∵ TAKA-AKI AZZLO WEB ∵

2009年01月31日

LAYTEXの枕

2009-02-02 8-07-18


マニフレックスのベッドを買って
から、枕もなんとかしたいと思っていたが、つい勢いで購入。

これは最近日本でも取り扱いが始まったタイのパテックス社のもの。天然ゴムを加工したものという事で、耐久性どうかな~とは思うが、4年保障らしいので決めちゃいました。

マニフレックスの枕も相当いいんだが、これは突起がイイ感じで緩く指圧されてる感じ。反発も強いのでプルプルなんです。これで体調良くなるといいな~。例によって女子に限りウチで試寝が出来ますよ~。


2009年01月28日

SoftBank 2009年春モデル

待ちにまった春モデル発表!

午後から非常にタイミングの悪いD様のお膝元である新橋で行われたモバイルセミナーに行き、15時頃会社に戻る。部内のSoftbankユーザーはチェック中で 「まだ932出てないよ」 との事。新型サイクロイドはほぼ確定という情報は知っていたが、どんな感じになるんだろうか?930SHに決めかねているだけに非常に注目してしまう。

中継を見ようとニコニコ動画を見るが、有料アカウントじゃない自分は全く見れず・・・。YAHOO動画に行くと音は出るが映像が出ない・・・。音だけ聴いても普通に面白い吉本芸人という事しか自分には入ってこない・・・。

まぁすぐ終わってWEBに情報が上がるだろうと、時々リロードしているとかなり面白いネタが・・・。「この携帯は社長のヘアスタイルの様にシンプルです!」思わず部内のSoftbankユーザーと、「今の結構面白いよね!」と盛り上がってしまった。こんなコミュニケーションが生まれるのも今回の発表会のポイントだろう。こんな感覚久々に体験した!見事にハメられた!

製品発表が終わった後、重大発表があるとの事。ネガな発表があるのかと冷や汗だったが、月5000円相当の有料公式サイトが月315円で楽しめるという「コンテンツ得パック」。そして賞金総額2億2,000万円の獲得を目指したお笑い総合格闘技「S-1バトル」。これはお笑い芸人の動画を2種見て、どっちが面白いか投票してグランプリを決めるというもの。

キモはSoftbankユーザーのみ投票が可能という点。「ファンの人は友達にSoftbankに入ってもらうか、自分で何台も持ちましょう」 的ななんとも上手い作戦。お笑いライブでの発表会にしたのはコンテンツに繋がる何かがあるだろうと思ってたが、こぉいう事か。しかも月間グランプリはSoftbankユーザーのみの投票なんだが、年間グランプリは他キャリアも参加OK!docomo、AUユーザーに対しても "自分事化" が進むスキが無い作戦だ。その上年間グランプリ決定時はテレビ放送もやるとの事・・・。携帯電話を意識しない人まで取り込んでしまう・・・。

賞金総額のでかさも目立つ。自分は携帯プロモーションの仕事はした事ないが、まぁこの金額は何て事ないだろう。この金額の投資で作れる話題性は激安とも思える(運営費とか他に色々かかるけども)。しかも投票ユーザーにも1000万賞金(年一人)だ。お笑いに興味無い人も参加する可能性が増える。完璧だ・・・。

単純に複数のメディアに出稿する事を "クロスメディア" という時代に明確に線引きした感じだ。凄くわかりやすい。ちゃんとユーザーに価値のあるコンテンツであるというのも、綺麗に "ブランデッドエンターテイメント" だな。

「コンテンツ得パック」の方は、どうやってCPとの折り合い付けたのか気になるが、動画ガンガン見れないSoftbankなので、300k縛り開放の設備投資よりは仮に赤字になったとしても、こういった事に金使ってお茶を濁した方が、まだマシなんだろうという推測はしてしまう(電波の割り当ての関係上、設備投資だけでは解決出来ない問題もある様な情報もあった)。まぁユーザーには+しかないので、素敵なサービスだとは思う。現状他キャリアでは同等のサービスは無い。

・・・で、目当ての932SHだが、自分の欲しいポイントは、
・930と同等以上の高画質カメラ(まぁこれは保障されてるだろう)
・テレビが無いので、サイクロイドでデザインが良ければ嬉しい。
・930SHの "暗所のカクカク動画" の解決
という感じ。

商品写真を見ると、新サイクロイドはいいと思ったが、隙間にゴミが入ると傷だらけになりそうだ・・・。高画質カメラはまぁ変わらず+機能追加で問題無し。サブディスプレイは正方形で何がどう写るんだ・・・?デザインはなんとも言えない・・・。特に色が微妙だ。クリアブラックがどうも紺に見える。紺に金のアクセントでもあればいいかもだが、写真だとまだなんとも言えないな。あとサイクロイド端末はどうしても家電っぽい雰囲気がまだ残る・・・。おそらく十時キー(でいいのかな?)が同色でコントラストが無いからかな。十字キーが金属だったらかなり締まると思うんだが・・・。ディスプレイ側の上先が少し斜めなのはイイアクセントかな。

という感じ。スペックは300k縛りが1Mになったらしいが、どっちみち動画アップロードするには足りないので、ほぼ意味無し・・・。下り3.2というのが最高スペックではないが、7.4だろうがSoftbankだと実測変わらない感じがするし、携帯端末のスペックじゃ、DLデータを保存する処理の方が追いつかないと思うので、特にネガには感じず。それに1M縛りならどっちみち一緒だ。あとは3Dゲームがやれるらしいので、処理関係は結構スペックアップしたのかな?電池すぐ無くなりそうw まぁゲームしない分には普段はサクサク操作・・・だろうか?

機能的な事は全部入りなので何の不満無し。Wワンセグは反応が遅い携帯だからこそ生きる機能な感じがする。

凄く確認したいのは、おそらく930SHと同等なんだと思うが、動画性能。930SHは暗い場所での動画撮影は明るさ優先でFPSが落ちるそうで・・・。要はハメ撮りがパラパラ漫画の様になってしまうらしい。WADAがお客さんをハメてるハメ撮りが厳しくなるとなると動画マシンとしてはダメダメだ。SONYからイケてるビデオカメラが出ているらしい (日本未発売) のでこういったもので補うのもアリか・・・。(XACTI は売ってしまった)

早く現物みたい・・・。


2009年01月27日

"クリエイティブブティック" の人のセミナー

何処の誰とは書けないが、"クリエイティブブティック" の人のセミナーがあった。メモから抜粋するとこんな感じだった。

・近年自分の仕事が人の目に触れていない感じがした。マス広告が利いていない事を実感した。
・「広告ですよ」というと利かない。
・コンテンツが良ければそれ自体が広告になるんじゃないか。そぉいう考えが生まれた。
・雑誌のコンテンツは今も決して悪くない。
・雑誌が好きだった。そこで学んだ。今は雑誌の為に働いている様なものw
・広告費を出版社に払う(レベニューシェア)ようなビジネスモデルを作った。WEB屋に買い取らせると、「買ったんだから後はどう使ったっていいだろう」となりがちで、出版社が潤わない。
・販売店のSTAFFが自信を持って売れるように、渋谷等でODMを行った。(客に対してではなく店員に対するODM)
・"CMは代理店が作るもの" としたから代理店は良かった。
・"世の中と機能している" を感じれるものが必要。
・広告で作れる物はしょせん出稿中の間だけ。
・2.3年のうちにONLINE(WEB?)でのオリエンテーションからマスへ繋がるようになるだろう。
・S○○○PがYAHOOが立ち上がるテレビを作った。開発済みだが諸事情?により現在は未発売。
・D様は今の半額でもスポットは売れないという見解を持っている。
・そこそこいい歳になったが、老人同士の馴れ合いをするのはイヤだ。今は疲れるけど楽しい。
・今まで自己実現としての "賞" があったが、日本でWEBの人は10人ぐらいしかいない。(賞はあまり関係無い?)
・近い将来クライアントが広告に絶望している事が、より明確になってしまうのが危険だ。

自分の仕事は予算が少ない(D様の食いこぼし案件のWEBだからというのもある)ので、コンテンツ作るにしてもままごとの様なコンテンツにしかならず、なかなか自分でアガらないのだが、"雑誌のコンテンツは今も決して悪くない。"という自分と同じ認識(珍しい認識ではないが)から、他の事も共感が多かった。

"WEBは代理店が作るもの" にはなっていなく、クライアントが製作会社と直でやってるケースも多い。更に自社にWEBチームを組んで代理店・製作会社に発注しないケースもある(自分がメーカーだったらそうするが)。世の中に代理店が必要とは別に思わないが、"WEBからマス媒体(現時点でのカテゴリでは)" という流れになっていくと、よりマス経験のあるクリエイティブブティックが代理店を食っていきそうだ。今まで行ったセミナーでは代理店の人のWEBの話っていうのは無いので、ウチ以外の代理店もWEB経験が少なそう(マッキャンはイケてそう)。

"広告に絶望" は個人的にはあんな大金使って回収出来ているという現実に違和感を感じているぐらい。比較出来る程自分には知識が無いが、金かけるなら広告(露出)より販売チャンネルの拡大(導線←これも広告という場合もあるが)の方が意味がある商品はいっぱいあるだろうし・・・。

しかし広告のプロであるべき我々が、社外の "元代理店。しかもD様" の人に色々教えてもらうという構図は正しいのかな?このクリエイティブブティックの人も随分お人好しだし、ウチらもプライド無いのかとも思う。(自分がセミナー受ける分には初心者なのでまだいいかな・・・とは思うw)

