∵ TAKA-AKI AZZLO WEB ∵

2013年05月23日

1年半がっつりだった仲間が退社した

先輩にありえないdisられ方をした!!!

の冒頭に書いた仲間が、先日退社した。彼はAZZLOと同じく、子会社からの出向者であり、1年半前から、AZZLOとパートナー関係にあった。(あくまで仕事上ね!w)

昼間の仕事の仲間としては、カトオ、本間さんという秋葉時代と同質の仲間であった。

たまたま、AZZLOが年上・社歴が長いという点から、AZZLOがリーダー的な案件が多かったのだが、"AZZLOが1言えば10を想定してくれるし、他の人への翻訳をしてくれる、素晴らしいパートナー" であった。ホント昼も夜(飲み)もずっと一緒だったw

AZZLOは社内で、かなりアヴァンギャルドなイメージがあるみたいだが、AZZLOですら躊躇する言動をサクっと言ってくれたりw 逆に自分が言い過ぎた事を、柔らかく翻訳してくれたりもしたw

とにかく、"気付く" 力は圧倒的であった。

「今その気付き要らねぇよ・・・」とか思う事も無くはなかったがw 徐々にそのタイミングも気付いてくれたっぽいし、後半は凄くやりやすかったなぁ。

・・・まぁ残念ながら、彼との昼間のパートナシップは終わってしまったのだが、次の会社の人が紳士であれば、彼の力は生きるだろうし、AZZLOとの昼間の関係も、いつかどこかで復活するかもしれない。少なくてもたまには飲むだろうしw

正直非常に寂しいし、AZZLOの昼間の時間帯も苦労する事になるのだが、逆に言うと、今後の新しい仲間との関係構築が楽しみである♪

そして当然の事だが、退社クンも次の会社で、AZZLOが嫉妬するぐらいのパートナーシップを作って欲しいと思う♪

彼との時間は、たまたま成功案件があったというのもあるが、非常に濃い忘れられない時間であった。丁度 "おじさんのAZZLO" に移行する過程で、若手とのコミュニケーションの良い経験をさせて頂いたと思っている。

仮に彼がAZZLOより先に死んだら、AZZLOは彼の葬式には出席するだろう。そんな人格者であり、良い関係であったと思う。


先輩にありえないdisられ方をした!!!

自分と同じく、子会社から出向で来ている5歳ぐらい年下の仲間が退社する事になり、会社オフィシャルの送別会があった。

そこに、AZZLOを育ててくれた本社社員の先輩も来た。先輩と退社クンも個別に仕事をしており、その関係からだ。

あるタイミングで、退社クンが
「先輩最近の女子関係どうなんすか?w」
的な質問をしたらしい。そしたら
先輩:「まったく・・・お前とAZZLOはオレのゴシップ好き過ぎだよ!」
AZZLO(割り込んで):「ですよねぇ。すみません・・・w」(退社クンフォロー含め)

ここまでは笑い話である。しかし

先輩:「オレはAZZLOの事を "もうコイツはどうでもいい" と思ったな!○△□さん(当時の偉いおじさん)にチクりやがって!!」
AZZLO:「それはホントすみません。ぶっちゃけ順番間違った自覚はあります。」
先輩:「AZZLOは育ちが悪いからしょうがない と思ったけども・・・いっちょまえの代理店になったと勘違いしやがってよぉ!チクるとか女々しいんだよ!そして、お前は成功案件に依存してる!!!」
AZZLO:「そぉ言う人が出てくると思ってたので、僕は『成功案件からはAZZLOは足を洗いたい』と既に言ってます。僕がやりたいのは、成功案件を超える案件を作りたい事であって、依存したい事じゃないんですよ!!!

