∵ TAKA-AKI AZZLO WEB ∵

2009年08月29日

メコノで視聴会

夜EMIちゃんからTEL。

「MARBOがUREI持ってきて、色々視聴しようって言ってるの。なのでTAKA-AKIの・・・」と言われたので、「分かったアレヒ持って来いって事ね」と了解して、メコノへ。

UREIとアルファというロータリーミキサーが既に二段重ねで、聞き比べが始まってました。その上にアレヒを乗っけて、本格的に聞き比べをする。

みんなの感想はこんな感じ。

○UREI
・レトロな音が、キャバレーミュージックなんかはいい。個人趣味ならUREI。(EMI)
・味があるね(SEI)
・ぼわぼわで歪んでいる。酔った状態で聴いてるような音。(TAKA-AKI)

○アルファ
・ハイが痛い。レンジは広いし面白いけど・・・。(EMI)
・所々変な凸凹があって、ハイに歪みが強くピーク感を強く感じる。(TAKA-AKI)

○アレヒ
・これは・・・粘っこい所を引き出すねぇ。(EMI)
・現代的な音で色気がないね。音作りにはいいね。(SEI)
・やっぱアレヒ圧勝!w

といった具合で、後半はアレヒばっかで色々2CHソースの設計解聴を楽しみました。

最初はもっと接戦かと思ったんだが、UREIがこんなに歪だらけの音なのは意外でした。僕のケーブルをモガミに変えて、ナガオカのカートリッジを装着したタンテも持ち込みアナログも聴いてみたが、細かい音が出ないし、中低粋がもやっとしてしまって、ちょっとイマイチでした。

更に忠実な音源という事で、EMIちゃんのMACを本体のミニジャックから、普通の白赤ケーブルでアレヒに接続。圧倒的にMAC圧勝!白赤ケーブルで圧勝です・・・w

時間が経ってくると、EMIちゃんもSEIさんもアレヒ以外は検討外になっている様子。「このスピーカーは絶対に良いハズなんだ!(ALTEC 604)でもなんか本来聴こえるハズの音が鳴らないんだ!」・・・SEIさんが言うので、まず電源を普通の電気屋のタップではなく、まともな3PINのにして(今回アレヒは3PIN⇒2PINの変換プラグ使用)、SPケーブルをWEにするだけで、まずは小額投資で、かなり欲しいものに近づくんではないか?という話をしました。要は「PROCABLE信者になっちゃえば、何の悩みもなく幸せよ!」という事ですw

・・・という事で、電源関係の整理の為に夏目さんを招集する事にしましたw

しかし今回はめちゃくちゃ楽しかった。悪い音でしょぼい表現のDJを聴くより、みんなでUSBメモリー持ち寄って、2CHソースの設計を楽しむ視聴会してる方が遥かに音を浴びる遊びだと思う。モンストロでもやりたかった案の1つなんだが、メコノでやった方がハマるな。


Perfume ⊿

なんとなく出ていたのは知っていたが、レンタルにも周り始めたので借りてみた。

自分は中田Workに興味があって、perfume3人の事は全く興味がなく、あ~ちゃん、かしゆか、・・・のりぴ~?というような知識しかない事実は重ねて理解しておいてもらいたい。

通してのパッと聴きの印象は、今までのperfumeっぽさ(スっ転げた可愛さ)は薄れた分、前作までのファーストインパクトは薄い。が!つまらなくなったという訳ではなく、perfumeのアクが抜けた分、簡単に言っちゃうと何度でも飽きずに聴けるという印象を持った。更にライブ映えしそうだなぁという感じもした。今まではアルバム通して聴くと腹十二分目といった感じだった。

ちょっとcapsuleっぽい感じに振ってきたなぁと思ってたが、NIGHT FLIGHTは腰砕けました。事例参照で PINOのサイト は見ていたんだが、全然知らなかった・・・。