まぁ代理店がどうこうというよりは、自分がどうするか・・・だな。幸いウチはD様程大きくないし、老人は権力誇示よりも定年待ってるだけなので、ポジ要素もあるな。


2009年01月26日

何故D様が嫌いか

あえて伏字で・・・w

自分はほんの数年前まで、
D様= "電" 気に "通" じている会社・・・コンデンサーとかの部品屋さんかな?
博報堂=本屋さんかな?店舗は見ないから問屋大手かな?(堂=PARISのJUNKUDOのイメージが強い為)
ADK=アナル大好き気持ちいい!?・・・何の会社だ?
ぐらいの知見しかないまま、なんの偏見もなく同業になった。

なんでもD様は汐留にでかい自社ビルをお持ちだ。"代理店=問屋" と考えても、良し悪しを精査する機能はしっかりとある(センスはある)から世界1位の売上げを持つ広告代理店なんだろう。素敵だわ~と思っていた。自分にはあのビルによるブランディング効果でかいです。

D様とウチを会社規模で比較すると、言ってみれば "人間" vs "ゴキブリ" ぐらいの差がある。ウチらはD様の食い散らかし・食べ残しで生活しているようなもんだ。代理店がただの問屋機能だけじゃない事を知る程、キラキラとしたD様への憧れは日々増していた。

しかし、先日その食い散らかしを有難く頂いていると、思いっきり踏み潰されるような出来事があった。これぐらいいいじゃない(涙)という思いだ。D様なら、ウチらが手の届くものなんて眼中にないし、No.1のプライドと威厳を持つかっこいい会社だと思っていたのに・・・。もっとお高く気取っていて欲しかった・・・。"憧れの先輩のダサい私服姿を見た乙女心" みたいな感じだ。

身の丈にあった食い散らかし食って生きていくのか、落ちたものまで拾って食べるのか、どっちが美しいだろう? まぁどっちもどっちだけどw

日々仕事をしていると、D様が作ったWEBを引き継いだりもしている。施策について "あ~あ、クライアント騙されちゃったねぇ" と思うのもあるし(これは代理店の仕事としては上手い訳だが)、デザインとかWEBデータとしてイケてないサイトもちらほらあり、天下のD様がこんなものを納品してたのか!?という案件もある。

「世の中Dだけでみんな満足ならコンペなんか存在しねぇよ」
と部長が言ってたけど、これじゃぁそうなるわなぁ・・・という感じ。

とは言え、入社直後ウチが作ったCM集を見た時、"ただ露出の機会を作るだけの15秒映像。まったく心躍らない" と思い、テレビで見るCMで派手目なものはウチの事例には無かった・・・。きっとイケてるCMはウチ以外のD様とかの仕事なんだろうという想像も、"キラキラの素敵なD様" を醸成していたし、想像だけじゃなくセミナーとかで見る事例では実際イケてるのもいっぱいあった。

テレビとヌクヌクというのもCMは明確にイケてる所以なんだろうな。というかNHK以外のテレビ局は全てD様傘下に見える。(別に悪い事だとは思わないです。)

しかしテレビや広告業界は超ピンチな時代。4月までは契約があるから渋々CM打っている企業も多いらしく、4月以降は大変な事になるなんて噂も聞こえてくる。D様も今まで食わなかった食いこぼしも食わないかんのだろう・・・。

先日普通に道を歩いていると、「オレェ!Dの人とも友達なんだけどさぁ!もうハゲになるかインポになるかってな状況らしいぜぇ!」という会話が聞こえた。既にハゲでインポな人はどうなってしまうんだろうか・・・?w

ウチはそもそもテレビとヌクヌク出来ないポジションなので、この不況でもダメージは少なく、まだ・・・インポかどうかは確認出来ないが、急にハゲが進行した人はいない(元からハゲはいっぱいいる)。会社員としては、このままD様が弱ってくれれば好都合ではある。

しかし取引のある制作会社から、「Dは今年からWEBを中心に考えてくるらしいですぜ!」という情報を貰う。我が子であるテレビを見捨てWEBを中心にするなんて結構ショックだし、もっとテレビとヌクヌクしていて欲しかったな・・・。そこまで自惚れてはなかったのか・・・。

D様が真面目に取り組めば、CMの様にクオリティーで勝てないケースも出てくるだろう・・・。おまけに政治力まである。厳しいなぁ。しかし儲からないWEBを直視しようとするのは、どこか勝算あるんだろうか?まぁやらなかったらウチらに食われるだけだ・・・。金額は減ってもシェアは変わらずという感じだろうか。

自分は失うものないしまだ静観中でストレッチ中という感じ。ストレッチだけで終わらないようにしないとだな・・・。


2009年01月25日

ヤマシタ君と飯

2009-01-25 22-07-00

最近ウチ(自宅)の近所のオフィスに転職したヤマシタ君。休日に何度か飯誘ってもらってたけど、既に飯食っちゃってたりしていて中々会えず。この日も既に飯食ってたけどちょっと酒飲みたかったので、会う事にする。

焼肉食いたい!との事で、TAOLU'Sという焼肉屋 へ。天井高く暗めでイイ感じだ。味も値段もバランス良かった。

しかし店員の女子が非常にたどたどしい。「君ガールズバーに居そうだね!」とヤマシタ君が声かけると、「ガールズバーには行かないですけど、平日のMには行きますよ。同じ系列なんです♪」との事。なんでも水曜かなんかのMって所は女子無料?かなんかで出会いの場所になってるんだそうだ。ウチの営業とか行ってそうだなぁ・・・。

ヤマシタ君の前職は自分と同職、要は敵同士だった上に同じクライアントを持っていたので、担当者の話で盛り上がる。あの女性担当者はアイドル好きのヤマシタ君でも全然適わない程の極度のグラビアマニアだったとの事・・・。独特の趣向を持っていそうとは思ったがびっくりでした。


2009年01月24日

GEOXの靴をSALEで購入

2009-01-25 23-27-28

どろんこ遊びする訳じゃないが、コールハーンの高い靴を毎日履くのは気が引ける貧乏性から、普通のスニーカーが欲しくなる。かといってABCで売ってるようなビカビカな安っぽいのはイヤ。毎日の帰宅時にGEOX外苑前のウィンドウを除いていると、僕好みなのがありました。

SALEで60%OFFだったので色違いで購入。一足約22000円が二足で約18000円!履き心地は・・・まぁ普通。こないだ買ったサンダル の方が全然良い・・・w 更に通気の為に底面が浮いているのでグリップが全然無くて雨の日は滑りまくりと、実用としては微妙だが毎日酷使しなくなるだろうから長持ちしてこれはこれでいいかな・・・。


2009年01月17日

各媒体の話とプロの仕事

「テレビは文化が無くなった!雑誌はまだまだある!」 こんな会話が会社であった。

自分はテレビ無いし(ワンセグ端末も無く、自分所有の電波番組受信機としてのテレビは14年程持っていない)、雑誌もここ10年ぐらい買ってない気がする。よって今のテレビと雑誌がどんな事になってるかなんて全然知らないんだが、一応 "総合広告代理店" に身を置いているし、「今期WEBは200%だがテレビCMが10%落ちたから給料上がりません OR 下がります。」とかは困るのでw、ちょっと考えてみようと思う。

自分のテレビとの接触は昔は "朝のウゴウゴで寝て夕方のウゴウゴで起きる" という生活をしていてフジテレビ中心の生活だったが、今はテレビがあると何もしなくなってしまうのであえて持たない生活をしている。更に瞬間の隙間に人を食いつかせる罠を解読しようとしてしまう性があり何気に疲れたりもするのでw 休まらないので持たないというのもある。これは職業病故更に加速してはいるが、子供の頃から自分がテレビに見入る理由には興味があって色々考えながら見ていたと思う。

雑誌は一般紙であればSPA。職業柄?SMスナイパー。REMIX。あとDICTIONARYかな。何が面白くて見てたのか今となっては全然思い出せない・・・。正直SPA以外は子供の自分には難しくてよく分かってなかったと思うが、なんか欲しい情報があるっぽいと感じて頑張って見てたんだと思うw あ、小学生の頃は一応コロコロとか見てました。

そんな最近の自分はたま~に人の家でテレビを見るが、ここ5年ぐらいの記憶をまとめるとこんな感じ。
・以前より番組毎の個性が無くなり成功事例のコピーが増えた感じがする
・安っぽいアイドル番組が増えた。
・90年代テレビの花形はドラマだったと思うが、これも演技力の無い単純に旬な人ばかりという傾向はより強まっている感じは緩くする。
・役者の質はともかく製作側の熱意を感じ難い。
・「タレント同士のお遊びをただ録画したもの」という番組も増えたな・・・。(キンキキッズの左の人のデート番組は緩くて好き)
・「何故この時間にこの内容?」という印象をちらほら感じる。生活スタイルの変化に合わせたという理由もあると思うが、局と事務所事情的な理由もうっすら感じる。
・明確なネガはいわゆる芸能人が芸も能も無い。(今さらか?w) お笑いで言えばただ単に声がでかいだけの人が多い。その中でも会話の成り立たせ方、的確な挙動等は並外れている人も多いと思うが、それだけで芸能というのはちょっと違うと思う。
・的確な挙動(リアクション)のタイミング待ちをしている真剣な表情を見れてしまうと、むしろドキュメンタリー番組。"はたらくおじさん" だ。(例:笑福亭笑瓶)
・人をアイコンにする事に頼り過ぎていてテレビからの "提案" はほぼ無くなった感じはする。ちょっと平均からズレている程度の人をタレントとして見せかけるのは苦しくないか?
・ダウンタウンがつまらない。ごっつえぇのコント "老人になったダウンタウンが今田に仕事貰おうとする" を思い出させられる・・・。
・とんねるずはご飯食べてるだけ・・・か?石橋は無条件に旬な女子に覆いかぶさるのが、一番映える絵だと思うんだが・・・。(面白くはないが日本だなテレビだなって安堵感を感じれる)
・ウッチャンはまだ前進している部分もある印象。
・何故か島田伸介の好感度アップ!?
・勝俣は典型的な "声でかいだけ+α" の人だと思うが、どこに居てもハマる潤滑油的な良いポジションに居るな。
・こういった古い人達も健在ながら、新しい人も多いので主役が分かり難い。
・もっと新鮮な驚きがあるお笑い(コントとか)が見たい。
・超巨大セットでのアトラクション番組とか無いな。
・爆笑問題の右の人が小倉に「かつらってどうなんでしょうね?」みたいな事を生放送で問いかけていたのは衝撃だった。
・"なんとか侍" は「徳光の泣き顔は海亀の産卵」以外一瞬たりとも面白いと思った事はない。
・「そんなの関係ねぇ」と「おめでウィッシュ」の人はまだ見たことが無い・・・。
・自分が絡んだ案件のCMを電波放送で見た事がない・・・。

