∵ TAKA-AKI AZZLO WEB ∵

2011年01月24日

MIX 2009


TRACK LIST


TRACK LIST

やっと出来ました。なんと6時間セットになっちゃいました。

ファイルのアップはsoundcloudだと120分以上アップ出来ないので、重いですがplay.fmにしました。トラックを押した先のページから再生ボタンを押すと、再生時のトラックが分かる様になってます。

セットそのものは夏ぐらいには出来てて、プリマスタリングで時間かかりました。デジタルだからレコード特有のノイズ取り作業が無いので早く終わるだろうと踏んでたのだが、やはり6時間の最大公約数を求めるのは大変でした。

以下プリマスタリングで大変だった曲のオリジナルとの比較。

・18:Andmat 3000 / Vertical Smile
オリジナル
プリマスタリング後

オリジナルはハイが足りないので、ハットをコンプで潰してハイのレベルを上げた。グルーブが大分変わってしまった。

・19:Sasha Carassi / Never Been Honest
オリジナル
プリマスタリング後

かなりこもってるが、"ハット潰しレベル上げ" ではハットのリバーブの余韻の変化に影響が強過ぎて、かなり試行錯誤した。更にステレオ感がなく、ほぼモノラルに近かったので一番苦労した曲。

・24:Krause Duo / Wusch
オリジナル
プリマスタリング後

元々声パートのコンプが強烈で、全帯域で声が影響している。ステレオ感も強烈だったので、帯域だけの調整では上手くいかず、試行錯誤した。

・70:Mouth / Iz & Diz / Brad Peep's Remix
オリジナル
プリマスタリング後

ローファイな音質な上に全体的にハイが足りず、こもっていた。140khzあたりの中低域の調整で悩んだ。

・71:Krause Duo / Brauserie
オリジナル
プリマスタリング後

前の曲がモノラルに近いので、この曲はステレオ感が非常に強く、左右の音の広がりを80%ぐらいにした。ハットのコンプが強い上に、ダイナミックレンジが広いので存在感が強過ぎたハットを落ち着かせるのに苦労した。

・75:Let's Love - Dj Koze
オリジナル
プリマスタリング後

音質そのものはオリジナルの方が良いが、前後の曲がハードなので、のっぺりした音質に変更して馴染む様にした。

こんな事を全曲でやるので時間がかかる訳です・・・。

自己感想・解説はトラックリストと含めて以下にメモ。

---前半---

・01:Citizen Kain,Jaumetic / Criminal / Fernanda Diaz Remix
Regular / 2009
plug in:4

・02:Giovanni Damico / Bernauer Strasse
Elite Records / 2009
plug in:6

・03:Ribadisco / No Entry
Salon / 2009
plug in:5

・04:Mark Henning / Jited Love / Tim xavier Remix
Clink / 2009
plug in:5

・05:Samin / Masua
Circus Company / 2006
plug in:6

・06:Roebin De Freitas / Gamma Ray
Miniatura Records / 2009
plug in:6

・07:Reagen / Teddybear
LeftOut / 2007
plug in:5
⇒この尻切れなMIXによる "?" がWADAっぽい。

・08:Tom Dazing / Qalibrate / Inxec Remix
Toys For Boys Records / 2009
plug in:6
⇒ここまではバランス取り頑張ってやったが、2ヶ月かかった。このペースだと2年かかる・・・。次の曲のバランス取りが難しかったので、以下からは精度が低い。

・09:Ido Oshkopun / Bpynmana
Cynosure Recordings / 2008
plug in:9

・10:Heartz4 / Veritablebuck
Helio?Repeat / 2005
plug in:4

・11:Blagger / Strange Behaviour / DJ Koze Remix
Perspectiv Records / 2009
plug in:8

・12:Pfirter / Once I Met Freedom
MindTrip Music / 2009
plug in:4
⇒「今日は地味なCLICKとかかぁ。つまんねぇなぁ・・・」と眠くなってきてるお客さんが「まだ・・・居てみようかな?」と意識を変えるイメージ。

・13:Billy Dalessandro / Lober Motors
Harthouse / 2007
plug in:1

・14:Guillaume & The Coutu Dumonts / Yone
Circus Company / 2007
plug in:10

・15:Jabberjaw(aka Matthew Dear) / Safety Flirt
Spectral Sound / 2009
plug in:7

・16:Alexi Delano / Adjust the Frequency
Clink / 2009
plug in:5
⇒自分らしいMIX

・17:Samklang / Ich Zeig Dir Wie / Samklang Remix
Snork Enterprises / 2008
plug in:5

・18:Andmat 3000 / Vertical Smile
Cecille / 2008
plug in:7

・19:Sasha Carassi / Never Been Honest
Structure / 2009
plug in:13

・20:RepeatRepeat / Why Must
Soma / 2006
plug in:9

・21:Dj Wada / Madagascar
Sublime / 2009
plug in:5
⇒最初のWADAさん。耳がテクノに鳴れてきた所で良いアクセントになった。

・22:Matthew Dear / Hammers
Spectral Sound / 2009
plug in:6
⇒WADAさんとフワフワのグルーブの掛け合わせが気持ちイイ。

・23:Steevio / Beyondness
MindTour Records / 2006
plug in:4
⇒1度音の隙間をスカスカにしてみる。

・24:Krause Duo / Wusch
Musik Krause / 2009
plug in:13
⇒盛り上がり始めたのかなんなのか?分からない故の興味醸成が狙い。

・25:Alex Kork / Schlorke
9Volt / 2009
plug in:4

・26:Bulgur Brothers / Jane & Kate / Krikor Remix
Sunset Diskos
plug in:5
⇒「ちゃんとやる事はやりますから・・・」という事前宣告的イメージ。

・27:Andy Zots / Bunker Luker
Globox / 2008
plug in:8

・28:Schleck-Stecker / Frau Aus Matsche
Musik Krause / 2007
plug in:4

・29:Audio Werner / Easygoing
Hartchef Discos
plug in:3
⇒事前宣告を忘れたふりをして、HOUSEグルーブを導入。

・30:dOP / Allo Boom Boom
Circus Company / 2007
plug in:3

・31:Little Nobdy / Compulsion / Dj Wada Remix
Hypnotic Room / 2009 /
plug in:7
⇒二度目のWADAさん。レッドカーペットを敷けた想いだ。

・32:Alex Young / Minimofongo
Definition Records / 2009
plug in:3
⇒地味にハードだったWADAさんから熱冷まし。

