« -読書感想- モチベーションを思うまま高める法 / 小山龍介 | 夢でうなされた・・・ »

2011年11月27日

-読書感想- 新「伸びる人」の条件 / 安達元一

2011-10-25 0-45-26

6月頃の読書。

ちょっと前に、ウチが負けた案件のクライアントに、他店の企画書を見せてもらう。そして勝った代理店の企画書を見て「うわ・・・しょぼ・・・」と感じた事があった。結果決定前の途中報告では、最終的には勝った代理店が順位は低かったのもある。

故に何故負けたんだ?という事だが、明らかに政治的出来レースであった模様であった。

いずれにしても、5年前は企画書とか書いた事もなかった訳で、成長して目が肥えたのは事実。しかし伸びた?今後も伸びる?のか、ただ単に慣れたのかが、自分でよく分からなくなってきていたw

そんな最中に手に取ったのがこの本。表紙の売り文句に対しては
「フェイスブック無くたって生き残れるもん!そもそもどこを境界にして生き残るっつぅんだよ!しかも43とか多過ぎるし!!」
とは思うのだがw 中身を見てみると良さ気だったので、買ってみた。


1:アイデアは「生まれたばかりの赤ちゃん」なのですから。それを、その将来性も、秘めている力も吟味せずに「できない理由」でつぶすのは「赤ちゃん殺し」です。殺人と同等の罪だと思っています。

2:目先の与えられた仕事をこなすだけではいけない。全体の仕事の中で自分は何を担っていて、何に貢献出来るのかが見えてないといけないのです。

私が理想と思う答えはこうです。
「日本中を探しましたがマドンナのそっくりさんはいませんでした。しかし、マライア・キャリーのそっくりさんは見つかりました。あの企画だったら代用がききませんでしょうか。代用がきかない場合は、収録に穴が開いてしまいますので、拙いですが新企画も考えてみました、是非見てください。」
これが100点だと思います。

3:周りを見渡してみてください。この「OKライン法」で観察すると、仕事ができる人はみな同じなはずです。その人たちは、
・途中で妥協しません
・考えることを放棄していません
・時間や疲労や睡眠不足に負けていません
・私がやらなきゃ誰がやるんだ、とうい自負に満ちてます。
だから、「伸びる人」を目指すなら、ちょっとだけでいいので、「うん、この辺でOK」と思ったときに、自分に疑問符を投げかけましょう。

4:成功しているときは、わざわざ変えることに躊躇しますが、失敗したときはもう失うものがないわけです。ですから、すべて根底からガラリと変えてみるという、またとないチャンスだったりもするのです。悲しみに暮れていては、すべてを変えるチャンスに立ち上がることもできなくなってしまいます。

5:どうしようか迷ったときは絶対に「ヤバいほう」を選びましょう。なんとなく先がわかる「安全な道」より、何が起こるかわからない「未知の道」のほうが絶対に面白いです。あなたの人間の経験値を上げます。

6:「私のメンターとはいつ出会えるんだ」と首を長くしている人は、まだまだ動きが足りないのです。じっとしていては出会えない、ジタバタと頑張った人にだけ、神様は出会わせてくれるのです。

7:不可避の大トラブル。そんなものは、あなたが解決しようとしなくてもいいです(もちろんできることなら、解決を目指しましょう)。でも「逃げない」、それだけで、ちょっとだけ「伸びる人」になれるのです。

8:人間は案外単純で、「私はこういう人間だ」と自分に言い聞かせると、どんどんとそれに近づいていってしまうものなのです。
・ボクシングのチャンピオンは、チャンピオンになった途端に強くなります
・アイドル歌手は、売れた途端に美しくなります

9:いつも理想とする自分とを比べましょう。それは、理想の自分がするべき態度なのかと。

10:よく「会議でいいアイデアが出せないんだ」などと、悩んでいる人も見かけますが、「会議はアイデアを出す人以上に、アイデアを伸ばす人」が伸びる人になるのです。

11:絶糾して煮詰まりかけた会議に突破口を開けるのは、「ひとつ次元の高い発言」です。それができるように、ちょっとだけ冷静に会議を俯瞰して見ることができれば、あなたは間違いなく場を回せる「伸びる人」ですよ。

12:ま・さ・か、ですけど、板書係がいなくて会議をやっているなんてことはないですよね? 板書係がいない会議は意味ないですよ。ただの茶飲み話会です。話したことが宙にドンドン消えていき、「とても盛り上がったけど結局何も決まらなかった(生み出せなかった)」という会議に、往々にしてなります。気をつけてください。