"テレビ君" みたいなキャラが「僕はいけない事を放送していませんか?みなさんのご意見をお聞かせ下さい」とCMで呼びかけていたけども、いわゆるPTAのおばちゃん達の苦情を意識し過ぎてトゲ(クリエイティブ)が抜かれた感じもするな。害だと思うなら自分のようにテレビ持たなきゃいいのにと思う。おばちゃん対策っぽく見えるのが "週間フジテレビ批評"。 昔はクラフトワークのBGMとフジテレビロゴだけでかっこ良かったのに、おばちゃん達と上手にやる為かお上品で清潔でいやらしいぐらいに誠実な感じで、未使用の生理用品を想起させられる・・・。

深夜番組であるお笑い芸人が「志村けんさんの "変なおじさん" 以上のキャラクターは絶対に生まれない」と言っていた。これが事実であれば乱暴ではあるが、テレビの主役であるお笑い番組は文化としては明確に終わっているとも言える。キャラクターがお笑いの全てではないが、分かりやすい例で凄く終わってる感を突き付けられた。正直チャップリンも植木等も言ってみれば "変なおじさん" だ。究極の形に昇華されたのが志村けんの "変なおじさん" であると思う。やはりあれを塗り替えるのは無理という事か・・・。ミッキーマウスもたまたまネズミだったけどおじさんであった可能性もある故に、志村けんは偉大だな~と思う。

逆にキャラクターは無理だから違う方向という意味で 「波動拳!波動拳!」←なんか違う気がする の二人でキビキビ動いている人は、自分が共感出来なくて若い人が共感しているので、時代にあった新しい刺激という事でイイ事なのかもしれない・・・?


ここで自分の言う文化は、かなりクリエイティブ寄りな意味で辞書に書いあるのとは違うかもしれない。自分的な文化は、"複数人が目的を持って新たな刺激を創造し前進している様" という感じかな?創造し終わったらもう文化じゃなくて、"習慣" に言い換えるべき。よって単純に古い習慣を大事にするだけの行動は文化とは言いたくない。←この言い方は解りやすいけどもね。 ※ "仕事収め" の日記で買いた事は訂正。 仕事でやりたい事は習慣を作る事です。

フランスという国は古い建造物の名所とか、とっくの昔に死んだ人の絵画とかによって観光が潤っている国だが、ただの懐古主義ではなく コンセプト・シリーズをやってた頃のリッチーホーティン に「君は君の美学を追及しなさい」と政府が金出してしまうような国だ。これを踏まえるとちょっと乱暴ではあるが "現在進行形の状態が文化" と捉えられる。フランス人は能天気な快楽主義で前進なんてものとは程遠い感じもするが、文化を創出する為に出資して終わったらビジネスに変えるというのは、かなりイケてる発想だと思う。結構ヤクザだw

念のためWikipedia を見てみる。
>タイラーの指摘に従えば、茶道や華道が単独で文化を構成すると言うよりも、茶道が発達する社会的背景、慣習、宗教などの複合的全体が文化であると定義付けることができる。

>また、文化は、[自然」や「未開」の対極と考えられることもある。ラテン語 colere(耕す)から派生した英語の culture やドイツ語の Kultur は、「文化」という意味以外に「耕す」、「培養する」、「洗練したものにする」、「教化する」といった意味合いを持つ。

自分はこの辺の事を言いたいんだろう。


で!テレビが文化として成り立ってたのは、"全員集合 o rひょうきん族" までで、拡大解釈しても、"東京ラブストーリー" "101回目のプロポーズ" ぐらいまでの時代だと思う。更に拡大すると "電波少年" は番組単発としてギリギリ維持していた印象。こういった番組に対して視聴者は 「次は何?来週が待ち遠しい!」という感覚があったと思うし、"製作者がどこまでイケるのか?自分達に期待し興奮している様" も見えていた感じがする。電波少年以降、こういった感覚を多くの複数人が持つ番組ってあっただろうか?そぉいえば "あいのり" があったがあれはドキュメンタリーの一案だけなのでちょっと違う。海外行ってた上にテレビ無い自分が言うのもなんだが、とうの昔に終わっていた感じがする。

当時はテレビと競合する娯楽が少なかった、要はWEBが無かったというのも視聴者を含む複数人というのが、まだ容易に作れた時代だったのは明確。またテレビがメインの娯楽であった故に、テレビの会話が出来ないと "人とコミュニケーション=目的" が取れなかったと思う。当人の好みは抜きにして、会社・学校でのコミュニケーションを円滑にする為という目的の人も少なからず居たと思うし、日本人は連れションが好きなのでそれに気付いていない人も多かったと思う。

とは言えメディア接触者としてポジを上げると、WEBコンテンツとは比較にならない予算(海外ロケ等)、作りこまれたコンテンツの設計、一瞬のテロップの作りこみ、CM等、要は成熟したクリエイティブに対しては見入ってしまう。重要なのはやはり声がでかいだけじゃない、芸も能もある本当のタレントの表現を楽しめる場合もあるというのは他媒体には無い魅力だと思う。あと上沼恵美子の厚化粧っぷりには目が離せなくなってしまうw 化粧だけが魅力という訳でなく、あそこまで恥ずかしい王道を迷いなく綺麗にやれるのはプロだと思う。基本的にはキモくて嫌いなんだが、青汁飲んで「マズい!」って叫びたい心情のような中毒性を感じている。

更にヌルい内容であってもクリックせずに時間軸でどんどん新しいものが提供される楽な所がいいと思うし、CMが入る事によって音楽のライブで言うMCみたいな余興がテンポよく挟まれるのも調度いい。基本どんな番組・CMでもじっくり見がちなので、テンポを変えてもらえると長く見れる。要は自分で制御出来るのはチャンネルぐらいなので受信に徹する事が出来る。ODMにすら接する機会が少ない自分としては新鮮で楽しい。あと基本 "一人ぼっち" な自分なのでw 仕事以外の人の声を聴く事そのものが新鮮。

この様に滅多にテレビを見ない自分は表面的なコンテンツクオリティー、変わらない接触スタイルに対してそれほどネガが強いという訳ではない。なんだかんだ言ってずっと見ていられる。しかし以前よりは躍らないし、クオリティーを "提案" 要素も含めるならば話は別だと思う。おそらくこの提案に対しておばちゃん達が目を光らせているから中々やれない→予算も取れないから新しい企画は恐い→安易に人をアイコンにするという流れなんじゃないかと思う。

そんな中、ジャニーズと人目を惹く女子のカップリングではあるが、キンキキッズの左の人の緩いデート番組はスペックは満たしつつ刺激的に感じた。あそこまで明確に "遊んでるだけ" をちゃんと演出しているのは新鮮だったし、"バーチャルデート感" が男女共に響くんじゃないかな。一人ぼっちな僕はより響きますw あ!あと "デザインを再考する" 白い背景の番組は "提案" 要素強く感じれた。まぁ昔より大きくはないが、ちらほらあるんだな。

しかし現実の自分の環境ではテレビ番組の話題は起きず、新入社員はニコニコ動画で人気動画のURLを送ってくれて感想はチャットで行う。そこで同意が生まれなくてもWEB上に同意識の人が居るのを確認出来るので特に問題は無い。そんなコミュニケーションに変化している訳で、テレビ番組の視聴という行為が若い人程ハマらなくはなってきているという感じはする。そういった現代のコミュニケーションに対抗出来る "提案" がおばちゃん達によって出来ないのがテレビのジレンマじゃないかな。仮にテレビ番組の話題があったとしても、"まさか同じ番組を見る人が近くにいるなんて・・・" というレア体験を確認する意味が強く、昔の "見ていて当然"という前提の上で成り立つテレビの会話とは意味が違うと思う。

WEBではそもそも上り回線があるし、検索等で自分の趣向にドンピシャなコンテンツの中である種予定調和的にぬくぬくとコミュニケーションがとれるので、こっちの方が心地よい人も多いハズ。"国民が同調" と言えるような洗脳に近い流行が近年起こっていないのも、WEBの存在故だろう。更にそれ程興味の無い番組に対してはネガティブチェックで見てしまう生理が働いてしまい、テレビ離れは進んでしまうという流れも考えられるな。

各種調査データでも、WEBに接触者を奪われ始めているのはよく分かる。テレビとWEBで分かりやすく比較出来るのはYOUTUBE、ニコニコ動画等の映像コンテンツだろう。テレビの代わりに単純にこっちに人が流れているんだろうか?