・33:Solead / Loose Powder
BEEF Records / 2008
plug in:3
⇒今までなかった湿度を導入。

・34:Jan Hendez / Introduction
Multi Vitamins / 2009
plug in:4
⇒前曲の湿度を維持しつつ一気にハードに。

・35:Dj Wada / Choose One
Sublime / 2009
plug in:4

・36:Andrew Sko / Pomp In / The Third Nerd Remix
Love Hertz / 2009
plug in:3
⇒WADAさんのはちゃめちゃピアノと絡み、大転落。しかしグルーブが跳ねてるので、落ちてるのか上がってるのか混乱させて整理に期待を作る。

・37:Marco Esse / CacoNer Teroso
Suara / 2008
plug in:3
⇒このアゲ方は他のDJに無いものだと思う。

・38:Little Nobody / Compulsion / Ben Post Remix
Hypnotic Room / 2009
plug in:4
⇒音質悪くて苦労した。キックが無くてリズム隊はモノラル・・・。

・39:Bukaddor & Fishbeck / Carat
Traum / 2008
plug in:11
⇒取り急ぎの現状復帰的整理。

・40:Alex Tschabold / Your Noise
Mystika Records / 2009
plug in:4

・41:Antislash / Damn
Frankie Records / 2009
plug in:3

---後半---

・42:42Grad Guyz / 42Grad
9Volt / 2008
plug in:3
⇒珍しく "キター!" 感のあるMIX。

・43:Luka & Lazo / Drop / Dario Zenker Remix
Mo's Ferry / 2008
plug in:2
⇒縦ノリから横ノリへの遷移、ステレオ感が薄い前曲から包まれる感じへ緩やかにシフト。グルーブ的にも音質的にも前後に無いもの同士で掛け算したDJ MIXの意味があるMIXに出来たつもり。

・44:Jens Zimmermann / X12
Resopal Schallware / 2009
plug in:5
⇒一気に地味にする。次への期待を高める。

・45:A.Z.Z.L.O / Fugitive
A.Z.Z.L.O / 2009
plug in:6
⇒久々の自分の曲。2008年の4月に作った。当時WADAさんのbeatbeatsを一日中聞くぐらいハマっていつつ、会社で先輩が ENEOS PLANET にハマっていて、いつも音が聞こえていたので、そんな影響が強い曲になった。

音源はアニメのエクスマキナからのサンプリングで構成してます。

・46:Critian Vogel / Cyk Sprint Sparks
Tresor / 2007
plug in:4

・47:Miro Pajic / Barking Dogs Don't Bite
Gastspiel Rrecords / 2009
plug in:3

・48:Kaiserdisco / Pipe!
MBF / 2009
plug in:6

・49:Dj Wada / Alternate Life
Sublime / 2009
plug in:6
⇒4度目のWADAさん。アルバム "ONE" の中で一番好きな曲。単体で聴くと "アートであってダンスフロアのものではない" と安い括られ方をしてしまいがちな雰囲気が悔しく (小鐵さんのマスタリング 故というのもあるが)あえて盛り上げポイントとして使った。

・50:The Deep / James Kumo
Metamorphic Recordings / 2009
plug in:6

・51:Nittin / Silent Scales / Yoruba Soul,Osunlade Remix
No.19 Music
plug in:4
⇒この曲を組み込めたのは自分で感動w 前曲との絡みでCOSMIC感が作れた。コンプで潰し過ぎない様に気を付けた。

・52:Riow Arai / Amfm
op.disc / 2009
plug in:7
⇒無機質な音でコントラストを大きく作った。前曲との絡みでファンキーさの拡大を狙った。

・52:H.O.S.H / The Valve
Diynamic / 2008
plug in:3

・53:Daniel Stefanik,Matthias Tanzmann / Basic Needs
Moon Harbour Recordings / 2006
plug in:2
⇒前曲の "DJセット終わり感" を土台に「あともうちょっとは続くよ」と嘘を付くイメージ。

・54:Irakli Shonia / Micro Input
Autist Records / 2009
plug in:3

・55:Mario Zar / Luxus Braut
Presslab Records / 2009
plug in:3

・56:Trump It / Rauwkost
Thirtyonetwenty / 2008
plug in:4
⇒遅ればせながら "やるべき事" はやりました。

・57:Mario Zar / Beetle Bot
Woikenfunken / 2009
plug in:2
⇒肉いっぱい食ったので、珍味を頂くイメージ。

・58:Zarbeat / Noche En Rioma
Miniatura Records / 2009
plug in:5
⇒地味ハードコア。普遍的に好きなスタイル。

・59:Dominik Eulberg / Die Trottellummen Von Helgoland / Remute Remix
Traum / 2005
plug in:5
⇒「もっとハードになるのか?どうなんだ?」という疑問の中、最初は無視するイメージ。

・60:Numb / aka
Revirth / 2002
plug in:6
⇒ハードな後の熱冷ましとして、BPMを落とす形で温度を変えた。

・61:Autechre / Tankakern
Warp / 2008
plug in:6
⇒音量レベルにも音の隙間にも余裕がなく、「どぅわ~~~!!!」感が薄いのだが、AutechreをMIXに組み込めたのは、一つ自分の節目を感じる。

・62:Cristian Vogel / Gigantic Tautological Machinery
Tresor / 1998
plug in:12
⇒ラッドのコレクションでも使った大好きな曲。これも組み込めたのは嬉しい。セットの中で一番集中度が高い瞬間だと思う。

・63:Dj Wada / Pino
Sublime / 2009
⇒5度目のWADAさん。クリボーに全て破壊された焼け野原に、WADAだけが生き残っていた・・・そんなイメージ。
plug in:3

・64:Tone 15 / Blueberry
BWG Records / 2009
plug in:5

・65:Architekt / Sketch
2600Records / 2006
plug in:3
⇒セットの中で一番テンションが低い。MINODA的美学を組み込んでみた。

・66:Bruno Pronsato / At Home I'm A Tourist
Hello?Repeat / 2009
plug in:5
⇒曲調がレアだし、分かりやすい繋ぎポイントが無いのでミニマルな前曲からのロングミックスになった。上手く混じったと思う。

・67:Tim Xavier / Number21-xyz
LTD-400 / 2009
plug in:1
⇒やや無理クリではあるが、テクノらしいテクノに戻ってきた感じ。

