∵ TAKA-AKI AZZLO WEB ∵

2010年05月31日

AppleはFunkだ

先日の車案件の打ち上げでフラッシャー君に「案件によってはイージングの設定までディレクションしなきゃいけない場合もあるんだが、今回は何の指定も出さないで済んだ」という形で感謝の気持ちを伝えたんだが、ディレクターとデザイナーーが「そう!"ん~ぅ・・・ふぅ~っ!ドォーン!" という私たちの擬音を理解してくれるんです!」と大盛り上がりであった。

この "溜め" って人間的でFLASHやる上でイージングの懲り方でセンスが分かる。Apple製品の気持ちよさはこの溜めの設計がダントツだからだろう。

車の運転の面白みのポイントとして "反応に慣性がある" と書いたが、これも"溜め"の一種だ。そぉいえばセックス時の動きも人によって"溜め"が違う。ここは結構センスだと日々思うのだが、人は溜めと流れがハマると気持ち良いんだろう。いかにズレて良い意味で裏切られるか?会話にしたってそうだな。えらい早口の人だと疲れるとかあるし。

この話は主に演出の話だが、これを企画の骨子に出来たら面白いかもしれない。


2010年05月30日

ipadについてメモ

東京に居たりWEB関係の仕事をしているとiphoneアプリの提案をやらなきゃいけない錯覚になるが、都心のビジネスマンのものであって、地方や全国を意識すると絵文字作った方が効率的だと思う昨今。今更iphoneアプリぐらいじゃパブも飛ばないし・・・。

そこにiphoneの大きいヤツw ipadの登場!ウチの部でもipadは当然話題だ。既に現状のまとめpptを作っている人もいる。

面白いのが定年待ちのおっさんが前のめりで情報収集をしている様だ。「AZZLOくん!ipadでパソコン要らなくなるのかな?買っちゃおうかな?」と声をかけてくる状態だ。(簡単に買える収入があってよ~ござんしたね!という嫌味の目をしながら話を聞いてあげているw)

まず「そんなに焦んな!」という意味で
・FLASHが使えない
・多分ipadの使い方だと電池持たない
という点から、即効代替にはならない見解だ。

将来的にはPCは作るもの。モバイルは受信するもの。という整理になると思っているが、その中間でありつつ錯覚でもあるからこそ、おっさんも興味が沸くんだろう。

iphoneは都心のビジネスマン中心だが、ipadは最初はむしろ地方に広がるんじゃないかと思っている。取り急ぎの理由はipadはポケットに入らないから都心の忙しい利用方法だとカバンからの出し入れは厳しいからだ。書籍代替にしても地方だと本屋行っても売ってない。amazonだと待たなきゃいけない。ipadならDL時間だけで新しい情報が入る。都心の人より遥かにメリットがあるだろう。

市場の動きとしては当たり前のように言われている電子書籍は間違いなくipod、itunesと同様の状態になると思う。雑誌社は音楽業界を見習って拒否するのではなく利用しようとしている辺りからも、普及は早いだろう。雑誌の代わりになるという点からも、若い世代ではなく中高年の方が普及は早いかもしれない。

先日フリーの雑誌のアートディレクター?(ハウルにいつも居るおっさんなので肩書きはよくわからない)と話た時に感じたのは、「縦書きの美しさ・情報整理をデジタルでやっと出せる」という物のように感じた。そのおっさんは取り急ぎ過去の縦書きをデジタルアーカイブ化するプロジェクトをやるようだ。

雑誌情報以外はDTMコントローラーはかなり出てきている。メインは厳しいかもしれないが、サブコントローラーとしては大きさ的にも丁度いい。この点でちょっと自分の物欲も刺激されている。

まぁ自分がいちいち書かなくても、既にあちこちでipadの活用法は動いているな。自分の仕事として将来起こりえるのはpptを印刷しないで席について全員に送信してプレゼン始めるとういのは、結構近い将来ありえるな。会社が支給してくんないかな。