YMOのTechnopolis.にそっくりで、特にベースがそっくりw。このファンキーさ・・・気持ちいいところを弾かれて、ふにゃふにゃになってしまいます・・・。雲より高く~♪のコーラスの入り方がめちゃヤバくて何度も聴いてしまってます。構成的にはイモ欽トリオ / ハイスクール・ララバイに似てるなぁ。



ついでに動画をちょろちょろと調べていると、面白いのを見つけた。

海外にもいわゆる "キモオタ" っているんだな。可愛い奴だと思う・・・。

あと気になったのは、I still love U。ちょっとWinkとか思い出してしまった。The best thingは落ち着いた中田Workの旨みを強く感じられた。

TSUTAYAで月平均30枚以上は借りてると思うんだが、これしか聴いてない勢いです・・・。


2009年08月23日

若手からの手紙

事ある毎に会社の仲間をハウルに連れてってますw 彼らは翌日に手紙を持ってきてくれたりする。なんて礼儀正しいんだ・・・と裏がありそうで逆に警戒してしまわなくもないんだが、おじさんとしては素直に嬉しかったりするw


2009年08月17日

Chat Padは童貞ばかりだ

注:エロ画像があります。

昔からチャットは好きなんだが、最近はChatPadにハマってます。

ここはチャットをスタートすると、空いている相手と年齢・性別・地域なんて関係無く、ランダムでアサインされる仕組みが新鮮。知らない人と個室に隔離されるようなもんですw ・・・で分かった事は、なんといっても草食男子ばかり!!!(23歳以下が大半っぽい)

最今流行りの草食男子のロジックを知ってみたいというモチベーションを元にして

⇒欲が薄過ぎである事を知る⇒刺激して欲を自覚させてモチベーションを作る

⇒この状況に満足していない・夢がない(愚痴ばかり)⇒自分の苦労話をして、尻叩いて希望を持たせる

こんな事して遊んでます。

そして童貞率高過ぎ!!!今の所9割童貞の奴とチャットしてます・・・。そしてコミュニケーション力が低過ぎな奴が多い!更に「どうせ俺はキモオタの童貞だよ・・・」と全てにおいて童貞をネタに言い訳をする。

「童貞がそんなに嫌ならば、取り急ぎ風俗行って非童貞になっちゃえばいいじゃない」と、まるで北方謙三の様な話を展開してます。「今まで女と交流しなくても、生きてこれた強い人間なんだよ!」とポジティブにすり換える事も可能なのにね。

彼らの特徴として
・無駄に哲学的
・成功事例に対して憧れを持たず、線引きをする。
・失敗事例から学ばない。
・シモネタに拒否反応をする。
・何も期待していないというくせに、チャットしてる。
・相手に合わせようとする。
・反論を恐れて自分の意見を言わない。
・普通がいい。でも普通が分からない。
・語り始めると一文が長過ぎでよく分からない。
・すぐ諦める
・攻撃するネタが「お前も童貞だろ」しかない。
・大学には行かないと・・・就職難だから。でも行った所でね・・・。

こぉいう傾向がある。基本的に自己防衛の材料を多く持ち過ぎで、コンプレックスの塊りであるが故に強がってる。自分にも当てはまる部分があるが、彼らは単純な若さ故という点と、現代病な点があると思う。そんな彼らの中で

・困ると逃げる(チャットを終了する)
・心の師匠として慕ってくる

に別れてくる。今の所半々ぐらいか。逃げた奴は追いようがないので、残念な話で終るしかないんだが、慕ってくる子は就職相談とかのってあげたりしている。

先日印象的だったチャットはこんな感じ。

自分:夏休みだしどっか行かないの?
相手:別に
自分:海行って水着の女子鑑賞してムラムラしてこいよ
相手:お前アホだろ

こんなチャットの最中に、昔自分が作ったエロ待ち画、

Nocturnal zyoshi-hakken
a200407_05_1 ROULLET

こんな画像をポンポンプロフィール画像にアップしていて、「こんなんでムラムラしないだろ」と怒られている最中、この画像

more

をアップした途端に「なにこれ??」と食いついてきた。「僕デザインに興味があるんです」と途端に敬語に変化w この時まるで「クララが立ったぁ!」という程に感動してしまったw