・68:Kleinschmager Audio / Audio3
Rrygular / 2009
plug in:7

・69:Alex Tschabold / Metalife
Circle Music / 2009
plug in:5

・70:Mouth / Iz & Diz / Brad Peep's Remix
Europa / 2003
plug in:9
⇒こんなMIXは他にないだろうし、かける人もいないだろう。遠まわしにフランス帰りをアピール。

・71:Krause Duo / Brauserie
Musik Krause / 2009
plug in:8

・72:Alex Piccini / Plaything Pzeta
Maschine / 2007
plug in:8

・73:Dj Wada / Beatbeats
Sublime / 2009
plug in:4
⇒6度目のWADAさん。最初の突っ込み方は他に無いMIXだと思う。前曲のステレオ感を下げて音の広がりのコントラストを生んでみたりした。

・74:Inxec / Pidge
Contexterrior / 2007
plug in:6
⇒WADAさんの湿度を生かしつつ、ラストスパートな匂い。

・75:Let's Love / Dj Koze
IRR / 2008
plug in:11
⇒でも落とすw

・76:Connections / Jacek Sienkiewicz
Cocoon Recordings / 2009
plug in:7
⇒自分らしい追い込み方。体の疲労感を再認識する瞬間として、あえてグルーブが無いハードな音を入れた。

・77:Dj Wada / Albino
Sublime / 2009
plug in:5
⇒7度目のWADAさん。「まさかっ!?」って入り方によって、「この期に及んでまたWADAかよ」と突っ込まれたい感じ。でも必然性のあるWADAです。WADA村の住人はニヤけポイントだろう。

・78:Just A Women / Ellen Allien / Audion Remix
Spectral Sound / 2009
plug in:7
⇒非常にスタンダードなMIX。

・79:Kornel Lemon / Spanish Vodoo
Cray1 Digital Works / 2009
plug in:6
⇒導入時、キックがありそうで無くなってしまう中、一気に復帰するのが最後のアクセント。疲労でヘロヘログシャグシャながらも、次のDJがブースに入ってきてヘッドフォンをプラグに差すが、既にブースを離れたにも関わらず爪あとを残し続けるDJの存在感を感じさせるのが狙い。

・・・という感じで0時から6時までのフロアーのイメージに近くなった。

近年はWADA絶ちによってフレッシュなWADAの影響が無い状態で自分の表現を見つめてみている訳だが、どうだろうか?


2011年01月17日

EVERNOTEを有料アカウントにしました。

ライフログ実践の為にやはり何かしらクラウドサービスの活用を検討する。

取り急ぎこの会社に入ってからの名詞は480枚(製作会社分)はEVERNOTEに格納。今年の年賀状なんかも格納してみた。これはこれで満足だが、特に完成済みの企画書の格納・管理を何処でやろうか悩む。

今年中か来年か?会社のPCがWINDOWS7になりハードも一新される予定なので、それまでにクラウド環境整えておきたい。PC移行時にファイル紛失は無くてもタグ紛失とかはありそうだからだ。

EVERNOTE WORKING を読むと、特にOFFICE系書類はdrop boxとの併用を薦めているが、最大容量が少な過ぎる。これではライフログにならない。

既に名詞と年賀状は入れちゃったし、今後サービスも進化するであろうと考え (facebook等のSNSとの連携も準備中の模様) EVENOTE一本に集約しようと思い、一か月分の有料アカウント(プレミアムアカウント)にする。

現在ローカルではtag2findによって

tag2find

こんな感じでpptの観覧が行えるようになっている。最近は表紙をグラフィカルにデザインしておく事でタグ以外の視覚でも判断がしやすいようにしている。

これをEVERNOTEでもほぼほぼ同じ感じで扱えるならば、月1G毎にアップロードしていけば良い・・・と思ったのだが

evernote

なんとEVERNOTEではOFFICE系書類はサムネイル表示が出来ない様だ・・・。

evernote02

更にGOOGLEドキュメントの様にブラウザ内で観覧出来ず、アプリケーションを立ち上げて見なくてはならない・・・。

すっきりしそうだったのにすっきりしない!!!ノートという概念からしてOFFICE系ファイルがこの様な扱いになっているのも分かる気がするのだが、サムネイル表示 / ブラウザ・アプリ内観覧は是非アップデートによって対応して欲しい。

せっかくお金払っちゃったので、1G分はアップロードしてみて使い心地を判断してみる予定です。


2011年01月16日

インフルエンザになっちゃった

金曜夜から変な堰が出て微熱っぽかったのだが、しっかりと風邪を引いた・・・。

普段の風邪なら高熱でも身動きは取れたりするが、土曜日全く動けず、更に寒気もキツかった。日曜やっと動けるようになったので病院に行くと・・・A型インフルエンザとの事。

取り急ぎ部長にTEL。
「1人暮らしだと大変だよなぁ。自分で何も出来ないんだもんなぁ。ガハハ」
あんまここで笑って欲しくなかったのだがw 状況は理解して貰えた。

金曜プレあるし、その他にも色々動きがあるんだが・・・。嫌な時に体調崩してしまった。


2011年01月15日

「そんな言い方しなくても・・・」

非常ぉぉぉにモチベーションが低いお菓子屋案件だが、CM投下時期が近づいてきているので、WEB施策プランニングで営業に泣きつかれる。

先日意味の無いAR案を無理やり提案させられた挙句に得意先に刺さらないという、否定・拒否する材料が新鮮なだけに、「やる意味無いし、決まらないし、代理店が入るネタでもない」と強烈に壁を作っているのだが、「分かりました。もういいです。営業でやり切ります」といつまで経っても言わない・・・w

完全に拒否しても別に良いのだが、同情出来る部分もあるので、製作会社とのハブとして企画書は作らないが、骨格の整理と "営業の得意先視点" → "製作会社に対しておもろい事・WEBデータ製作視点" への変換だけはやっている。

製作会社には申し訳ないが、どうせ決まらない儀式的プレでありつつも、一応300万程度の売上げは確実な案件なので、緊張感皆無ながら一応レールは敷いたつもりだった。

月曜日14時に製作会社から企画書が上がる予定になっている所、営業(3年目・法政大学)から
「月曜は午後に出てしまうので、午前中に貰えないですか?」
と相談がある。

正直カチンと来るが、一応事情を聞く。

自分:「何の予定が入ったのよ?」
営業:「検品です!」
自分:「検品・・・!?そんなんに上書きされるのかい!14時にデータ上がるというスケジュールの方が先に決まってたよね。なんで別の予定入れるの?それだったら夜見ればいいじゃん。スケジュール上書きされる案件という事は、このジョブは二の次にしていると言う事なんだね。昨日 "アカウントデザイン" が重要だって自分で言った癖に、翌日にこんな相談?」