広告物としてはWEBサイトの製作と同様にipadリッチカタログの製作は日常的に起こるだろう。紙デザイナーの基盤がありつつインタラクティブ設計が出来るデザイナーとの接点が必要だな。

capsuleの未来生活の様に、ただ紙をスキャンしたものを持ち運ぶというモノではなく、早い段階でインタラクティブ雑誌的なものが普及するだろう。制作費も上がってしまうが最初は高めで売らないとだな。製作会社も高めの設定で見積りだしてほしい。高いから普及しないという事はないと思うので。デジタルサイネージとの連携も色々出来そうだな。

WEB頭と紙頭の融合によって面白い事になるといいな。


2010年05月28日

なんで車は必要であり必要でないのか?5

情報収集5日目。

前日メコノで山崎さんとdeepに会話したので、昼出社にした。会社に行こうとすると車担当営業から「ランチどう?」と連絡が。黒猫夜 で昨日の報告。

瞬間的な注目・売りを作るんではないので、かな~り悩んでいる事を話す。ディーラーでの施策も・・・POPをどうこう・・・とかいった小手先のテクニックの話ではない。まだまだ整理に時間がかかる事を伝える。

会社に着くと部長が
「どうしたぁ?ipad買いに行ってたのかぁ?w」と声をかけられる。昨晩のジムニーの話を報告。「そう!ジムニーヤバいんだよあれは!壁に当たりそうな所スレスレで走れるんだよな!」と、やはり追い込める幅が重要である話を聞く。

ちょっとメール整理して即ミッドタウンにオフィスを構える得意先で定例MTG。戻ってきてお菓子屋さんの秋キャンペーンMTGして、先日の車案件の打上げ@恵比寿 魚真。ほたてのコース料理上手かった!

今日はあんまり車にどっぷりではなかったが、1週間の整理としてはイイ線来たかなと思う。


2010年05月27日

なんで車は必要であり必要でないのか?4

情報収集4日目。

ネットでの情報収集は頭打ち感が出てきたので、営業の所に雑誌を貰いに行く。CG なんかは完全に車ファンが見るものだと思うので、月間自家用車 を貰う。

各社の最新車両の紹介がありつつ、走りがどうのではなく、実用的な視点での原稿が中心。更に値引き交渉のテクニックなんかもありつつ、かなり一般的な購買層に向けた内容。狙い通りだ。

注目したのはイベントレポートのページ。最初はレースクイーンの写真が中心でありつつの、中盤からはラジコンカー?かなんかの男同士のレースレポート。そして最後は家族の笑顔写真というオチになっていた。カーライフは下心とリスクと愛全てが詰まっているという様な感じだ。

真っ当にやれる事はやってるんだなぁ・・・と更にネガ要素が増える。(これが狙いなんだが)

で、夜はEMIちゃんから営業電話。リセットしに行く。

marboさんが居て、今日の仕事の報告。「車なんていらねぇよな!」に続き、昨日の営業の案件、某医薬品の話をすると、「あんなのは日本では必要ない!ネットにもその危険性はみんな書いてる!」とイラネェづくしとなる・・・w

久々に山崎さんと会う。最近、空気振動ではなく分子を録音するマイクで遊んでいるとの事w スピードが全然違うんだそうだ。自分は体感していないが確かに理屈は理解出来る。しかし音楽を聴いて感動するというのは、環境にも大きく作用されている。聴く環境の分子はその場の人間によって違ってくるというのが、コミュニケーションツールとしての音楽じゃないかな。

・・・と書いてみて直後に思ったけど、音発者が分子コントロールを明確にしつつ~の、分子アウトプットを各自が意図的にやれるともっと深いコミュにケーションが出来るなぁ。入力端末の進化はここにあったりしないかな。iphoneが感圧ではなく静電感知なのにも意味がありそう。

で!車の方は今まで25年同じクラウン乗ってきて、あくまで移動手段の道具だったのが、最近ジムニーにハマってしまったとの事。オーディオにも通じるものがあり、やはり反応のスピードが魅力の深さなんだそうだ。ジムニーは色々と追い込めるベース車両らしい。ジムニーのオーナーは安月給の大半を改造費に注ぎ込んでいる若者も多いとの事。

車の運転そのものの楽しみは
・自分の指示をダイレクトに反応させる。
・主に尻で振動を。体全体でGを感じる。
・反応に慣性がある。その隙間を計算する。
・アウトプットと尻とGで感じたインプットを瞬間に採点する。
・繰り返す
というのが面白いんじゃないかな?と思っていたが、この山崎さんの話は概ね同じレールの話だ。※自分は運転免許持ってないのだw

