∵ TAKA-AKI AZZLO WEB ∵

2007年05月29日

松井寛「コール・ユー・バック」

2007-05-29 23-23-34

初めて買ったCDではないですが、ほぼ同時期に聴きまくってた名盤をヤフオクでゲット!たまに検索したり通りかかったBOOK OFFとかで探してたんだけど、見つけた瞬間は目を疑いました。大阪からの出品で見本版だったので、おそらく関係者さんからの出品かな?

91年、丁度僕が学校に通わなくなった時のリリース。その頃から数ヶ月単位でPARISに行ってたんだけど、ずっと聴いてました。ルーツ紹介みたいな事はイヤだけど、あまりに僕の人生狂わされたw 素敵なタイトルです。

91年はレコード買い始めた頃。当時はCISCO行っても視聴なんて出来ないので、説明文のプロデューサー名で買う時代。 「分からなかったらとりあえず赤いレンガの買っとけばOK」ってな時代ですw 失敗しないようにremix(雑誌)買うかもう一枚気になるの買うか悩みましたよ・・・(遠い目)

そんな中、この松井寛は圧倒的にカッコ良かったので、新宿ALTAのCISCOでレコード買って激落ちした後はこのCDで復帰するという命綱のような存在でした。特に4曲目のCRAZY LOVE、6曲目CALL YOU BACKは死ぬほど聴いてます。次元(ルパン三世)を彷彿させる激シブHOUSE!!!!!! 「とりあえず金は手にした・・・。使い道も特にないな。次のお宝確定にはまだ時間がかかるだろう。それまで・・・とりあえず今晩はこの隣に居る女抱いとくか・・・。」そんな絵が浮かびます。

帰国時にCD全部置いてきちゃったので、8年ぶりに再会!東京夜遊び感を欲してる今、リンクしててびっくりです。


2007年05月24日

mixroofficeへ

METAL+TANGOが回すので月刊タイトル未定へ。

二人のMIXさばきと音、ダイナミクス調整機器の挙動を軽く確認。(といっても暗いからあまり分からなかったが・・・)

宇川君にはメMETAL+TANGOと3人でmonstroについて説明し、miiと二人でwada愛をアピール(wadaさんをmixroで!という営業かけた訳ではまったくないです)結局2時まで熱く語り合いまくりました。

かな~りウザがられたけどw 「こんなに愛されるdj...wadaって凄いね」と、そこは思いっきり伝わった様でした。


2007年05月20日

SAYAちゃん誕生日

sayaちゃん誕生日!dubmagicさん のストロボ ブレスレット新型をプレゼント!DJ物のおしゃれアイテムってなかなか無いので随分前から狙っていました。まだ試作段階品で、穴に1つずつスワロフスキーを埋め込んだ逸品!←もうすぐ販売するそうです!大変喜んでもらえました!時間が経って人肌の油が付くと良い風合いになりそう。