と嫌味を言う。

※WEBはいつもこうなるし、この案件は特にそうだ。自分を守るという意味よりも可能な限り頑張ってくれてる製作会社を守りたいという趣旨。実際自分はほとんど手を動かしてないので、どっちみち自分は痛まないのだ。

すると営業がフリーズ・・・無言になる。ここで言い返して自分をねじ伏せるのが、営業の仕事でもあるのだが、無言のまま・・・w 前日久々に飲んで「AZZLOさんは意思があるから、仕事一緒にしたいっす!」と可愛い弟分営業を気取ってくれたにも関わらず、一切考慮しない自分も自分なのだがw

自分:「フリーズしちゃって・・・どうしたのよ?」
営業:「・・・そんな言い方しなくても良いと思って・・・」

そんな言い方って言われる様なテンションでは喋っていない (声は怒ってない) し、カチンとは来たが実際根に持つ様な意識はないので、一瞬 "?" だった。

ちゃんと「○○な事情故、申し訳ないですが、午前中に確認出来ると助かるんです。途中段階でも良いので・・・」と言われれば「そうかぁ。厳しいけど最善は尽くすよ」と返すのだが、どうもこの若い営業は着地しない話の始まり方をする・・・。自分が昔良く言われた "良くも悪くも素直過ぎ" というヤツだろう。

更に!この期に及んで "あったらベストな別の切り口" の企画を念押しされる。

自分:「既に口頭で言ったし、製作会社とのブレストでも切り口上がってるじゃん。そもそも無くてもいいんでしょ?」
営業:「えぇ。そうなんですけど、やはり別の切り口も提案したいのです」
自分:「?既に切り口案もある訳じゃんさ。大丈夫じゃん」
営業:「そうなんですけど、その切り口でも、2.3案提案出来たら良いと思って・・・」
自分:「・・・はぁ・・・」

一瞬 「別の切り口案全くなかったけ?必須だったっけ?」と混乱させられる会話だ。

面倒臭くなってきたので、30分程で適当に6案作って「欲しいのあったら企画書に落とすから、好きなのとっとと決めろ」と連絡。

6案のうち4案も欲しいと言われ、「お前贅沢過ぎ」と喧嘩するのも面倒なので、即効で企画書に落とす・・・つもりだったが、時間が無いのもあり、予算と共に製作会社にパスする。

とりあえず今日の段階ではOKだが、中途半端な後だしじゃんけんは辞めて欲しい。他の営業は営業が欲しいゴールに自分を道連れにするテクニックがある(人もいる)だけに、業務に追われるだけでなく、デザイン思想を組み入れて欲しいと思った。



彼が掘った穴に一緒になって落ちただけなのだが、ちょっと言い過ぎたのかなぁ?と考えていると、彼の同期(3年目・立命館大学)がタバコ部屋に居た。ちょっと事情を話すと

「おっしゃる事は超真っ当ですが、それは・・・キツイですよ!僕ら自分でスケジュール立てれなかったりしますからね。上の言いなりですから・・・。」

との事。だったら上に「彼を14時にデスクに居させる必要がありますから。いいですよね。先に決まってた事なんでね。無理ならこの案件事故りますね。」と話しに行ってもいいのだが、「上に仕切られちゃった」と言えないのは、きっと当人のプライドだったんだろう。(と思いたい)

車案件の弟分営業(4年目・中央大学)が、1人で仕切ってやってるし、上にスケジュール管理されると愚痴ってるので、3年目も同じ感じだと思ってた。部署によって環境が全然違うからな・・・。にしても検品に上書きされるってのは、WEBは舐められてる。CMプランニングだったら、無駄に営業で群れて動く癖にな。

環境的に避けれないのはしょうがないのだが、そもそも疑問を感じないのが問題だ。

自分からすれば最初の時点で
「・・・そんな言い方しなくても良いと思って・・・」
であり、彼が疑問を感じてさえ居れば、最初の喋りだしは無いだろうと思う。

ま、次に更に断る理由が出来たので、有意義な出来事であったw


2011年01月14日

SAYAちゃんの実家に行く -1/3-

なんだかんだで3泊してしまった。正直居心地が良いw

午前中には起きたので、昼から温泉に出かける。

2011-01-03 12-28-06

2011-01-03 12-41-56

こんな感じの田舎道を進み

2011-01-03 12-53-35

途中行き止まりになってしまいながらも、妙義グリーンホテルに到着

2011-01-03 13-11-15

最近風呂ばっか入ってるが、やっぱりイイ!山を見ながらの露天風呂に子供達の笑顔。平和だわ~。

田舎の山奥なんで分からなくもないのだが

2011-01-03 14-09-18

予定が少な過ぎる気がする・・・。

髪の毛がパサパサになったみたいで、SAYAちゃんがしっとりするヤツを付けてくれる。

2011-01-03 14-14-34

そして、中之嶽神社 に行く。

2011-01-03 14-53-08

2011-01-03 14-56-16

SAYAちゃんは水占いをやる。

・・・最低限誠意はあるつもりなんだけどな・・・(汗)

帰りは時速30km程しか出ない軽トラによる渋滞が発生しながら、お母さんに貰った焼肉チケットで飯を食いに行くが・・・まだ営業前だったので家に帰る。

このまままたテレビとかを見てしまうと、翌日始発で会社に出社なんて事になりそうだったので、荷物をまとめて帰京する。

お母さんからお土産を貰ったので、帰宅後開けてみると

2011-01-03 21-57-31

またご飯!w

サマーウォーズのナツキのおばあちゃんのセリフ
「一番よくないのは、お腹が空いている事と一人で居る事」
を思い出した。ホントありがたいなぁ。自分は実の母にお弁当持たされた事ないなぁ。

早くまた年末来ないかなぁと思ってしまった、非常に有意義な体験だった。


2011年01月13日

SAYAちゃんの実家に行く -1/2-

昼頃起きてSAYAちゃんの部屋でテレビを見てると、廊下から「SAYAぁ、ご飯はぁ?(食べない?)」とお母さんが声をかけてくるが・・・。昨晩はカレーにお節に散々食いまくっているので、寝起きでまた飯は食えない・・・。