こんな会話をした。そしたら
先輩:「タバコ吸いたくなったから、ミンティア買ってくる」(先輩は禁煙してるので)
と外に出て、30分以上戻って来なかった。



自分が偉いおじさんにチクった・・・というか報告したのは、順番を間違った自覚があり、反省している。先輩との人間関係・蓄積をスルーして、ヒエラルキーに従った事である。ただしヒエラルキーとは非常に便利なものなので、AZZLOも都合よく使っったまでである。

具体的な事象としては、先輩に
「事例30個集めろ!」
と言われ、AZZLOは "絶対30個なんて集めても意味がない。営業が困るだけだ"
と思いつつも、徹夜して30個集めた。そして営業にパスしたら、「こんな数いらないし・・・」と有難迷惑の趣旨のメールが来た。

3年間先輩には、コレに近い燃費悪い作業に付き合わされてたので、「やっぱりねwww」としか思わず、偉いおじさんに「先輩の言う事聞いてても、生産性があがりません。僕は先輩から外れたいです」的趣旨のメールを送った。自分と同じと思われるヒエラルキー階層の人も、「貴方(先輩)とは仕事出来ない」という趣旨を公にしていたので、自分も便乗した流れだ。

そして、偉いおじさんは「何かあったらオレに話せ!」と言っていたので、報告(チクる)したまでである。

まず、そもそもが、チクられたら困る言動をしている自らの言動を問いただすべき である。自分はココのブログでも書いているように、感謝するものは明確にしている。自己判断としては、ポジもネガもクリアにしているつもりである。

とは言え、自分は先輩に代理店の基礎を学んだので感謝している。故に、この順番を間違えた事については、どこかのタイミングで謝罪する気持ちはあった。しかし、この様な、AZZLOを批判する材料として使ってきた。偉いんだから、「AZZLOは面倒臭いが、ボチボチ稼働出来る様に育てた自分は価値があった」と何故思えないのだろうか?

先輩の発言から思う事だが

・AZZLOは育ちが悪い
⇒ "AZZLOの育ちは平均からはズレている" であれば、ネガもポジもあるので納得である。しかし "悪い" は納得出来ないし、AZZLOを育てた人達に対して中指を立てている事であろう。「AZZLOは糞だ」と言われれば、「ある視点ではそうでしょうね」でしかないのだが、AZZLOを育てた人も巻き込んで否定する事は絶ぇぇぇ対に許さないぞ!!!!!!

"AZZLOの育ちが悪い" と言うからには、先輩は育ちが良いのだろう。自分が知っている事としては

・父親がパチンコジャンキーである
・早稲田卒である
・モデルとかキャバ嬢的な、いわゆるルックス至上主義の女が好きである
・ミス○△□の女と付き合ってた

とりあえず、こんな感じだ。まぁ良いも悪いも言う程の材料とは言えない情報だとは思う。

対してAZZLOは

・育ての父である祖父は、ロータリアンで、紳士録に乗っている水谷暢宏である。祖父のコミュニティーから、幼少の頃から、政治家とおしゃべりをしていた。
・TAKA-AKIの "高" は 三井家の通字を習って命名されている。
・母は "フェティッシュ" を日常語にしたYUMI YAMAZAKIである。
・"スタイリスト" という職業を日本で作った、堀切ミロに小学生の頃から遊んでもらった。
・カツラではなく "ウィッグ" を日本に持ち込んだ "東京堂" のプロデューサーの SHINJI YAMAZAKIと母であるYUMI YAMAZAKIのAZZLO DISCIPLINで育った。
・中学中退である。
・芝浦GOLD、青山MANIACLOVEというクラブで育った。特にMANIACLOVEは世界が憧れるクラブであった。
・VIRGIN RECORDSと契約した経験がある。
・hide(X JAPAN)本人から全国ツアーの前座DJ頼まれた事ある。
・女嫌いであるが、サブカル女子と付き合う機会が多い。アイドル・モデルの経験があるルックスクオリティーが高い女子との関係は多い。そして女子にアプローチしたのは1回しかない。
・「早稲田は日本のコネ作り」と言っているハーバード卒の友達と教育について議論している。
・今の会社で社長賞貰った。