楽器にも似てるかも。弦楽器で例えるなら鼻息でも音が鳴ってしまう繊細な設計の方が演奏方法も多様だし、自分の成長や個性も濃く実感出来る。それが明確に大きく叩かないと音が鳴らないのであれば、ヴェロシティーに差が生まれない。エンベロープの設計もやり難いだろう。

今の車は誰でも同じ音が鳴る様に設計されているとも言える様だ。山崎さんが言うには「女子供が欲しがる物しか作れないのであれば、男の興味は惹けない。」という事の様だ。衝突回避安全システムなんてのは自動演奏みたいなものだろう。

DJのピッチ合わせが自動化してきたら、趣味DJとして長く続いている人が減ったような感じがしている。操る楽しみが減ってしまったからじゃないかな。誰でも120BPMであった場合の3/1000拍のズレぐらいは聞き取れる。これが常にズレていくのがグルーブであり個性だったと思う。

最近よく言っているのは "全員を平等にしたら全員が不幸になった" なんだが、車も同じ感じみたいだな。"全ての人に安全を" きっとどこかでどこかのメーカーがキャッチ・スローガンで言った様な気がする。全ての人間が美人・イケ面だったら誰も面白くないだろう。

あちこちで物作りの意味でも "メーカーの自業自得" という声は聞こえてくる。今のまんまの車を売る事を考えるのか、開発を変えてでも車を売ろうとするのか?自分の立ち居地(社外・広告屋)だとこの2択から始まる様な気がする。


なんで車は必要であり必要でないのか?3

情報収集3日目。

前日の夜も家で色々考えていたところ、グランツーリスモがやりたくなる!以前ちょっと調べた時は5が発売未定になっていたが、まだ発売日未定だった・・・。

5月入金の調整ボーナスが6割程度しか払われない予定だったのが、子会社に嫌味言ったお陰で全額振り込まれていて、ableton live suiteとmax for liveかni maschineか?とか考えていた所に、新たな物欲発生!!・・・だが発売してないなら見送ろう。
※年収はしょぼいので「ボーナスいいな~」という声は聞き入れません。

で、今日はipodの成功ポイントを探ろうと思ったんだが、どこも当たり前の事しか書いていなく、まったく隙間が見えなかった。眠かったからやる気もなかった上に、当たり前過ぎるNOREN方式のCMSの売込みクレデンがあってモチベーションダウン。っつぅか今このページ見たらNOREN導入の提案して流れていたクライアントのロゴが!!むちゃくちゃムカつく!!

で、夜はお菓子屋の営業と久々の飲み。差しで飲むのは初めてだ。コラーゲンしゃぶしゃぶ屋 で周りは女子しか居ない・・・。タバコ吸いまくりな二人には場違いであった・・・。

まだ銀座の頃から付き合いがある営業。WEBが苦手な上に得意先もクセがあるので、日々意思疎通が難しくゆるい喧嘩は日常的にしている間柄w

チャップリンと爆笑太田の名前を挙げるので、自分は植木等と志村けんとマリオを出す。更にLSDも出す。そしたら草とTwiloとジュニア・ヴァスケスを出してきたw ※細かい事は妄想してください

そんな中、「瞬間的な売りではなく習慣が作れるのが僕らの仕事の面白みでしょ?」と言ったら「俺・・・久々に気合入ってる仕事があるんだ。正に習慣作り。○○さんに入ってもらってるんだ!」とウチのスターマーケッター○○さんも絡んでいるとの事。

「おいおいAZZLO君にもWEBで加入してもらいたいからよろしくね!」と来たが、「現段階でもブレストには参加させて!○○さんロジックを吸収したいから!」と自分でもびっくりするような積極的な発言が出てしまったw 即効でOKを貰う。