13:他人のアイデアをパクるけど、決して誰からも非難されない方法があるのです。それは「アイデアのエッセンスを抽出すること」なのです。

14:相反する2つのものを組み合わせる。これは、なかなか効果的な作戦ですよ。人間の脳は、何か違和感のあるものに反応するようにできています。それを逆手にとり、「何それ?」と、思わせれば、もうあなたの勝ちです。相手は、それが何か知りたくて、もうあなたの企画の世界に足を踏み入れたも同然なのですから。

15:
・天才バカボン(なんで天才なのにバカなんだ!?)
・スケバン刑事(なんで刑事なのにスケバンなんだ!?)
・あぶない刑事(なんで刑事なのにあぶないんだ!?)
・奥様は魔女(なんで奥様なのに魔女なんだ!?)
・暴れん坊将軍(なんで将軍なのに暴れん坊なんだ!?)
・Mr.チルドレン(なんでミスターなのにチルドレンなんだ!?)
・ホームレス中学生(なんで中学生なのにホームレスなんだ!?)
・子ども店長(なんで店長なのに子どもなんだ!?)

16:
・昆布に含まれるグルタミン酸の組成について
・ボルドー左岸地区のここ10年の降雨量について
・釈迦如来と文殊菩薩と普賢菩薩の関係について

なんてことを真剣に企画しても、広く国民に受け入れられるとは思えませんよね。だから「8割の国民が8割気になっていること」なのです。では具体的にはどういったことでしょう。ちょっと例を考えてみましょう。
「病気にならない、健康でいたい」は、誰もが明確に気になっていること、「10割の国民が10割気になっていること」です。これをストレートにやったのではヒットしません。

でも、「東欧カスピ海に長寿の秘密があった」なんて切り口ならどうでしょう。「よく知らないけど、なんとなく興味ある!」になるかもしれません。これなら「8割の国民が8割気になっていること」に近いかもしれません。ここで重要なのが、

「驚き」と「発見」と「新鮮さ」と「知的好奇心の満足」がそこにあるのか
ということです。

ちょっと補足しますが「よく知らないけど、めちゃくちゃ興味ある!」では、ダメなのです。これは「8割の国民が10割気になること」になってしまいます。「よく知らないけど、なんとなく興味ある!」これが「8割の国民が8割気になること」なのです。

前者も悪くはないのですが、発見や知的好奇心の満足感が不足するので、大ヒットはしないことが多いようです。

17:
・共感できる価値観、世界観、物語がある
・自分もその物語の一員になりたいと思わせるもの
これが大切です。そうすれば、こちらからお願いするまでもなく、多くの人がその企画を応援してくれ、自分も同化したい気持ちから、物語の「観客」ではなく、「出演者」になりたがり、口コミでどんどんと広げてくれるのです。

18:
「必要は発明の母」という諺があるように、発明とは、世の中の不便から生まれるもの。不便を解消するために、知恵が凝縮されて絞り出された1滴であるのが「発明品」。

19:
あなたの脳はどこまで「他に方法はないのか」を考えられるでしょうか。挑戦してみてください!

20:
この仕事は何時間で完成させるのか、先に決めることです。これは、あなたの頼もしいパートナーである「脳」に、最高のパフォーマンスをしてもらうために、とても大切です。

21:
「興奮してきたから作業を始める」のではなく「作業が始まったから、興奮してくる」のです。

22:
「アイデアをインプットするために関連雑誌を買う」、これは大間違いです。みなさん、もうちょっと自分の脳を信用してもいいと思います。だって、生まれてからずっと、あなたと一緒に成長し、かけがえのない人格を作り上げてきた最も信頼できる盟友ですよ。その脳の持っている力を過小評価しては可哀相です。あなた自身を否定することになってしまいます。

23:日々の仕事だって、趣味だって、恋愛だって、同じです。がっかりタイムを乗り切った者にのみ祝福が訪れるのです。

24:ヒットに関してひとつ確実な法則があります。それは、
当たる理由は2割しかわからない。でも、ハズす理由は8割わかる

25:ある番組で大勢の東京大学の学生さんと仕事をしたときに聞いたのですが、彼らの多くは受験勉強を左手(利き手じゃない手)でしたそうです。「なんで?」と不思議がる私に、当たり前のように教えてくれました。「使ってない脳が動き出すんですよ」と。


14、15番は自分の好みのやり方だ。その上で少なくても社内の人間には17番の状態に持っていくのを目指すのが自分の仕事だと思う。

4、18、23番は "負という肥やしがあるのだから、正は簡単に育つ"
に近しい話で共感。

3、5、7、19、20番はちょっと疑問。更に22番のように時間を決めてからやれと言っているのだから、タイムリミットから追い込めないという事になる。すんなりいかないものはとっとと諦めて、スムースにいくものを伸ばしていくという発想もあると思う。