どうやら、自分みたいなおせっかいな存在を彼らは持っていない故に、自分を慕う理由があるらしい。(彼らに言われた) デニーさんにも言われたが、本来親や先輩がやる事をやれてる人が居ないというのが要因か。

自分的見解としては、SNSやらの予定調和のコミュニケーションでは発見が無い。共感出来そうな新たな提案を求めて、"どんな奴か分からない奴とチャットする" という行動導線が生まれてるのかなと思う。

自分の世代でもほぼほぼ無い事だと思うが、"親に憧れる" というのが無い。おそらく昔は多くあったんじゃないかと思う。会社の先輩に憧れるという事も、自分が知れる状況の範囲だが、なかなか起っていそうにはない。若い時は身近な人をアイコンにする事が成長の根源なんだと思うが、フラグを立てれない若者というのは、非常に不幸な気がする・・・。

彼らから 「ゆとり教育の弊害って僕らの生き様なんでしょうか・・・"」という訴えがあった。ゆとり教育って何したのか全く知らないんだが、競争を辞めさせて右倣えを強要させるというのを、この時代にやったのであれば、分からなくもない。

平等なんてないのに、平等に見せかけようとした教育故とも捕らえられるのかもしれない。・・・であれば物凄い罪だな。

あとPTAのおばちゃんの弊害も思い当たった。まぁ昔からあるんだと思うが、学校や先生を否定してるだけなのかな。否定するなら代替を出さなきゃいけないと思うし、嫌なら行かせなきゃいい。学歴が無いと就職に困る様な奴なら、どっちみちそれまでの人でしょうw 我が子をその程度であると認めちゃってるって、どんな親だよと思うw 子孫に対してぐらいは夢持とうよって感じだ。

・学校に行く必要=学歴は就職に必要な事だから
・好きな事をやっても不幸になるだけ。就職するのが一番

としちゃってる世の中に問題ありすぎだなぁ。ヌルいプライドは作れるかもしれないけどね。自分の権力では変えようにも変えれないので、目の前の事、Chat Padに居る難民にとって有益な(場合もある)時間を過ごすというのが、今の自分の限界だなぁ。


2009年08月14日

PARIS育ちのCMプランナーと遊ぶ

平日朝まで飲んで、午後出社とは言えヘロヘロで出社すると、

> 今日はいい店に行けて良かったです。笑
>
> まじめな話かなり楽しかったし、だいぶ笑えたんで。笑
>
> ありがとうございました。笑
>
> あ、あと今日、会社終わったら連絡くださいな。
> 御礼というわけじゃないんすけど、
> 面白いモン見れるんで是非。笑

とPARIS育ちのCMプランナーからメールが入っていた。正直めちゃくちゃ警戒したが(フランス人の好意には皮肉があったりもするので)、21時頃仕事を終えて連絡。すると会社の近所の場所まで来て欲しいとの事で道を教わる。この辺の場所に居るって事とPARIS育ちという点で、外交官関係のホームパーティーとかかしら?と思い、約束の場所に行って彼と合流。

「こっちです」と案内されてマンションの中へ。やっぱホームパーティーかぁと思ってると・・・「どうぞ僕んちです」と普通のワンルームの部屋に案内されたw

中は漫画本が何百冊と綺麗に整理された男らしい1人暮らしの部屋でした。「どうぞ。座って下さい」とソファーに座る事を薦めらる。なんだこの距離感・・・。彼はソファーの頭に手を置いているので、そのまま抱きしめられそうである・・・w 彼はぱっと見ホモっぽいので「アンチ社内恋愛なのにましてやホモなんて・・・」と冷や汗ものだった。

"腹が減った" という事にして(ほんとに腹減ってたが)外に出る事を催促。僕の半生を語った直後で「腹の虫鳴くのも忘れさせる程に衝撃的でした。行きましょう!」と意外とすんなり外に出る事に成功w 六本木へ出て庶民派焼肉屋の広告をウチがやっている事を思い出したので、そこに行く事にする。

