∵ TAKA-AKI AZZLO WEB ∵

2012年02月29日

元スタジオエンジニアが激白!

0225

勝ちたかった競合コンペで勝った!! にて共に成功体験をしたプロダクションのスタッフさんは元スタジオエンジニア。それも割とダンスミュージック・エレクトロニカ寄りで、自分と趣味が非常に合う 人だ。

FACEBOOKでのやりとりの最中、「MDR-CD900ST 使ってるけど、めちゃくちゃ耳疲れる・・・。STAX の音を聴いてみたい」との事なのでウチに遊びに来てもらう。若手のプランナー女子も一緒だ。

まず、PERFUMEの575を適当にSPから再生。

一気に前のめりになり「これは!!!やばいっすねぇ・・・。凄く定位がしっかりしてる!」と、好感触♪

正直自分もこのレベルの音は夏目さんのmonstrostereoしか聴いた事がない。ま、当時のmonstroは自分も関与していて、機材のほとんどはウチと同じなので当たり前の話なのだがw

続いて本題のSTAX。itunesのトラックリストを自由に使ってチェックしてもらう。「ほとんど・・・ウチと同じ曲ばかり・・・w」露骨に趣味近いなw

「これはウチだと耳痛いんですよ!でもSTAXだと全然大丈夫ですね!」

続いて、激音が良いJimmy Edgarに辿り着く。

「これは・・・!!!STAXヤバ過ぎる!!!」
とかなり興奮して頂いたw さっそくiphoneで検索チェックしてました。

せっかく元スタジオエンジニアが来ているので、MIX技術をひとつ教えてもらう。

この辺の音源で聴ける、スピーカーの配線の+-を逆にしたようなエフェクトは何ていうテクニックなのか??質問してみました。

手法の名前は忘れちゃったとの事だが、確かに位相狂わせテクニックとの事。Stereo Vitalizer MK2-TStereo Vitalizer MK2 この辺の機材でよくやるんだそうだ。ちなみにautechreとかは、自作してるらしい・・・w

そんなこんなで、非常に楽しい時間を過ごし、飯に出かける。

2012-02-29 11-55-42.jpg

女子プランナーお勧めの 森伊蔵 が飲める店との事で、新九乃紫 に行く。森伊蔵はなんかスコッチみたいな勢いの独特の味。嫌いじゃないです。飯は値段・旨さバランス良いお店でした。


2012年02月23日

RME BABYFACE 購入!

2011年まとめ(プライベート) で "RMEのオーディオインターフェースが欲しい!" と書いたが、なんと先日高橋さんから、「TAKA-AKIさんが気になっていたRME、買いました!凄くイイです!」と連絡を貰う・・・。

元々5月に買う予定なので、いずれにしてももうすぐなのだが、身近に手に入れた人がいると気になってしまうわけで、自分も予定を前倒しして買ってしまいました!!

2012-02-12 22-52-41.jpg

2012-02-12 22-56-05.jpg

2012-02-12 22-57-14.jpg

2012-02-12 22-58-00.jpg

2012-02-22 17-35-28.jpg

設置は、PCのHDDラックの上に取り急ぎ置いて、接続も付属のUSBケーブルでPCと接続し、本体のヘッドフォンジャックから変換プラグを挟んでBELDEN 88760でALLEN & HEATH XONE:92に繋いだ。