ドラマ:フリーター家を買う に夢中になってしまう中、そそくさと小幡のウォーキングコースへ行く。

2011-01-02 14-31-50

2011-01-02 14-37-38

2011-01-02 14-38-59

2011-01-02 14-41-24

2011-01-02 14-45-57

2011-01-02 14-46-38

2011-01-02 14-48-09

大塩湖にも行く。

2011-01-02 15-32-18

高崎は自然が楽しめるなぁ!と澄んだ綺麗な空気を浴びまくる。

家に戻るとSAYAちゃん即効で爆睡。リビングでお母さんとテレビを見てまったりする。AKB48が出てたりお笑い芸人が出てたりといった具合だが、「あらやだぁ~、そうなっちゃうのぉ~?うふふ」とテレビを見ながら突っ込むお母さんにマス媒体の着地地点を見れて新鮮だった。

お母さんは出かける予定があるとの事で同級生がお迎えに来るが、一旦家に上がる事になり 同級生の "生まれたばかりの孫の写真を見る会" が始まる。凄いプレッシャーになる空間だった・・・w プレッシャーになるという時点で自分も歳取ったんだなぁと実感した。

お父さんがパチンコから帰ってきたので、二人で飲む。適当にテレビ見ながらおしゃべりしていると、「よし!飲みいくぞ!一緒に飲もう!」と外に連れ出される。既に飲酒中なのでタクシーを呼び5分程で到着。

お父さん行き着けの居酒屋へ。「SAYAの彼氏連れてきたぞぉ~!」とお父さん元気が良い。そして "地元の権力者" なるおじちゃんに挨拶w お父さんとがっつり男飲みかぁ~としみじみしていると、お母さんと同級生が合流。みんなで座席にあがる。

「タカよぉ。おめぇは酒飲むからイイ奴だよ。お前が来るの待ってたんだぞ!気持ちの整理が出来てないとかなんとか言いやがってよぉ。とっとと来りゃ良かったんだよ!高崎来た時はオレと飲むんだからな!札はねぇけど金はあるから飲ませてやるからな!」とお父さんへべれけな酔いっぷり・・・w

お父さんはお母さんにも絡み笑顔で展開する平和な夫婦喧嘩が始まる。

2011-01-02 20-39-04

右から二番目の人がお母さん。さすがSAYAちゃんとMISAの母親である。すげ~可愛いのだ。
「もういいよ。ここまで一緒だったんだから死ぬまで一緒でしょ!」
というお母さんのセリフが泣ける。男女のあるべき姿だわ~と感動した。

お母さん達が「セブンイレブンでデザート食べたいわね!」と言うので、タクシーで帰宅。お父さんアイスだけで\3000と大人買いしてお母さん達喜ぶ。平和だ~~~~!!!!!自分はこぉいう50代をやれるんだろうか?

自分もアイス食って寝る。


2011年01月12日

SAYAちゃんの実家に行く -1/1-

昼過ぎに起きてリビングに行くと、お節料理!!お節料理は人生初めてかもしれない。あったとしても3回も食った事はない。"オレ日本人ぅ~♪" とアガりながらテレビを見てぼ~~~っとする。お父さんは既に挨拶回りで外出だ。

2011-01-01 13-52-17

お母さんが寝起きから酒を出してくれるわ、何か食ったら新しい具が皿に乗っけられるわで、わんこそば状態が続く。少しお母さんに対して慣れてきて、ちょっと家族っぽくなってきた。

2011-01-01 15-57-31

SAYAちゃんも家では "娘" の顔になってる。

外の空気を吸いたくなったので、夕方から初詣に出かける。

2011-01-01 16-30-31

な~~~んもない田舎道を通って妙義神社に着くと・・・

2011-01-01 16-43-23

本間さんの名コピーを発見!!!

2011-01-01 16-51-52

ちょっと並んでお参りを済ます。

更に日枝神社にも寄る。

2011-01-01 17-39-15

家に戻ってカレー食べて、またぼ~~~~っとしていると、アバターの放映がWOWOWであるとの事。リビングで家族と共に見る。

2011-01-01 21-08-15

綺麗さ・作り込みで圧倒される。アバターの活用方法はあまり自分の趣味ではなかったが映画らしい良い作品だと思った。やっぱテレビあるといいなぁ。

風呂に入って寝る。


2011年01月11日

大晦日:朝まで生テレビを見る。

紅白を見てジャニーズを散々見たまま寝ていると、おっさんの奇声で目が覚める。池田信夫と森永卓郎が新年早々喧嘩してる・・・。最悪な2011年の始まりである・・・w

"デフレの原因は何か?" というのをtwitterで視聴者に問いかけつつ、パネリストが議論するという内容らしい。まず "原因を特定した後、君達はどうするの?" と思った。喧嘩する材料探してるだけな感じだし、各々の立場を守るだけのおしゃべりであって、議論でもなんでもない印象だ。

そしてtwitterとかソーシャルメディアの影響について色々と意見があるが、今後はアメリカでのfacebookみたいな状態になるだろうが現時点で騒ぐものではないと思っているので、なんか "最新のWEB知ってますよぉ~" 的な空回りしてる知識自慢に感じた。

ソーシャルメディアの登場によって、彼らに金を払う媒体が弱くなってきてるから、危機感度が高いんだろうな。

・・・更に強烈に思ったのは田原がダメ過ぎる。

・田原が火に油注いでる。
・田原に意思があり過ぎる。
・昔話が多い。更に唐突に昔話を出すので参考にならない。ただの記憶自慢。
・パネリストを利用して "記憶" を自慢したいだけ。
・人数が多過ぎる。テーマ毎に4人ぐらいにして、議論のオチに対して司会者がレールを敷くべきだろう。
・学生の雇用問題で「経営者が悪い!」と強気で言ったが、上杉に「まぁ結局は政治ですよね」と宥められるw

こんな恥ずかしいおっさんが居る事に、新鮮な驚きを感じた。

その他、メモに書いた感想を残しておく。

・Wikiリークスが無くても情報は漏れる。
・なんで子供にエロはダメなんだ?過保護過ぎやしないか?SEXと殺人の違いが分からない人間を醸成する事にならないか?"真っ当に欲情する機会" を作らなければならないと思う。
・みんなtwitterで騒いでるがリアルタイムじゃないし、タイピングする時点で瞬間の想いから編集されている情報だ。将来のライフログに比べたら何でもない小さな事だ。
・就職難デモ学生:「就職して幸せになれるか分かりません!」←じゃぁしなきゃいいし、したところで奴隷だよ?
・就職難デモ学生の中に女子が居ないな。
・勝間和代:成長しているSNSの会社に政治がいじめに入っている。(政治は悪い)←共感
・池田信夫:「PTAのおばちゃんとか暇な人々が足を引っ張る」←共感

