∵ TAKA-AKI AZZLO WEB ∵: Dj Wada アーカイブ

∵ TAKA-AKI AZZLO WEB ∵

September 17, 2006

DJ WADA @ COLORSSTUDIO

今日はラッド黒田社長、ウチの上司、カトオが来るハズだったんだが、みんな予定が狂いキャンセル。一人で行く。

普段より早くWADAさんが回すタイムテーブルだったので、WADAさん終わり頃にミノダ君到着。超悔しがる。AUDIO WERNER / ONANDON(PERLON 055)かっこいいな〜。

   +




June 10, 2006

Just Do It! @ 我無双 -dj wada-

カトオと新宿で待ち合わせ、チャリで阿佐ヶ谷に向かう。西新宿でシートポストが折れる・・・。ほんとツイてない・・・。

和田堀公園で休憩して、前回と同じく荻窪団地を通り我無双へ。

到着するとナツメさん自慢の逸品を見せられる。ダウンアイソレーショントランス!!今回は更にSPの内部配線までWEに変えたらしく、かなりパワフルに進化してました!

これでナガオカのカートリッジとアレヒで聴いてみたい!

WADAさんのPLAYはまたまた変化してました。

   +




May 13, 2006

現代のトランスからwadaさん

仕事では現代のJ-TRANCEなサイトも担当してたりします。情報提供のパートナーさんは有名トランス箱を運営してる所でもあるので、wadaさん @ wombの前にちょろっと箱見させてもらう。

実は、このパートナーさんの営業がparisの時の友達で引き継ぎの打ち合わせの時はお互い相当腰抜かしました。寝間着で飯食ってた仲なので、緊張せずに色々聞きだし前向きに進めていける体制です。

入り口で黒人セキュリティーにかばんの中身をチェックされると、ビタミン剤を発見され「ナニコレ?」と超怒られちゃった・・・。明らかに一般客とはかけ離れてるルックスだし怪しまれるよな・・・。

無事入り口を通過するとスタッフに「お席はご用意した方がよろしいでしょうか?」なんて言われてしまう。用意出来るって事に懐かしさと新鮮さを感じた。

12時前だったんで客の入りはボチボチ。この時間なのに朝方っぽい曲調が面白い。現代のトランスは詳しく無いが「あんなグルーブ無い音でどうやって踊るんだ?」という疑問があったんだけど、即分かった。なんかパラパラ(も詳しくないが)とヴォーギング足して2で割った感じだった。面白かったのが曲の繋ぎ目のリードシンセが鳴ってない所では携帯チェック。携帯チェックしない人もちゃんと休んでる。ズバっと次の曲のブレイク入ると即また再開。

パラパラ見て思ったのは「盆踊りだ」だったんだけど、現代J-TRANCEはヴォーギングっぽいキレが多少あるので見てて意外と楽しめた。

しかしこの振り付け?は何処から生まれてどうやってみんな覚えるんだ???あんな悪そうなおにいちゃん達がビデオとか見て練習してたら笑えるんだけど・・・。

後ろ髪引かれる思いでwombへ移動。wombでwadaさんヤバ過ぎ!あんなストイックな音があの空間で鳴り、結構人も入ってたんで「地味なのに盛り上がる」自分の好きなクラブ感が現実になっていてかなりトロけた。

ブレイクからの復帰後にヤケクソ気味に盛り上がるのは、実際どうなんだろとは思うが、外タレ信者にも圧倒的なwadaクオリティーは響いたハズ。

で、外タレは「miss kittin」でした。女性でありマイクパフォーマンスがどうのとか、本質的なプロフィール以外の事が書ける人に対しては興味失せるので期待してなかったが、結構骨太なdjでした。

wadaさんにブースまで連れてってもらい、「至近でkittinをキチンと確認」出来ました。フロアからは見えなかったけど下半身太過ぎ! 林良文な世界 だ。


taniさんは激アッパーでアフターな感じ。LaLaLa、Tokio Funky Beat!!、最後はGYPSY WOMAN等で激盛り上がりでした。

   +




April 15, 2006

Just Do It! @ 我無双 -taihenhentai-

Just Do It! @ 我無双

今回のゲストはkimkenと・・・僕でした!w

サブタイトルとして "taihenhentai" と名付けられた今回。自分はALLEN&HEATH / XONE92持参してfo.Qを買い込み、我無双のブレーカーにまでfo.qしまくり!結果としては、「良くなった」ではなく「良い音だ!」にまで格段にレベルアップ!