ちなみに今までのインターフェースは、EGOSYSのWAVETERMINAL 2496。2000年ぐらい当時のベストセラー機種です。

○初日 STAXでのチェック
・音の密度・厚さ感ではAMEの方がある気がする。
・帯域バランスは今までのサウンドカードと変わらない。
・マイクの違いが分かる勢い。
・歯と歯の糸引きが見える感じがする。
・より音の隙間が見える。
・リリースの減衰具合が分かる。
・トラック数も想像しやすい。
・全体のシーケンスが把握しやすい。
・堅苦しくなるのではなく、音符が踊っている感じもする。
・1音として重なっている複数の音がわかる。
・1ボーカルトラックかと思っていたものが、コーラスではなく、メインボーカルのテイク違い重ねしてるのとかが分かる。
・サンプルに付随するノイズが分かる。
・CROWN D-45にした時のような、振動版がしっかり引かれて戻っている感じがする。
・低域も広域も伸びた。
・ベースソロとか聴きたくなる。
・中田楽曲のブリブリベースの波形のギザギザ具合が気持ちいい。
・中田楽曲は、ちょっと生演奏っぽいミスっぽい演出も入れている事が分かる。
・本来ローカットするようなパートをあえてローブストしているようなトラックが分かる。
・中田楽曲のコーラスの小さなレベルのトラックでAUTO-TUNE活用しまくってるのが分かる(特にMEG向け楽曲)。
・2つのトラックが交互に出てくるように聞こえてたものが、1つのトラックでのフィルター違いだと分かる(逆もありえる)。
・ソロパートだったらPERFUMEの誰だかすぐわかる。AUTO-TUNE多用していない最近の曲なら、3人混じっててもちょっと分かる。
・今までと同じ音量体感でもレベルメータは3割減ぐらいになってる。
・アナログの良質な盤に近い音になった。
・PsysExとかカリコリいってるだけみたいな音楽がめっちゃくちゃファンキーに聴こえる。
・Richard Devineの意図が分かりやすくなった。
・Saori@destinyはコンプ突っ込み過ぎな印象が強いが、ダイナミックに聴こえる。
・今までレベルメーターが微動だにしなかった曲が、少し動くようになった。
・SHAMEN / BOSS DRUMのベースがめちゃくちゃ厚い!!
・UNDERWORLD / Born Slippy のキックのエフェクトが丸見え。ボーカルに対するEQ処理とかも見える。
・ZILCH(HIDE)の音質はベスト5内だったが、曲調を踏まえると実は1位かもしれない。
・初期KEN ISHIIのキックがいたって普通に聴こえる。
・長時間聴いても全然耳疲れない。
・安全地帯 / 真夏のマリア は全体構造と要素が中田楽曲に似てる。
・玉置浩二の声のカサつきが減った。湿気をかなり感じる。
・サザンオールスターズ / 希望の轍 のシンセのパンンングで酔う。
・山下達郎 / アトムの子のリバーブ多用が笑える。
・宇多田ヒカル / Addicted To You のキックはかなりコンプ深い。
・宇多田ヒカル / Kiss & Cry のキックのリリースは長かった。アタックとリリースは別の音かもしれない。後半はベースシンセもキックに重ねてる。
・DJユースのクラブトラックは、キックに隠れがちなベースがよく聴こえる。
・DJ WADA / FinalResolution のオリジナル・製品版・自分のマスタリングの差がめちゃくちゃ大きい。自分のバージョンは当時のイメージと変わらなかった。
・生録はよりリアルになった。95年のマニアックの生録の湿気感や人の隙間が見える。

○二日目 SPからの再生
・今まではベストリスニングポイントが凄くシビアで、椅子に座って20cmほど頭を前に出さなければならなかった。今はテキトーな位置でもステレオ感が壊れにくい。
・hideの歪まくりの声の歌詞がわかるw (SP再生の時に限る。STAXだと分かりにくい)
・帯域ごとにPAN設定が複雑に動くような音の意図が見える。
・Captain Funk / HEAVY MELLOW なんかは死ぬほどコンプ深いので今まで固まりになり過ぎていたが、隙間が見えるようになった。でもパートが多い箇所はちょっと辛い。これはMP3での取り込みだからかもしれない。
・ノイズが減ったので、ヒーターのファンの音が気になる。
・音量上げてもうるさくない。
・PERLON(レーベル)とLUCIANOの音をデジタルで聴きたくなる。

○三日目再度STAXからの再生
・音が小さい曲から大きい音に変更した際にボリュームを下げていないと「おわわっ!!」となっていたのが、煩くないのでびっくりしない。
・Nadja Lindみたいな音作りが普通に聴こえる。
・今まで音割れするソースが音割れしなくなった。非常に回線が太く余裕がある感じ。しかし、ここまで余裕のある再生環境はそうそう無いので、この環境でコンプ設定を追い込むと、他の環境ではキツそう。

PERFUMEの3人の声(トライアングル以前の楽曲)がどれがどれだか分かるぐらいを期待してはいたが、それに近い結果。200VでUSBケーブルやら環境をもっとマトモにしたら、イケるレベルかもしれないと思った。

今書いて思い出したが、monstrostereo @ 我無双 にて100Vから200Vへ電源トランス稼動を変更したような、滲みの無いクッキリパッキリな "張りのあるパイパンおまんこ" みたいな音になったと思う。

