« -読書感想- 一流の仕事人たちが大切にしている11のスタンダード / 指南役 | -読書感想- コンセプトメイキング / 高橋宣行 »

2011年06月17日

-読書感想- ソーシャルネイティブの時代 / 遠藤 論

2011-04-23 14-21-20

物心ついた時には携帯を持ち、SNSでのコミュニケーションが前提で育った(育ってきている)世代の人間とは、価値観構成において1つ川が流れていると思い、この本を手に取った。

特に若い世代をターゲットにしたプランニングでは、資本主義的な上流への憧れ醸成が非常に響きにくいのだが、プランニング時に会社のおっさんらに対して「それは前世紀の発想です」と明確に言える材料探しである。


01:日本人の週末平均デート率は8%

02:独身女子の8割は「恋愛はあってもなくても良い」

03:独身女性757人中、「彼氏がいない」が69.3%。このうち「3年以上」が、34.7%、これまで付き合ったことがない」が15.2%で、ほぼ半数が3年以上デートをしていない。

04:「行ったことがあり、また行きたいイベント」として「コミックマーケット」とあげた人は、男性20代では9%、同女性は10%もいる。

05:集まること自体が革命的だったと、当時は思えたのだ。「なぜこんなにも子供たちが集まるのだ」と大人たちをいぶからせるだけで、コミケには存在意義があった。~中略~会場全体が一瞬無音になる「天使が通る」といった現象などを体験したりすることが興奮させたのだ。

06:子供と大人のコンテンツ文化の切れ目を埋める運動がオタク文化だったのだということもできる。

07:視聴しているTV番組として『けいおん!!』をあげた割合は、男性20代前半が27%と突出して多い。

08:「ボーカロイド」の利用が、同じく男性20代では2%もある。

09:電通総研が2010年3月に行った「腐女子調査」(全国15~29歳未婚女性)によれば、自分のことを「腐女子」だと自覚している若い女性は42%だという。

10:本や雑誌記事の興味テーマとして「ボーイズラブ」をあげた人の性別・年代を集計してみると、20代女性が38%、30代女性が24%、40代女性が14%という数字になっている。

11:腐女子御用達といわれているのが『少年ジャンプ』である。~中略~興味テーマが「ボーイズラブ」と答えた人の37%が読んでいるのだ。

12:いまの若者たちは、お金を持っていないということ以上に、お金が循環するものであることをイメージできていないかもしれない。

13:いまや谷中、根津、千駄木などの東京の古い町並みの和のテイストが、若い人たちに受け入れられている。これから十数年のうちに東京の重心が東側に移っていき、「東東京」がトレンドを生み出すようになる可能性もある。

14:失われた20年の間に本当に失われたのは、人々の人生設計のパターンではないかとも思える。それが壊れたままなのに、誰もその先を若人たちに示していないのがいまなのだ。

15:彼らの興味対象がお金のかかるものからかからないものに転換されたのを大人が気づいていないだけなのかもしれない。消費者物価指数の調査品目の内容を改めないと、その暮らしぶりがわからないような人種が登場しているといってもよい。

16:たぶんグーグルが無料であるのは、~中略~ネットが無料という基本思想によって動いている以上、その思想を自分たちも貫くことが結果的にはうまくいくということを信じているからなのだ。

17:「ネット動画」の視聴時間は、男性20代が1日に平均17.1分と突出している。これは、まったく動画を見ない人も含めた平均で、ネット動画を見る男性20代だけに絞ると、彼らは1日に平均61.5分も動画を視聴している。その場合、1日に3時間以上ネット動画を見る人が24.7%、1日に2時間以上見るという人が半数近くにもなる。

18:ソーシャルを日本語に訳すと「社交」ということになる。

19:「好きなコンテンツやキャラクター」で、男性20代では「初音ミク」と答え人が、8.1%おり、これは「らき☆すた」の9%にはおよばなかったものの、タレントの中川翔子さんと同点となっている。

20:日本のSNSは実名性がないといわれるが、お互いの面識はあるということだ。実名性が、フェイスブックの日本での普及のネックという意見があるが、これを見ると以外にも容易にクリアできる課題かもしれない。