お互いに自己紹介の意味で半生を語っている中で、僕の中には"HIDE"というのがある訳だが、彼は思いっきりファンであったので、そこで大いに盛り上がる!まだまだ話は続く感じだったので、場所を変えてまだ行った事がないルリさんの店に行く事にする。先日ハウルで会った時に名刺を貰っていたのだ。

入り口に着くと黒人セキュリティーが居る。サイトを見る限り落ち着いたラウンジバーっぽかったが、この奥まった入り口からしてクラブっぽい匂いを感じた。

エントランスの無線スタッフ君に「お客様!本日は・・・」と何か言いたげでモジモジしている。金持ってなさそうに見えたんだろうかw 「ルリさんのお友達だから遊びに来たの。azzloのtaka-akiだよ」と無駄に大物っぽく言って通してもらうw

キャッシャーらしきものがあってスタッフが居たので、「エントランスで金払うの?」と聞くと「えぇ。そうなんです」と言う。値段を言わないので「いくら?」と聞くが答えないで、これまたモジモジしているのでw 「ルリさんのお友達で遊びに来たんだけど・・・」と今度は腰低く言って通してもらう事に成功w

中は裏切りの無い夜の遊び場だった!モデルと外人とファッション雑誌関係の連中しかいないような雰囲気w あまりに懐かしい空気感(元々あまり好きじゃないが)をかみ締めて、一杯だけ飲んで外に出ると、無線スタッフ君に声をかけられる。

無線君:「お帰りですか?ルリさんとはお会いになりましたか?」
自分:「いや、会わなかった。」
無線君:「azzloの・・・taka-aki様でしたよね。今ルリさん呼びますので」
自分:「また来るからいいっすよ。大丈夫。」
無線君:「すぐ呼びますので・・・お待ち頂けますか?」

これが出来るのは流石!僕の顔だけじゃなくて名前を覚えていた。エラの血を感じましたw

ルリさん登場!ハウルで会った時に "随分雰囲気変わったな~(ゴージャスだなぁ)" と思ったが、この店に合わせてたんだな~と思った。佐藤さんもmusmusで会うと "野菜大好きおじさん" になってるし、プロ魂に改めて感動!

簡単に挨拶した後に、自宅にPARIS育ちのCMプランナーを招く事にする。ウチのコンテンツは音しかないので、staxを着けさせて、foobar2000を立ち上げる。彼をデスク前に座らせて「好きに聴いちゃって下さい」という感じで、テクノ喫茶AZZLOスタート!

彼はHIDEをヘビープレイ!!「今まで聞こえなかったギターの揺らぎが聞こえる!!!」と大感動の様子。彼は昔トランスのイベントをやっていて、四つ打ちにも理解があるので、
19950610 DJ WADA @ MANIAC LOVE
の生録を聴かせる。(理解があろうがなかろうが半強制なんだがw)

彼のクラブ暦は2002年頃、日本に帰国した以降だと思うんだが、GROOVEYARDには貧乏揺すりの触れ幅が倍増していたw

「音凄い!JAZZは好きじゃないんですが、ボーカルが立ったりとかしそうですね!」と言うので、平原綾香 / 明日をSPから流す。「うわ~!!そこに居るぅ!!」と腰抜かしたようだったw ついでにSP出力でしか分からない立体的に聴こえる MADONNA / Impressive Instant や Co-fusion / Silk Load なんかも聴かせる。

既に6時になっていたので、解散。2日連続で遊んだが、意外な繋がりが出来た感じだ。


2009年08月13日

クリエイティブと飲みに行った

最近は飲みまくっている訳ですが、先日生まれてから20歳ぐらいまでPARISに住んでいたという、CMプランナーの人と仕事をしてPARIS繋がりで仲良くなり、6月に彼女と別れて1人暮らしを始めたタメの寂しんぼCMプランナーと合わせて飲みにいく。