普通に音聴く人にとっては、STAX、アレヒ、WEのSPケーブルぐらいの環境は最低限ないと、他のインターフェースとの違いは大きくは分からないかもしれないとも思った。ま、10万以下で買うならコレがベストだとは思う。


2012年02月17日

-視聴感想- きゃりーぱみゅぱみゅ / もしもし原宿

原宿のファッションアイコンが中田の曲でデビュー!現代の日本をぶち壊すパンク (スタイルとしても含まれる) なんだろうと期待をしていた。去年の春頃からこの情報は入っていて、"つけまつゲリラ" というゲリラプロモーションなんかも考えていた。(社内ウケは良かったが、形にはならなかったw)

しかし、実際は非常に幼児を連想させる内容で、悪い意味で期待を裏切られた・・・。とは言え街を歩いていると、「きゃりーぱみゅぱみゅが○△□で・・・」とかいう会話が聞こえてきたりはするので、AKBを学ぶよりは心理的に楽なので、CDをレンタルする。

音だけ聴くと、これは攻撃的な表現はハマりにくい声だと思った。故に幼児的な方向に振らざるをえない素材なんだと解釈した。

CAPSULEのカバーであるJELLYは、結構ハマってる。子供のように音程変化についていけない歌い方が、良い味出してる。

これはキャリーは処女だなと思った。が!一年半前から男と半同棲だったというニュース が!ちんぽ咥えた事ない口に見えたのだが、見間違ったな・・・。

PVを見てみると、印象がポジに変わった。目玉いっぱいのサイケデリックの動物が人間的動きをする、"つけまつける" は、露骨にイルミナティー的イメージだ。

幼児でイルミナティーという組合せが、これはこれでロックな提案だなと納得。

しかし再生回数がハンパない。PON PON PON においては1800万回再生だ。海外からの注目が高い故という要因があるみたいだが、たった二ヶ月でこの数字は半端ない状況だ。日本人の音楽PVでこんな数字は他にあるんだろうか?いずれにしてもトップ5には入るんじゃないかな?

ソーシャル上の動きでは、ももいろクローバーと同程度の生活者の反応はあるっぽい。十分マスアイコンとして機能するハズだ。

デビュー前は "MEGのもっと気合入った(ビジネス的に)もの" という想像だったのだが、当たってる部分と外れた部分があるかな。

仕事での活用においては、既に表に出てしまった上、まだ新しいネタだし、現状の彼女の立ち居地と自分の得意分野がハマらないから、"つけまつゲリラ" はやんなくてもいいかな・・・という印象。

それにいつまで続けるのかよく分からないプロジェクトに見える。きゃりーがテレビに出て喋っているのを見た際に、"お嬢さんな空気感" を感じはしたが彼女の意志が全く読めない。まだ10代とは言え、その先に何かあるかというと、まだ自分には見えないな。

PERFUMEの作品は、作品の世界観と3人の世界観が全く違っている事がモロ分かりなので、明確なプロデュースワークで作られてる事が分かる。きゃりーは作品とリンクしているのか、してないのかが、分からないので今後が見えないという感じだ。(ブログとかちゃんと見てれば分かるのかもしれないが)

既に "数年後は居ないでしょ" なんて書込みも見かけるし、確かにそんな臭いが強いのだが、確信出来ないのが、このプロジェクトの魅力な気がするな。


2012年02月05日

-視聴感想- Perfume / JPN

2008年頃から中田ワークに興味を持っている のだが、近年Perfumeが広告活用されてきており、複雑な気分でいる。

PINOのNIGHT FLIGHT

は自分としては珍しく、"オレが電通だったらやってるのに!!"的な悔しい思いをした。歌詞がありえないエロさ だし。

しかしPEPSIと氷結の使い方は全然好きじゃない。

これらはPerfumeや中田の音である必然性を全く感じられない。

・・・という事で、PINO並み、それ以上にPerfumeと中田の音の必然性があってハマる案件を作りたいと思っている。

・・・という前段は関係なく、普通にPerfumeというよりは、中田の新作という意味で去年出たJPNをレンタルする。

パッと聞き、まずケロケロボイス(Auto-Tune)が減った。歌詞もNo-futureな感じが減った。以前はもっと宇多田ヒカルっぽいジメジメした感じがあったが、結構カラっとしてきた。