自分はYOUTUBEでハプニング映像見るよりは、選別された映像に みのもんた のナレが入ってるテレビ番組の方が面白いと思うし、STICKAM が番組流しているが、ここまでつまらない内容を垂れ流し受信すらする気にはならない。

テレビは基本的に学びが少なくお笑いを筆頭にした娯楽コンテンツの割合が高い。こういったコンテンツカラーはWEBの人気ある部分と被る。クオリティーが高いのにWEBに接触時間を奪われてしまうのは、
テレビやってる人は "提案" はやり難いとは言え "発信している" 感覚があるんだと思うが、このコンテンツカラーに現代のユーザーが求めるのは "受信" ではなく "馴れ合い" だからなんじゃないかな。昔と比べると生活スタイルも様々で家族等の複数人での同時視聴というのは起こり難い。更にWEBによってニッチな自分の趣向を確認出来ているので、仮にテレビとWEBで同じ映像コンテンツがあった場合、一人でも馴れ合えるニコニコ動画の方が良いという感覚が加速してしまうは普通の流れだと思う。

あと自分自身思うけど、口で会話していてもどこかでタイピングしている脳が働いている瞬間がある。自分ですらそうなので、日に50通以上携帯でメール書いてる若い子は口で会話していても思わず親指がピクピク動いてるんじゃないかな?そんな所もニコニコ動画に人が集まる理由な感じもする。

単純に配信方法でテレビ(電波)はダメという意味でならば、時間はかかるがおいおいネット回線に集約される可能性はあると思う。受信時のシステム的な意味で言えば、アンテナ→チューナー→テレビ なのか モデム→PC→モニター の違いだけだ。テレビ番組をSTICKAMの様にサイトで常時放送すればいい。そぉいう意味ではニコニコ動画のライブ配信なんかは、テレビ的コンテンツをWEBで見れて馴れ合いも可能という最先端事例だと思う。更にキーボードという入力装置より優れたものが生まれて参加しやすくなれば テレビとPCは1つになり "家庭にモニターは2台以上はいらない" という事にもなりかねないな(一人暮らしであれば)。よりセグメントされた自分の趣向を楽しむには携帯で・・・という住み分けが進み本当にライフスタイルが変わると思う。

まとめてみると、"テレビ番組はコンテンツクオリティーは悪くない。コミュニケーション方法がWEB登場以降の時代にはハマらない人も出てきている" という感じかな。

おそらく "提案" まで意識して見てる人なんて自分の様になんかしら製作の仕事している人以外は居ないと思うし、今の番組内容でもWEBが存在していなければ新ジャニーズがぽこぽこ生まれてくるという "提案" として成立して見えるのかもしれない・・・。

コミュニケーション方法をWEB的にすれば、人はテレビから離れないのか?・・・と考えると地デジは双方向が出来るってな話だが、そぉいう番組はあるんだろうか? まだアナログと同内容だから無いのかもしれないが、今でも「デジタルの人は○○して下さいね♪」という方法もあると思う。今までの「ご意見はFAXで」というのを、今はメールでもやってるんだと思うが、更に拡張してテレビだけどニコニコ動画的に同じ時間軸で馴れ合えて完結出来てもいいハズ。FAX・メール送らない人も視聴は成り立っていた訳で、アナログ共存の今でも出来ない事はない。今のままだと番組見ながら2CHで馴れ合う、ニコニコ動画で後日馴れ合うという事で済んでしまう・・・。"モバイルにアクセスするともっと楽しめます" 的なのはあったと思うが、番組視聴と同時である必然性が無かった気がする。CSとかは同時双方向的な事やってんのかな??

とは言え現在のハード的にキーボードなりの入力端末が前提じゃないのが辛い所。キーボードより優れた入力端末が生まれる良い機会になったかもしれないと思うともったないな・・・。任天堂を絡めて開発したらテレビは凄い面白い事になったかもしれない。

MANIACが改装するとCO-FUSIONの楽曲スタイルが変化したように、デジタルテレビに変わったからこそ、その環境に映える新しい刺激的な体験に期待したい。今のところ感じられたポジっぽい変化は "女子アナウンサーのスカートの丈が短くなった" ぐらいしか感じられない・・・。これは高画質のメリットも特に活きてないし変化というにもおこがましい感じではある。

通常のテレビ番組もお色気も同時に楽しめて2度おいしい的なのは男子としては悪くない面もあるが安易過ぎる・・・。逆に発情させてしまい、「AV見よ♪」と番組を見るのを辞めてしまったら元も子も無いな。

ハードを含む地デジの訴求ポイントって、"ハイビジョンです" "ゴースト無く綺麗ですよ" が基本で、新たな体験を得られる訴求が皆無な気がする。はっきり言ってカタログスペックだけだ。ドキュメンタリー番組は画質が良い方が良いが、メインであると思われるお笑いやらドラマは画質で訴えられても別にどっちでも良い気がする。今の絵の作りこみ度では正直荒が見えるから魅力減な感じもする。ドラマで言えばその世界ではなく "スタジオのセット" が分かるし、"あの女優はこの収録日は生理だった" とかが分かってしまう。 人間は脳内補正を色々とやるので、"クラブでナンパしてコンバージョンしたが朝起きたら信じられない光景だった。" みたいな事が起きていた方が幸せだった気もする・・・。

あるデータによると既にデジタルテレビ普及率は結構高いみたいだが(85%ぐらいだったかな?)、そもそも "デジタル高画質" が欲しかったんではなくて "薄いテレビ" として買われてたんじゃないかな? よって難視聴地域拡大の可能性や新東京タワーの問題を除いてコンテンツに対する欲求だけで考えれば、アナログ停波時の段階でいきなり半減とかの大ダメージは起きないと思う。が!コンテンツがこのままでは投資に対する見返りが薄いと判断するまだ持ってない自分みたいな人や、持っててもWEBで十分(直近の言い方だが)になってしまう人はそれなりに居ると思う。難視聴地域で失われる視聴数を想定して、視聴時間を増やすコンテンツ開発は進んでいるんだろうか?

テレビがコンテンツに迷っている間に、ニコニコ動画のライブ放送みたいな受信と馴れ合いが同時に出来てしまうコンテンツが成長してしまえば、"高画質だが受信だけ" のテレビは必要なくなる。テレビは "お茶の間の主役" だと思ってるし、そこにアイデンティティーを強く持っていると思うが、WEBが高画質生放送が出来るようになるのも時間の問題だし、ちょこっとハードの表面的な事だけ変わればいつでもお茶の間の主役はWEBに取って変わられる。

番組制作者は番組配給を局ではなくニコニコ動画に対して行うようになり、ニワンゴは "鬼に金棒" 状態になるんだろう。ニコニコモンズによって吉本の動画素材が使えるようになった りと徐々に事務所との関係も構築し始めている様に見える・・・。テレビ番組等のアップは厳格に削除していくという方針を明確にしたのも "あんた達からのおこぼれがなくてもやっていけるよ~ん" という計画故だろう。将来のテレビ局崩壊の道は出来てるな。局は製作会社を押さえてCPになりニワンゴと上手くやるしかないだろう。いつまでも 「地デジに金かけたからもったいないし地方局が潰れちゃう」とか言ってたらCPにすら留まれないな。

しかしWEBだとそこから金にするのが大変で、出演者のギャラが捻出出来ず芸と能があるタレントはテレビに留まりニコニコ動画は声がでかいだけの安い人という住み分けになったら共倒れにもなりそう・・・。移行期はみんなここのバランスは慎重になるだろうな。最終的には "テレビ=ジャニーズ孤立軍 / ニコニコ動画=吉本連合軍" こぉいう事かな? それか "芸能人なんて居なくてもいいじゃんっ" てな事も考えられる。

WEBはテレビに明確に勝つ時期を早めるには教育コンテンツを用意して、赤子をテレビに接触させないまま成長させるのも手だ。同時双方向が今のテレビなんかより遥かにやりやすいので、教育玩具的なコンテンツ・入力装置は作りやすいだろう。PCメーカーも今の "エコ" みたいな流行で、"電磁波軽減PC" を作れば大きなうねりになりそう。←これは赤子ターゲットにはならなくても、ある段階で流行にはなると思う。親にテレビや今の玩具よりWEBコンテンツに接させた方が良いと思わせ、言語を知らない時からWEBに接せさせれば、テレビは自分の世代で言う新聞程度・以下の存在感しか無くなると思う。自分ですら会社では "WEB頭" と言われるが、本当のWEB頭はこういった環境で育った人間だろう。

世の中はどんなもんかな~と思い、ちょっと調べたら
テレビが壊れた場合、テレビ無しで何日間我慢できますか?
こんな投稿があった。
5対2で "テレビ無しで大丈夫" という感じの結果。あまりにサンプルが少なすぎるし、ネット上でやっている結果なのでテレビでアンケートを呼びかければまた違った結果になりそう。実態は地域にもよるだろうけど、まだ "テレビ無しじゃ困る" という結果になるんじゃないかな(そぉいう問いかけではないが・・・)。なんだかんだ言っても現在の接触メディア1位はテレビだ。東京以外はまだテレビ依存度は高いと思う。

ネットやケータイなしで、どれだけ我慢できますか?
こんな記事もあった。このリストじゃ見難いのでちょっとグラフを作って確認してみた。

インターネットや携帯電話から一切離れて我慢できそうな期間ランキング

これもWEB媒体でのアンケートなのでWEBに有利な結果だと思うけど、フェアな比較をしたとしてもテレビよりもジャンキー度は高い結果になりそう。

"接触メディア1位はテレビ" を前提に緩くまとめると "WEBは欠かせない。テレビはなんとなく付けていて接触時間も長いが、無くてもいいかも?" という感じかな。

ちょっと外れるが
女性の半数、男性の3割が「セックスよりインターネット」
記事タイトルが大雑把だけど、あくまで "2週間" との事。これは今の相手とのSEX次第な感じもするがw おそらく "ネット依存度が高い" と見せたいんだろうけど、むしろ結構な割合でSEX依存度が高いなという感じがする。

また男子と女子の結果に開きがあり、女子の方がSEXよりネットが大事であるらしい。でも半数は2週間SEX我慢出来ないとも言える訳で、みんなかなり発情屋さんに見える・・・w 日本でこの調査したらどんな結果になるんだろう?