sayaちゃんが料理を作って持ってきてくれたが、ウチではレンジがダメで、代々木上原のイガアキコ邸に行き、3人で食事。

翌日、六本木ヒルズの夜景見てきました。知り合ってから8年目ぐらい?はじめて誕生日を祝う事が出来ました。


2007年05月13日

20070120 Just do it! MIX

1月分出来ました!monstroの方でupしました。上から三番目のファイルです。

今回の作成手順はこんな感じ。

レイカ バランスウオッシャーでレコードを綺麗にする
・タンテ上でピッチを合わせて、一曲ごとに録音
・CUBASE上で一曲ごとにWAVES X-NOIXEでノイズを取る
・明らかなゴミノイズがある曲のみWAVES X-CLICKでノイズを取る
・EQではなくCUBASE 付属のマルチバンドコンプで各曲のバランスを整える
・一度WAVEで書き出す
・CUBASE上で重ねる。ピッチがズレる場合は波形を切り張りする
・マスターコンプかけなくても良いと思えるぐらい、MIX時のEQ、フェーダー操作をオートメーションに書く
・何度も聞きまくる⇔微調整
・マスターにWAVES C4WAVES L2 - Ultramaximizerを使う。L2では3db~6db頭を抑える
・ほぼほぼ満足
・これで完成のつもりだったが、クラブらしいコンプがあるとどう聴こえるのか確認してみたくなったのでWAVES C1で-13db程まったっく深さが変わらないぐらい深くコンプする
・当然まとまりは良くなるが、特に最後の曲の瑞々しさが完全に死ぬ。隙間がなくなり過ぎる
・このまとまり感をkeepしつつ、隙間がある感じにならないか途方に暮れる
・逆にもっと整えるとどうなるかと思って更にWAVES C4を使う
・意外!逆に隙間が出来る印象!反面モロに効いてる箇所が出てくる
・C1、C4を辞めてLINMBにすると、死なずに整えられる感じなり、完成!
・WAVEに書き出し、itunesで192kbps / 44.1KHzでmp3にエンコード
・mp3を聞いてみると、一定であるハズのエンベロープが一定じゃなくなって変な揺らぎがある感じがする。ハットも歪む。凄く気持ち悪い。なんでこっちは潰してんのにこっちは野放しなのよ・・・って印象の下手なコンプかけた感じだ
・今までも同じ経験があり気のせいだと切り捨ててたが、せっかくここまで手をかけたファイルなのでもうちょっと頑張る事にする
・なんかいいエンコーダーないかなぁと探ってる最中に、とりあえずCUBASEからmp3に書き出してみる
・出来たmp3はitunesでの変な揺らぎはなく、少し粉っぽくなる程度。
・LAMEでのエンコも試みるがファイル認識出来なかったので、これで完成!

こんな感じで作りました。マスタリングに関してはまったく勉強してませんが、既に知ってる正論と自分の理屈と、音で判断してこんな工程になってます。

前回までは盤をレイカで綺麗にしなかった為、ノイズリダクションしまくりで、特にハットのアタックが削れるのでそれを補う為に、ちょいハイ上がりなバランスにして見事に後悔。今回はノイズリダクションの影響が少ない状態だったので(出だしは変だけど)、やりやすかったです。

これ以上ウチでやれる範囲はあまりなくて、そもそもの録音の状態を良くするしかないかなぁと思ってはいるものの、市販MIX-CDでは「潰しつつも殺さない」コンプを確認出来たりもするので、まだまだ腕上げる箇所はあるんだろうなぁと思う。

今後のMIXはよほど大きな失敗しない限り生録で済ませようと思うので、あまりこぉいう作業はしなくなると思うが、やる場合は市販品に近づけるよう、また試行錯誤してみようと思う。

20070120 just do it! @ gamuso


2007年05月11日

slowmotion @ colorsstudio


slowmotionがcolorsstudioへ移転!!

1時頃到着。アサオカさんがスタッフになっててびっくり!とりあえず zoom H4 をセッティング。

スロモって自分には音じゃなくて会話のパーティーになってて、モジュールの時なんかはほとんどB2には行ってなかったが、ココなら音も聴きつつ会話も出来るのでイイ感じ。最初移転を聞いた時は「おじさん達の会話ラウンジが・・・」と思ったが丁度良かったかな。

で、今回は電源サポートとしてmonstro stereoが協力!!最近SP入替えたらしくサポート前後の音の比較が誰も出来ないんだけど、歪少なく小音量でも満たされつつ、適度にまとまっていてかなりバランス良かったです。店のPAの人もmonstro効果絶賛だったようです。

みんなのPLAYもスロモ感を感じるイイPLAYでした。←そもそもがかなり久々に聴いたんだが。

コイちゃんの絶妙なウォームアップ的テンション~DJ3Eのカッティングエッジな歴史教則的内容~MOODMANの普段とはイメージの違う夜遊び東京感~MINODAの95年的美学を感じさせるクールなPLAY!新生スロモ、音は完璧の様です!


2007年05月05日

AFTER... JUST DO IT ! @ chichibu


反省会!阿佐ヶ谷ファニーハウスへ行く。

到着すると、アベさんの動画取込しながらみんなで確認中。すっごいムカつくぐらい落ち着いてplayしてる自分・・・w ラッドのシルバーのコートとも相まってサイボーグ感出まくりw

みんなで焼肉を食べに行き、今後のスケジュールを確認。JDI以外への貸し出しオファーも入ってきてるので、ちゃんと決めなきゃねという感じ。

ファニーに戻り、また数本分取り込んで、ミノダ&コイデがレコード用意して我無双ジャック!