全体的に上杉隆と勝間和代はクリアーな思考な感じがした。

結局最後まで見てしまったが、良い話がありそうな雰囲気がすると田原がぶち壊すので議論になってなかった。まぁテレビ番組としてはアリだろう。政治をネタにした "働くおっさん劇場" だな。

全体的なムードとしては "元に戻そう" ロジックによるおしゃべりが特に高齢の人達の中で多かった気がする。

管総理も「元気な日本を復活させる」をスローガンにしている様だが、失ったもの・過去を取り戻す燃費の悪さを知らないのかしら?燃費悪いならまだしも実際は無理な事なのに本気で頭悪いと思う。「元気な日本を世界に知らしめる!」だったら納得なんだけどな。"復活" ってのが元ネタありきの後ろ向きで嫌だ。

"元気" というのを何を指しているのか?指している時期もよくわからないが、大概はバブル時期の事だろうと思う。あんなの日本の歴史的にも例外的な時期だと思うのだが、バブルをデフォルトにしてやしないかな?これは管以外の人達もそうだ。メディア媒体が押し付けてるロジックでもあるが、政治家が媒体に影響され過ぎてる様にも見えるw

当時の条件を揃えさえすれば、当時の元気な日本が実現出来るとでも思ってるのかしら?当時の条件で悪い方向に変化していったんだから、数十年後・数百年後ならバブルの条件揃えれば上手くいくかもしれないが、たかだか20年後の今に適応させても足掻くだけ溺れるだけな気がする。(時代関係無いセオリー手法というのはあるんだろうが)

こないだも、「これまでは仮免だった。これから本番」と言ったらしいが・・・。日本のエグゼクティブの薄っぺらさがよく分かる・・・。なんで中学中退の自分にまで揚げ足取られるのか全く理解出来ない。まぁ薄っぺらくても大丈夫な様に学歴とか価値の無いスペック競争の世界にしたと考える事が出来るな。まぁ理にかなってるという事か。

自分は批判する対象に対してフォロー出来る箇所が見えてれば、一応取り上げるスタンスがあると思うのだが、自分が持ってる知識だとまったく管や民主党、それ以外の政党政治家をフォロー出来ない・・・。

「よく考えたら自分のギャラが無駄だと思いました。国の為に政治家辞めます!」とか言う政治家居ないのかなと思う。

まぁいずれにしても日本は平和だと思うし、牛鍋丼が280円で食えるし、ツタヤの半額レンタルで安価に色々楽しめるし、超ハッピーな訳でもないがテレビでみんなが騒ぐ程、"現時点の生活" は何の問題もないと思う。学生が就職で悩むまでもない裕福で便利な国だ。(学生に対しては錆付いた過去の思考セオリーを世間に押し付けられながら、年齢的に判断材料が少ない中、自分をマネージメントしていかなければいけない現実には同情はする。)

が!このままだと20年後は回らないと思う。

・・・とか考えながらまた寝る・・・。


大晦日:紅白とジャニーズをいっぱい見る

SAYAちゃんの実家にて紅白を見る。丁度PERFUMEが出てた。

2010-12-31 21-45-45

植村花菜のトイレの神様は、自分でも話題になっているのは知っている。曲紹介の際に「道徳の授業で紹介させてもらってます」という教師からのメッセージもあるとの事。興味津々で見る。

2010-12-31 22-43-48

これが道徳に活かせれるのか!?と混乱した。"赤信号で車が止まりました" ぐらい何処にでもある日常にメロディーが乗っただけじゃないか。「だからおばあちゃんは大切にしましょうね!」というオチの授業でもやるんだろうか?子供にしてみれば眠い授業だろうな。子供舐めてると思う・・・。

反面、いきものがかり / ありがとう は商業音楽として秀逸だと思った。

2010-12-31 22-59-55

隙がなく凄く自然だ。

2010-12-31 23-08-40

桑田佳祐はこの紅白で復帰だったとの事で、普通に病気する年齢になったんだなぁ・・・と時間の経過を実感しながら見る。

一曲目 "それ行けベイビー" ぶっちゃけド頭でかっこいいと思った。堅苦しくなく自然なメッセージだ。っつぅかこの手の音楽でメッセージと感じれるものは少ない。桑田って本当にイケてるのかも?と見方が変わった。

二曲目は "本当は怖い愛とロマンス " 適当に写真を撮ったのだが、そんな一瞬でもこのクオリティー。生放送でPVクオリティーになっていて凄いと思った。

2010-12-31 23-26-04

続いて氷川きよし。演歌はどれも同じでチャレンジしてないから嫌いなのだが、氷川きよしは45回転のジャングルを33回転で再生してビッグビートとしてかける的な、変な取り組みをしていて面白いと思った。しかし歌上手いな。

2010-12-31 23-35-14

SMAPは、この背景にある超巨大モニターに映る夜景の光がひとつづつ動いているのにビビった。地味だがすげ~手間かかってそうな演出だ。やっぱテレビは予算があるなと実感する。

2011-01-01 0-00-20

そんなこんなで、年を越してしまいチャンネルを変えてみると

2011-01-01 0-07-02

さっき紅白で司会していた嵐がNHKの屋上で歌っている。このフロアー照明がイイ!!クラブのフロアーもこうなれば新しい体験の提供になるだろう。感圧センサーも組み合わせれば、自分が水滴になり水の波紋を作って遊ぶなんて事も出来る。子供向け遊具としても大有りだ。誰かやってくれないかなぁ。

ジャニーズがあらゆる場所で歌っている模様のメドレーをがん見していると

2011-01-01 0-18-47

タッキー&翼は、こんな状態でも綺麗に歌を歌っている。あらゆる筋肉が鍛えられていれば不可能ではないにしろ、凄過ぎると思った。

・・・ジャニーズを見ながら寝ていると、おっさん同士の罵り合いの声で目が覚める!