21:人が集まるところに置けばお金は入ってくるが、アバターのために人が集まってくるわけではない。

22:情報の取捨選択や、編集自体を、ネットワークがになうようになる。リアルタイムで進行しながら活用される「集合知」のことを、ソーシャルメディアだといってもよい。

23:ネットは無限の記憶力を有している。「はじめて喋ったつもりのギャグは30年前に誰かが言っていた」なんてことが起こるだろう。独創性よりも、ネットワークを構成する「ノード」(接点)として貢献することに生き甲斐を感じるようになる。人は、ソーシャルメディアの中では、情報を入力して情報を出力する「素子」(電子デバイス)のような存在になっていくのではないか?


調査によって結果はまちまちなのでこの本に掲載されている調査が現実であると鵜呑みには出来ないのだが、想像よりも若者がオタクであるという事実を数値で理解出来た。

一瞬鋭い指摘のようにも感じるが

>12:いまの若者たちは、お金を持っていないということ以上に、お金が循環するものであることをイメージできていないかもしれない。

これはむしろ逆の影響がある若者も多いし

>14:失われた20年の間に本当に失われたのは、人々の人生設計のパターンではないかとも思える。それが壊れたままなのに、誰もその先を若人たちに示していないのがいまなのだ。

事実ではあるが、若者を理解出来ない世代の自惚れ・誤解・自虐が含まれる感じがする。彼らは彼らで今の時代の生き方をしっかりとしているハズで、問題とも感じていない人達も多い。

資本主義を延命するのであれば、"その先" を騙して教えていく必要はあるかもな。まぁ頑張って騙してたのだが、騙せなかったというのが現実か?

とは言え、「こいつ大丈夫か?」と思う若者が多いのも事実だが、おっさんに対しても感じるので、アホの割合はどの世代も一定以上はいるという事なだけかもしれないな。

いずれにしてもその "壊れた" 事による隙間に様々なチャンスがあると思う。

>15:彼らの興味対象がお金のかかるものからかからないものに転換されたのを大人が気づいていないだけなのかもしれない。

これは金額が高い商品に限った話でもない。200円の定番菓子も売れないのだ。こなだまでは車など "あるにこしたことはないが、無くても全く不便でもない" まで買っていた時代で、メディア情報の脅迫感の押し付けで購買が生まれていただけだと思う。

更に非常に細分化されたコンテンツをネットによって体験・情報収集がしやすくなったので、メディアで最大公約数を作っても、あまり巻き込まれる必要もなくなった。

いずれにしても、大人が気づいていないというのは、半分間違いで中途半端な小金持ちのアホな大人が気づいていないだけだと思う。

>23:ネットは無限の記憶力を有している。「はじめて喋ったつもりのギャグは30年前に誰かが言っていた」なんてことが起こるだろう。独創性よりも、ネットワークを構成する「ノード」(接点)として貢献することに生き甲斐を感じるようになる。人は、ソーシャルメディアの中では、情報を入力して情報を出力する「素子」(電子デバイス)のような存在になっていくのではないか?

前半はライフログ発想としては正しいが、後半のノードやら素子というのは言葉を変えただけで、WEB普及以前から存在する団地のおばちゃんの井戸端会議も同じだ。

そもそもソーシャルメディアというネーミングがマーケティングやる側の言葉であって、必要以上に区別されているように感じる。生活者にとっては手法がちょっと変わって "ログ化されてしまう" という点以外は、大きくは変わらないのだ。

更に最近では、「キュレーター」という単語も出てきているが、最初聞いた時「広告界遅すぎ・・・w」と感じた。 自分ですら12年ほど前から現代アートの世界でよく聞く単語だったし、知人でキュレーターで食ってる人も何人か居た。

「種まきはサブカルの現場。収穫・販売は広告屋」と最近よく言うのだが、広告界はアート界より10年以上遅れているという事実の1つだろう。※なんの問題もないのだが、広告屋が最先端気取ってるのはキモいという裏づけだ。