"ナチュラルに恋して" なんて普通過ぎる歌詞なのだが、音の隙間が多く、ダンスもグルーヴィーだ。

Perfumeの3人は普通のアイドルの思考しかないと思うのだが、彼女たちがやりたい普通のアイドルとしては今までで一番近い楽曲な気がする。

※3人が中田の音を初めて聴いた時の感想は「予算が無いから打ち込みなんだ・・・」という事だったらしい。

Have a Stroll も歌詞は普通のアイドルっぽい。音はビタミンドロップ的な、昭和の秋葉原っぽいイメージがする。

VOICEは、かなり中田っぽい歌詞だと思った。PVも素敵。正当進化系という感じがする。

そして、スパイスは、Orbital / Chime を彷彿とさせられた。

・・・とまぁ、映像も含めて掛け算的に楽しめる音楽は、hide以来の体験だ。振り付けも独特だし、完璧にこなす3人もなんだかんだいって凄い。あれをハイヒールでやってるんだから、ハンパない体力だと思う。

去年の東京ドームのライブは ライゾマ も絡んでたり、おもろい取り組みも進化(深化)していると思う。自分としては珍しく「オレも・・・混ぜて・・・」と言いたいプロジェクトだ。

一応超ドハマりしつつ、クライアントも即決しちゃいそうな企画は作っているのだが、まだ提案のタイミングが来ない・・・。いい意味で暖める時間はあるので、必ず実現したいな・・・。

自分みたいにアイドルとしてではなく、中田ワークスとして、トラディショナルクラブテクノ(ジェフやらリッチーやらWARP RECやら)好きからの関心も高いのが面白いアイコンだな。


本格的にハゲてきた

普通にボサボサになってきたので、髪を切りにいく。

しかし去年の夏と比較して、明確にハゲてきた気がする。元々おでこは大きいのだが、その域を超えてきた感じがするw まぁツルツルの人にはまだまだで申し訳ないが、真っ当に30代を歩んでいるという事だw

ま、若い頃の写真を見てみると、若い頃の方がハゲっぽい時期もあったりするので、髪型や季節によるのだろうが、現実と気分の掛け算でハゲ気分が強まっている。

こないだ、古い写るんですが出てきたので現像してみたが、確か15歳ぐらいの頃。非常にハゲっぽい。

IMG016

これとかも、かなりハゲっぽいが、2006年だ。

2006-10-09 7-18-52

これなんて2004年。

2004_0505_180928AA

これは去年だが、若い頃よりハゲっぽくない。

2011-07-10 19-18-10.jpg

ま、考えてもキリがないしw ツルツルになったら、プロピアでエクステンション的に色々遊びたいのだが、それまでの過程が長い・・・w そんな事を美容師の宇治田さんに話すと、「そう?まだ大丈夫♪」との事でほぼお任せでいつも通り切ってもらう。

切る前

2012-02-05 19-22-57.jpg

切った後

2012-02-05 19-58-47.jpg

・・・特にオチがないのだが、とりあえずさっぱりしました。


iphoneにしました

2012-01-28 18-20-12.jpg

0123

今年からF1中継が地上波では放送しなくなる・・・。という点から、もうワンセグ端末を持っている理由が無くなったので、(テレビ持ってないので)iphoneに機種変更しました!

ガラケーだとgoogleカレンダーを出すのが一手間だったので、サクっとカレンダーが出せる様になりたい!という期待もあったが、まぁえらい便利だw 頭では分かっていたが、使ってみて凄く実感してますw

特にエバーノートをiphoneで使うと素晴らしい。自分は既にいつ会社のPCがぶっ壊れても大丈夫な様に、メール以外のほぼ全データをエバーノートにアップ済みなのだが、タバコ部屋に居てもデスクに戻らずして企画書を見せれたりするし、自分の体の機能が拡張されたような感覚すらある。

safariでは、常時よく見るサイトのrssを開いておくことで、ニュース情報の取得はえらい便利。移動中に本の持参を忘れると、すぐ本を買ってしまっていたが、そういう事も起きなくなる感じがする。

ケースは deffのcleaveとういバンパー。色はグラファイトにしました。高いけど最低2年使うと思えば普通の買い物かと思います。


~2006/12 ~2005
MOBILE
QRコード


SINCE FEB 2000