ミノダ君とは久々に新たなパーティーの話をする。1年ほど前から形になりそうな雰囲気があった夢の企画が、前進しそうだとの事。というかあともう日時確定するだけぐらいの状態。monstro × jdi とはある種対極のシステム・コンセプトになるので、面白くまとまればいいなと思ってます。


2007年05月04日

JUST DO IT ! @ chichibu 20070428-30 Report !

3回目のjust do it! @ chichibu 終了!!

朝4時半に阿佐ヶ谷集合。自分はnatzyさんの車に乗る。タンゴの車が70キロしか出ないので、まったり進行。高速を降りてコンビニへ。タンゴの車を確認するとめちゃくちゃタイヤが潰れてる!のでガソリンスタンドへ行き空気を入れる

workmanに寄り、各自装備を購入して、9時半には現地到着。後半3時頃は雨が降ったけど1時間程で止み、丁度良い休憩になりました。

雨が上がり、瑞々しい空気の中、KIRK DEGIORGIO/ELEGANT SYSTEMSで音出し!テント非難組も集まってきて、感動的な一瞬だった

そして!今回の目玉!ウーファーホーンをお披露目。動画だと分かり難いけど、かなり高級感ある大理石っぽい見た目で300万ぐらいしそうな雰囲気。その見た目と音にみんなかなりビビってた様子。RODECでの音出しだったけど、このままでもいいかも?と思える程、イイ音でした。

昼過ぎにwadaさんshane、メタルを向かえに街まで降りる。電波が入るので、ここで軽くflicr、youtube更新。

現地へ戻りリハ・サウンドチェック。ミキサーを ALLEN&HEATH XONE:92 に変更すると、歪皆無の世界に突入!すっごいクリアで音の隙間クッキリ!自分が知る限り、圧倒的に世界No.1のサウンドシステムです!!sourcedirectかけてみたけど、まったく潰れない凄い音でした。

焚き火の前で寝てると、ノリに「うちらのテントで寝なよ」と誘ってくれる。数時間横になれてかなり助かった。あっという間に夜になり、気づけばshaneのlive。次がwadaさんなのでちょっと寝ておこうと思って車で寝ると見事に朝まで寝てました・・・。生録もしてないし・・・。wada解析が出来る最高の環境だったのに無念・・・。

minoda後半だったので、自分も準備。想定していたminodaの展開とbpmだったので予定通り進行。一箇所だけ叫べるポイント作ったが、見事に盛り上がったw ブース後ろから太陽が上ってきて、こっちを見るwadaさんの表情がしかめ面だったのでビクビクしながら、無事終える。

wadaさん「つかかけ過ぎw(co-fusionを)流れがしっかりしてたね☆」
コイちゃん「このタイムテーブルにして良かった!」
メタル「あの朝はtaka-aki以外は相応しくなかった」
モツ君他「サイボーグみたい」

みたいな感想を頂きました。←記憶が微妙です。

その後はまた寝たり写真撮ったりして、ちょっと同じ場所に居るのが飽きてきたので、カトオと街へ繰り出す事にする。浦山大日堂バス亭へ行くと帰りの伊東家と合流。一緒にバスを待つが、結局到着したのが40分遅れ。渋滞なんてないだろうに・・・。まったく焦る事なくトイレを済ませてのんびり出発するドライバーに生き方を考えさせられました。

西武秩父に着いて電車の時刻確認。次の電車まで1時間ぐらいあるので居酒屋へ。何故かぶらり途中下車風レポを始めるカトオ。大ウケでした。

伊東家を見送り、歩いてキャンプ場へ戻る。その後も途中下車風レポにハマるカトオ。昼間は綺麗なダムと山の風景だけど夜はかな~り不気味。途中1回目の秩父同様、崇君×美女軍団の車と遭遇。まだまだ先あるので乗ってくか誘われたがカトオが見事に断る・・・。猿に威嚇されたりしつつ3時間半かけて戻ってきました。

miiが代々木公園で声かけて来てくれた人達の火元で酒と焼きバナナを頂く。しっとりと大人のレイブを楽しんでたようでよかった。その後アサクラと3時間ぐらいslowmotion @ colorsstudioとminodaの今後について話し合う。

朝からはjaypegと泥酔minodaが延々音出してました。結局音止めたのが14時ぐらい。約46時間ほぼノンストップのjust do it!でした。お客さんも非常にマナーが良くてゴミ散乱問題ゼロ!最後の最後これで落ちる覚悟してただけに、かなり救われました。NICE PARTY !!