大晦日:朝まで生テレビを見る。


SAYAちゃんの実家に行く -12/31-

"家族と過ごす普通の年越し・正月を全然やった事がない彼氏"
という話がSAYAちゃんとお母さんの間であったらしく
「じゃぁ呼んじゃえばいいじゃない」
という事になったらしく、年越しはSAYAちゃんの実家に行く事になる。

彼女のお父さんと会うという事は初めて。それなりにいい歳なので、結婚の話題等もあるかと思い緊張するw

31日の昼頃高崎に到着。

2010-12-31 12-09-01

お父さんのファクトリーに直行する。

2010-12-31 12-43-10

かなりインダストリアルな空間の中、そばを打ちながら、家族・仕事仲間が集っていた。

2010-12-31 13-21-48

2010-12-31 13-21-58

両親にも挨拶済ませると、お父さんの仕事仲間のおじさんがニコニコで話かけてくる。
「結婚式んときは必ず呼べよ!でもオレだけにしてくれ。嫁も一緒だと金が倍かかるからな!」
と誰よりも先に "結婚" という単語を出したw 場内の空気がフリーズしたのを感じたw

一度二人だけで実家に行きテレビを見てまったり。イオンモール高崎を散歩して19時頃家に戻る。既にリビングでお父さんは寝てたw

2010-12-31 19-21-31

お土産は当然星子!!!梅の風味が強い方が分かりやすいので2009年物にしました。

お父さんはスパイスの強さから苦手だった様だが、お母さんは夢中!!今度は星子のケーキも持ってこよう♪

20時頃にはお父さんは本格的に寝に部屋に行ってしまったので
SAYAちゃんの部屋で紅白を見て寝る。
途中おっさん同士の罵り合いで起きたり
した上で、朝方また寝る。


2011年01月10日

2010年まとめ(仕事)

春の新車立上げ案件以外は徹夜もほとんど無く、キツくなかった。まぁ2009年までがやや異常だったかもしれない。2009年との条件の違いを振り返ってみると

・飛行機屋案件から(ほぼ)外れた
・お菓子屋案件が進まず製作までやらなかった
・先輩や部長との絡みが少なかった
・車案件がメインジョブになった
・"先輩のアシスタント(2009)" → "営業から指名で依頼される(2010)"

といった点が大きいか?

10月で3年間が終わり4年目に入ったのだが、この3年間の間に悔しい思いをした材料が良い肥やしとなり、営業と(生産的な)喧嘩が出来るようになったので、無駄な事をやらずに済んだのは非常に大きいと思う。

ネガティブであるが、"ウチの看板でお付き合い出来るクライアントのレベルが見えた" というのも大きい。車案件は兄貴分会社とチームを組んでいるので、電通とちゃんと喧嘩出来た面もあったが、ウチだけの看板では電通が相手にしていないクライアント・案件にしがみつくしかないという現実が把握出来たw

※ウチの看板だけで真っ当に戦ってる案件もあるハズだが、正直少ない様に感じている。

ウチの貧乏性が招いている結果でもあるが、広告主の体質によるものもある。
「APPLEの様な企業になりたい。面白い企画を待ってます!」
というオリエンなのに、前年と変わらない国民的芸能人をアイコンにして「おいしぃ~~!!」と言わせるCM打つだけで終わってる広告主とか、そんなんばっかだw

作業としてはセオリーなので、"裏切りの無い普通の広告が打ちたい" と言ってくれれば、お互いに楽なのに・・・と思う。パンツ脱がせたらチンコ付いてた的な裏切られ感である。・・・もしくは透明の袋の福袋を買うような心境だ。

上記の理由から担当者の性格や企業体質をチェックする機会が増えた。(あえて確認しない場合もある)まぁおそらく永遠のテーマなんだろうが、特にこの2年で実際に生活に変化がある程に時代が変わってきているだけに、企業は僕程度のレベルの人間に見透かされないようにw 担当者のリテラシー向上は必要だと思う。今後は "お客だから絶対正しい" のスタンスではライバル企業との格差が広がるだろう。金で処理できない事が増える気がしている。

その点車会社の担当者は、業界でもトップレベルのリテラシーで(代理店入れずに1人で頭から尻まで完結出来てしまう上に、広告賞なんかも取ってしまう人)まともに対等出来る人間は業界でも少ないらしい。そんな人を相手に出来るポジションに居れる自分はかな~~~りラッキーと言える。

残念ながら新車立上げ以外、提案しても実施に至っていないのだがw 車案件で作った企画を元に他案件に流用する等、"ストック出来る" 機会になっている。

ウチの担当営業(弟分)も負けないように非常に勉強しており、自分よりもクリアに整理出来る領域もある。正直結構助けられてるw ただの窓口営業ではなく "意思があった上でアカウントデザイン" している営業だと感じる。この二人との関係は非常に良い刺激であり前向きに取り組める大きな要因だった。

反面、お菓子屋案件では担当者に意思が無い上に提案を無かった事にさせられるので、「提案してもどうせ決まらないじゃん」のひと言で営業の相談をことごとく打ち砕いたw

また10月から始まった来期の提案準備においては営業が無駄にAR施策をやりたいという意向が強く、「全国展開のお菓子で都心のビジネスマンが中心のスマートフォンで楽しめるARをやる理由が無さ過ぎる」と大反対したのだが、クリエイティブのCM案との連動の為、どうしてもAR施策を提案したいという申し出があった。

しかし最終的に営業とクリエイティブで整理した企画書はARの必然性が全くないものであった。案の定AR案は得意先も決めなかった。この案件のCM案はいつも非常に面白くクリエイティブに対してリスペクトしていたのだが、この一件で正直幻滅した。クリエイティブ部は "CM・グラフィック製作部" に改名した方が正しいと感じたし、CMプランニングやグラフィックを作れる製作会社は葵や太陽企画を筆頭にいっぱいあるので代理店内にある機能でもないと思った。(ま、それ言ったら営業とメディアプランニング以外は全部外注出来るが・・・)

代理店営業としてはクリエイティブと心中するのは得意先によっては全然良い事だと思う。ある意味それが既存の代理店の仕事である。・・・なので中途半端に僕を巻き込まないで頂きたいと思い、正直仕事を選ぶようになった。

金的には年間3000万の売上があったところで、今の利率計算だと自分の年収すら残らない。売上げゼロでも赤字の差が大差無いので焦らなかったなw 基本的には真面目なので自分のギャラと会社への多少の上納金ぐらいは残したい意思はあるが、良くも悪くも開き直ってしまった。

これは部長にも話したが、「WEBで儲からない導線は既存の代理店が敷いたレールであって、自分は代理店に来る前はある程度金は残していたので、自分は悪く無い」という理由からだ。

そんな感じで、あまり業務に追われていないので 局長面談でライフログとARへの想いを整理 していると、車案件の弟分の紹介で彼の先輩による "新たな収益源作ろうプロジェクト" に声をかけられる。やや夢物語な部分もあるが、自分のライフログ妄想よりも今の時代には現実的なビジネスだったのもありw 前向きに取り組んだ。