薄型テレビ&地デジで「見たい番組が変化する」--ソニーマーケ調査

>今後地上デジタル放送で見たいと思う番組は「旅、風景、建物」に関する番組を挙げた人が「映画」を抜いてトップという結果になった。

あらあら・・・。上に書いた、ドラマ・バラエティー等、製作側の創造を強く楽しむジャンルから離れていく方向性が分かる調査だ。完全にネガな訳でもないが、直近は吉本と共存を続ける為に "世界の名所でお笑いバトル" こんな事になりはしないかw ←これはこれで見てみたいが。

>これからのテレビは基本的な情報を伝えるだけでなく、感動を与える、情緒に訴える映像の表現装置でなければならないと思います

深夜やってる "FNSドキュメンタリー大賞" には見入ってしまう自分が居るし、WEBもGTの仕事が目立っていてこぉいう方向性のニーズが強まっている感じがしている。テレビはいつまでも声でかいだけのお笑いの人、ルックスクオリティーが平均よりちょっとだけ高いアイドル、女子アナいじりだけだと取り残される事になりかねないなw

・・・ここまで書いたけど、この比較にはある意味落とし穴があった。WEBは実はコンテンツに接している時間ではなくてメール書いてる時間も含まれるw SNS・ブログの記事を書いている時間もあるだろう。

よくよく考えてみると視聴率20%取れていて "テレビは厳しい" って言われるが、WEBの人間からすればすげぇ数字だと思う。瞬間の絶対数が違い過ぎる。WEBのヒットしたバイラルコンテンツっつっても、それが話題になるのは制作やってる人間の間だけな感じがする。YOUTUBEの人気動画の視聴回数を見ても、テレビに比べれば大した数字じゃない様に感じるし、人気コンテンツで世帯視聴・観覧率を出したら明らかな差が出るんじゃないかな。まずはプロが発信したコンテンツのWEB(受信)なのか、CGMのWEB(発信・参加《馴れ合い》)なのかを区分しなきゃちゃんと比較出来ないなぁ。

よってテレビとWEBを映像コンテンツと限定して捕らえて比較するならば、テレビ優位というのは明確(あくまで接触力としては)。意外となんて事ない結論だw

ただテレビの視聴率算出方法は疑わしい。精神論になっちゃうが、ビデオリサーチの機械を置いている家庭は、どこかで "視聴率計測に参加しなきゃ" という意識が生まれてしまいがちだし、自分の行動がメディアで使われる視聴率を形成しているという参加ナルシズムも刺激されているハズ。そういった状況ではサンプル数があまりに少なすぎる。デジタルで双方向が可能ならば、ビデオリサーチの機械置かなくても全デジタルテレビの視聴状況調査なんかも可能なんじゃないかな。まぁそれをどこがやるかで揉めるので政治的に通らなさそうな案だが・・・w まぁここは電通が我が子であるテレビを延命させる為になんか考えていそうではある・・・。

また、"ネットしながらやる事はテレビ" というような調査もどっかにあった。テレビは付けていても見てない事もあるという事だな。よってビデオリサーチも誤差は認めているが、誤差が+に転じる事はなかなか無いと思うなぁ。

まぁ映像コンテンツとしてはテレビ優位という事で良いと思うんだが、メディアや広告として考えると今後は明確にWEB有利的な事になるだろう。広告媒体としてはCPAも考えないといけないと思うし、まぁいわゆるクロスメディアっつぅ合わせ技の冥利もあるので、現段階でどっちが良いと明確にするにはデータが足りないが、テレビはWEBに対抗するにはWEBでいうPV・UUに値するようなデータが取れないと、メディア力以前に代理店の商品として厳しくなりそうだ。今はまだ "テレビ=なんとなく付けてるから接触頻度が高い" "視聴率=ちゃんと見ているだろうからある程度信用出来る" "視聴率から紐付けたレスポンスのデータがある" という前提があるけども、これからの企業の担当者は自分の様にテレビ持ってないヤツかもしれないw

で!本題のw テレビに対する雑誌だが、雑誌毎にテーマがセグメントされているし、時間配分を自分でコントロール出来るのでテレビと比較すれば突き刺さりやすいと思う。文化としては、そもそもが "提案" している割合が高いと思うし、芸能事務所との政治的な関係もテレビより遥かに薄いだろうから、発信者の意思が濃く出やすい。当時のポパイや宝島なんかは共感共有する読者も多く、大きくムーブメント的な成熟になり習慣になり枯れたんだろう。

自分の言う文化かどうかは読んでないので分からないけど、CREAが好調という記事があった が、これがやりやすいのは雑誌故だろう。

"それぞれの号が保存版になればということです。" とあるが、強烈に "我々プロが提案しております" と言っている様に感じる。雑誌はWEBには無い編集されたプロが発信する情報であるから、まだ金出して買う人が居るんだろうし、生き残るにはこの方法しかないと思う。おそらくCREAの好調というのは "提案" というよりは、しっかりとしたマーケティングから生まれている感じはするが・・・。まぁ仕事としては凄く綺麗で正しいんだろうな。

まだあるのか解らないが雑誌の一番後ろに "読者からのご意見" みたいなのがあると思う。そもそも "金払って買ってる=立ち読みした上で明確に自分が欲しいものとして判断している" と思うのでネガは生まれ難く、プロが提案したものに対する共感の意見みたいなのが多い気がする(あえてネガを多く掲載はしないだろうが)。馴れ合いではなく発信者と受信者の関係がまだ健全でありやすいのは雑誌なんだろう。

雑誌的コンテンツをWEBでやろうとしてる所もあるが、紙のインターフェースをWEBデータにしただけの縦書きレイアウトは使い難い印象がある。横書き(WEB)に対して無駄に抵抗したいだけにしか感じない。縦書きのレイアウトもプロの仕事の一つだが、そんな所で意地張ってないで雑誌はそのプロによる情報をプライド持って出すべきだと思う。多分多くの雑誌の人は既に分かっていて徹しようとしていると思う。技術的進歩は起きないので徹さざるをえないし・・・w ただやはり金出さなきゃいけないので、どうしても接触頻度は無料のものよりは落ちてしまうな・・・。WEBでの接触に最適化された雑誌コンテンツというのが必要でみんな悩んでるんだと思う。

印刷物として売るには凄~く適当なジャストアイデアだけど、雑誌は全部無料!本屋に入るの有料!持っていかれた数によって売上げ分配ってのも下手したらいいのかもしれないな。一人で持ち歩ける数には限りがあるので、収支があう入場料も算出出来そう。・・・かなりリスキーだなw

ついでに残りの媒体についても現状の私感をメモ。

ラジオは大半は "ドライバーのお供" であり、能動的に聴いてるケースはオールナイトニッポン的なテレビと同様タレントに頼った番組以外は少ないと思う。視覚に訴えられないので逆にクリエイティブ・・・というか王道で面白い番組も多いと思うし "リスナーからのお便り" が必須で、発信受信と馴れ合いが良いバランスだと思う。ただ読まれないと馴れ合いに達成出来ないので、WEBの "より確実な馴れ合い" には勝てないんだろう・・・。

今はラジオ受信機がある家庭もちょっと微妙な感じはするが、家で能動的に接触させるには、"WEBのお供" なコンテンツもいいんじゃないかな?ラジオ深夜便なテンションで心に響く綺麗な写真と連動する番組とか・・・。これなら写真共有サイトと連携して導線も増えるし、写真共有サイトも利用者が増えてWIN-WINじゃないかな!?

新聞は、もう何で存在しているのか自分は分からない。新聞の主な役割はNEWSだろう。役割というかそぉいうコンテンツをやっているのが新聞だ。NEWS以外を前面に打ち出した新聞があったっていいと思う。NEWSは基本は私感を入れないで事実のみを伝える事だと思うが、速報性では適わないWEBにNEWSの役割を奪われても当然だし、テレビはそういったNEWSの伝え方とワイドショー的な "やんやかんや" やる番組もある。現状のNEWSとしての立ち位置での新聞はどっちにも勝てる訳がない。

昔から新聞勧誘の人に「お宅のWEBでNEWS記事が無料で見れるのに、なんで金払って紙で見なきゃいけない訳?」と問い詰めている。みんな洗剤程度のインセンティブしか提供出来ない上に 「そ~なんですよね・・・」としか返してこない。これじゃダメだろう。「NEWS以外のコラムとかは他媒体には無い魅力があり読み応えあるんです!」ぐらいは言わないと・・・。

WEBの人間にとっては "紙になる" という事がかなり新鮮だったりする。既にあるのかもしれないが、一面を読者の馴れ合いコーナーにしてみるとか、そんぐらいしないと維持すらも出来ないと思う。新聞においては、同じ内容が無料のWEBにあるんだから既にプロの情報を得るという価値は無い。"WEBのお供" になるにも新聞は物流だから厳しいだろう。

昔ドラマかなんかで「僕の記事が全国の人に読まれるのは感動なんです!」みたいな熱血記者を描いたものがあったが、今はその楽しみをアメブロで誰でもやれる。色も付けれて絵文字も使えるし写真も動画もOKだ。その上読んだ人の反応もダイレクトだ。新聞よりも遥かに優れた活字デザインをしているブロガーはごまんと居る。これを踏まえると今後活字好きの人間が新聞社に入る事は考え難い。正直どの角度から見ても衰退の道しかないように思える。

