってたら違いは分からないレベルw
・ハイが五月蝿めの楽曲がより煩くなくなった。歪が減った。
・PERFUMEの3人の声がそれぞれどれか?想像しやすくなった。ソロパートはほぼ当てられるだろう。
・中田楽曲を聴いた後に自分の曲を聴くとえらく籠もった感じするがw クラブトラックと比較すると、概ね意図通りで問題無かった。
・分離良くなったな。今まではやや音団子状態だったな。
・全体的に滲みが減った。スタジオの様な反響が少ない音っぽくなった。
・ヒス、ハムノイズ的の有無が多少分かる。
・YAMAHAのカラっとした音な感じになった。

これで、、STAX SRS-2020(SR-202+SRM-212)は、不要になりおそらく2万程で売れる。SR-407が約4万なので2万の投資だ。良い買い物だった♪


マウスが軽~くなるマウスパッド

パワーサポート エアーパッドプロ究極セットIII(エアーパッドソール付属、マットブラック) 標準サイズ PAQ-71

以前から気になってた商品だが、組織のデスクでは変な体勢にならざるをえない ので、体のあちこちが痛い・・・。

少しでも負荷軽減のために、まず自宅で使ってみた。

今まではマウスパッド無しだったが、このパッドだとかなり軽い!更にマウスの下部にソールを貼っつけると

更に軽くなった!!!

自宅では、1600×1200 の解像度2台で横3200なので、ちょいちょいパッドが小さいな・・・。大きなサイズを新たなに買って、この標準サイズは組織のデスクで使おう♪


星子コレクション

先日ハウルがクローズ するまでは、気軽にデニーさんに飲ませてもらっていた星子。そして、いつでも買えると思っていた訳だがw 完売年度も増えてきたので、現在購入出来る在庫を1本づつ購入。

元々、2007,2011は持っていて今回、2009、2010、2013を購入♪

ダンボールも星子仕様でカワイイな♪


もうなんてタイトル付けていいか分からない (o´д`o)= 2

もうなんてタイトル付けていいか分からない (o´д`o)=

にて、デスクの振動問題もろもろを書いたが、4月からは大分平和なデスク環境になった!・・・と思いきや、向かいの人が、まだ成長期で足が伸びているのか?ちょいちょいAZZLOの足をキックしてくる席になってしまった・・・。

しょうがないので、ダンボールでガードしているのだが、中心よりもAZZLO寄りに設置したダンボールにも関わらず、ちょいちょい "ボスっ!" とキック音がしている・・・。

いつダンボールを打ち抜いてAZZLOの足をキックされるか分からないので、常に足がすくむし、中途半端な体制を取る事で、あちこち筋肉痛・関節痛っぽい症状が出てきている・・・。

こないだまで、こんな感じ。ブルーのLANケーブルの穴が、境界線なのだが、既に侵入されている。そしてちょいちょい左側のダンボールをキックされていたのだが、

サンダルが侵入し・・・

袋も侵入・・・。

そして、先程、AZZLOから見てやや右にキックメンが移動していたので

「あ!やっと気付いてくれたかな?写真撮っていつかアップしようとしていた性格悪いAZZLOを許して・・・m(_ _)m」

と思っていたら!!!

伸び伸びするために、移動した模様・・・w

この事象が発生しなくても、MS SURFACEとか買う検討していて、夏にはSURFACE PRO 3 が出るので、前向きに検討していたのだが・・・。もう今すぐにでも買ってデスクを離れないとどうにもならんな・・・。


仕事で "近いうちに・・・" が半年経ってるが・・・(*´Д`)

タバコ部屋で読書をしていると、偉いおっさんが 「何読んでるの?付箋凄いね」 と声をかけてきた。

もろもろ書き起こししてココに書いてる事を説明しながら

AZZLO:「共感も反感も、やっぱ残しておかないと忘れちゃうんでね・・・w 特に反感は僕ですら近年丸くなってきてる実感あるんで・・・w」

偉いおっさん:「なるほど!丸くなるって忘れるって事なんだね!www」

ってな会話があり、(書くのを) 忘れてたあり得ない事を思い出した!!!