先輩の項目が少ないが、とりあえず、この様な対比が出来る。

何を持ってして、"AZZLOは育ちが悪い" と言ってるのか分からないが、当人が言うとフェアではないが、AZZLOの方が、育ち良くないか?と思うwww 子供の頃からイノベーションと密接な場所に居たハズだし、ウチの家系は三井家と近い家系らしい。 

おそらく先輩はパチンコジャンキーという聞こえが悪い父親を持つだけに、早稲田という日本におけるハイレベルなスペックを目指したのだろうが、ある種コンプレックスからの力である。

更に高学歴なんていうものは、金の奴隷になる為の自尊心の担保でしかない訳であって、そういったラインとは全く別の育ちをしているのがAZZLOだ。"大学院" は日本でも別レイヤーだとは思うが、早稲田卒ぐらいは、金の奴隷だろう。そもそも早稲田の人多過ぎるから、イケてる人もいるだろうが、そうでない人も多いだろう。

教育の議論をしたハーバード卒の人の意図を汲み取ると、「日本から金巻き上げる為に、早稲田でのコネ作ってる」と言えないだろうか?世界的に見れば早稲田の人間なんて、むしろ巻き上げられる立場だろう。

・・・まぁ、対比については、少々感情的になってしまったがw とにもかくにも、AZZLOをしょぼいというのは別に構わないが、AZZLOを形成する周りの人達を含めて批判するのは絶ぇぇっっっっっ対に許さないんだからね!!!!!!!!!

・女々しい
3年前ぐらいの事をほじくり出してくる、先輩が女々しいと思うw ・・・そしてその事象をココに書くAZZLOも男らしいとは思わないがw 少なくても1週間以内であるw

先輩と自分が一緒だった頃から、先輩は2段階移動しているので、AZZLOとの事なんて過去だと思っていたが、随分と引きずっているみたいだな・・・。

AZZLOが順番を間違えた事については、いつか謝ろうと思ってただけに、非常に残念な会話であった・・・。先輩も未来を見て邁進していると思ってたのに・・・。

・いっちょまえの代理店
そもそも、先輩と一緒にやっていた頃に、「1人でやれるようになる事が必要!」とAZZLOには言っていた。"いっちょまえの代理店" の語句が抽象的なので、何を指してるのか微妙だが、「1人でやって結果が出たらdisる」というのはどうなんだろうか?先輩はそれを求めていたハズである。

先輩の今回の言動はこの動画の様なものだろう。

Clip censuré d'Indochine - College Boy from Gogol on Vimeo.

仲間が結果を出したら、困る人達を視覚化した作品だ。まぁ、早稲田卒であれば、まぁこうなっても当然である。後半に出てくる警察官も含めて目隠しされているというのが、監督のセンスが光る作品だ♪



そして先輩は「カラオケ行こう!」と連呼していたらしいのだが、退社クンはカラオケ好きじゃない・・・w

更に、先輩は酔っ払ったらしく、店を出た際に、飲み屋の前で座り込んでしまった。若手がカラオケではない、2次会の予約をしていたのだが、誰も「先輩二次会行きますよ!」と誘ってなかったなぁ・・・。

AZZLOは育てて貰った恩はあるのだが、誰も先輩を交えて「もっとコミュニケーションを図りたい」とは思わなかったのだろう・・・。

AZZLOの育ちについての言動は絶対に許さない が、先輩に対する周りの対応は、少々寂しくもあった・・・。・・・と同時にウチにおける ヒエラルキーの価値の無さを肯定している事象 であった点は、若干未来を感じる事象でもあった。


2013年05月04日

町屋~三ノ輪橋 散歩

20130428

テレビで鉄道写真家の 中井精也さん を知る。

非常に視点が斬新な写真が多いので、ガン見していると、三ノ輪橋での撮影風景の中、「下町は色々な人の表情が撮れる」みたいな事を言っていたので、しばらく足立方面を散歩してなかったのもあり、行ってみる。