そぉいえば夏には "今の時代のガンダム・エヴァンゲリオン的ロボットアニメを作ろうプロジェクト" に参加して、無謀なアニメ原案を書いたりして楽しかったな♪

ぶっちゃけ "いついつ商品発売でCM打つからその受け皿のWEBサイト作りたい。グロス300万で" 案件はもう飽きたと明確に言える。この手の案件だったら自分が入るだけ製作側への連絡経路が増えるので入らない方がマシなケースが多い事を理解し "co.jp格納案件" はほとんど企画すら作らなかったな。

企画をいっぱい作った気はしないのだが、書いた企画書は2009年と比較してかなり増えた。15P~25P程度の企画書はしょっちゅう書いてた気がする。総量で7.8倍になる雰囲気がする。施策案ではなくいわゆる "前段" ばかり書いていたからページ数が増えたというのはあるが・・・。

代理店ライフが大分自分の中に染み付いてきた感じがするが、"プレで緊張する" はなかなか解決出来ない印象。まぁベテランと話しても「俺だっていつも緊張するっつぅの!!でもやってるっつぅの!!」みたいな会話があるので、自分が完全な欠落者でない事は理解してるのだが、焦らず落ち着いて解決したい課題だ。そしてこの問題を上と共有したのはポジであったと思っている。

金は作ってないが課題を明確にし未来の為の取り組みをした良い一年だったと思う。ベースは出来た感じするな。2011年は精度を高めて隙を無くすのが目標かな?

まずとっとと片付けたいのは、ライフログを謳っているだけに、ちゃんと環境を作りたい。現時点でこの会社に入ってからの名詞230枚のスキャンを終えEVERNOTEでまとめている。まだ1/4程度なので3年で800~1000人の人の名詞が溜まったという計算になるが、全然ピンと来ないな・・・。

一応ローカルにあるファイルは tag2find を活用して全てタグ付けをした。機能的には満足しているのだが動作が重過ぎるので1年(月毎のアップロード容量に制限があるので)かけてEVERNOTEに全て移動させる事も検討中・・・。

今後発生する履歴の精度を上げていく為に、全ての会話を記録する事を開始したい。自分がクラブの生録にハマってたのが今になってなんとなく分かるw これはICレコーダーを買えば始められる事なので近々開始する予定。名詞・貰った企画書・会話内容が一元管理出来るようになって隙なく情報を整理・構築出来る状態を妄想するとニヤニヤしてしまうw

"馬車を自動車が抜き去った様な生活の変化は目の前に控えている" とゴードン・ベルが ライフログのすすめ で言っていたが、前世紀生まれの自分だからこそ?その格差に興奮してしまう。レコードの音源は無理だが、この一年でいわゆる自炊によって良い土台を築いておきたい。

あと、手元にある本を読むだけでもアップアップだが、図・絵を描けるようになりたい。自分は絵心が非常に無く、企画書は画像検索によってビジュアル多用で分かりやすく作れるが、ブレストでちょっとした意思疎通の際が微妙だ。例え話がいつも下ネタなので余計に分かりにくくなったりもする・・・w

カタルシスになるコミュニケーションプランニング、図と絵の描き方、プレゼン力・・・とタスクはいっぱいあるが、千里の道も一歩からなので着実にやっていきますよ!


2011年01月09日

2010年まとめ(プライベート)

振り返ってみるとホントに音のある場には行かなかった。忘れていたぐらいなので正直トピックにすらならない感じだ。爆音の場は 桐生のLEVEL5に行った ぐらいじゃないだろうか。

トピックとしてでかいのは、やはり SAYAちゃんと復縁した 事だ。"どうせ死ぬ時は1人。恋愛した所でオチは同じ" ロジックが固まりつつある矢先の出来事だった。

月1でSAYAちゃんの住む高崎に通う事になったが、"東京の生活は異質。全国展開の商品を扱う上では盲目になる" と思っていたので、マーケッターとしては非常に良い条件を手に入れたと思う。

しかしボーナスを発生させる為に月給が減ったのにハウルには通い続けw 高崎通いが追加されたので金は更に厳しかった。買い物は全然した記憶がない。デジイチが調子悪いのもあって写真会はやらないし、チャリもいい加減ガタが来てるので非常に運動不足が加速した・・・。結構太った。

その分MIX2009が6時間作品になってしまい、高崎に行かない週末はひたすらにableton liveをいじっていた年だった。

新しい体験としては、草津に行った のがきっかけで銭湯に通うようになった。最寄の 清水湯 が綺麗だし軟水によって乾燥で肌が痒くならないし、週2程度で通う事になった。

仕事のトピックであるが、ビジネス書を読むようになった。本屋が以前の感覚のレコード屋と同じぐらい楽しみになった。この変化は自分でも意外だ。現在は買い溜めした本と、車案件の弟分が貸してくれた本によって以下の写真の様になっている。

2011-01-08 0-16-14

読んでも減った感じがしないので、モチベーションダウン中・・・。

そしてこの本を置く為にタンテをミキサーから外した。

2011-01-08 0-16-38

一応ゴミ袋でカバーはしてある。beatportで買うようになってからは殆ど触っていなかったのだが、しみじみする出来事。更にSL1200が生産中止になった年でもあった。

年末は付き合いのある製作会社の人間に無謀な八つ当たりを受けたのをきっかけに、自分のアイデンティティーを考える機会になった。これは別エントリーで書く。

とりあえず今は5月中に入るであろうボーナスの使い道で頭がいっぱいだw

・デジイチがボロボロ
・チャリがボロボロ

カメラとチャリ生活を "復旧" したいと思う。

あと去年のまとめで書いたが達成していない
・mac book pro(SSD仕様)で立って曲製作
まで買い物したい。正直予算オーバーである・・・w

買い物の目標(希望)は書くのに、"ダイエット-10kg!"といった目標は全然書かないな・・・。自分であれば "海外のレーベルからリリースする!" といった具合だろう。

基本自己満足が指標であり、"他人の評価に一喜一憂出来るのは自立していない証拠" と思ってしまうので、対外的な評価に繋がりそうなものは拒否してしまう性と言えるか?

おしゃべり大好きだし人間も好きなんだが・・・同時に孤独も好きなのでw 人懐っこくなれないんだろうなぁ。


~2006/12 ~2005
MOBILE
QRコード


SINCE FEB 2000