"iphoneアプリで新聞が無料でそのまま見れる" ってのが人気 らしいが、悲しい現実としては "忘れかけていた新聞を無料で見れるなら懐かしさを味わう為に落としてみるか" という事じゃないかな。新聞を欲しがっているんではなくて、最新デバイスで旧メディアを疑似体験するちょっとした遊びが目的であって、すぐ "横書きで読んでリストから気になる記事選んだ方がいいわ" というオチだろう。記事検索出来るならちょっとだけ事情は変わると思うが・・・。どちらにしても将来的には今の感覚の "江戸時代の手書きチラシ" みたいな存在になると思う。広告としてはODMに次ぐでかい面積を持つ事ができる媒体という特徴しか感じない・・・。(こんなマルチディスプレイ環境を持っている人は除く)

"今後はWEB"(手法として) というのは間違いなく、全てを包括していく存在だと思う。現時点でも目立った所では、テレビ、新聞、雑誌、音楽販売はWEBでやれる事で、既にその役割は奪われつつある。ただ、2.0的な "馴れ合い = WEB" というWEBコンテンツのカラーが自分的には反発したい所。

WEBの仕事についていなくても、要はプロというポジションに居なくてもPCがあれば同等・それ以上のコンテンツを作る事が出来る可能性を秘めてるのはWEBのポジな所なんだが、現時点では馴れ合いばかりで、ちゃんとしたプロの仕事には全然勝てて無いのが殆どじゃないかな。YOUTUBEが人気とは言え、基本は "テレビがWEBで見れる。レンタルしなくて良い" がきっかけだったと思う。現状もそれ程変わってないんじゃないかな。日本は視聴数は多いのにアップ数は少ないらしいし。

コンテンツ制作・発信を "自分にも出来る" というモチベーションが生まれ易く、試みが多く行われるのはとても良い事だと思うんだが、WEBの緩い発信者が発信者として前提になりやすいのは、全体的なクオリティー低下に繋がる感じがして、ちょっと危惧している。(やや懐古主義なのかもしれないが)

例としては初音ミクが話題にはなっても、音楽としてはプロの仕事には程遠い。(好みとしては趣味次第だが・・・)まぁ受信時の目的が全然違うのでこの件はまだ健全だけども、どんどんボーダーレスになって行きそうなのが危険かなと・・・。ちゃんとプロデュースされたアイドルと、自称アイドルでは雲泥の差がある。Perfumeの初期と現在が良い例。CD化もちらほらあるみたいだが、まだ初音ミクの名前に寄っ掛かってるだけっぽい。ここから良い作曲者をレコード会社が発掘して、ちゃんと世界観等も綺麗にプロデュースして販売する導線に繋がるならばむしろいいんだが・・・。しかしこのabsorbというバンド、ウルフルズが応援歌しか出せないのと同じで、卒業ソングしか出せない人になりそうだな・・・。

まぁネガだけではなく、最初は馴れ合いが目的でも、プロになれる人の自覚を生む場になる可能性があるという点は、馴れ合いの場もポジな要素もある。しかし "馴れ合いの上流" というカテゴリーもあるので、全員がそこを目指してしまいがちなのが、やはり気になる・・・。その上流に行った本人に金が入ればまだいいんだけど、ミクシィとサイバーエージェントにしか金が回らないのは危険だと思う。クラブの世界での不味い酒作ってトイレ掃除しか出来ない人には確実に時給800yen入るのに、DJには大して入らないというのと近い。上質な発信者(プロ)に金が回らなくなりやすい導線が危険という事です。

WEBはサーバーレンタルしてHTMLがちょっと書ければ、個人でメディアを持つ事が出来るという可能性に惚れた。当時はそれでもある程度努力は必要だった訳で、個人でテレビ局を持つ程ではないが、多少は敷居はあった。それをクリアしてでもやった人というのは、何かしら発信したかったんだろう。まぁ自分はそうだった。←これがプロによるコンテンツかどうかはまた別の話で、あくまでモチベーションの話です。

今の敷居は "アカウントを取る" ぐらいだろうか。テレビの時間が減って、表面上 "WEB優勢" の様に見えるが、実態はWEB媒体というよりは、メールや "Mixiにやらされる馴れ合い" に時間を取られ、プロの仕事に接する時間が増えているとは言い切れないし、発信ではなく馴れ合いが主の目的になり過ぎている。

極論だがプロが作ったコンテンツは必要無くなり馴れ合いだけになってしまう。"ブロガーバズプロモーション" が売り物になるという事実が典型的。ブロガーが今の時代のプロを否定していれば先に繋がるのでまだ良いんだが、そぉいう訳でもなさそう。"無意識だが実は否定していた" であればまだ健全だが、気付いたらクリエイティブには金が回らなくなり全てが風俗になってしまいそうだ・・・。既に部分部分侵食はしている。

・・・自分が今考えているのは時代に乗れないおっさんの懐古主義故の被害妄想であって欲しい。

自分もこうやって無料でテキストを書いて誰かに読まれ時間を割いてもらっている訳だし、無料でDJ MIXが聴けるのも「音聴きたい」という人の欲求は満たしてしまって、CDが売れる機会を殺いでいる可能性もあるという、自己突っ込みが出来てしまうのが辛い所だ・・・。自信を持てるロジックを作りたかったんだが、墓穴を掘ってしまった・・・w

あえて "全てがドキュメンタリーコンテンツ" と言い換えると途端に楽しくなってくる感じもするw まぁ人間は向上心(欲)があるので、風俗になってもそこから枝分かれのパイオニアは生まれるんだろうな。そうやって変化してきたんだと思うし。(今後は金が回るかは微妙だが・・・) しかし今は変化の前の崩壊が多い段階なのでネガに感じがち・・・。クラブに対しては崩壊してくれた後の方が楽しそうというのが見えるが、"総合広告代理店" の立ち位置からメディアやクリエイティブを見るとポジが見え難いな・・・。

まぁ、取り急ぎ目の前の事として全媒体のコンテンツに言えると思うが、プロのコンテンツ発信をして受信を求めるのか、率先して馴れ合いの場を作るのか、どちらかだろうな。何か始める時にはコンセプトとして日常的に考える事になると思う。ニコニコ動画を筆頭に各所で切磋琢磨行われるんだろう。


2009年01月05日

正月休み

PCセットアップの延長的な作業やファイルの整理、細々と色々やっているが、メールで「明けましておめでとうございます」的なDMがいっぱい届く。

「何で明けたらおめでたいのか?お股が開けたならばおめでたいが・・・。」

と亀千人の「チチの父は牛魔王だけどチチのおっぱいは・・・」
的な一人悶々とどうしようもない思考に陥る・・・。

どうでも良い事に疑問を持つ事は大事だけども、年明け早々ホントにどうでもいい生産性の無い疑問を持ってしまった・・・。これで1時間程しか寝れないまま出社・・・。疲れました。


2009年01月04日

twitterとかtumblrとか

以前から本間さんに「ヤバいぜ!」と聞かされていたtumblr。最初「タンブラーでリブログしたら画像が集められてさ」と夢中に話す本間さんを気が狂っちゃったのかと思っていたが、WEBサービスの一種でありました。

正月休み最後の日。新たな取り組みを始めるには最後のチャンスなので、それ程惹かれてもいないが、tumblrに登録。ついでに並んで比較されがちのtwitterにも登録。

「気に入ったものを登録していく・・・」ざっくり言えばただこれだけのtumblr。正直「気に入ったページはブックマークで。画像はDLすればいいじゃない。言及したければブログでいいし、一言エントリーみたいなのであればそれ用のブログ、もしくはカテゴリー新設でいいじゃない。」と思っていた。

が!その登録作業がめちゃくちゃ楽だ。これはメリットはある。ブックマークの管理は時間が経つと何がなんだか解らなくなるし(その整理作業はそれはそれで面白いんだが)普通は会社と家のブックマークは別になるもの。画像は実際は "管理" する程数は溜まらない。それを一元的に "気になったもの" を時系列に並べるだけというのは、"自分メモ" としては悪くないな。ブックマークは整理してしまったら、内容毎になるのが普通で、時系列で管理はしない。その差が大きいな。

とは言え、見た目(デザイン)が良くないと使う気が起きないという生理があるので、ちょろっとCSSをいじって背景画像も簡単なものを作り、自分好みにカスタマイズ。

朝チェックしたNEWS記事を登録してみる。複数並ぶといかにも "代理店で働くオレ様!" みたいな感じでキモくなってくる・・・。そこで気付いたのはURL登録じゃなくてテキスト登録!URLだけだと薄っぺらいが、その中で気になったテキストを登録しています。ちゃんと読んでるって事です。更に "オレ様" 感は増してしまった感じもあるが、何が気になったのかがより分かるので、自分としても見る方も面白いと思う。

それがこんな感じ

凄く自分病んでる感じだわw これが分るようになるのもテキスト登録故なので面白い。更にこれをカルタにしたら楽しいかも?