2013-04-28 15-11-29.jpg

2013-04-28 15-24-50.jpg

2013-04-28 15-27-08-1.jpg

2013-04-28 15-35-47.jpg

2013-04-28 15-39-57.jpg

2013-04-28 15-52-25.jpg

2013-04-28 16-06-55.jpg

2013-04-28 16-22-48.jpg

2013-04-28 16-23-31.jpg

2013-04-28 16-51-09.jpg

2013-04-28 16-58-05.jpg

道に迷いながらも町屋まで戻ってきて腹減ってきたので、地元臭香る 洋食マリー に入ってみる。

ビーフシチュー2700円という値段を付けていたので、他のメニューでもきっと味は良い気がしたのが理由。

まだ準備中っぽかったが構わないという事なので、ビールとチキンカツレツを頼んでみた。

2013-04-28 17-40-49.jpg

2013-04-28 17-53-02.jpg

ソースの苦味が超洋食!!!美味かった!!!

地元のおじさん達も集い始めて

客のおじさん「天皇賞ダメだったよぉ!」(と馬券を見せる)
店のシェフ「13番・・・これはダメだろ・・・w まぁ買わないのが良いって事だな」
客のおじさん「いいんだよ。楽しめればさ♪」

みたいな会話が聞こえてきた。

会計をすると、店の主人らしきおじいちゃんが

店のおじいちゃん「写真撮りに来たの?ごななかい?」
AZZLO「え?・・・いやデジタルです」
店のおばちゃん「もう辞めてよ!恥ずかしい!!」
客のおじさん「何処から来たの?」
AZZLO「原宿です」
客のおじさん「明治神宮前から来たんかい?それはそれは!」

こんな会話をした。家族が合流するのを待ちながらも、気さくに話しかけてくる、下町感満載なおじさんだった♪高崎コミュニティーを思い出したなぁ。客のおじさんはSAYAちゃんのお父さんに似てたしw

他のメニューも美味そうなので、また行ってみようと思う♪

2013-04-28 18-35-00.jpg

2013-04-28 18-37-16.jpg

2013-04-28 18-42-22.jpg

2013-04-28 19-04-57.jpg

2013-04-28 19-29-24.jpg

店を出た後は、更に道に迷いまくり、舎人の近くまで進んでしまったが、AZZLOらしい写真が少し撮れた♪


2013年05月03日

"リッチマン、プアウーマン" を見る

去年人生初のテレビを購入した 訳だが、たまたま見たドラマが非常に面白かった!"リッチマン、プアウーマン" だ。

小栗旬演じる日向徹は

・"パーソナルファイル" というライフログ的なシステムを開発している。
・優秀なパートナーが居る。
・女子コミュニケーションが下手だ。
・母親に捨てられた。

こんな感じのキャラであり、セリフの節々にも共感した。スティーブジョブズをモデルにしてるなんて噂もあるみたいだ。

そして!今年に入ってからは、江口洋介主演のdinnerというドラマも面白かった。

2013-03-26 19-08-38.jpg

サカナクションの主題歌も良かった。

フジテレビはかなりおっさんホイホイしてるなぁ・・・と、ハメられた事を楽しんでいたが、dinnerの最終回が終わった直後に

2013-03-26 19-10-14.jpg

まさかのinニューヨークだそうで、露骨にホイホイしてるなぁとビビったw

会社の女子とドラマの話になって、この2つのドラマが面白いと話したら 「AZZLOさんセンス悪っ!そもそも石原さとみって女優としてどうかと思います」 みたいな完全否定をくらった・・・w やはり三十路以降が反応するドラマになっているんだろう。音楽の入り方とか演出とか、モロに月9臭感じるし。