一応ナイトクラブも持参して、ナガオカのカートリッジと聴き比べてみました。噂通りナガオカの方が圧倒的解像度で、特にクリック系やノイジーなdownwords的な音には最適!ナガオカを基準にナイトクラブを聴くと、ウォーミーな低音が昔のハウスにはイイ感じかもなぁと思いました。カートリッジ自体の振動もほとんどしていないのでfo.qはしませんでした。

みんなでしばし試聴会。今までは、spから離れると「届いてない」感があったけど、離れても張りのある音だし、結構音上げたつもりでも、音漏れが圧倒的に減ってたので、やっとナツメシステムの実力が出た感じ。

タイムテーブルなんてないパーティーだけど、kimkenの到着が予想より遅くなっていたので、ちょっと早めに自分の出番。

最初手が震えて手にfo.qしようかと思ったがw 3曲目あたりでまったく余裕になりました。ヘッドフォンモニターのレベルも9時〜10時くらいで余裕でmix出来た。音質平均化の意味でのeq使いは、慣れない低音の振動でやはり微妙ではあった。けど、まぁ2年のブランクがあって、繋ぎの精度の方に関してはもっと苦戦するかと思っていたが、ほんと余裕だったし、あまりに当たり前な自分に「djの血」みたいなのを感じた気もするw

みんなの感想は、全体的に「ハウスっぽかったし、もっと変態だと思った」な感じ。自分の意識的にはJust Do it!はハウス色強で踊ってるパーティなので、ウルトラド変態やって引かれても寂しいのでw ハウスとかは関係無く、「素で四つ打ちダンスミュージック」としてやりました。だし、ちょっと考えてみると、変態色はsativaeとかいわゆるno-future系全盛の頃がおいしかったと思ってるので、今は変態はそれほどおいしくない。というか今の変態は露骨に変態じゃないと思う。

wadaさんにも来て頂いて、「白黒コピーですみません」とお伝えしてwadaさんへの思いを熱く語りましたw こないだのclors studioのwadaさん自身の意識と、自分が感じた事が一致していて良かった。(一致しない方が良かったとも言えるが)

そしてまた腰が砕けるようなお言葉を頂きました。端から見たら恋に恋する女子みたいな自分がキモくなってきました(汗)

みんなは「やっぱwadaさんとは違うよ」と言ってたけど、metalだけは「まったくハウスじゃなくてテクノだし、こないだの日記の意味が分かる」と言ってた。

先日の日記であらゆる人に心配されちゃったけど、落ち着いて考えると、wadaさんから離れていたparisに居た3年間は自分なりに掘ってたし、「好みが似てる」を前提とするなら、堀る方向や堀り方が近くなるのはもうどうしようもないなぁと思うし、wadaさんを知る前にもdjは聴いてたけど、wadaさん程のめり込むdjは居なかった訳で、で、wadaさんを知っても他を支持する人もいるし、自分は別に普通かなとも思えなくもない。

mix系djはパクろうと思えば他の事柄より精度高くパクれてしまうので、人との違いを自分自身で認識するのも大変だ。

とりあえず、自分が回した事で、みんなが喜んでくれて良かった。

しかし自分腕細いなぁ。

   +




April 11, 2006

moments @ colors studio

久々のwadaさん。今回は "かっこ良かった!" やら "楽しかった!" では済まされない感じだった。もちろんかっこ良かったし楽しかったけど。

前に "成熟してるのに停滞しない" と書いたけど、ついつい停滞しない事を忘れがちだった(汗)

今まで何度も経験してきてるけど、"そろそろ追いついたかなぁ" なんて思ってると、遠くで手振ってるwadaさんがいる。ちゃんと見える所にいるバランスが絶妙。

世の中はwadaさんがせっせと掘った所をみんな進んでるだけだと感じた。wadaさんでもイケてる時期とそうでない時期があると思うけど(逆に今回気付いた)、wadaさん追いかけ初めて11年目でも掘り続けてる事を確認してしまって、djの本来の存在を叩き付けられた。

wada村の中では「一番wadaイズムを継承出来てるdj」なんて称される事もある自分。自分もそう思ってたし、だからこそwadaさんが現役である以上、自分が回す必要はないと思ってた。

でも、この自分の重い腰を動かす回りの対応や期待から、これ以上回さない訳にはいかない薄っぺらい使命感みたいなのを感じ初めて、実は今週末約2年振りに回す事になりました。自分が回す事によってwadaさんに貢献出来る面も感じたので。

しかし、所詮自分は白黒コピーみたいなもんである事が分かっちゃった・・・。白黒コピーの中では精度高い方である程度の自信はあるけど、wadaさんから見ればどれも一緒だろう。白黒コピーなくせに、djとして「貢献出来るかも」なんて身の程知らずな自分・・・。

今週末のパーティーを皮切りに、「djしません宣言」を過去のものにしようと思ってたけど、自分は所詮白黒コピー。wadaさんが引退した後にやるっつっても、自分の大嫌いな「ラリーレヴァン崇拝の懐古主義dj」や「早く繋ぐ事を価値とするジェフもどきdj」と一緒だ(汗)まぁもう少しマシな事やるだろうけど、所詮「マシ」程度だ。