読んだ時期は6月頃で当時は良い印象の本だったが、今回まとめてみると既になんとも思わなかった。多分既に吸収して自分のものになっているからだろう。

で、自分は伸びた?伸びる人?なのか慣れただけなのかは、よく分からない。というか根本はもうこの年齢だしさほど変化はないだろう。自分については諦め切った上で、"ある素材でどう遊ぶか?" であるなという、自分らしい発想が強まっただけの読書だったかもしれないw

facebookで共有する twitterでつぶやく はてなブックマーク googleブックマーク
このエントリーのトラックバックURL:
http://azzlo.heteml.jp/mt/mt-tb.cgi/1432
関連するエントリー
  • *-読書感想- プロフェッショナルアイディア。 / 小沢正光
  • *-読書感想- たった一人の熱狂 / 見城 徹
  • *-読書感想- ビッグデータビジネスの時代 堅実にイノベーションを生み出すポスト・クラウドの戦略 / 鈴木 良介
  • *-読書感想- 君に友だちはいらない / 瀧本 哲史
  • *-読書感想- Communication Shift / 並河進
  • *-読書感想- データサイエンティスト データ分析で会社を動かす知的仕事人 / 橋本 大也
  • *-読書感想- 未来は言葉でつくられる 突破する1行の戦略 / 細田 高広
  • *-読書感想- 人は自分が期待するほど、自分を見ていてはくれないが、がっかりするほど見ていなくはない / 見城 徹・藤田 晋
  • *-読書感想- 「人を動かす人」になるために知っておくべきこと / ジョン・C・マクスウェル
  • *-読書感想- 「習慣で買う」のつくり方 / ニール・マーティン
  • *-読書感想- 心を動かす音の心理学 / 齋藤寛
  • *MAXの新曲・・・w
  • *-読書感想- テレビは生き残れるのか / 境治
  • *-読書感想- 「応援したくなる企業」の時代 / 博報堂ブランドデザイン
  • *-読書感想- 秋元康の仕事学 / NHK「仕事のすすめ」製作班・編
  • *-読書感想- モチベーションを思うまま高める法 / 小山龍介
  • *AZZLOの思考法
  • *-読書感想- AKB48の経済学 / 田中 秀臣
  • *-読書感想- 君たちに伝えたい3つのこと / 中山敬一
  • *-読書感想- ライフログのすすめ
  • *-読書感想- ファシリテーション入門 / 堀公俊
  • *-読書感想- 家族という病 / 下重暁子
  • *-読書感想- データの見えざる手: ウエアラブルセンサが明かす人間・組織・社会の法則 / 矢野和男
  • *-読書感想- 気づく仕事 / 博報堂研究開発局
  • *-読書感想- 広告ビジネス次の10年 / 横山隆治、榮枝洋文
  • *-読書感想- フリーエージェント社会の到来 新装版 組織に雇われない新しい働き方 / ダニエル・ピンク
  • *-読書感想- 池上彰の教養のススメ 東京工業大学リベラルアーツセンター篇
  • *-読書感想- 無印ニッポン―20世紀消費社会の終焉 / 堤 清二、三浦 展
  • *-読書感想- 初音ミクはなぜ世界を変えたのか? / 柴那典
  • *-読書感想- 始まりを告げる 《世界標準》 音楽マーケティング / 高野 修平
  • *-読書感想- 知性を磨く 「スーパージェネラリスト」の時代 / 田坂 広志
  • *そうです!あたすが恥ずかしがり屋のおじさんです! (ノ∀\*)
  • *-読書感想- アダム・スミス 『道徳感情論』と『国富論』の世界 / 堂目 卓生
  • *9回2アウトの代打でまさかのヒット・・・ (´゚ω゚`)
  • *「文句も何も言わない無言の組織になりましたぁ!」(=´∀`)人(´∀`=)
  • *営業と売り込みって違うよなぁ (*-ω-)
  • *-読書感想- 知識経営のすすめ / 野中郁次郎、紺野登
  • *-読書感想- ルールを変える思考法 / 川上量生
  • *-読書感想- 9割がバイトでも最高の成果を生み出す ディズニーのリーダー / 福島 文二郎
  • *-読書感想- うちの職場は隠れブラックかも / 松沢 直樹
  • *-読書感想- フィルター思考で解を導く / 沖野修也
  • *-読書感想- 武器としての書く技術 / イケダ ハヤト
  • *-読書感想- 人を動かせるマネジャーになれ! / ブライアン・トレーシー
  • *-読書感想- 超情報化社会におけるサバイバル術 「いいひと」戦略 / 岡田 斗司夫