動作テストで入れたbeatportのWhy Mustが最初に残ってるのが、この流れを予言してるかのようでまた面白いw リブログの面白みはまだ良く分からないし、多分この自分の使い方では必要ないんだと思うが、しばらく活用してみようと思う。

twitterは文字を書かなきゃいけないし、何か発信している感じがtumbrより強いので今のところはパスかな。


2009年01月03日

beatportの衝撃

数年前にどんなもんかと思ってチェックした時は "まだまだ" だと思ったままスルーし続けていたbeatport。レーベル検索で "subvoice" で何も出なかったし、"sublime" も数が無い。追々全てデータになるのは分かってはいるが、日本の2大レーベルが無いというのはなんだかなという感じだった訳です。

しかし年末にちょろっとチェックしてみると、"subvoice" と "sublime" は変わらずだが、最近自分が買ってるもののほとんどは揃えられている様子・・・。僕は完全に浦島太郎だった訳です・・・。びっくりだ!こんなのがあるのにまだアナログ買うヤツがいてレコ屋が存在しているとは・・・。←先週までの自分w

レコードは在庫変動という生物なので、テクニークWEBが出来てから、"TECHNO" でソートされるものは全タイトル視聴してきた(2004年から月1000タイトルとして約6万タイトルか)し、ほぼ毎週ユニオンにも通って視聴機に入ってるものは全て視聴してきた。この自分の献身的な行動を完全に否定された感じだ! 「beatport名乗るならもっとちゃんと揃えなさいよ!」と思っていたが "subvoice" と "sublime" は無いながら、ちゃんと揃っていた・・・。

新譜でも無いものは無いが、今のところ9割方あるっぽい。しかしアナログより遅れて掲載されるケースが多いみたいだな。これはレーベル側が意図的にやってんのかな?beatportに勤務するシングー君と会った時、「○千レーベルと契約したし過去タイトルも追って追加していく予定だから!」と自身満々に言っていたが、この自身の意味がやっと分かったw

これはもう新譜はアナログである必要は完全にないな。ドバ~~っと視聴しまくり、ポイポイカートに入れながら、マイレーベルとマイアーティストも追加しまくる。一曲で買えてお買い得♪

感じたのは
・ナビゲーションがめちゃくちゃ洗練されてる。("マイ○○に追加" は履歴に残らないとか)
・"戻る" ボタンも慣れれば大丈夫
・アー写がどれもイケてる
・2人組みって多いんだな
・音と人物のイメージが違う人が結構居た
・若者が居なくおっさんばっかだ
・自分が好きだと思ってた人は違って、リミキサーの方だった
・Most Popular Tracksが誰かにremixしてもらったヤツばかりな人は悲しげ・・・w

以下要望(既に出来るのかも?)
・マイアーティスト100人までってのは少ない・・・。
・音量調整あるといいな
・現在開いている階下の情報のオート再生機能
・マイリスト作成
・現在の "カート→決済" ではなく、"チェックリスト→カート→決済" がいい
・マイ○○のホイール対応
・マイ○○で設定したタグから生成した新着リスト
・音質変更。デフォルトは今のままで。聞き込みたいものは高音質で確認出来るといい
・現在ページのURL発行を "友達に教える" のメールだけではなくURLのコピペやEMBED出来るといい
・この膨大な楽曲情報・視聴ファイルをネタにSNS化したら楽しいかも。"オレが買ったこんなアホな曲、他にも買ってるヤツがいた!"という感じだ。
以前書いたが traktor不要化。おそらくMixesが将来的にそうなるんだろう。
・ "subvoice" と "sublime"全タイトル

みんな考える事だと思うが、手持ちのレコードを処分した金額でデータに置き換えるってのもありだな。中古買取は以前よりも相場は下がってるが、その差額で荷物が減ると思えば悪くないかもしれない・・・。・・・探している最中意外だったのがperlonが無いなぁ。一番の収穫は 2008年ずっと頭の中でループしていた曲を発見!!JAY HAZE関連でありそうだなと思っていたら、JAY HAZEの2006年のチャートに掲載されていたので発見!SOMAだったのか・・・。音色はSOMAっぽいがSOMAにしては洗練され過ぎている感じがした。

取り急ぎ、気になったものと2006年11月から2008年12月までのタイトルで "あとで探そうと思うと忘れてるもの" を優先してカートへ。これだけで約300$。ん~。結構イクな・・・。しかもWAVハンドリングを入れると約500$だ・・・。さすがに見たくない金額になってきた・・・。たった二日でやれる範囲でこれである。500$用意出来る頃には5000$分のリストが溜まっていそうだ(汗)lameの320でエンコードしてるって話だから、WAVEとの差はウチでも再生出来ないのでmp3でもいいかな・・・。みんなはどうしてんだろう?・・・しかしCDやアナログプレスの段階でそれはそれでマスタリングしてるのが普通なので、データはCD向けのマスタリングと同等なんだろうか?まぁ、アナログは爆音で鳴らす事を想定してか明確に高域を削ってるプレスが多かった(最近のはあんま無い)ので、CDと同じなら全然いいし、カートリッジが読めない音で歪むのは無くなるからデータ購入で音は良くなる筈だと思う。

問題はCUBASEのタイムストレッチでは音が変わっちゃって使い物にならないので何かしら "繋ぎ機" が必要だ。単純なのはCDJを買う事。しかしCD焼くのは面倒だ・・・。どうせなら分かりやすく全部ジャケットプリントとかしたくなっちゃうし・・・。

機材はCDJ-1000MK3を2台なんてのはあり得ない。いくらなんでも30万は無いだろう。置く場所無いし。100Sは0.1単位でしかピッチ動かないので使えない。0.01単位の200ならズレる分を波形切っても大した作業にはならなさそうだ・・・が音はどうなんだろう?多分悪くはないと思うが・・・。

TRAKTORはD/A自分で買えば音質はある程度自由だ。TRAKTORそのものの音質はまぁ気にする範囲じゃなさそう。しかし自動ピッチ合わせは使い物にならないので、SCRATCHなりコントローラーは必要そうだ。タンテのワウフラッター問題が完全には解決していないので、VESTAXのコントローラーでやればベストかな?目的はあくまでデジタルデータのピッチ合わせだけだが、どうせならXONE 92と同様に4EQでMIX作業もしてみたい・・・。

・・・となるとスタンダードにSCRATCHなんだろう・・・。

あ!TRAKTORは鳴ってる音をWAVなりで書き出せるんだろうか?出来なかったら普通に "録音" しなきゃだ。

・・・となるとLIVEか?LIVEの自動ピッチ合わせはかなり正確な印象がある。LIVEならコントローラとかなくても、放り込んで設定して書き出せばいいんだろう。

LIVEだLIVEぅ!と楽観的になっていると、ピッチ合わせ機としてはいいかもしれないが、座ったまんま、MIXを考える事はおそらく出来なさそうだ。立って考えるのが染み付き過ぎている。慣れもあるだろうが、重力に対する体の置き方、筋肉の使い方とリンクした思考なので、これはこの年齢になると変え様が無さそうだ。

ん~困った・・・。ベストなものがない。

○今
アナログでラフを描く

一曲ごと録音してCUBASEで波形切ってズレを直す

CUBASEで楽曲毎にマスタリング、EQ操作を書いて重ねる

○今後
TRAKTOR SCRATCHでラフを描く

LIVEでピッチ合わせたものを書き出す

CUBASEで楽曲毎にマスタリング、EQ操作を書いて重ねる

という感じか・・・?今やってるアナログからの作業に比べるとLIVEがある時点でかなり楽だが・・・。

調べてる最中にちょっと気づいたんだが、TRAKTORのリストはどうなんだろう?名前ソートだけではなく、レーベルソート、"マイセット"とか作れるんだろうか?PROになってジャケット表示対応になったとか、"え?出来なかったの?" ってな事が書いてあったので、出来そうな事がまだまだ出来なさそうなイメージを持ってしまった・・・。

・・・まぁ機材の前に今はbeatportの "最低300$" をどうするかの方が問題だ。


霊能者とチャット

正月3日目。さすがに人恋しくなってくる・・・。「29日(ゲンシさんと会った)から誰とも会ってません!」と出社して報告して、みんなを引かせるという目的(後付け)が揺らぎ初めてくる・・・。

正月で人居ないだろうとは思いながらチャットへ。チャットは健全な物を求めている訳でもなく、かつエロな出会いでもなく、なんか病んでる人が多いので、たま~に出入りしてたりします。

過去に病んでて印象的だった人は
・父親と二人暮しだが、家に帰ったら木の板で×字にドアが開かないようになっていた。(差し押さえされていた)
・高樹マリアと仕事をしていたタレント。事務所がAVやアイドル化をさせようとするが、本人は舞台等をやりたいので事務所と対立中。

他にも "お嬢様でピアニストだが親が破産" とか、"旦那と別居中" だとか、色々と普通に寂しい以上の状態の人が多く、"東京の闇" みたいな人の感情を感じるのが面白くたまに出入りしている訳です。(何の問題も無い人も居ます) こぉいう人とチャットをし自分の生き様を話すと結構立ち直ってくれて良い事した気分に浸れるし、逆に自分がいかに健全であるか確認出来るというのが自分の目的なんだろう。

今回はなんと "職業:霊能者"!病んでるかはともかく、さすがに「はぁ?!」と声を出してしまった。彼女は普段病んでる人の解決をする仕事。なのでチャットではユルい会話がしたいとの事。とは言え、昔はAPHEXとORB聴いてたって事で決して健全な感じはしないw 彼女は一般と同化したいというのが目的だろう。

しかも霊能者になる前はフリーのクリエーターとして、今の自分と同様、詳しく聞いてないがもっと高度な仕事をしていた様子。ある意味 "問題解決" する仕事としては企業なのか個人なのかの違いだけで、やってる内容は同じとも言える。

仕事で大いに悩みがある自分としては、先輩に相談をする事にする。(年齢も7こ上)

「客の物作っててもアガらない」

「それに気付いちゃった人は独立か、装って安定を求めるか・・・ね」

あっけない結末だw 気付く以前に自分は入る前からそぉ思っている・・・。致命的じゃないか!w (解ってはいるが)