2013年の9月頃、元々顔は知っていた営業とがっつりやる事があった。全スタッフから 「あの営業外してくれ」 と言われた営業 であり、入社後50万上がったAZZLOに 「150万しか上がってねぇよ・・・」 と愚痴る営業 である。

最初のMTGの際にAZZLOの妄想をある程度紙に落として共有した所

「あ~あっ♪ もっと面白い事考えられるヤツ居ないのかなぁ・・・」

と、この営業は言ったw

仮にAZZLOの妄想がクソつまらないものであっても、絶対に言ってはいけない事だと思う。女とセックスしてる最中に 「もっと名器な女居ないかなぁ?」 言ってるのと同じレベルだ。

通常のAZZLOであれば、

「じゃぁその面白い事考えられるヤツとやれば?」

で終わりなんだが、その場は少し大人になり、結果、その営業がやりたいという、つまらない案をちゃんと昇華し、AZZLO案も作って2案でプレゼンをした。要は "ちゃんとイカせてやった" 訳である。

ある程度案が固まって企画書書き上げ段階に入った時に

「AZZLO、お前手動かし始めたら速いんだな♪」

と言われたが、正直、「お前が遅らせてたんだろうが!!!」 でしかなく、コメント出来なかったなw

プレの結果は、営業がやりたい案は速攻で負けて、AZZLO案は最後の2案まで残り、結果負けたが・・・w

・信頼すべきスタッフを信頼してない
・クソつまらない案を強要したくせに、即効で負けたw

という、信頼関係のかけらもない事象であったwww



そんなこんなで、2014年になり、年初に反省会が開かれた。そこで

AZZLO:「9月頃に、『もっと面白い事考えられるヤツ居ないのかなぁ』 言ってましたよね。その段階では居なかったので、渋々AZZLOとやったのかもしれませんが、もう見つけました?パートナーであるプロダクションさんが次のプレが待ち遠しくて既に作戦会議に入りたがってハァハァしているんです。ハシゴ外すなら早く外して下さい」

営業:「○!※□◇#△!いや、AZZLOはこのクライアントには合ってると思うし・・・だって、前段短いし・・・」

AZZLO:「それは得意先が 『もう前段要らないからね!』 って言ってたからでしょ?普段僕の企画書は前段長いじゃないですか」 ※コレ言ったかどうか忘れた。

営業:「・・・」

偉いおっさん:「この場にAZZLOを呼んでるって事は、今後も一緒にやっていこうって事なんだよ。」

AZZLO:「ん~。『面白い事考えられるヤツが見つかったので、AZZLOお疲れ様』 って話があるかもしれないと僕は思ってた訳ですよ。その確認が取りたい訳ですよ」

営業:「・・・ま、次のプレまでは時間もあるし、近いうちに改めて話そうよ」



その後、偉いおっさんには

「あれじゃぁもう前向きな企画出来ないです。営業がやりたいクソ案でスタッフ振り回してるだけじゃないですか。被害が僕までならば、まぁ良いですが、プロダクションさんは巻き込めないです。このクライアントの傾向や専門用語等は何度かプレしているので分かるので、今後は "企画書直し" ぐらいでの関与しか出来ないですよ。

この状態で僕が企画しても、絶対に良い企画は作れないし、前向きなプロダクションさんには外れて頂いて、言いなりのプロダクションさんへ変更せざるをえません。」

と伝えた。

そして、既に6月・・・。その営業からは何も無い・・・w

そら、人だから忘れる事もあるが、通常であればAZZLOがやると思われるプレは発生していて、また、クソつまらん案で後輩が疲弊している現実があるw

よって少なくてもプレのタイミングでは 「あ・・・AZZLOと話してねぇや・・・」 と思い出すのが普通の人だと思う。

もちろん世の中平均からすれば、忙しい部類になる広告代理店営業だから、後回しは分かるが、半年スルーはおかしいよな。

そして、この事象から思うのは

"営業による中途半端なマーケティングは害"

と言えると思う。営業は得意先の社内のマーケティングをしっかりやってもらい、生活者のマーケティング・手法の精査はスタッフでやった方が良いと思うな。

人から聞いた話だが、この営業は得意先に対して失礼な事が発生してしまった際に

「ウチ・・・出禁にならないですよね?」

と言ったらしいwww AZZLOが客だったら

「その発言によって只今出禁になりました。3秒前までは私のレベルで揉み消してたんですけどね・・・」

だな。

広告代理店とか、スタッフに対して云々以前のビジネス感覚としておかしいと思うんだよなぁ。

あ!そぉいえばプレの直前、得意先に向かうタクシーの中で、

「お!!!あの車にしようかなぁ♪」

と脳天気に自分の物欲の話をしてた・・・。徹夜してプレ前で緊張するAZZLOにとても失礼な言動だと思うw もうさすがに笑ってしまうwww

中途半端な "ソーシャル知らない対象はオレだけマーケティング" でスタッフを振り回し、即効で負けて、得意先にも失礼な言動をする・・・。更に上にはゴマすりまくって昇進を目指してるらしいのだがw 仮に偉いおっさんが騙されて昇進しても絶対その後の結果は残らないだろうなぁ。既に後輩からも見限られてる訳だし。

ま、幸い偉いおっさんも、この営業の事は問題として扱っているらしいし、今後AZZLOは絡む事は無いだろう。


最近のWEBサービスとか使いづらい (・ε・`*)