昼にも以前プレで負けてしまった音楽施策をやった(自分はプレ用音楽・映像だけヘルプで作った)営業から指名で新規依頼があると部長から連絡があった。

車はそっちのけでモテモテな一日だった・・・。車は早くやらないと忙しくなるな・・・。


2010年05月25日

なんで車は必要であり必要でないのか?2

情報収集二日目

一般的な消費者の想いは大体分かった。まぁ自分自身の感情とほとんと同じだ。この状況で車会社がどんな準備をしているのか探ってみた。

まず目に入ったのは
トヨタ「FT-86 Concept」、新ハチロクの開発目標はドリフト性能世界一

今街を走っててもそれほど違和感はない。ドア後方の切り込みは新鮮。そしてメーカーとしてドリフト推奨みたいな事言って大丈夫なのかな・・・と心配した。

言ってみればモテ車の復権を目指すものか?自分には都合が良い傾向だ。しかしターゲットは40~50代の男性との事・・・。おっさんが車で元気な姿を発生させて若者にも興味を沸かせるという狙いだそうだ。映像プロデューサーとのブレストで整理したのは似た感じだ。

好都合ではあるんだがこの記事を見た自分は「おっさんは金があっていいですね!俺には関係ないわ!」というものであった。これはダメだ!

まぁ自分の整理したものはモテとは違った情緒あるものなので殺す必要はないが、危ない橋ではあるな。

モーターショーをチェックしてみる。

スバル ハイブリッドツアラー コンセプト
これはかっこいいかも!内装がガンダムっぽい!これ男子は反応(は)するだろうなぁ。

ホンダ CR-Z CONCEPT 2009
はフロントの吸気口がマセラティみたいだな。マセラティファンからしたら「全然別物!」と怒られそうだが・・・。

ただし一度 07年度のコンセプトカー
を見ちゃうと野暮ったくなっちゃったなと思う。

個人的にはコンセプトカーはかっこいいからそのまんま市販したら売れるんじゃね?と、この仕事する前から思っていた。なんでこう市販バージョンは野暮ったくなるのかな。

帰り道のHONDA本社でCR-Zを外から除いてみたが、やっぱ野暮ったかった・・・。真横から見るとマシ。

現状目に入った車メーカーのモテ車作りは中途半端に見える印象だ。

消費者の意見を更に探ってみると "子供の夢" にぶち当たる。まぁ薄々分かってはいたが面倒な所に辿り着く。

今の子供はフェラーリとプリウスのミニカーを並べるとプリウスを欲しがるのだそうだ。理由は「ガソリン代が得でエコだから」だそうで本能でない部分で選んでいる。こう言った方が親に褒められそうだからだろう。本能だったらどうなんだろう?

世の中、金と環境についての話題が多すぎる。車のCMは全て減税とエコしか言っていないだろう。(その点先日サイト公開した車のCMは減税と燃費の事は最低限で、ちゃんと車のUSPを訴求していたなぁ)

トヨタのCMは車じゃなくて加藤クンしか記憶に残らないもんな。あと安く買えるって事ぐらいか。これで子供に夢を持たせるのは出来ないだろう。タレントアイコンの部分にしても加藤クンは子供だ。子供にしたら子供同士だから知ったこっちゃいないだろう。精々親に「加藤クンみたいになっていっぱい稼いでね!」と洗脳されてタレント目指すって導線ぐらいか。車は関係ないな。

価値についても紐付いていて、今の新卒世代にとって車は家に既にあって当たり前のもので、憧れの存在ではなかった。昔は映画等でコミュニケーションが必要な場合は車が出てきたが、今は移動せずに携帯でメールする事で物語が進行するものが大半じゃないか?それで一般業種の一般社員なのにハッカー的なスキルを持っている奴が事件を解決する糸口を作る・・・みたいなノリじゃなかろうか?