で、inニューヨークの話は、開発していたパーソナルファイルにマイストレージ機能を付けるという話。やはりライフログの方向になってきた。

最高なのがネーミング。

2013-04-04 21-06-37-1.jpg

「ネット上にある押入れです」と言えば誰でもイメージが浮かぶだろう。共通言語化としては良いネーミングだと思う。

・・・会社の女子に 「そもそも石原さとみって女優としてどうかと思います」 って言われたのを思い出し、どんだけダメ女優か?考えながらみていると・・・

2013-04-04 21-17-45.jpg

2013-04-04 21-17-50.jpg

2013-04-04 21-18-36.jpg

2013-04-04 21-29-53.jpg

2013-04-04 21-30-52.jpg

2013-04-04 21-32-13.jpg

2013-04-04 21-56-46.jpg

2013-04-04 21-57-51.jpg

2013-04-04 21-59-53.jpg

むちゃくちゃカワぇぇ・・・www この上目遣いはマジで天使だw 超久々にAV女優以外でカワイイと思う経験をしたなぁ。

そして、日向徹のこのセリフも良いのだが、石原さとみの笑い声がたまらないw 久しくこぉいう声聞いてないなぁ・・・・。

カワイさは置いておいてw 女優としての視点でガン見を続けると・・・

2013-04-04 22-28-53.jpg

2013-04-04 22-53-52.jpg

2013-04-04 23-57-56.jpg

2013-04-04 23-58-51.jpg

2013-04-05 00-03-45.jpg

2013-04-05 00-04-42.jpg

2013-04-05 00-04-50.jpg

2013-04-05 00-05-33.jpg

2013-04-05 00-07-08.jpg

2013-04-05 00-07-31.jpg

こんな様々な表情が出せるし、ダメ女優とは思えないと感じた。ブリジストンのCMと同じキャラで、"わちゃわちゃした忙しない女" のイメージが強いが、それ以外も色々やれる感じがする。

そして、inニューヨークでは、小栗旬と石原さとみは既に付き合っているという事なので、プライベートなシーンも多く出てきたのだが、むちゃくちゃデジャブなセリフが色々とあった・・・w

ほぼこんな感じの会話を自分は何回しただろうか・・・w そして自分と同じく

やはりこぉいうオチになるな。

しかし、そこはドラマなので自分の様な枯れた終わりではなく

2013-04-05 00-01-29.jpg

2013-04-05 00-05-42.jpg

まぁこんな感じにはなる。ドラマを見ていた限りは、まだヤってない感じだが、この後しっぽりいったんだろうなぁ・・・。

先日、今後どの女とも付き合わないしSEXもしないという宣言 をしたばかりだが、正直ちょっと女子が恋しくなったwww


蔵前のNuiに行ってみた

#Seapunkって何? の雑談の後、蔵前で飲む事になった。正直「蔵前って何処?」っていうぐらい縁の無い土地である・・・w

隅田川沿いの、こんなおしゃれなお店に着く。

2013-05-01 20-30-06.jpg

腹減ったので隣接する 結わえる で食事。

2013-05-01 21-56-41.jpg

2013-05-01 21-56-47.jpg

腸内常在菌が宿主の思考や行動に影響を与えている可能性(協同乳業研究所)

こんな感じの話をしながら楽しく食事をし、隣の Nui へ移動。

さっそくお店のマネージャーさんと、近場に住みオフィスを構える若手デザイナーさんが自分らの輪に合流。途中から "マニアックラブ" というワードを聞きつけて "トランス好きでインドにも行ってた" 人も合流。

2013-05-02 00-12-43

馬鹿話から真面目な話までしたが、

・コムデギャルソン
・マルタンマルジェラ
・広末涼子の旦那
・関東連合
・ウッドストック

こんなトピックがあったが詳細は覚えていない・・・w いずれもAZZLOから振ったワードではない。

勝ちたかった競合コンペで勝った!! の得意先担当者の私服がギャルソンだったり、ギャルソンの中の人と飲んだり、そもそも川久保玲の甥っ子と友だちだし、ギャルソンとの繋がりを感じる事が多いなぁ)