  • *-読書感想- ビジネスは「非言語」で動く 合理主義思考が見落としたもの / 博報堂ブランドデザイン
  • *-読書感想- ニコニコ学会βを研究してみた / 江渡 浩一郎 (編集)
  • *-読書感想- ゲーミフィケーション / 神馬豪・石田宏実・木下裕司
  • *-読書感想- なんでコンテンツにカネを払うのさ? / 岡田斗司夫 福井健策
  • *-読書感想- 2015年の広告会社―80%の広告マンが市場から消える / 植田 正也
  • *-読書感想- 漫画でわかる萌えビジネス / 浜田ブリトニー
  • *-読書感想- 未来記憶 / 池田貴将
  • *-読書感想- つらい記憶がなくなる日 / 榎本博明
  • *-読書感想- プロヴォカティブ・シンキング ―面白がる思考 / 山梨 広一
  • *-読書感想- オタクのリアル / 安田誠
  • *-読書感想- 僕は君たちに武器を配りたい / 瀧本 哲史
  • *「そろそろ退職をします」
  • *-読書感想- 「新しい働き方」ができる人の時代 / セス・ゴーディン
  • *-読書感想- ストーリーとしての競争戦略 ―優れた戦略の条件 / 楠木 建
  • *-読書感想- 禅、シンプル生活のすすめ / 枡野 俊明
  • *おつかれ様。 SONY MDR-CD900ST (* ̄▽ ̄)ノ
  • *-読書感想- ひとつ上のプレゼン。 / 眞木 準
  • *-読書感想- マネジメント 基本と原則 / ピーター・F・ドラッカー
  • *読書感想文書かなきゃ・・・
  • *新規玩具開発
  • *-読書感想- あなたイズム / 博報堂ブランドデザイン
  • *2012年まとめ(仕事4)
  • *-読書感想- 心を整える / 長谷部誠
  • *-読書感想- マーク・ザッカーバーグ 史上最速の仕事術 / 桑原晃弥
  • *-読書感想- 憂鬱でなければ仕事じゃない / 見城徹・藤田晋
  • *深夜ダンシングをし続ける為には・・・
  • *-読書感想- スマートテレビで何が変わるか / 山崎秀夫
  • *Realforce108UH-S 購入!
  • *中級ユーラシア料理店 元祖 日の丸軒
  • *-読書感想- 世界の宗教がざっくりわかる / 島田裕也
  • *-読書感想- ウェブ進化 最終形 / 小林雅一
  • *-読書感想- 1分間スティーブ・ジョブズ / 桑原晃弥
  • *-読書感想- Facebookをビジネスに使う本 / 熊坂仁美
  • *-読書感想- iPadがつくる未来 / 大谷和利
  • *読書状況まとめ
  • *公開後、予想以上の反響でした
  • *-読書感想- facebook完全活用本 / 田中康英
  • *-読書感想- ソーシャルメディア維新 / オガワカズヒロ
  • *-読書感想- 数字で考える習慣をもちなさい / 小宮一慶
  • *AZZLOの発想・企画方法メモ
  • *秋は憂鬱・・・
  • *-読書感想- 本当にわかる心理学 / 植木理恵
  • *-読書感想- JAAA REPORTS 2010年クリエーターズ・オブ・ザ・イヤー特集
  • *-読書感想- たった1分で人生が変わる筋トレの習慣 / 大西仁美
  • *-読書感想- 論理的な話し方が身につく本 / 西村克己
  • *-読書感想- なぜ、島田紳助は人の心をつかむのが上手いのか? / 内藤誼人
  • *-読書感想- 企画に年功序列は存在しない / 内田伸哉
  • *-読書感想- コンセプトメイキング / 高橋宣行
  • *-読書感想- ソーシャルネイティブの時代 / 遠藤 論
  • *-読書感想- 一流の仕事人たちが大切にしている11のスタンダード / 指南役
  • *-読書感想- iphone vs. アンドロイド / 夏野剛
  • *-読書感想- 誰からも「気がきく」と言われる45の習慣
  • *-読書感想- 高学歴でも失敗する人、学歴なしでも成功する人 / 勝間和代
  • *-読書感想- 脳より体を磨きなさい / 三宅裕之
  • *-読書感想- 仕事と勉強を両立させる時間術 / 佐藤孝幸
  • *-読書感想- 孫正義のデジタル教育が日本を救う / 中村東吾
  • « -読書感想- モチベーションを思うまま高める法 / 小山龍介 | 夢でうなされた・・・ »

    ~2006/12 ~2005
    MOBILE
    QRコード


    SINCE FEB 2000