きっと車が出てこない映画・ドラマが大半だろうなぁ。

今「ボクは死にましぇん!」やるなら携帯破壊するとかいうシーンなのかなぁ。(比較がちょっと違うけど)ま、外部メモリーにデータ保存しておけばなんてことないけど。

どこからか、"車はオーディオ趣味の衰退と同じ道を辿っている" という記事というか書き込みがあった。これは良い切り口だ。オーディオも昔は "家庭のステレオシステム" が憧れだっただろう。ミニコンポも自己主張アイテムだった。そして今はipodとitunesだ。ipodそのものはカスタムの自由度は低いがヘッドフォン市場が盛り上がったハズだ。Fostex KOTORI なんかがあるのが良い例だし、中野で ヘッドフォン祭 が行われたりしている。

音楽視聴は車と同様にあって当たり前の物になっているが売れなくなった訳ではない。何故ipodとitunesなのか?ここを追いかけると隙間がありそうだなぁ。というかアップルが社名にコンピューターを取ったのは車作るからか?とか思ったりもしなくもない・・・。中古車のアップルと混同して面倒だな。

あと、それに紐付いて思うのは車はライフログの
・入り口として
・精度を高めるツールとして
最高なのにそれっぽい記事は見かけないなぁ。

どちらにしても単純なWEB上の施策で作るコミュニケーションには収まらないかもしれないな・・・。


2010年05月24日

なんで車は必要であり必要でないのか?

車の会社にSNS施策やiphoneアプリ中心の提案をしてきました。

骨格は "車があるとセックス出来るね!" を訴求する施策。例えばiphoneを降ると車がギシギシ揺れて喘ぎ声が鳴るみたいなそんな感じです。←これはさすがに提案はしていない。

今回企画書作っていて思ったのは、WEBは疑似体験がしやすいけども、結局の所 "廉価版体験" であるという事。WEBならではの旨みはあるので、リアルではあり得ない導線を生ませたり機能を付ける事で、"デフォルメ体験" と言える疑似体験にしなければなぁと感じた。ただ薄めただけだったらリアルでいいのだ。

そんな感じで、徹夜しながらエロ施策を作って提案!

・デフォルメ体験
一番真面目で、人によってはエロに気付かない案。リアルにはないデフォルメ機能とコーポレートサイトを遊びツールとして使ってしまう点で、自分的には新しい事思いつけた施策。

 似た切り口は他の代理店からも日々提案があるそうだが、おそらく一番検討するに値する印象だった様子。

・ネガ共有
車なんて要らない事を認知させつつ、「それでいいんかい?ププ・・・w」 と来訪者を小馬鹿にするコンテンツ。

 このままの案ではネガが回り始めたら大変だが、上手くストッパーを付けたら一番いいかもしれない?という反応。意外であったw 確かに切り口の刺激性だけでオチが弱い自覚はあった。

・妄想iphoneアプリ
ユーザ-に都合良くえっちな妄想をしてもらうiphoneアプリ

 爆笑で終わる

・某ゲームパクリiphoneアプリ

 爆笑で終わる

・みんなで育てる妄想iphoneアプリ
作りこみが大変だが、ポストペット的ブームの可能性もあるかもしれない育てゲー(ちょっとえっち)

 車に落とすのが難しいが、仕組みは面白い

・WEBだからって1人じゃないもん!
チャット、Twitterじゃない機能で、リアルタイムにユーザー同士のコミュニケーションを産む施策。その中で車のUSPを訴求!「広告ではなくユーザー同士のコミュニケーションを円滑にするのがブランド。そうでなくてはロイヤリティーは生まれない」と日々言っている事が綺麗に形に出来た。しかも誰でも簡単にハマれて、すぐ辞める事も出来るシンプルなコンテンツ。

 「なるほどね~」的な反応で、可も無く不可も無く。

上記の様な感じで楽しいブレスト会であった・・・w

どれもちゃんと「車ってあってもいいかもね」程度のモチベーションが生まれる導線は敷いていた。要はこのメーカーの車を買うかどうかに限らず "まず否定は取り除こう!" そして"検討層の母数を増やそう!" といった趣旨だ。この企画 に匹敵する魂の入った企画書が書けてよかった。

この担当者にはそれほど必要ではないんだが、施策案の前に自分なりの前段(ターゲット整理・コミュニケーション方法整理)を書いていた。

むしろ重要なのはこの前段だ。先日「車はカーセックスしたい為だけに買うものだ!」と僕の考えに共感して頂いた担当者だったので明確にエロ施策ばかりの提案にしたが、途方もなくデカいフラグを立てたいという意向が出てきた。爆笑の席だったのがシリアスな席になった。しかしこれを引き出せたのが一番の収穫!