AZZLOがおっさんになってきているが故なのもあるとは思うが、最近のWEBサービスとか、iOS 7とか、マジで使いづらい。とは言え ABLETON LIVE 9 とかは凄くイイと思うので、"変更についていけないおじさん" ではない要素もあるハズ。

ABLETON はサイト内で、購入アカウントと紐付けた表示がされていて、例えば買ったものは、買えないようになっていたりするので、サイト内でも非常に便利だと感じている。


・YOUTUBE
最近は収まったが、一時期 "GOOGLEアカウントとYOUTUBEアカウントどっち使う?" という選択アラートが毎回出てきてウザかった。

AZZLOはYOUTUBEアカウントをGOOGLEアカウントよりも先に取得していて、動画もアップしているので、YOUTUBEをGOOGLEアカウントで使う予定はない。

何度もYOUTUBEアカウントを選択しているのに、何度も確認してくるYOUTUBEには呆れたw

・GOOGLE
たまに "電話番号入力せよ" とアラートが出る。YOUTUBEの件含めると、GOOGLEアカウントと個人の紐付けを徹底したい目論見を感じる。ま、ビッグデータ・ライフログを踏まえると、意図は超分かるだけに、うざったく感じているw

・FIREFOX 29
先日リリースされたバージョンだが、デフォルトだとタブが上でアドレスバーが下の配置になっている。速攻で変更出来るアドオンをインストールしたが、何で逆にしたのか意味不明。

CHROMEの様に、検索窓とアドレスバーが同一ならばまぁ理解出来るが、今までのFIREFOXと同様に別々だし・・・。

更に、AZZLOにとっての最重要アドオンである、infoRSS が表示出来なくなってる・・・。

・FLICKR
以前はかなり使いやすかったのだが、今酷い・・・。

単純に画像を貼り付けたいのだが、管理画面からのEMBEDタグだと、

こういう、別の画像も表示出来るタグになってる。そしてこのタグをブラウザで表示すると、表示に凄い時間かかる・・・。

しょうがないので、

詳細ボタン?をクリック

Download / All sizes をクリック

サイズ指定をクリック

写真を右クリックして写真のURLを取得。

<img src="xxxxxxxx"> と打ち込みxxxxxxxxの箇所をURLペースト。

<a href="https://www.flickr.com/photos/azzlo/個別ページ/"><img src="xxxxxxxx"></a>でリンクを張り、"_blank" を入れる。

という糞面倒な作業をやってる・・・。

更に

<iframe align=center src=http://www.flickr.com/slideShow/index.gne?user_id=66666501@N00&tags=指定のタグ frameBorder=0 width=500 scrolling=no height=500></iframe>

というHTMLタグにすると、AZZLOの写真の中から、指定のタグでソートしたスライドショーが表示されていた。しかし現在は、この指定のタグが機能していないらしく、単純に新しい順表示を変えれるだけでスライドショーしてもくれない・・・。

これによって、過去のエントリーとかは、意味不明な表示になってしまっている・・・w

・iOS7
これが一番酷い。まず、アップデートした初日に画面がずっと点灯したままで、電気食いまくり状態だったw (何故か設定で、"消灯しない" という設定になっていた)

AZZLOはまだ、iphone4sなのだが、全体的にモッサリになった・・・。

カレンダーの予定入力は、日付指定してから予定を入れたいのだが、予定内容を入れてから日付指定になってるし、iOS6までは月カレンダー下部に日の予定が表示されたが、今は表示されず、ざっくり何時が空いてるか?の確認が超やりづらい。

カメラの写真・動画の変更も最初まったくやり方がわからなかったな。

メールの削除も、以前は左スワイプだったのが、今は右スワイプになってる。多くの人は左手で本体を持つと思うのだが、左スワイプだと、微妙に上下スワイプも行ってしまい、削除ボタンが出て来にくい・・・。

極めつけが、コレ。

たまに起こるんだが、もうどうすればいいんだよコレ・・・。たまたま5dmk2持ってて動画撮影したが、えらいオーバースペックな動画だ・・・w


今までは "慣れの問題で意図としては理解出来る" という変更が多かったのだが、最近のあらゆる変更は意図も分からないんだよな。特にiOS7・・・。

おそらくスマホ対応的な意図なんだろうが、iOS7は、元からスマホだしなw それにFLICKRは、スマホアプリ等もあるので、PCを変更する必要は特に無いし・・・。

一応普通のデスクトップ的使い方も出来るみたいだが、WINDOWS 8のメトロUIとかも意図が全く分からないしなぁ・・・w

"AZZLOがおっさんだから" ではなく、世界的にUI設計がおかしくなってる感じする・・・。


広告代理店のクリエイティブ (社内スタッフ) は必要なくないかもしれないが、やはり子会社は必要ない

なんだかタイトルが

-読書感想- 人は自分が期待するほど、自分を見ていてはくれないが、がっかりするほど見ていなくはない / 見城 徹・藤田 晋

みたいだなw



先日

広告代理店にクリエイティブ (社内スタッフ) は必要ない

を書いた。記事の中での考察では "現時点では社内スタッフは居てもそれほど困らない" ってな見解を書いたが、やはり子会社は必要ない材料を手に入れてしまった。

AZZLOは子会社の偉いおっさんに2011年の段階で

「子会社があっても誰も得しないですよね?ぶっちゃけ本社のゴミ箱ですよね?無くしちゃってもいいんじゃないですか?少なくても僕は活用法がないですね。その流れで僕が解雇になっても全く問題ないですよ?」