先輩ならもっと優しくナビゲートしてくれると期待したんだが(女だし)、本質で返してきやがった。ムカついたので
「あんたドラマの話でも出来るか?出来ないだろ?一般と同化なんて無理無理!」
と反撃すると、ユルいのが目的だからもう勘弁と紳士的にお断りされる。大人な対応が更にムカつくw この霊能者の対応を自分の鏡の様に感じた。

よく女子に "ムカつく!" と言われるがこぉいう感じね。勉強になりました・・・。


2009年01月01日

2008年まとめ(仕事)

赤坂移転と同時に本社に出向になったというのが一番のトピック。基本先輩のアシスタントという立場だが、今まで出来なかった事をやっているのに、「こんなくすぶっていていいんだろうか?」という感覚が出てきている。

しかし時期的には今年の新入社員の後輩という立場なのに、子会社の給与事情を知らない人に "スーツ買え" 含め、プレイヤーとして求められがちなのは結構ストレスだった。

目立った仕事としては、何と言っても3月~5月は電車で帰れる事の無い激務の3ヶ月。これ以降ずっと "ぼ~" っとしてしまっている・・・。

運が悪いのか、社内でも3本の指に入ると噂のダメ営業とモメる。ウチの部長もキレ気味になり、「お前は何がしたいんだ?それ整理してから俺らに話せよ!」という形で無事外してもらう。

更に今年のレギュラー案件であったキャラクター案件の営業にも「外れてくれ」と言われる。"会社の先輩が言う事なのでそれが結果に結びつきやすいならば" というスタンスですんなり抜けようとすると、「そんな事言ってないよ!今まで一緒にやってきたじゃない!」と引き止められる・・・。彼はメールを見ないし支払いは必ず延滞するし、言った事言われた事を覚えていない人なので慣れてはいるが、最終的に「あれは感情的になって言った事だ」との事。人間は不安定なのでこぉいう事があるのは分かるが・・・。彼女さんともめてる図が簡単に想像つく・・・。

先輩の意見を貰いながらではあるが企画書を少し書いた。この作業が将来のポストクラブの企画書に繋がればと思うが、繋がらなくても日々生きていく為にやらなきゃいけない事だ。企画書の整合性を取る為に、あえて魅力を削らなきゃいけなかったりするのは代理店っぽい作業だなと思った。

先輩から分かりやすいアドバイスを貰った。「WEB担当者はお前の企画書で大丈夫かもしれないが、決裁者はWEB知らないおっさんなんだから、担当者が決裁者に判子貰う為の武器として作れ」との事。この一言でなんでこんな回りくどい面倒な事が必要か分かった。・・・が!それで通るならいいが、予算含めてなんて事ない施策しか出来ないのに "凄い事" の様に仕立てるのはキツい作業だ。秋葉でアダルトの仕事の時は "騙される方が悪い" と思い余裕で大袈裟なテキスト書いていたんだが・・・。ユーザーを騙すのは出来てもお客様を騙すのは苦手だ・・・。

どうも客先はカッティングエッジな施策を求める割には度胸が無くて実際は普通な事に落ち着くケースが多い・・・。各種セミナーで海外事例を取り上げる事も多いが、日本のクライアント事情では絶対許可が出ない自虐的な物も多い。こんな所でもアメリカ様への "ギブミーチョコレート" "右倣え" である。正直これが代理店が自ら首絞めてる感じがする。奇麗事ではあるが事例参考から生まれたもんじゃなくて本能で作らなきゃ人の心は躍らないと思う。・・・とは言え自分のフラグは "まずはおりこうさんな事を普通にこなす" ではある・・・。

「客の金使って自分のやりたい事やれると思ったらこの仕事は面白い」と先輩に言われるが、お客様の物であるので無難なものになるし、自分が萌えない事をやってもアガらない。自分はずっとアングラ・サブカルな場所に居たのでナショナルクライアントの大きな金額の案件に絡むのは萌えポイントであったが、残念ながらそれだけではナルシズムには浸れない・・・。

先日ウチを退社した人から、"○○の社長と会ってきた" "○○大学で講演してきた" 等色々聞かされるが、"オレもこうなりたい!" とは全く思えなかった・・・。

"代理店=ただの問屋" と思っていたが、実際は営業含めて物作りに前向きである事を知れたのは新鮮だった。しかし現実はメディア売るのが客にとっても一番効率が良いケースもある・・・。ウチの部はメディアの部の隣にあるので、営業もWEBサイトを作るのとWEBメディアに出稿する差が明確ではなく、混同されがちというのもある。

予算によっては一流の制作会社と仕事が出来て良い経験はしているが、技術的に最先端な事はやり難い。今までは自分でデザインしてデータ作ってたので、ユーザーに一番近い立場だった。どうも制作会社に作ってもらうと自分が作った気がしない・・・。

まだまだ吸収するものはいっぱいある場所だが、ネガな事が多過ぎでなかなか前向きにはなれない。自分は子会社の人間であるので、正直な所逃げ場所があるのもモチベーション低下の大きな原因になっている。この経済状況なので本社に転籍という話も微妙な状況だ・・・。

本社の人間の一部は自分が在籍する子会社の事を「あそこは使えない」「あの下々達」と称する。蟻の群を観察すると7割は働いて3割は暇しているんだそうで、3割を省くと残りの7割からまた3割が働かなくなるそうだ。丁度子会社の規模は本社の3割の人数であるw これを踏まえると本社の人間がナルシズムに浸るために子会社が存在しているようにも感じる。

子会社では利益率1%とかでやってる案件も少なく無い。正直本社の仕事は金額はでかくても残る金が少ない。この構造で給料上がりませんとか言われてもモチベーション上がる訳がない。子会社の新人事制度ではなんと有休制度が無くなる。入院や事故の時だけに使える特別休暇的なものに切り替わる。よってリフレッシュの為に有休で旅行とかは一切出来なくなる。子会社を仕切っているのは本社の人間であるので、かなり奴隷的な扱いだと思う。「出来る人程辞めていく」 と本社も子会社もみんな言うが、これでは「よそ行ける人は行っちゃって下さい」と言ってる感じだ・・・。

こんな生産性の無い事に頭を使わず、前向きに考えたいんだが・・・。仮に本社の人間になったとしても「元子会社」である事実は変わらない・・・。このコンプレックスを無くすにはどうしたらいいんだろうか・・・。

"代理店が花形の時代は終わった" と社内でも良く出る話題だ。自分は元々問屋だと思っていたので、大して夢持って入ってないが、今のネガばかり目に付いて不満に感じているというのは、盲目ではなく視点はクリアである故とも思える。これが唯一のポジか・・・。

まぁとにもかくにも今は不満だらけだが、企画書一本午前中に書き終えるぐらい慣れたら、絶対欲が出てくるハズ。それを求めるのはココではないかもしれないが、情報収集ではなく暇潰しとして一日中YOUTUBE見てるだけのおっさんに高給料を払っている会社だ。まだ図々しく居ようと思う。


2008年まとめ(プライベート)

振り返ってみるとそんなにトピックがない2008年。大分平和になってきた感じがする。

とは言え1月末に彼女と別れ(正確に終わったのは3月)、一人身なので勢い余って?人生で初めて女子に告白をしたが、彼女の諸事情によりコンバージョンならず。「告って振られるとか普通な事を体験してみたい!」とどこかで思っていたが、こんな所で夢叶うとは・・・w

夏休みは無く、ネガとポジが繋がる事が多く何を信用して良いか分からなくなり、精神的に八方塞がりな感じで秩父には行けず・・・。その瞬間から思ってたけど、のめり込み過ぎていたmonstroと距離を置く良いタイミングだったと思う。SOUL MATE MUSIC FESTIVAL 2008 以降はボノボ以外行ってない気がする・・・。

音の趣向は、10月あたりから急にストイックな地味目に惹かれるようになった。

9月に代々木でゲンシさん、ヒロタさんと再会。これは "繋がる" 出来事として大きかった。

11月から "起きた事" ではなく "思った事" の日記の数が増えた。批判・不満的な内容が多いが、要は少し頭が回ってきたからこそ、何か反応してるんだと思う。毒舌で生意気な自分が少し戻ってきた感じで、最近は天使と悪魔が僕の頭の上で喧嘩している感じ。どっちに重心かけるか常に考えるので、凄く疲れる毎日だ。

以前から元excite社長、現グラムメディア社長の山村氏のブログをチェックしている。当時は「随分と暇な社長さんが居るもんだな~」と思ったが、こんなどうでも良い事 に意識が行く事が大事だなと思った。これって暇だから書けるんではなくて、頭の感度が高いからこそ書ける事だと思う。

仕事もプライベートもこの不況でポジティブな要素は少ないが、自分の場所を確認して耕し始めたという感じかな。

買い物の方は
・ダウン&アイソレーショントランス
・マニフレックスのベッド
・SIGMA 18-50
・GEOXの靴
・PC
となり、年初に書いた欲しい物はちゃんと押さえていた。

今年はCDJかPCDJの環境が欲しいな。beatportはまだまだだと思っていたが、最近チェックしたら結構良かったし、もう部屋にアナログ置く場所が無い・・・。

音響の方はDENON DL-103が欲しい!それとMOGAMI 2803で聴いてみたい!200V工事以外はこれで完璧だ。とは言えウチとmonstro以外の場所でそれ以上の音を聴いた事がないのでプライオリティーは低い。

あとカメラ本体の買い替え。自分の10Dはヤフオク相場で2万。20Dは3万。1万の投資で新機種(5年遅れだが)に乗り換えれるので、これはすぐに達成出来そうだw


~2006/12 ~2005
MOBILE
QRコード


SINCE FEB 2000