今の現実を深く知るには良い本だが、先の提示は無い本であった。(最初の目的としては問題無いのだが)

facebookで共有する twitterでつぶやく はてなブックマーク googleブックマーク
このエントリーのトラックバックURL:
http://azzlo.heteml.jp/mt/mt-tb.cgi/1396
関連するエントリー
  • *-読書感想- 初音ミクはなぜ世界を変えたのか? / 柴那典
  • *-読書感想- たった一人の熱狂 / 見城 徹
  • *-読書感想- 池上彰の教養のススメ 東京工業大学リベラルアーツセンター篇
  • *-読書感想- 君に友だちはいらない / 瀧本 哲史
  • *-読書感想- アダム・スミス 『道徳感情論』と『国富論』の世界 / 堂目 卓生
  • *-読書感想- ビジネスは「非言語」で動く 合理主義思考が見落としたもの / 博報堂ブランドデザイン
  • *-読書感想- 本当にわかる心理学 / 植木理恵
  • *-読書感想- フリーエージェント社会の到来 新装版 組織に雇われない新しい働き方 / ダニエル・ピンク
  • *-読書感想- 始まりを告げる 《世界標準》 音楽マーケティング / 高野 修平
  • *-読書感想- 知性を磨く 「スーパージェネラリスト」の時代 / 田坂 広志
  • *-読書感想- ルールを変える思考法 / 川上量生
  • *-読書感想- 超情報化社会におけるサバイバル術 「いいひと」戦略 / 岡田 斗司夫
  • *-読書感想- 漫画でわかる萌えビジネス / 浜田ブリトニー
  • *-読書感想- 未来記憶 / 池田貴将
  • *隣人を愛するならば人類を愛せ。キリスト教に心を管理させるな。
  • *会社の事をブログで書かない方が良いとオススメされるw
  • *-読書感想- ライフログのすすめ
  • *-読書感想- 気づく仕事 / 博報堂研究開発局
  • *-読書感想- Communication Shift / 並河進
  • *-読書感想- データサイエンティスト データ分析で会社を動かす知的仕事人 / 橋本 大也
  • *-読書感想- フィルター思考で解を導く / 沖野修也
  • *-読書感想- 未来は言葉でつくられる 突破する1行の戦略 / 細田 高広
  • *-読書感想- 人を動かせるマネジャーになれ! / ブライアン・トレーシー
  • *-読書感想- ニコニコ学会βを研究してみた / 江渡 浩一郎 (編集)
  • *-読書感想- 「習慣で買う」のつくり方 / ニール・マーティン
  • *-読書感想- 2015年の広告会社―80%の広告マンが市場から消える / 植田 正也
  • *-読書感想- つらい記憶がなくなる日 / 榎本博明
  • *-読書感想- プロヴォカティブ・シンキング ―面白がる思考 / 山梨 広一
  • *-読書感想- 心を動かす音の心理学 / 齋藤寛
  • *-読書感想- オタクのリアル / 安田誠
  • *-読書感想- 僕は君たちに武器を配りたい / 瀧本 哲史
  • *-読書感想- 「新しい働き方」ができる人の時代 / セス・ゴーディン
  • *-読書感想- 禅、シンプル生活のすすめ / 枡野 俊明
  • *大卒者 (エリート) が組織で使いものにならない理由
  • *読書感想文書かなきゃ・・・
  • *テレビでフランス語
  • *ボーカロイド施策!!!・・・を断念。(クラブ文化のダメさ具合)
  • *新規玩具開発
  • *"予算が約1.5倍になった!" の打ち上げをしてきました。
  • *新卒採用について
  • *-読書感想- マーク・ザッカーバーグ 史上最速の仕事術 / 桑原晃弥
  • *-読書感想- 憂鬱でなければ仕事じゃない / 見城徹・藤田晋
  • *なんでこぉいう事になるのか意味不明・・・
  • *-読書感想- 秋元康の仕事学 / NHK「仕事のすすめ」製作班・編
  • *-読書感想- 世界の宗教がざっくりわかる / 島田裕也
  • *-読書感想- ウェブ進化 最終形 / 小林雅一
  • *-読書感想- 1分間スティーブ・ジョブズ / 桑原晃弥
  • *-読書感想- Facebookをビジネスに使う本 / 熊坂仁美