覚えてるのは、パートナーさんのAZZLOに対する第一印象話があった。

「最初、ほんとにヤバい何言ってるか分からない人が来たと思ったwww 『アート』 とか言ってるし」

「AZZLOさんのブログはシェア出来ないwww」

・・・という事らしいw

いわゆる大企業の人とも仕事してるから、"昼間のスタンダード" が身に付いたきたつもりだったのだが、全然足りてないらしい・・・(汗) まぁ、特に一緒に飲む様な関係になる人には、最初から "多少雑でも伝わるだろ" と甘えて喋っていたのは事実だがw



通常、若者が集う場所はいわゆる西側が多いが、あえて東側を選択する理由として、"ゼロがイチになる過渡期が面白い" みたいな印象を持った。"紅白に出るまでのアイドルへの情熱" みたいな感じだw

"モテたい" "のし上がりたい!" みたいないわゆる肉食的モチベーションがほぼ無いのも非常に新鮮だった。

22歳のバーテンさんは酒知ってるし、閉店時間2時間過ぎても飲み続ける自分らと、会話しながらもしっかりと掃除してた事にも関心した。

多分 "自分が関与する事での変化の実感" がモチベーションなんだろうなぁ。言葉の使い方が間違っているが、"当事者意識作り" とも言える。これ結構重要な事だな。

西側はマーケティングされ尽くされた土地とも言えるので、影響が薄い東側の方がノイズが少なくて自己を見つめるのにも良い気がした。

そして、西麻布(YELLOW)や、代官山(FLW / AIR)、奥原宿(BONOBO) に見られる様に、音のある場は、人の流れを作るハズなので、この蔵前に音のあるスペースがあったらどうなるだろうなぁ。

まだ村にもなっていない状態なので、今後の変化が凄く面白そう!

逆に、このバーの上はホテルになっていて、常に人の出入りが激しいので "ずっと村にすらならない" という感じなのかもしれない。コミュニケーションスペース(バー)とホテルの組み合わせって、凄く良いのかもしれないなぁ。

それぞれの場所でそれぞれの村を作る、最初の種を得る場所なのかもしれない。・・・ちょっと期待し過ぎかなw

久しく感じてなかった、"間" らしきものを感じたし、若手がこのような場所を作り、集う人も居るというのが、感動だったなぁ。

正直まともに考えたら、今の自分の生活圏からすると2度と行かないハズだがw 星子を持って遊びに行きたいと思った♪


2013年05月02日

#Seapunkって何?

4億のプレやった のパートナーさんのオフィスに改めて遊びに行く。

雑談をする中、教えてもらったのが、Seapunkというムーブメントだ。

【特集】エイフェックスやtomad、ガガ様まで虜にする、SNSが生み出した新ジャンル「#シーパンク」とは何なのか? #Seapunk

こんな感じらしい。VHSでブラウン管感満載なのが三十路には受け入れやすいw

ふと思い出したのが、

この動画だ。当時3D表現というのがややバズワード的だった気がするが、現在の2.5次元ブームは、当時も違う形であったんだなぁ・・・と感じる。

で、音の表現は、去年注目していたLoneを思い出した。

Dream Girl/Sky Surferは、Seapunk文脈と感じられるなぁ。まだ形を作る現在進行形の段階で、早くもこのクオリティーで出してくるのが流石過ぎる。

時間が経った今でも、やはりR&SとWARPが絡んでるというのが、非常に面白い事象だw 更にR&Sが骨格の提案をして、キャッチを付けて拡大するのがWARPという立ち位置が同じなのも面白い。

最近楽曲制作の側でも、elektronや、korg volca等、音源を内蔵したハードウェアが話題だし、なんでもデジタルでやろうとした上で、一回りした感じがするな。

この流れを踏まえて、ちょっとした未来を妄想すると、アシッドリバイバル JOSH WINKリバイバルとか起きないだろうか?w

ロングドレッドというファッション要素もあるし、あり得ると思うなぁ・・・w


~2006/12 ~2005
MOBILE
QRコード


SINCE FEB 2000