という会話をしている。

他の偉いおっさんと話すと

「そんな事はない!子会社は大事な仲間だ!少なくてもオレは仲間として接してきている!! (AZZLOの見解はおかしい)」

的な会話になりがち・・・。

そんな最中、AZZLOの見解と同様の、子会社要らない論を展開する会話を発見!!!

"裏事情を知る人物" 的なエフェクトを目指し、下げたトランスポーズと上げたトランスポーズを同時にかけたのだが、周辺のノイズが、上げたトランスポーズによって、"キュイーン!" と非常に不快なノイズになってしまったので、下げたトランスポーズに薄くリングモジュレーターをかけた。これで単純にトランスポーズを上げただけでは原音にはならない。(声紋取れば人物特定出来るが・・・)

多くの人が同様の発言をしているのをAZZLOは知っている。

そして、"誰も組織内の人を助けようとはしない・少なくても共に高みを目ざす事はない元凶"(チームは発生しない) である相対評価についての指摘もあった。

これも多くの人が同様の発言をしている。

AZZLOが言うと信用してもらえない事も多いのだがw

「今AZZLOが言ってる事はAZZLOだけの歪んだ見解な訳でもないもん!他の人も言ってるもん!!!」

の証拠が明確に摂れたな。

この先輩営業は、この会話の後、結構イイ事言ってた。

「貯金とかしないで遊ぶべきだと思うよ。今の自分に対してのコメントはその年齢の自分にだけのコメントなんだ。」

「オレはプレゼンは自分でやりたいと思ってる。はいストプラぁ。はいクリエイティブぅ・・・ってな流れで通常はプレゼンするもんだけども、『営業要らないじゃん!』 になっちゃうでしょ?そら専門分野にはスタッフの人の力も借りてつくり上げるんだけども、"オレ(営業)の企画" であれば、オレ(営業)がプレゼンするべきなんだよな。」

ってな感じの事言ってた。(あくまでAZZLOの記憶)

AZZLOの社内スタッフ要らない論と結構噛み合ってるw

そぉいえば書こうと思って忘れたが、2月か3月頃かな?子会社の偉いおっさんがタバコ部屋で

「『派遣 (契約) に切り替えろ!』って事かぁ・・・」

とつぶやいていたのをAZZLOは聴いた記憶がある。

おそらく本社の偉いおっさんが、子会社の偉いおっさんに

「クビは無理にしても、辞めようとするヤツを引き止めるな!そして現状の子会社従業員のギャラを下げ続けて自ら辞めるように仕向けろ!その分の労働力は派遣 (契約) で補え!」

ってな話があったんだろうと思う。

ま、媒体問屋の領域は、日本語カタコトの中国人でも可能だから、置き換えて経費削減出来る部分はした方が良いと思う。それなりに共感。

しかし、子会社の中心領域は媒体問屋領域ではなく、グッズ製作とイベント実施だったりして、センスやらなんやらよりも、とにかく "経験が大事" 的な事だったりする。ミスったら損害がでかすぎる領域だと思う。

それを、AZZLOの微妙な記憶と歪んだ解釈からして、経験の無い派遣 (契約) 的に置き換えるのは危険だと思うなぁ。だったらそもそも儲からないんだから、やはり子会社は解散した方が良いと思うんだがw 本社営業からも煙たがられてる訳だしwww 直接的には儲かんないし。

ま、この子会社要らない論を展開する人の意見も一つの側面の事実であり、ほぼ同じ見解のAZZLOも一つの側面の事実だ。

その上で、子会社が存在していて、"共に高みを目指そう?" 的な狙い?は本来必要な事だと思う。

でも、現実必要ないと思うんだよなw

この話は、現状 "子会社要らない論" が顕在化しているだけだが、今後、"代理店の社内スタッフも要らない論" は顕在化されていくハズだと思う。 (優秀な営業であればある程)

※ただし、いわゆる処理案件 (儲からないし面白くもないし生活者も動かない案件) を、社内スタッフに頼らない事が営業が愚痴れる条件となるw


~2006/12 ~2005
MOBILE
QRコード


SINCE FEB 2000