言い換えれば、「wadaメイクはうまくなったけど、スッピンはやっぱ違う」って感じ。

ミノダ君によると
「フォロアーは要らない。というか存在出来ない。」
という事だろう・・・。

そもそもフォロアーとかいう概念自体がwadaイズム的にあり得ないわ。

自分は「終わった」というより「終わっていた」と言える。突っ込むと「始まってすらいなかった」だw

こんな事を思いながらwombへ。wadaさんでハシゴとかって何年振りだろう。

wombはなんか6周年だったみたい。クラブを知らない人が思うクラブってこんなんなんだろうなぁ〜って感じでした。雑誌の写真で見る感じで、彼らから見れば、自分は見た目も思想もおっさんなんだろうなぁ。

ほんと自分が思ってるクラブってもう世の中に無いんだなぁ。時代が変わるってこぉいう事かと改めて思った。逆にGOLDを思い出した。場所は変われど、深夜・爆音・酒・女ってのは変わらないのね。

自分的には、クラブやdjじゃないフォーマットの空間が生まれる予感がしてる。つぅか自分がやりたいんだけどw

   +




February 12, 2006

Just Do It! @ 我無双 -dj wada-

Just Do It! @ 我無双

今回は再度wadaさん登場!なので音回りが超パワーアップ!!!!僕もN2電源タップと、ベルデン×マリンコの電源ケーブル持参で参加!!家出てすぐにタップ・ケーブル入れた袋が重みで破ける・・・。5.5スケアの極太電線3mを体に巻き付け阿佐ヶ谷へ!

ミノダ君からの写真にあるように壁の防音とステージ部分が空洞だったので、そこも溢れる吸音材を無理矢理詰め込みしっかり吸音!テクニクスのRCAケーブルもモガミに付け替え、N2電源タップは各機器へ。ベルデン×マリンコはハイ・ミッド用のAMCRONのアンプに使って頂きました。

僕が到着後、既に営業始まっていたのもあって、速攻ケーブル取り替えしたので、どう変化したか僕の耳では分からないけど、みんなの反応は「!?なんじゃこの低音の音圧は!!!!」というものでした。ハイ・ミッドが濁ってしまっていないか確認した所、そっちもクオリティ上がったとの事で安心しました。

色々一気に変えてるのでどれが効果的だったか読めないのがキツいけど、前回とは比較にならない程の歪みの少ない綺麗な音でした。防音効果もあって音漏れも減ってたし良かった。

こぉいう考え方は非常にNGらしいが、イエス・キリストは求めている人がいれば、場所を問わずどんな所でも教えを述べ伝えたんだそうで、今回のJust Do It!はちょっと似てるなぁなんて思っちゃいました。

僕らは、草刈って木の枝並べて椅子にしてっていう弟子達がやってた事をやってるような感じ。マサ君なんか灰皿交換超手際良くやっちゃってたしw

本物は環境が悪くてもちゃんと伝わって人を動かしてしまうなぁと感じました。

最後別れ際にwadaさんと交わした会話がズシンときました。その内容は内緒w

   +




December 31, 2005

初!恵比寿リキッド!

今年は少し格闘技が面白く思えてきたので、一人で格闘技を見て過ごす。(しかも人の家で)年越してからチャリで恵比寿リキッドへ。(初めて)

wadaさんは上のラウンジで回してるらしく直行!miiiが前から、ミカちゃんが後ろから抱きしめられる。年明け早々肉厚でクラクラ・・・。

リキッドはメインフロアは深夜出来ないって聞いてたので、何もやってない割りにはお客さん結構残ってるなぁなんて思ってたら、卓球が回していたようで、とりあえず宇川君に挨拶だけしておく。

うわさには聞いてたけど、ほんとマンマ小さくした感じだなぁ。新宿は「会場」って感じでクラブっぽい陰湿さ、色気を感じなかったけど、恵比寿の方がそぉいうのがあって好きだなぁ。

   +




November 13, 2005

Just Do It! @ 我無双 -dj wada-

DJ WADA
ミノダ君が月1でやってるパーティーにwadaさんが出るとの事で行ってみる。OTOの前並に明らかに音漏れしまくってて冷や汗。お客さんは結構入ってました。

店のサウンドシステムがしょぼいので、元ドラマーのナツメさんが持ち込んでやっているとの事で、まずその姿勢に圧倒される。また、wadaさんは、初めての場所で、普通ホームグラウンドですらそこまでやれるか?というかなり追い込んだ音を出してました。
「い、、今のdj誰???めちゃくちゃ凄くない?」
なんて会話が聞こえてきてニヤニヤしちゃいました。

   +




September 24, 2005

下北へ打ち合わせ

MINODA,METAL,WADA,KAZU
下北へ打ち合わせ。分かってはいたが、楽しいお茶会でした・・・。夕方WADAさんとのんびり話せて良かったな。

   +