「俺・・・実はあの娘の事好きなんだ・・・」 的な男同士の絆みたいなものを感じた!←こんな経験した事ないけどw

しかし、この日の自分は "車あったらセックス出来るから!" ここから抜け出すのが無理であった・・・。



金曜にCGが得意な映像プロデューサーとハウルで飲み。彼は先日独立したばかりで、ちょっと落ち着いたとの事で飲みの連絡を貰った。彼のこのタイミングで誘われるのは非常に光栄だ。

巡り合わせが良い。彼はこの車メーカーの大ファンであったw 色々と彼のインサイトを掘りつつ整理していくと、若者だけでなく、団塊の世代も巻き込んだ直接的なエッチ施策じゃないコミュニケーション像が見えてきた!これが正解か分からないがとりあえず1つ骨格は出来た!

月曜(今日)は金曜の案を固めるのと新たな案の為に、会社でひたすらに若者の車離れの糸口を探る。

若者の意見としては
・金ない。必要ない。むしろモテない。エコじゃない。
・「自分の利益優先して派遣とかの割合増やして人件費削って車売れないってアホだな!」
・「ゲームがあるから車が売れないってアホだな!」
といった2ch記事なんかもボロボロ出てくる・・・。正直共感してしまった・・・w

大人の意見は
・おもちゃ・趣味としてやりこみ度が無い。頭からっぽで正解が誰にでも出せる。
・若者が反応するような個性的な車がないだろう。
・家にあって当たり前。自慢の道具として機能しない。憧れが持てない。
・よってステータスの要素がない。移動に必須でなければ自腹で買わない。

といった具合。あと自分が回りの意見を聞くと取り締まりが厳しいから乗れないというのもあるだろう。

ネガの原因究明途中にポジもあるだろうと思ったのだが、今日のところはネガの点しかなかった・・・w このままでは沈没してしまうので、ネガに飽きて吹っ切れるまで、ひたすらにネガを大量に集めて整理します。きっと隙間があるハズ・・・(と思いたい)。

この仕事でやりたい事(得意先に喜ばれながらも唯一面白い事)は、別に素敵なクリエイティブ作って共感・憧れ醸成して瞬間的な売りを作る事ではない。"忘年会の二次会はカラオケ" みたいな文化の先にある習慣を作る事だと以前書いた。

ウチの会社ではそぉいう事が出来ないのを知ってエロ施策に没頭していたが、非常に有難い巡り合わせだ。最後電通に横取りされたとしても、更に鼻で笑ってやるネタが出来るので別に構わないw (ウチは電通のビジネスモデルのパクり会社なのでお互い様だw) どう転んでも最高のネタだ。

・・・しかし車って知れば知る程、社会経済や人間の欲と密接で奇麗事やキャッチーさだけでは通用しないな・・・。難しいが面白いわ。


2010年05月02日

hide 13回忌法要・一般献花式

7回忌の夜のイベントにはちょこっと顔出したのだが、宗教的な方の儀式には参加した事がなかったので、13回忌という事もあり、本間さんを誘って行ってみる。

13年も前の事で、当時のファンもそこそこの歳だ。並んでも1時間程度で入れるだろうと踏んでいたが、築地本願寺をグルッと回って晴海通りまで人が並んでる・・・。本間さんは「悪りぃ!俺帰る!」と逃げ腰だ・・・。なんとか説得しながら、勝どき橋まで最後尾を求めて着たら・・・

2010-05-02 13-51-36

2010-05-02 13-51-46

2010-05-02 13-54-06

ハンパない・・・。最後尾見えない・・・。マックで3人並んでたら諦める自分は、hideさんとは言え流石に無理だ・・・。並んでも締切り時間に間に合わないだろう。呆気に取られていると 「う~じゃうじゃうじゃうじゃ。謎の生き物ぉ~ん♪」とhideさんの声が聞こえたw

来る前はヒロシさんに連絡取った方がいいかとも思っていたが、それどころじゃないだろうとも思って遠慮したのだが正解だったな。この調子では明日のイベントも入れないな・・・。

ホントはちゃんとお墓参りをしなければ〆られない。ちゃんと行く覚悟が出来た良いきっかけの日となった。


~2006/12 ~2005
MOBILE
QRコード


SINCE FEB 2000