いつもの通り外苑西通りツアーを行うが、福蘭が休みの案内もなく閉まっていた・・・。途方にくれてまい泉の通りに入ろうとする前に、豚料理の看板を発見。鐡玄 豚鬼 という店に入る事にする。(なかなか旨かったです)

男3人の寂しんぼネガ飲みもいいんだが、途中から一年生の女子が合流する。この子は声がハスキーなのですぐ覚えた子だ。「いきなりだけど、君の声で喘ぎ声聞いてみたいよね」と挨拶すると、「AZZLOさん・・・まだ早いって・・・」と寂しんぼCMプランナーに静止される・・・w 一年生の当人は「良く言われるんです~♪」とノリノリだw

腹を満たして4人でハウルへ。PARIS育ちのCMプランナーはアルコールがNGなんだが、一口だけ舐めてその違いを確認。寂しんぼと一年生も感動してました。

寂しんぼさんとは、以前競馬関係の競合プレ案件で絡んだんだが、大の競馬ファンなので一年生に競馬の魅力を語り始める。僕も サイレンススズカの最後のレース を見せられて、ウルウルさせられた経緯がある。

デニーさんは「ウチで競馬とかギャンブルの話した奴は初めてだ!」と不機嫌そうだったがw 後半は "いかにして星子を売るか" という職業病で盛り上がる。

自分は原資がないので、「内臓で感じれば気持ちいいよね?」という物凄くストイックな思想で、とにかく人を連れてくる事ぐらいしか出来ないが、ついつい無謀なプロモーションを考えてしまう彼らはエネルギッシュだな。CMは制作費の相場がある程度見えてるので、WEBの僕とは悩む所がまた別にあるんだろうなぁ。とは言え彼らを見習わないとだな・・・。

既に3時になっていたが、まだ飲むぞ!というテンションだったので、週末であればメコノに行くんだが平日なのでボノボへ。しかしやってない・・・。ちょっと歩くと ダーツバー があったので、そこで更に飲む。

寂しんぼCMプランナーは、ここに着くまでに一年生と手を繋いでいたw 「僕じゃダメかなぁ?」と弱腰な口説きモードに入っていたので、悪者になる意味で「好きだったらまずおっぱいでも揉んじゃいましょうよ」と背中から脇をくぐって一年生の胸を揉んでみた。一年生はニコニコだが、CMプランナー二人は固まってしまった・・・。

場が思いっきり凍ってしまったので、「おっぱいじゃなくて、ブラのパッドを揉んでるだけだから!ね!ほらこんな感じで!」と、更に揉みまくった。後ろから手を差し出すと腕を上げて揉まれ体制万全なのに、正面から手を出すと拒否されるw これが女心ってヤツだろうかw

店も閉店になったので外へ。寂しんぼCMプランナーは酔うと手が震えて、家の鍵が開けれないらしく、「何かあったとしても添い寝止まりです。」という言い訳の元、一年生を連れ帰り鍵を開けてもらう事に・・・w

久々に平日朝まで飲んだ。翌日は当然午後出社でした・・・。


2009年08月10日

foobar2000ヤバい!

久々に procable のサイトを観覧。購入者からのメッセージの数が膨大になっていて、どっから読むか迷う程になっていた・・・。

自分の環境でまだ追いついていないのは、200V化とAIR MAC EXPRESSの導入ぐらいのつもりだったんだが、foobar2000 という再生アプリがイケてるという一節を見つける。

フリーアプリなので、とりあえずDL。今までFierve Audioを使っていたが一聴して違いが分かりました!procable内で言うところの、激変!って奴ですw

1:低音が増した
2:キックとベースが分離して聞ける
3:ハットの歪が減少
4:全体的にコンプ感が減少。立体的になる。
5:"割れる"まで歪んでしまっていたソースが普通に聞ける

こんな印象。これはどんな環境の人にもポジティブな変化として感じれるアプリだと思う。

また全ての音源を聴く勢いです・・・。


~2006/12 ~2005
MOBILE
QRコード


SINCE FEB 2000