片付けの最中だったか、コイちゃんが「taka-aki君の言う事はいつも大袈裟だと思ってたけど、今回その重みが分かった」って言ってたような・・・? 確実に刻んだ感はみんな持てたと思う。どちらにしてもサウンドシステムの出来は半端なく最高!!ほんと毎回確実に進化する夏目さんの意識と努力は凄過ぎです。自分も記録係だけでなくw djとしても関われた事を誇りに思ってます。そしてジェームスも熱く語ってたけど、みんな好きにやってるのに、役割が被らないこの面子が自然と集まって今の形になってるってのが凄過ぎ。二見さんがなんかのディスクレビューで「やろうと思ってやる事には価値はなく、自然と生まれていたものにこそ価値がある」みたいな事書いてたけど、それって正に "monstro × just do it!" だと思ったw

結局現地を出発したのが18時。秩父の街でそば食べて19時半。阿佐ヶ谷着いたのが21時半でした。一睡もしなかったコイちゃんを筆頭にみんな放心状態。とりあえず解散する。

で後日、寝てたり街まで行ってたりで、あまり録れなかった生録を確認。ウーファーに付けたホーンの威力が抜群でオリジナルはもうほんとモノラルAMラジオな勢いで、音圧もハンパなくて結構歪んでました。これはマイクがもう耐えれてない感じの歪みです。マスタリングでステレオ感広げて帯域バランスも調整して、まずは僕の生録をモンストロの方で上げました

僕の時間は朝でミキサーのトリムが大分下がってきてて、目盛り半分ぐらいの所でレベル合わせてたけど、それほどシビアにはやらなかったし、適当にやってどこまでバラつくか記録してみたかった(半分言い訳)のもあって、かなりバラバラです。(同じ1dbの違いでも5dbの前後1dbと10dbの前後1dbではその差が違うので)しっかり出音に反映されてたと思う・・・。マスタリングしてるので、ライン的にはある程度整ってるけど、コンプの深さが一定じゃないのは分かると思います・・・。あと最後の方もっとフェードインしてるつもりが、かなりぶっこみになっちゃってます・・・。ウチにはブースモニターがなくて常にヘッドフォンで練習したりする故、こんな事になってしまってます。今度モニタ付けて録音してみようと思う。

反面、音がでかかったklo君は結構一定だった。(それだけじゃなくて腕もあると思うが)あと当然だけどshaneのライブはpc上でダイナミクス調整してるハズなので非常に波形が綺麗だった。ミキサーの手元にカメラ置いて操作と波形をリンクして見たいなぁ。自分がやられたら凄いヤだけどw

自分のを聴いてるとみんなに「サイボーグ」と言われたのが悪い意味で理解してきた。自分で聴いてもなんか血の気がない。朝であった事で自分の一番得意分野は出してないんだけど、それにしても血の気が無い。朝で疲労もかなりある状態だろうと思ってたのでピッチ合わせの難易度も低めに設定してたし、BOSEのブースモニターがいい具合にシビアじゃないので、緊張感ゼロだったのもあると思う。緊張感無い割りには、コンプ無い事に対しては強く意識してたので勢いがない。これがモンストロの旨味なんだけど、おっかなびっくりやり過ぎたなぁ。機会があればコンプ強い環境でやって勢いを取り戻してみたいなぁと反省しました。自分のMIXって割とジュリアナ的でスパっと切り替わるのが多いんで、じわじわ展開するようなMIXを練習してみようと思う。 

MONSTROSTEREO : JUST DO IT ! @ chichibu 20070428-30 Report !


~2006/12 ~2005
MOBILE
QRコード


SINCE FEB 2000