  • *-読書感想- facebook完全活用本 / 田中康英
  • *-読書感想- ソーシャルメディア維新 / オガワカズヒロ
  • *スペシャリストの集い
  • *偉いおっさんとランチに行った
  • *秋は憂鬱・・・
  • *-読書感想- 論理的な話し方が身につく本 / 西村克己
  • *-読書感想- AKB48の経済学 / 田中 秀臣
  • *-読書感想- iphoneでライフログ
  • *-読書感想- AR三兄弟の企画書
  • *-読書感想- ファシリテーション入門 / 堀公俊
  • *-読書感想- 家族という病 / 下重暁子
  • *-読書感想- データの見えざる手: ウエアラブルセンサが明かす人間・組織・社会の法則 / 矢野和男
  • *-読書感想- ビッグデータビジネスの時代 堅実にイノベーションを生み出すポスト・クラウドの戦略 / 鈴木 良介
  • *-読書感想- 広告ビジネス次の10年 / 横山隆治、榮枝洋文
  • *トラディショナルな広告代理店が今後食えない理由 ( ノ ε`)
  • *ピケティ読んでないけど今思うところ ٩( 'ω' )و
  • *-読書感想- 無印ニッポン―20世紀消費社会の終焉 / 堤 清二、三浦 展
  • *ライフログ・ビッグデータは嫌だけど労働履歴は大好きです!d(*^v^*)b
  • *カノジョがしばらく海外に行ってしまう・・・(。ノω\。)゚
  • *生音楽曲のミックスダウン・プリマスタリングした!d[ -ω - ]b
  • *会社のデスクで部下を口説く上司 ┐(´д`)┌
  • *「文句も何も言わない無言の組織になりましたぁ!」(=´∀`)人(´∀`=)
  • *笑っていいとも!の亡霊が・・・ \(-●ω●-)/
  • *営業と売り込みって違うよなぁ (*-ω-) 2
  • *-読書感想- 知識経営のすすめ / 野中郁次郎、紺野登
  • *久々に競合プレゼンで勝った (σゝ∀・)σ
  • *やっぱ夜遊び大事!( ・∀)人(∀・ )
  • *久々に競合プレゼンした (σゝ∀・)σ
  • *-読書感想- 9割がバイトでも最高の成果を生み出す ディズニーのリーダー / 福島 文二郎
  • *-読書感想- うちの職場は隠れブラックかも / 松沢 直樹
  • *最近のWEBサービスとか使いづらい (・ε・`*)
  • *-読書感想- 武器としての書く技術 / イケダ ハヤト
  • *目玉とヤギについて (米津玄師ステキ (≧∇≦))
  • *-読書感想- 人は自分が期待するほど、自分を見ていてはくれないが、がっかりするほど見ていなくはない / 見城 徹・藤田 晋
  • *-読書感想- 「人を動かす人」になるために知っておくべきこと / ジョン・C・マクスウェル
  • *-読書感想- ゲーミフィケーション / 神馬豪・石田宏実・木下裕司
  • *-読書感想- なんでコンテンツにカネを払うのさ? / 岡田斗司夫 福井健策
  • *「そろそろ退職をします」
  • *「志村~後ろ!後ろ~!!!」 も言い疲れて来た・・・
  • *-読書感想- ストーリーとしての競争戦略 ―優れた戦略の条件 / 楠木 建
  • *2013年出会った素晴らしい音楽
  • *2013年まとめ (プライベート)
  • *-読書感想- ひとつ上のプレゼン。 / 眞木 準
  • *-読書感想- マネジメント 基本と原則 / ピーター・F・ドラッカー
  • *今年もアドテックの季節
  • *あと7年・・・ (2020年の節目)
  • *アベノミクス効果?
  • *社員は守る対象で、顧客は金を吸い取る対象???
  • *先輩にありえないdisられ方をした!!!
  • *"リッチマン、プアウーマン" を見る
  • *-読書感想- あなたイズム / 博報堂ブランドデザイン
  • *岡田斗司夫に共感!
  • « -読書感想- 一流の仕事人たちが大切にしている11のスタンダード / 指南役 | -読書感想- コンセプトメイキング / 高橋宣行 »

    ~2006/12 ~2005
    MOBILE
    QRコード


    SINCE FEB 2000